« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

ナツメグ@ion(アイオン) シンガポール

097223_0041

こばちゃんから、こんな写真が届きました。

7月21日に、ソフトオープンしたオーチャードロードのION(アイオン)にこんなオブジェが・・・

なんて素敵なの~~!!と、私は興奮~~

でもね、歩行者で分かる人はほんの5%未満だな。だから、だから、細々とでもブログで叫びたい。。。笑 叫びの輪よ、広がれ~~~~笑

Photo Photo_2

この手の上に乗っているのが、正体。実はこれナツメグなんです♪ 

そう、よくハンバーグに入れるスパイス。ナツメグのオブジェなんて素敵だわ~ もともとこの辺りは、コショウやナツメグのプランテーションや果樹園があった場所。オーチャードの原点を語りかけてくれるオブジェ・ナツメグを皆さん宜しくね。eyescissors 

ーーーーーーーーーーーーー

シンガポールで一番賑やかなメインストリート・オーチャードロード、年間700万人の観光客が訪れる場所。去年から約30億円かけて、活性化のために行われていた工事も終わり、3つのゾーン(オーチャード、タングリン、サマセット)毎に、それぞれ異なる雰囲気に生まれ変わったみたいですね。

そのうちのサマセットゾーンには、シナモンやナツメグの街路樹が植えられたそうです♪たまには覗いてみてやってください。こんな実がなっていることもあるはずですよ!勿論とって帰ってハンバーグに!落ちてたら~ですよ。

赤い所(メースといいます。)を細かく刻んで入れると美味しいですよ。その下の黒い種はガリガリすりおろしてね。もちろん、シンガポールボタニックガーデンでも見られます。

budbudbudbudbud

こばちゃんからも、以下のコメントでしたloveletter

この7月にオーチャードRDにION(アイオン)がオープンして、こんなオブジェが出来ました。そう、ナツメグです。私的には興味津々、ナイスな感じですが、観光客の方は興味が無いのか素通りですね。シンガポールの発展の原点なのに。。。残念。

イエイエ、誰も知らないだけ~、ほんの4年前の私だって「何?これ?洋ナシ?」てなもんですなぁ~笑

誰かがこれなんだろうね?何て言ってたら、「あっ、これナツメグ!」つい言いたくなる「これナツメグなの!!!」 言っちゃったら、変なおばさんですからね~~ こばちゃん我慢だよ~笑 ガイド病がついでそうでしょ~~!!

1248329550 アイオンには、日本の和民やユニクロ、無印、XEX、銀たこなどが入ったんでしょ?

緩やかな曲線で構成された斬新な建物は、香港を拠点とする世界的な建築設計事務所Benoy社が果実をコンセプトにデザイン。外壁を構成する液晶パネルが凄そう!映像を映し出すことが可能で、夜間は華やかなイルミネーションが街を彩るらしい・・・・・

いやー、どこまで景気いいの?シンガポール・・・どこまでもつの?シンガポール。ちょっと心配だわ。。。

Cimg2735このパネル、太陽パネルなら話は分かるんだけど・・・・・もしかしたら、一番時代にそぐわないビルなんてので無ければいいのだけど・・・環境のために何か工夫はされているのかな・・・

私の本音は、あそこは、あの一等地は、、、緑のままで良かったのに。。。。。

左の写真では、マリオットホテルの向こう側の緑の場所にアイオンが・・・

素晴らしく大事な緑の空間だったのに。。。

あの緑の空間は今はもう無い。。。

これ以上緑をなくさないで・・・

前に書いた記事にナツメグのことが書いてあります。こちらもどうぞ。蛭についての記事の中なんだけど。。。ちょっと大きいナツメグ、ワイルドナツメグの写真もありますよ。「これが蛭なのね。」http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_a155.html

では

*********

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

懐石しつらえ 井中居@青梅

レンゲショウマを見たあと、青梅にある古民家レストラン「井中居」で昼食。以前、両親と一緒に行こうと思ったら、予約いっぱいで諦めた事があります。

チャンスを狙ってました♪ふふ、やっと来たわよ。どんなかな~?

