2009年3月21日 (土)

こんなところにフタバガキの実が!

うひゃぁ!

思わず顔がほころぶ・・・lovely

Rimg0118_3 

これ、硝子ドアの取っ手です。

こんなところにフタバガキの実が・・・

ここは、 高島平にある板橋区立熱帯環境植物館

Rimg01132   

久しぶりにたくさんの熱帯植物達に出会えて元気をもらった、もらった!!!

おお!おまえここにいるのね!って感じ!!!

暖かくなってきたし、

さあ、植物園巡りに出かけるぞ。

外に出なくちゃ!

そんなに規模は大きくはありませんが、懐かしい植物が勢ぞろいで迎えてくれました。

そんな中、珍しいところでは、バニラの花

はじめて見ましたぁhappy01

Rimg0124

ちょうど真ん中左側に咲いてるでしょ?!

Rimg0171

クリックすると説明が読めますよ。バニラは蘭科ですよ。ボタ本P145

Rimg0161 Rimg0180

パイナップルのようなパンダンの実

Rimg0176 Rimg0187_2

↑うふふ、懐かしいツンベルギア     ↑ヒスイカズラもちょうど咲いてました。

そういえば、近くの大船フラワーセンターでもヒスイカズラが咲いているらしい。近いうちに参るぞ!

Rimg0188

温室の中でけなげに頑張って咲いている熱帯植物達。植物達は仲間がいなくて、なんだか寂しそうではあるけど、確実に私を元気にしてくれました。ありがとよーーー!

職員の方達が、一生懸命管理している暖かい気持ちの伝わる熱帯植物館でした。

Rimg0117

こんなのもいたよ!

ウーパールーパー。この頃、日本では食用にされているとテレビで聞いたけど・・・sweat01やめて~~!!この写真見た人は絶対食べれないよね!

Rimg02601

せっかく載せるんだったら、葉っぱどうにかして撮れよって感じ。。。ごめん!気合がいまいち。目の調子もそろそろかな・・・(やっぱりちょっと疲れやすいです。。。3年ぶりの花粉症もあるしね・・・でもでも、大丈夫です!!!)

この間、リコーのR10カメラが19800円で売ってましたぁ。

新しいカメラ買って、気分リフレッシュして、植物散策始めるぞーーー!

図書館に行って熱帯植物の勉強もしよう!

では

**********

| | コメント (6)

2008年7月13日 (日)

バンダミスジョアキム@スケッチ

Photo

シンガポールの国花・バンダミスジョアキムです。
シンガポール・ボタニックガーデンのバンドスタンドの近くに、背の高いこの蘭が密集して植えられています。花が咲いていないときは、気がつかないで通り過ぎてしまう人もいるかも。。。「へー、あれが国花だったのね。」と、今初めて気が付いている人もいるかもしれませんね。

Rimg0758

Rimg0750_3

 

1893年、アルメニア人の女性ジョアキムさんの庭で偶然咲いた蘭。当時園長だったヘンリー・リドレーはそれを見て、その麗しき綺麗な姿に感心したとか・・・今でこそ、人工的な交配種は有り余るほどあれ、当時はきっと珍しく感激した様子が想像できますね。
「Vanda hookeriana」と「Vanda teres」の自然交配による新種として、発見者の名前から 「Vanda miss joaquim」と名づけられました。

1981年、当時蘭は国の重要な産業でもあったこと、またシンガポール生まれのとても綺麗な姿から、国花となりました。

ボタ本 P100

さて、今日は日本人会運動会。6人7脚走って、お米を持ち上げてきます!どうなることやら~?!

