2009年12月18日 (金)

初霜柱@七国山

Rimg0801_2 

今朝は寒かったですね。それに、朝早くかなり強い地震がありました。急いで飛び起きて、構えてました。どうにか収まって一安心。

今日は、2月に一度のペースである里山探検の講座の日でした。東京都町田市近くの七国山周辺を歩きましたが、初霜柱を見ましたよ。ほくほくとした畑の土の上にこんなに霜柱が・・・帰国して初めてかも。シンガポールのチャイナタウンで食べたかき氷を思い出しました。あのひだの様な氷、美味しかった~~!

Rimg0803

畑には大根、人参、アスパラ、珍しいものとしてはヤーコンもありました。このところヤーコンがはやりになってるかも・・・時々見ますね。のんびり里山歩きは、苦しい山歩きに比べて、程よい加減がいいんです♪

Rimg08041

七国山・見晴台から新宿方面や池袋サンシャインを遥か遠くに望んで・・・うーむ、納得でした。

Rimg07852 Rimg08071

ここは、鎌倉古道の一部。鎌倉からここ町田をとおり、所沢・高崎方面に続きます。

歩いていると、面白いものを発見したんですよ!

それはまた明日!今日は初霜柱をシンガの皆さんへお見せしたくて~~

では

*********

| | コメント (0)

2009年9月11日 (金)

力を貰った!

今朝この人と出会いました。

いい朝になりました。

最近、目の前に起きることが、とても大きな壁に思えて、自分の器では受け入れられないよーーなんて、しんどい思いをしていました。あー、いかんいかん!と思えど・・・どうやって、私はステップアップすればいいの・・・

そんな時、あるでしょ?!

でももう大丈夫。今朝プレゼントを貰いました。

それは、ニックを通じて神からのプレゼント。 

あなたにも是非知って欲しい青年。それは、ニック・ブイチチNick Vujicic

Nickありがとう!YOU TUBE で紹介されてます♪

Nick Vujicic1  Nick Vujicic2

クリックして見て下さいね。

ーーーーーーーーー

こんな言葉が浮かびました。

何故、あなたは、彼ほど、大きな力を持てないの??

しっかりと自覚しなくてはならないことがあるでしょ。

これで分かったでしょ!と。。。

さあ、今日も動こう。

では

***********

| | コメント (0)

2009年9月 8日 (火)

お風呂でくしゃみをしたら・・・

こんなことってあるの?

お風呂でくしゃみをしたら、腰が~~~あれれ?と、思った途端ビビーンと響いた! くしゃみどすえ~~wobbly たかがくしゃみ。。。ぎっくり腰とまでは行かないが、痛い~~sweat02 腰って大事なとこですね。足に力が入らない。トボトボ、トボトボ歩いてます。ということで、今日は西表ブログお休み~~ このところ、母の調子が悪くて、かなり無理をしていたから、休めというサインでしょう。 ふだん両親のことをあまり面倒みきれてなかった周りのメンバー達がお陰で動き出してくれた♪ ありがたい。 ふふふ、この腰痛、もしかしたら福を呼んだかもしれない・・・私一人を頼りきっているこの頃の母にも、いいことかも・・・

いろいろな人や施設に頼らなくてはならないことを学んでくれるといいのだが・・・

介護は、皆でやらなくちゃ。。。

突然介護日誌のように・・・笑

じゃー、ベッドへsleepy

では

*********

| | コメント (6)

2009年8月 1日 (土)

日食@日光植物園

Rimg00052

多田多恵子先生の講座で、日光植物園に行ってきましたぁ♪ ついでに尾瀬まで行ったんだけど、その話題はどんどん続くことにして・・・

今日は、遅ればせながら日食

7月22日。日本中がこの話題で持ちきりでしたね♪

それなのに、お天気はどうもイマイチ。わざわざ、離島に出かけた人達には、かなり残念な日でしたよね♪自然の力にはかなわない。。。

ーーーーーーーー

さて、新宿駅7時30分発日光1号で出発。大学時代以来の日光行きです。思ったより、楽チンで気持ちいい。どこに行くのも変わりましたね~特急列車でびゅーん!コーヒーでも飲んで、雑務から解き放たれて、幸せ~~。ウトウトsleepyしていると、あっという間に日光~~(世の中変わったね~~なんて、夜行列車を使って、日光・尾瀬に行ってたおばさんの感想ですわっ。)