Rimg0183_2   

うん、うん、いい感じ・・・竹林を抜けて母屋に行きます。明治初期に作られた格子の美しい建物を移築し、母屋はレストランとして、蔵はギャラリーとして使われています♪

Rimg0182_2 Rimg0173

私は木造が好き。太い柱は、見た目はどっしり、でもとても柔らかい空間なんです♪ あ~、いいなぁ。

この日の献立は、葉月笹。

Rimg0121 Rimg0126

Rimg0063

Rimg0128 Rimg0130
かぼちゃシン薯⇒珍しい           玉蜀黍(とうもろこし)豆腐⇒これまた珍しい~

Rimg0134_2
鮎です! めちゃ嬉しい~ 日頃我慢してるからね

Rimg0138 Rimg0140
冬瓜スープ煮                  夏野菜と鱧南蛮漬け

Rimg0142 Rimg0144
                          朴の葉がいいでしょ?!
                                                   
Rimg0152 Rimg01541
枝豆おこわ 朴の葉蒸し              桃クラッシュジュース

美味しくて、大満足!皆の口から出る言葉は、「美味しい~~!一人参加も気楽でいいですね。」 私の周りは、一人参加者が10人程、集まって座った席。美味しいご馳走に満足すると、嬉しくなり自然に口も緩む。。。そうさせたお料理は凄いわ~ ぺちゃくちゃ~! 夫婦通しで集まってたテーブルより、賑やかで盛り上がってたのは何故???

Rimg0166

メニューには笹・・・4200円とありました。ツアーに申し込んだので、はっきりした値段は分かりませんが、献立名は葉月笹。じゃあ、4200円?? そうとしたらこれで4200円は安い!

Rimg01611 Rimg0172

たまには、ゆっくり懐石料理でもいかがですか?

いつもはね、390円のひじき弁当がこの頃美味しいの。それも散策での青空の下。でもたまには懐石料理に誘って頂けると喜んで行きますよ!笑

「井中居」 期待通りの和空間でした♪「井中居」HP。http://ichukyo.net/

ーーーーーーーーー

いつも何げなく使っている懐石と言う言葉。一体どういう意味なんでしょう?

調べてみました。

懐石とは寒い時期に蛇紋岩・軽石などを火で加熱したもの、温めた蒟蒻(こんにゃく)などを布に包み懐に入れる暖房具を意味する。へぇ==sweat01 こんにゃくとかを温めて暖房器具にしてたんだぁ!それほど、こんにゃくは、昔の人にとって身近なものだったんですね。

「懐石」が料理に結びつく経緯は諸説ありますが、一つには、修行中の禅僧が寒さや空腹をしのぐ目的で温石を懐中に入れたことから、客人をもてなしたいが食べるものがなく、せめてもの空腹しのぎにと温めた石を渡し、客の懐に入れてもらったとする説があるそうですよ。

ということは・・・

懐石料理の意味合いは、茶道の世界や時代の流れと共に、どんどん変化してきていますが、元にある心は、豪華な食事ではなく、おもてなしの心なんですね♪

明日は選挙。大きな変化があるといいナ。

では

*******

| | コメント (0)

2009年8月28日 (金)

レンゲショウマ@御岳山

Rimg0073
学名:Anemonopsis macrophylla
レンゲショウマ 蓮華升麻
キンポウゲ科 レンゲショウマ属
日本特産の一属一種の多年草

Rimg0027

レンゲショウマって、いい名前ですよね♪日光植物園でもたくさん見られたけど、まだ蕾だったの~あそこのは、シロレンゲショウマだったな。。。

奥多摩の御岳山が有名なのよー。5万株もの群生が見られるんですって~!それを知ってから、ずーっと気になってました。

気になるものは見てみましょう!

気になることは行動しましょう!

気楽に、一人、ツアーに参加して見てきました・・・ツアー好きじゃないけど、まあいいでしょう!笑 このツアー、もう一つ「井中居」という古民家レストランでの食事付きなんです!こちらも花に負けず、魅力的だったの~~!!