では

*********

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

モーリシャスの旅 その4

モーリシャス2日目。プーケットで味を占めたATV車のツアーがモーリシャスでも楽しめそう・・・もしあったら、絶対やろう!!!そう思ってPCで検索すれどもヒットなし・・・でも、モーリシャス各ホテルのHPのアクティビティの所をクリックすると、それらしき写真は載っていたりするので、コンシェルジュに聞いてみました。ありますよ!いいところですよ!!!モーリシャスではATVと言わずにQUAD(クオッド)といいました。4輪バイクです。

Img031_2 プーケットではこんなでした。

よっしゃー!即決まりです!!!どんなとこか分らないけど、山を走れれば植物も見れるし・・・行ってみるとしますか・・・・ 場所は、Le Domaine de L'Etoile ル・ドメーヌ・ドゥ・エトワール カタカナで書くとこうなりますね。

モーリシャスは学校は英語で勉強するそうです。でも、家でしゃべるのはクレオール語。これがフランス語にとても近いので、皆英語もフランス語もしゃべれるんだよ。とタクシーの運転手さんは言ってました。目にする活字はフランス語です。

Mapmauritius_3

Le Domaine de L'Etoileってどんなところー?わかりませーん!でもちょこっと見た写真ではいい感じだったよ!タクシーで南下すること約1時間。なーんにも分らず辿り着いたところは果たして・・・一緒にツアーに参加する人はいるのかな???少々不安な気持ちで降り立ったところは・・・

WAOーーー!!!

ごめんなさい!!!人って感動すると言葉になりません。何か違うぞ!!!って、まず五感が察知してますよね。まず目に入ったのは、植え込みいっぱいの蘭の花。

Rimg0161_3 Rimg01603 

おー、それもおまえさんはうちのバンブーオーキッドちゃんではないの?!?!うちってのも変だけど、マレーシア・シンガポール辺りが原産地のバンブーオーキッドではないですか。シンガポール植物園・国立ラン園でも見れます。それにあさって自然友の会で行くケントリッジで見ますよ!お前さん達こんなところでも綺麗に咲き誇ってくれてるのねー!!!感激!!!身近な蘭をこんなところで見れて本当に感激でした。

こちらへどうぞー。あっ、はい。 蘭が気になるけど撮影は後にして・・・

Rimg0176

レセプションはこちらです。

はーい!!!

なんだかいい感じ。

おお!藁ぶき屋根・・・。違った!椰子ぶき屋根・・・sign03

雰囲気盛り上がります。そうだった・・・ここはアフリカだった・・・初めてそう思った瞬間でした。。。

建物手前、こんもりした植物は全部バンブーオーキッドちゃんです。

Rimg0141

パパさんもうきうき。

なんか違うなーーー

確かに・・・

なんて表現したらいいのか・・・

うーーん、敢えて言うなら、

「気が満ちてる!!!」

うん。

まさに、

「気が満ちてる!!」とはこんなところのことだ。

レセプションに入ると・・・またまたWAO!!!ホントに「わお!わお!」言えるのは自然友の会のお陰です。あー幸せだよ。。。

こんどのWAOー!はこれ。入った途端、こんなのが迎えてくれたらWAO!でしょ?!

Rimg0142

アフリカンな建物にぴったりのデコレーションだと思いませんか?アフリカンチューリップボタ本P179)バンブーオーキッド(ボタ本P147)のコラボレーションなんて、今まで考えたこともなかったな。 この空間にぴったりだあ。

受付を済ませジュースを頂き、戻って、まずは蘭の写真撮ってきますー!

Rimg0158

Rimg0159

この時点で先着一組様でした。そのふたりも散歩を楽しんでます。。。

Rimg01701_2 Rimg01671

学名: Arundina bambusifoliaArundina graminifolia  ラン科

Common name: バンブーオーキッド ナリヤラン(和名)
原産地:マレーシア・シンガポール

右の写真の実についている細かい白い粉みたいなのが種。

Rimg01731_2

この実が膨らんで右上の状態になる。ランについて詳しくはボタ本のNOG(ラン園)のところを見てね。

背丈は1mほどになる。茎の先端に1個の花を付ける。日本には石垣島,小名浜,西表島に分布しており、和名は西表島の成屋村(現在廃村)にちなんでつけられたそうです。

WAO!! またWAOかいな。じゃー、変えてフー!!連日頑張って書いていると疲れましたあ!!!