Rimg00061

日光植物園は、東大の付属研究施設、小石川植物園の分園です。自然をうまく利用してあって、中にはロックガーデン(高山植物園),ボッグガーデン(湿原植物園),シダ園などもあります。樹木札が丁寧につけてあって、観察者に優しい植物園でしたよ。

山百合がきれいだった♪

Rimg0208 Rimg0082

日光で、日食が見られるのは午前11時12分頃。

植物園到着10時半頃。東京は雨で、ほぼ諦めていたけど、うふふ、ラッキーなことに日光は曇り。時々太陽さまが・・・雲の間に見えてます♪

その時、多田先生が、興奮気味に、見えたよ!今、太陽が欠けてたよ!

ええ~っ?? めちゃ、半信半疑。。。見上げても、もう太陽は雲の中。この時は、ほとんど信じてませんでしたぁhappy01

芝生広場へGO!

Rimg0033

観察の始まり~~用意周到なhalさんは、ちゃんと日食めがね持参♪

Rimg00311_4 026_3

↑友情出演♪                ↑私もちょっと借りて、ねー、撮影して~!この写真、なんか瓦せんべいを思い出すじゃん!あっ、瓦じゃなくてなんだっけ??えーっと、お面がついてるの~誰か知らない?

分かった~~、にわか煎餅だ。

Ph_02 Topimg_03_2 ご存知です?食べたくなった。笑

Rimg0025

雲の切れ目に見えた太陽。本当に欠けてました。おおーーー!!!!!

欠け始めの太陽ですね。

46年前、小学生の時のこと、思い出しました。下敷きに墨で黒く塗って、皆で校庭に集まったことだけ覚えてます。見れたかどうかは・・・定かでない・・・

学生達は何してるのかしら?「ちょっと呼んでくるわ!」と、多田先生。

Rimg00351

呼ばれて出てきた学生達。これが東大生か・・・我が子に縁はなかったな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日光辺りでは、最高75%位欠けるそうです。どんなに暗くなるかな~なんて期待していましたが、もともと曇りのせいもあってか、それほど暗くはなりませんでした。

しかし、一番顕著だったこと!

それは、虫の鳴き声がいっさい聞こえなくなったこと。

それまで、賑やかだった鳥や虫達、カラスまでもが鳴き止み、数分間、辺りは静寂の世界に包まれたのでした。神秘の瞬間でしたね。自然界は凄い。

Rimg0037

太陽を撮影するために、露出をグーンと下げたので、真っ暗に写ってるだけ。辺りが暗いんじゃないですよ。

これが一番欠けた時。ほほほ、ちっちゃ過ぎ~~

次は、何年後?

26年後だよ~!

きっと、楽しかったこの日のことは覚えてるだろうな♪

地上でか天国でか知らんがね・・・笑

では

*********

 

| | コメント (0)

2009年6月28日 (日)

あたたかい空間

このところ、両親を連れて出歩くことが増えてます。年寄りの心と身体の揺さぶり作戦~~。二人で、大呆け&小呆けで暮らしている毎日は、きっと一日中何もできないで、ぼーっとしてるだけ。もうほとんど何もできなくなっちゃいました。仕方ない。。。

正直、外に出て、とぼ、とぼ、とぼ、とぼの歩みについて歩くのは大変。それに二人の歩く早さが違うから、私は前に行ったり後ろに行ったり・・・・・ちょっとーー、ねーねー、二人は仲良く並んで歩いてなかったの??って言いたいです、ほんとにshock