話は変りますが、今日はシンガポールフライヤーに乗ってきました。

それも書かなにゃ~~happy01

きっと明日に続く 

では

**********

| | コメント (0)

2007年9月30日 (日)

ブドウのような蘭

Rimg00992

見たかった蘭がクールハウスで咲いてました!!!TOMちゃんに話だけ聞いていたけど、見た事のなかった蘭。この頃見たいと思ったら見れる。食べたいと思ったら不思議にそういうチャンスが巡って来る!!!いい感じ~~~

可愛いランです。TOMちゃんはぶどうのようなと表現していたけれど、何かベリー系みたいな印象。おいしそうでしょ。

詳しいことはTOMちゃんブログへ飛んでみてください。Midoriさんが名前を教えてくださってます。ごめんなさい!!!超超超植物園の本を作るのに忙しくしてます。毎日朝から晩まで、時間があったらPCの前。お陰さまでワードの能力はめちゃくちゃアップしたけど、きっと目が・・・・・しわが・・・・・ホントにやばい状態です。が、がんばるぞ!!!

Rimg01002_2

よーく見ると蘭だという事が分ります。蘭らしくない蘭大好き!!!とにかく変わったやつが好きな、変わり者の私ですから・・・

詳しくは、TOMちゃんぶろぐで学んでくださいね。久しぶりに他人のフンドシでってやつです。バトンタッーーーチ!!! 

http://tropicalplant.air-nifty.com/top/2007/09/post_41f5.html

では。

*******

| | コメント (0)

2007年6月 5日 (火)

蘭でパワーを!

1_7

自然友の会の人この頃疲れてない? などという言葉を聞いてしまいました。確かに皆疲れてるかも・・・普段の仕事の上に、今多くのメンバーで抱えていることがあります。

実は、シンガポール植物園の本を作っているのです。各自、担当のエリアを持っていて、植物のリストを作ったり、地図を描いたり。私も、この頃毎日のように、夕方(暑さから逃れるために)自分のエリアに行って、地図とにらめっこ。それが、それが、何度地図に樹木のある場所を記入しても、次にチェックすると、場所が違っているのー。なんで???まさに悪戦苦闘しています。

でも、みんないい本を作ろうね!を、合言葉にこつこつと励んでいるわけです。

Rimg0164_1

こんな疲れ気味の時には、かわいい小さな花もいいけど、ドカーンとパワーを発している交配種の蘭ちゃんにパワーを貰いましょう!!!

Rimg0398

さすがに、派手で力強いです!!!

Rimg0157_1

この蘭、汗かきかき悪戦苦闘中の私みたい・・・

次は、えい!真正面から。

Rimg01601_2

この蘭を、じっと真正面からみつめて、圧倒されないよう、なよっとならないよう、ぐっと気を入れなおして 、さあ、また仕事始めようっと!!!あなたも是非やってみて!!できるなら、クリックして大きな画像とにらめっこしてみて!!負けちゃダメよ!!ふふ。

ラン園も随分ご無沙汰してます。近いうちに覗いてみよう!

Rimg0434_2

ラン園のミストハウスの中は、きっと交配種の色とりどりの蘭のお喋りで賑やかですよ。

ーーーーーーーーーーー

それから、感謝したいことが・・・この頃、色々な方から突然メールを頂くことがたくさんあります。ほとんどの方が、スケッチに関心を寄せて頂いている方から・・・本当にありがとうございます。神様がそろそろスケッチ描きなさいと、言っているような気がします。スケッチダイアリーと言う名前が泣いちゃいますよね。もう少し待ってくださいね。

ボートキー辺りを描きたいなと、大きなスケッチブックは買ってきてあるのですが・・・

期待の声をありがたく頂戴して、日々邁進したいと思います。

ありがとうございます。

では。

*********

| | コメント (0)

2007年3月30日 (金)

ヒカワキヨシ蘭

Rimg01312

速報!!!氷川きよし蘭が咲いてますよ!!!

ラン園のセレブの蘭のコーナーです。

Rimg0132

実はこの花も待っていましたぁ。蕾を見つけてからじーっと楽しみに。。。嬉しい!!!咲いていましたよ。ぜひぜひ、みんなも見に行って、氷川きよしくんを感じて!!!笑

いやー、私にとっては、氷川きよしくんに会うより嬉しかった。待ってましたもの。

「氷川きよし蘭ってどんな蘭ですか???」って、先輩に聞いても誰も知らない。見たことない。

セレブの蘭が植えてあるところに、いつもプレートだけ、そっと淋しく存在している氷川きよしくん。その隣で藤あや子ねえさんは、いつも綺麗なのに・・・

Rimg0413

これが、藤あや子蘭。

Rimg0414

藤あや子蘭は、赤くて、元気で、いつもセレブコーナーを賑やかにしてくれています。

ーーーーーーーーーーーーー

それにひきかえーー

でもでも、生きてました!!!きよしくん!ズン!ズンズン!ズンドコ!!♪♪っていいながら、エネルギー貯めてたのねーーーさすがーーー

Rimg01315

氷川くん。唇弁がしゃきっと立っているところが、イメージにあってますね。がんばれー、きよし!!!どっちやねん?そりゃー、ご本人様、そして蘭様~~~

Rimg0093_1 

久し振りに、

川きよしご本人さまに会いたい方はここをクリック。なつかしいでしょー?!

2003年のNHKのど自慢大会がシンガポールで行われた時に、二人がゲストで、ここラン園を訪れた際にシンガポールより2人に、名前のついた蘭が贈られたのです。

こういうふうにセレブの訪問の際には、シンガポールより、その方へ新種の蘭が贈呈されるんですよ。いい歓迎の仕方ですよねー。

そんな蘭が集められているのが、

Rimg0092

ここ、セレブリティ・ガーデン。

9_205

これは、一体誰の蘭でしょう?

ヨン様~~~

日本からのお客様をラン園にご案内する時、、皆汗をかきかき暑いの何の~、それでもここへご案内するとニヤッ!!!笑顔が生まれます。

ヨン様ならでは・・・

9_2061_1

ところが、おっとどっこい!!!どうしよう!!!ヨン様~~~

きのうラン園へ行ってみたら、ヨン様がいなくなちゃってて。。。

ジャッキー・チェーンに変わってましたぁ!!!

Rimg01461

これがジャッキー・チェーン。ここのところ、ジャッキーチェーンのジムがシンガに出来てるから、そんな関係かもしれませんね。

Rimg0148

さて、下の白いのは?

純白でいつもきれいに咲いてるの!!!

亡くなってもどこか綺麗なパワーがあふれている・・・そんなパワーが蘭にも現れているような気がします。

ダイアナ妃です。

Rimg0412 

不思議に、いつも綺麗で輝いているんですよ。

きよし蘭は次の蕾がついていましたよ。一週間以内に行って見てくださいね!!!

ズン!ズンズン!ズンドコ!!!♪♪

では。

***********

| | コメント (0)

2007年2月27日 (火)

ピジョンオーキッド

2007224_023_1

↑saitoさん提供  Dendrobium crumenatum

ピジョンオーキッドが咲いてるよ!の情報をkobaちゃんがくれました。

見に行きたいけど、行けなーい。残念!!!と、思っていたら、その写真をsaitoさんが送ってくれました。ありがとう!

こんな友達を持てて幸せ。。。幸せじゃよーーー

と、思っていたらosugiさんからも。

なぜ残念がるかーと言ったら、命短しピジョンオーキッドちゃんなんです。朝咲いたら、だいたい半日の命。はかない命なのですーーーそれにしても、花盛りですね。

Rimg09391_2

↑osugiさん提供   

こういうふうに、情報が行き交うのはいいなぁ。どんどん皆で情報のやり取りが出来ればいいですね。情報送って下さい!ブログに載せますーー。日本人会自然友の会のメンバーだけでなく、どんどんいろんな人へ花情報が伝われば嬉しいです。どんどん、ボタニック・ラバーズが増えれば嬉しいんだけどなぁ!!!

遠慮なく何でも下さい。情報受け付けますーーーー!!!