でもね、このところ凄くいい時間を貰ってるような気がするんです。お陰で、たくさんの人の温かさに触れる事が多くて、私の心まで豊かになっているみたい。

実はね、この間こんな事がありました♪

Rimg07801 Rimg0808

花菖蒲を見に、北鎌倉へ行った日のこと。東慶寺の花も綺麗だったけど、花より団子の傾向がだんだん強くなっている父。

「お昼はどこで食べる?」「ふふ、お父さんは勿論松ヶ岡でしょ?空いてるかしらね?」

茶寮・松ヶ岡は東慶寺のすぐ左隣、いつも予約で満席。北鎌倉に到着するなり、いち早く尋ねたので、運よく一席空いていました。よかったー。

「土間の席だけど、いい?」 父に尋ねると、嬉しそうに、「どこでもいい。おお、久し振りだぁ!」

Rimg0782

東慶寺も頑張って歩き、さあ、ちょうどいい感じでお昼。美味しいお昼が楽しみだわ。

それが、それが、ガラガラっと、引き戸をあけて入るなり・・・実は、びっくり!後ろで、父が右手を軽く上げ、大きな声で、「広島の田中です!」あへ~~ ここは、父が大好きなお店で、鎌倉へ来るときはいつも来ていたお店。きっといつもこう言って、お店を訪れていたんでしょうね。もちろん、広島からだったから、そんなに多くの回数ではないですし、お店の方が知る由も無い。

でも、きっとここに来て、記憶が戻り、嬉しくなったんだと思います。私はとっさに、「おとうさん、名前はいいから~~」なんて、言っちゃいましたがね。。。名前だけでなく、あと色々訳わかんなくなっちゃうからね。それもいいんだけど、お店の方が戸惑うからね。

「父は、広島から、よくきてたもので・・・」 「そうなんですか、ありがとうございます。」と、にこやかに対応してくださる女性スタッフの方。

茶寮・松ヶ岡は、縁切り寺である東慶寺へ駆け込む手続きをしたという役所があった跡地にあるお店。私の北鎌倉おすすめNO1のお店。そんなに量は食べられない、いいものが少しあればという方にばっちりのお店です。3600円のコースのみ。でも、来る度思わず惚れちゃう美味しさなんです。

Rimg0811 Rimg0812

Rimg0814 Rimg0817

一つ、一つ、手がかけられています。この日は鯵(アジ)にびっくり。ホントはね、なんだー、アジかーって思ったんです!ちょっとがっかり、ここでまで鯵かーーなんてね。それがね、ホントにびっくりしたんです!鯵にびっくりするとは、思わなかった!!!開いてあって、間に、大葉が混ぜてあるすり身が挟んであったの。それがね、一口食べるなり、柔らか~~~~い。生まれてこのかた、何千匹という鯵を食べたでしょうが、これがナンバーワンじゃ~~~~!!!!笑 

思わず言っちゃいました!「美味しいですね~~!!」「地元の小坪の鯵なんですよ。美味しいですよね。」 そうなんですかーー。小坪(三浦半島、逗子の近く)の鯵ってこんなに美味しかったのね~~

でも、それだけじゃないんですよね、心がこもってる。。。すべてのお料理に心がこもってる。久し振りに堪能させていただきました。

デザートの白玉小豆も美味しく頂いて、

Rimg0821

帰ろうとしていると、スタッフの方が

「すみません、主人がご挨拶したいのですが、今調理に忙しくて・・・すぐに、参りますので・・・」 ええー、そんな、とんでもないです。

お会計を済ませて、お店を出ようとしていると、本当にご主人が挨拶に出て来てくださったのです。きっとスタッフの方が、父の事を伝えてくださったのですね。素敵な女性オーナーの方でした。父が昔よく来ていたことを伝え、また来られ嬉しいことをお話しました。

「まだ広島にお住まいですか?」

「いいえ、今はもう年をとったので、私の近くに・・・」と言った途端、「じゃー、持って帰って頂けるわ。あの、昆布を持ってきて~」と、スタッフの方に。

なんて、さりげない優しいことがとっさにできる方なんでしょう~

広島の田中さんなんて、お得意さんの一人にもならない存在でしょうに。もしかしたら、もう二度と来られないかもしれないお年寄りなのに。。。 

嬉しい気持ちでいっぱいになりました。ありがとうございました。

人の気持ちの優しさはやっぱり最高です。

「また、来させていただきます♪ありがとうございました♪」

私がお礼のご挨拶をしたその横で、

父が突然、とてつもない大きな声で、まるで幼稚園の子どものように手を振り、

「ばい、ばーーい!!!」

「OH,NO--!!」

瞬間そう思ったけれど、すぐに打ち消しました。

父の顔が満面の笑みだったから・・・・・

それに、対する女性オーナーの顔の優しかったのも印象的だった・・・

ありがとう。

胸までこみ上げた涙をぐいと飲み込んで、次の浄智寺へと向かったのでした。

Rimg08291

ーーーーーーーーーー

かまくら楽食日記による松ヶ岡紹介の記事↓

http://kamakura.cocolog-nifty.com/raku/2007/12/post_dcdd.html

ーーーーーーーーーー

この頃、よく思うのです。

外を歩いているお年寄りを見ない。元気に歩いているお年寄りはいますよ。そうじゃなくて、ぎりぎりだけど頑張ってるって感じのお年寄り。シンガポールでは、よく見ました。家族が総出で食事の風景。そこには、必ずお年寄りがいました。その光景が日本には無いです。寂しいな。。。

日本のお年寄りは、家に閉じこもっているの? ホームにいるの?そんな人ばかりじゃないでしょうが、本当にいないのです。とぼとぼのお年寄り。もしかしたら、うちの両親がとぼとぼなだけ??

不思議に思ってます。

ぱぱさんが、言いました。本当にそう言われたらそうだな。そのうち、あのふたりこの辺りの名物になるかもね・・・なに言ってるんじゃ~~と、思ったけれど、

あはー、でも、そうなれば皆にどこかで気にしてもらって、支えてもらえるかもね・・・笑

では

********

| | コメント (4)

2009年6月 7日 (日)

新型・成田エクスプレス E259系

Rimg05431_3 

つくば植物園の帰り、東京駅横須賀線のホームでふと横を見ると「あれー、きれいな車両!」 わぁ!新しい成田エクスプレスだゎ。E259系っていうのね。

ラッキーヽ(´▽`)/

Rimg0545_2

横のお姿。なんかイマイチ?顔がぺしゃんこ。こういうbullettrain流線型の方がスピード感を感じるけど、そんなに早く走らなくてもいいからこれでいいか。なぁんて、私がかたっても仕方ありませんが・・・

これは左側のお顔だな。

話はそれますが、人間の左顔は左脳の側だから、理知的・きつめ。右顔は右脳の側だから、柔らかくて、穏やか。なんだそうですよ~。ホントの話。

好きになってもらいたい人の前では、なるべく右側の顔を見てもらいましょう。いつも彼の左側に座るといいね~

Rimg05441_2

よく成田エクスプレスを利用しますが、今まで二つ気になることがありました。

・スーツケースを荷物置き場に置くとき、誰かに持っていかれないかな~なんて、いつも思ってました。

・席が進行方向と逆を向いた席になると、がっかり。後ろに向かって進むのって嫌ですよね。

この二つ、嬉しいことに改良されたみたい♪本年10月から走るそうですよ♪来年6月までには、すべて入れ替わるそうです。

詳しいことはこちらをどうぞ。綺麗な車両内の写真もあります。http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2009/05/259_1.html

新しくなるって気持ちいいですね。

では

*********

| | コメント (6)

2009年4月23日 (木)

お知らせ 2つ

Img_1982

お知らせ 1 (シンガポールにて)

4月28日火曜日 4月のボタ歩きの会

集合:シンガポールボタニックガーデン・ビジターセンター

時間:午前9時半 (約2時間程度)

毎月第4火曜日にボタ本を持ってシンガポール植物園を歩く会(ボタ歩きの会)を行っております。

どなたでも参加OK お気軽にお出かけ下さい。

Rimg0080 Rimg0075

暑いので水持参、なるべくスニーカーなどの靴でご参加下さい。芝生内に入ると、蟻などが上がってくることがあります♪

シンガポールボタニックガーデン・ボランティアガイドのこばちゃんが案内してくれます!