Rimg1190_1

これが、ピジョンオーキッドの花

ピジョンオーキッドは、着生ラン。いたるところの街路樹の枝元などに着生しています。意外に低いところなので、知らないだけで、皆も葉と茎は知らないうちに、見てるよ。

Rimg1195

シンガポール中どこででも見られるんだけど、なかなか見られない。なぜかというと、気温が急激に下がった日(大体5.5度ぐらい以上)から、9日目にしか咲かないんです。

ときどき、ぐんと温度が下がると、あー!ピジョンオーキッドが咲くかもしれない~~~とは、一応思うのだけど、9日目がいつなのか、もうすっかり忘れているのが、人の常というもので・・・

なので、巡り合えたら、超ラッキー!!!

このことを知っていると、もし、見つけた時、あれ~、もしかしていいことあるかも・・・って、幸せになれますよね。笑顔がにんまり!って感じです。そうなんです。ピジョンオーキッドは、ラッキー・フラワー。ピジョンは鳩。鳩は平和のシンボルですものね。

ピジョンオーキッドは、日本でよく見る蘭・デンドロビウムの仲間です。

その他、詳しいことは、TOMちゃんのシンガポール熱帯植物だよりの ハトのランという記事をどうぞ。詳しく載ってますよ。

ピジョンオーキッド花盛りの巻きでした。

この頃乾季に入り始めて、あーつかったり涼しかったりで、気温の変化が激しい日が多いから、また見れるかもしれませんね。たまには街路樹に目を向けてみてください。ラッキーフラワーが見れるかも・・・

では。

************

| | コメント (0)

2007年1月31日 (水)

バンブーオーキッド 

Rimg0042

ケントリッジパークのマウンテンバイクエリア辺りを散策して来ました。

野生らんのバンブーオーキッドがぽつんぽつんと咲いていて、素朴な姿に心和むひと時でした。

Rimg00261

このあたりは、少し開けていて、日本の里山の風景に近い。

Rimg0041_2

バンブーオーキッド(Orundina sp.)
ナリヤランの仲間

他にこんな種類も。

Rimg0017_1

スパソグロッテス(Spathogrottis sp)
コウトウシランの仲間

きっと、そうだと思いますが。。。ウトウシランの仲間 スパソグロッテス(Spathoglottis sp)
コウトウシランの仲間

Rimg0018_1

花びらが虫に食われてかわいそう。でもそれが野生蘭らしい姿。

ケントリッジパークってどこ?

それはここ。地図で簡単に説明しましょう。

Photo_65

散策まっぷの下の方、緑色のところ。オーチャード方面からだと、AYEの7番出口を出て、SOUTH BUONAVISTA RDを左に曲がり、道なり(少しぐにゃぐにゃと日本の山道のようないい感じの道)に走っていると看板が見えます。

Rimg0128_1   

蘭のそばには、食虫植物のうつぼかずらがたくさん。それも大小さまざま。うつぼかずらには、誰でも興味をそそられますよね。

そのお話はまた、明日。

Rimg01121 

歩いたのは、上の地図で赤い線のところ。クリックしてみると、分かりやすいですよ。

今回歩いたルートは、一人では寂しいところなので、数人で行きましょう!

では。

**************

| | コメント (0)

2006年12月 3日 (日)

バルボフィラムの写真

_057

昨日の記事で、カメラが壊れてバルボフィラムの写真がない!と叫んだら、Keikoさんが送ってくださいました。ありがとう!嬉しい!クリスマスの星の飾りみたいですね。

大きな樹の幹に着生しているです。昨日も書いたけれど、在星の長いHitomiさんが、植物園で見たのは初めて!って言ってたから、珍しい蘭だと思いますよ。

着生というのは住む場所だけお借りしているんです。寄生植物は樹の幹から栄養分を取っているんですけどね。着生植物は、樹にご迷惑かけないで自給自足しているんですよ。

_0571_1

055

大樹の幹にこんな風にくっついて咲いています。遠くて小さくしか見えませんが・・・。でも、今はかなり花盛りですよ。

----------------------------

数時間後です。こばちゃんからも送られてきましたぁ!カメラが壊れて、皆気を廻してくれてありがとう!感謝です!

_004

ありがとう!

| | コメント (0)