ボタ本(シンガポール植物園・日本語ガイドブック)は、日本人会ショップで販売、ビジターセンター横のショップでも販売しています。

この会の詳しいことは、右側のカテゴリーのボタ歩きの会をクリックしてみてくださいgood

Photo_2

花粉の塊をつけてるハチさんです~

日本に帰っちゃったウリさんからもコメント貰ってますぅhappy01 ウリさんありがとう!

そろそろ4月のボタ歩きの会ですね!
3月になんとモンキーポットが落ちていたんです!
これは!!と思ったんですが中になんと蜂の巣が・・・crying
様子がわからなかったので拾うのは断念しました。
4月の植物園はどうなっているのかしら?
いけなくって残念ですが、皆さんのレポートを私も楽しみにしています。
まゆりさん写真来たらのせてくださいね♪
まだボタ会を楽しまれてない方、いかなきゃ損ですよ~~~happy02

ーーーーーー

お知らせ 2 (日本にて)

Rimg0288_2 Rimg0289_2

シンガポール植物園ガイド仲間のHitomiさんが仲間の人たちとジャワ更紗の展覧会を開催中です。

クンプルジャワ更紗研究会の方達が実際に足を運んでコツコツと集めた貴重な更紗ばかり。今ではインドネシアでも、職人さん達も減り、アンティークものの数は少なくなっているのでしょうね。日本でこんなに素晴らしいバティックが見られるのは珍しいと思います♪

ぜひ、時間のある方はお出かけ下さい。

三鷹芸術文化センターで、26日(日曜日)までです。

会場のHP 
http://mitaka.jpn.org/geibun/

説明も聞けますよ!

では

********

| | コメント (4)

2009年4月12日 (日)

昨日は・・・and アンジェラ・アキ さくら色

昨日は、読売文化センター主催の「四季の鎌倉散策」に参加してきました。

ネーチャーガイドの吉田夏生先生にたくさん花や木を教えて頂きました。久しぶりの散策はもうもう、そりゃーハッピーでハッピーで!シンガポール生活が甦ったようなcrying (ほほほ、大泣き~~!)
これから少しずつ日本の自然を楽しみます!浦島草がたくさん見れました。その様子は又~~~

Rimg00421 浦島草

今日は、日曜日。ワシントンの桜繋がりで、この歌でものーんびりお聞き下さい。

ポトマック河畔の桜を思い出しながら出来た歌、アンジェラ・アキ さくら色です。

http://www.youtube.com/watch?v=lbG4vysmWmk

http://www.youtube.com/watch?v=3bxbZXJAN-U&NR=1合唱バージョン

では

*********

| | コメント (2)

2009年4月 3日 (金)

さくら

Rimg3625_2 Rimg3623

この桜は何桜かな?

小さな若木に咲いていたのが、かわいくて・・・(大船フラワーセンタ・2009.03.28)

まさに、春爛漫。

ソメイヨシノ満開はあと数日かな。。。

3年ぶりの桜ですぞ!楽しみますぞ!lovely

桜~、桜~~~、桜だよ~~~~♪

おい、あまり浮かれるな~~って!笑

だって、だって、さぶかったのよ~~。。。ははは。

Rimg0013

とってもローカルな写真です。でも、こんな様子が一番ホットかもと思って・・・ 我が家のそばの小さな公園です。3日前ぐらいから若いお母さん達がお花見してます♪おーい!まだ1分咲きにもならないよーー!って頃から。。。今、3分咲きぐらいかな・・・

シンガの皆さん、懐かしいでしょ!

シンガポールで植物にたくさん出会ったお陰で、日本でも木を見る目がちょっと変わりました。日本の木のことは、全然分からないし、実は桜のこともあまり知りません。少しずつ勉強しよう。。。

熱帯植物共々、お付き合いくださいね。

日本人ですものね。桜ぐらいは知らなくちゃね。

では

**********

| | コメント (0)

2009年2月22日 (日)

お陰さまで快調です!

みなさまへ

月曜日に手術しました!

お陰さまで目の調子は順調で、網膜の上に出来ていた膜もきれいに取れ、一緒に行った白内障の手術もあっという間に終わりました。この硝子体(白目の部分)手術をするとかなりの確立で白内障の合併症が起こるので、白内障の手術もしなくてはならないらしいのです。

とほっ、私の綺麗な水晶体は何処へ・・・・・と、なんか意気消沈もしましたが、

スクリーンである網膜もレンズである水晶体も生まれ変わり気分一掃という感じです。

本当にたくさんの皆様から暖かい言葉を頂き、とてもとてもとても嬉しかったです♪

心強かったーーー♪

ありがとうございました。

ぎりぎりまで、生徒作品発表のブログを作っていたら、何やってんの!それどころじゃないでしょ!やめなさい!なんて、めちゃくちゃ優しいメールも頂いたりして・・・笑(ブログに載せる日にち指定が出来るので、まとめて作ってました。)

だって、手術って何があるか分からないでしょ?!笑 

ははは、片目つぶれても死ぬことはないか。。。

ーーーーーーー

あっ、今家のPCで打ってます。

もう普通の生活をしていいのですって!

制限されているのは、保護用眼鏡をかけることと洗髪は絶対目に水が入らないように上を向いてすること。洗顔も然り。。。

それだけ~なんです!

始めは当然入院する方向を考えていたのですが、日帰り手術の出来るT先生に出会えて、日帰り手術を選びました。

それでも、家で10日ぐらい悶々としなくてはいけないかと覚悟していたのですが、手術も硝子体にガスを入れる必要もなく、すんなりと終わり、何でそんなに早くみえるの?とか、完璧とか言ってもらえて、先生も首をかしげる状態。本人、まだ寝ていたいとゴネテイルくらいです♪

皆さんに心配かけさせすぎちゃったかもしれません。

ごめんなさい!

ーーーーーーーー

まだまだ日本では日帰り手術は一般的ではないのですが、アメリカでは、この類の手術は日帰り手術が普通ですよ。

そうなんですか~?!

このT先生が学会で発表しているテクニックがあるらしい。

日帰りできるということは、それだけ縫合箇所も少なく済むらしい。少しでも身体にも優しい手術をしたい!そういう気持ちと、大学病院の「これ以上よくなならないです。進行を止める手術になります。」と言う意見に首をかしげ、「この状態なら見えるようになると思いますよ、僕は。」と、さらっといってくれたT先生に、なんだかすんなり任せる気になり、「先生に手術お願いします!」と、あっという間に言っていたのです。

なんか決まってた運命かも。。。

すんなりことが進むときは進むものですね。

ーーーーーーーー

今回は、本当にとてもいい病院と先生に恵まれました。

私のようにコネの全くない人にとって、ネットの力が助けになりました。

先生自身がHPを持っていると、絶対に大変ですよね。

患者は半端なく来る・・・

それも承知で、受けて立っている若い医師にとても興味を持ちました。

週末は西伊豆の無医村でクリニックを開いている

慶応出身の40歳の眼科医O先生。

知らなかったけれど、マスコミでも取り上げられてます。

そして、その院長を中心に共感できる医師仲間がチームワークを組んで構成されている病院。

出会った院長O先生は、評判どおりの熱きパワフルなドクターでした。

名前は功

そして、手術してもらったのは、普段は関西にいて、週二回担当のT先生。

名前は守

名前のごとく、このコンビネーションは患者としては面白かった。うまく両者の性格が補足しあっている・・・笑

どちらもやり手だけど、白内障の人工レンズの度数を決めるとき、迷って迷って・・・、この院長のO先生の担当の日に相談に行ったのです。先生、度数を1.2のように遠くに合わせると、手元はさっぱり見えなくなるってことですよね。手元が大きすぎる凸レンズのようになると、私、スケッチするのにとっても困るんです!

そやなー、わかる!

理づめでない返事をもらい、気持ちよく相談できました。

その帰り際「がんばろうな~!」って、O先生は握手してくれたのでした~~握手に弱い私?笑 それもおじさんじゃない男性との握手なんて久しぶり~!ははは!

手を出されたときには、びっくりしたけど、その帰り道、分からないことだらけで、溜まっていた不安な感情が、嬉しい涙に変わって溢れ出てきて仕方なかった・・・・初めてホッとした。

忘れられない道が一つ増えました。。。

泣きながら歩いた道って忘れませんよね。

そんな道が誰にでもありますよね。

それにしても、不安なお年よりに握手は絶対嬉しいですよね。

評判のどおりの熱き若き(?)ドクターでした。

ここに病院名は出すのは差し控えます。

これ以上患者が増えると先生が心配。。。

何かのご縁で、目に病気が発生した場合はお教えしますので、ご連絡くださいね。

(一日経って・・・やっぱり載せた方がいいかな・・・ご縁ある人がこのブログだって見てくれてるんですよね。ケチケチするのはO先生の意図に反するかも・・・ということで、横浜相鉄ビル眼科医院です。http://www.aikeikai.jp/index.html

この病院、網膜前膜(黄斑上膜)の手術、日帰りを希望しない人はちゃんと別のドクターが引き受けて手術してくれますよ。

確かに、手術は超緊張でした。点眼麻酔を最初にしているのですが、手術の椅子の上で、始める前に麻酔の注射を二回するのです。なんだかレンズのようなものを見る感じ。でも、針が近づいて目に入っていくのも分かるし・・・きゃ~~、いやー、こわ~~~い!!!先生の指示に必死で従いますものね。これ以上ないって言うぐらい真面目に光を見つめてました。笑 私の場合は早く終わって、40分ぐらいだったと思うけれど、最後ら辺はなんか息がしにくくなってきたし・・・目の病気の多いお年寄りにはしんどだろうな~~と、実感しました。

気が合わない先生だとやっぱかなりつらいな。。。

ひとつ、面白かったのは、黒いパイプみたいなのが見えるんだけど、それが掃除機みたいに目の中の糸くずのようなものをどんどん吸ってくれたの~~。へーー、なんて見入ってしまった。。。最後にはきれーーーいになって、、、掃除終わり。。。あれは実際にはどれぐらいの大きさの世界での出来事なんでしょうね。。。凄い!!!

それに、先生は続けての手術。この日は何人をやったんでしょう?

生半可じゃ出来ない・・・尊敬あるのみでした。

いやー、医者の奥さんは出来た人であって欲しい!!!そんなことも考えちゃいましたぁ!!!笑 

ーーーーーーー

今回感じたのは、

・セカンドオピニオン、サードオピニオンの大事なこと

・医は仁術なり

・自分の勘を大事にすること

10数年前には、この手術はまだまだ不可能だったらしい手術が可能になる医学の進歩は嬉しい限りです。その為に日々励んでいるドクター達に出会え、気が引き締まる思いがしました。

暖かい病院○○眼科医院、そしてドクター達に幸いあれ。

ありがとうございました。

これは、憶測ですが、テニスで球ががーーんと左目にあったたことがあるのです。

もしかしたら、それが原因で網膜がはがれそうになったのかも・・・ みなさん、そういうことがあったら、シンガポールに住んでいても早く病院に行きましょう!!!これはあうまで、ど素人の憶測ですが・・・

はい、PC、しばしやめます。身体の休息しますですーーー!!!笑 硝子体手術は確かにお腹の手術と同じと思ってくださいと言われましたから・・・

ブログの方は、

少し書き溜めていますので、生徒の作品発表見てくださいね。(◎´∀`)ノ

お見舞いのコメントやメールを頂いた方にはまたゆっくりお返事させて頂きます。

ありがとうございました。

では

*********

| | コメント (9)

より以前の記事一覧