8月1日~31日まで御岳山ではレンゲショウマ祭り開催中です♪

Rimg0008 Rimg0003

ケーブルカーの駅(標高831m)から徒歩約10分ほど歩くと、なるほどレンゲショウマだらけ~~!でも、人だらけ~~笑 凄い人気なんですねsweat01 日本一の群生地というだけあるわ~~sweat01 ケーブルカーの駅で与えられた時間は1時間。往復20分でしょ!トイレも行きたいでしょ!写真も撮りたいでしょ!ひゃー、忙しい~~。みんなカメラを抱えて一目散と言う感じでしたね♪

Rimg00471

Rimg0012_2 Rimg0062

萼は花弁状で平らに開き、花弁は抱えるように咲くため、二段構えに花弁が並んでいるように見える。長い柄の先についたランタンみたい・・・。

Rimg0090

御岳山のほんの入り口に行って、Uターン!!! 哀しいよ~~!もっとゆっくりしたかったナ。でも、ひとまず満足、満足でございました。御岳山近くの御前山でもレンゲショウマがよく見られるらしい。。。

来年は、そこに行こうかな♪

やっぱり人が多いのはどうもね。

ここまで来たからには、ゆっくり多摩川の流れも楽しみたかった・・・・・

この辺りの流れはいいんです。

近くにある合玉堂の美術館もいいですよ。ちょっとクリックして、彼の作品をどうぞ。あなたの周りの空気がきっとゆっくり流れますよ♪

今は、生きとし 生きるもの展をやってますね。

   玉堂描くところの命あるもの達
  何と生き生きしていることでしょう
  人も動物も魚も、

  玉堂にとっては全ていとしいもの達でした。

明日は、素敵な古民家レストラン「井中居」のご紹介です~wine

では

*********

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

ミヤマシシウドの命に触れる

Rimg0418
2009.07.24

尾瀬沼近くの大江湿原、ニッコウキスゲはもちろん誰の心も魅了するでしょうが、草原に突出する白い花、とっても目立つミヤマシシウドに何故か惹かれた私。なんか、朴訥とした姿が良かったの~~♪名前も覚えやすくすぐに納得♪「ミヤマシシウドちゃんなかなかいいわぁ~」なんて思いながら歩いてました♪ ここで見たミヤマシシウド、やけにでかいミヤマシシウドでした。

↓尾瀬沼・沼尻に向かう途中で見たミヤマシシウド。キャベツの小玉ぐらいの大きさです。鞘の中から茎が出てるし、面白いでしょ?!

Rimg04101

Rimg0409

それがね、帰りに同じのを見たら、あれーー、なんて成長が早いの!!!たった、2時間で、この子、こんなに成長してました。

Rimg05531

Rimg05542

かぱっと、割れてお花誕生♪ 凄い、凄い!

よーく観察してみると、中の花がね~~かわいいの!命が溢れだしてる・・・

Rimg0556

ピュアで力強いエネルギーだぁ

Rimg05581

一つ一つの小さい花は、直径5mmほど

Rimg05591 

いやぁ、かわいい!

Rimg04181

ミヤマシシウド 深山猪独活 せり科

茎は太い円柱形で直立。葉の付け根は鞘になっていて茎を包む。枝先に径20cm内外の花の固まりとなり、小さな白緑色の花を多数つける。7月下旬から8月中旬。高さ1~2m。(尾瀬植物手帳 JTBより)

こちらは、入笠山でのミヤマシシウド。

Rimg0318
2009.8.22 入笠湿原

ちょっと種類が違うかも・・・シシウドのうち、高山に生えているのを総称してミヤマシシウドと言われているみたい・・・その辺ネットで調べてみたけど、正確に識別するのは難しいらしい。枯れかけているの花がピンクに変化してました。

Rimg0336 Rimg0337

この夏、熱帯植物から脱し、たくさんの日本の花に触れました。新鮮でした♪パワフルー!遊びすぎ!の声を浴びながら~~笑 あー、幸せで楽しい~~!!

熱帯と違った淡い色の花達は、優しいエネルギーでそっと語りかけてくれます。熱帯のたくましいエネルギーもまた良し。でも、今年は違った優しいエネルギーを感じながら、この夏を過ごす事ができました♪ やはり優しさはいいですね。特に、両親を気使わなくてはならない今の私に一番必要なエネルギーだったんだな! だから、こんなにもたくさんの花に出会わせてもらったんだな~

そんな事をこのブログを書きながら実感しました♪

人は多くのことを考えなくても

必要なことをちゃんと自然にしているんですね。

では

********

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

尾瀬沼ハイキング・その4(ナガバノモウセンゴケを見た) 

尾瀬沼ハイキング その3 から続きです♪

Rimg0508

この日の目的地 生しり、おっと違った・・・危ない危ない、沼尻(ぬましり)と入れようとしたら、間違えたっ~ 笑 ホントは沼尻(ぬしり)と言うんですって!さあ、沼尻に到着。たくさんの先客がランチしてました。ここは簡単なものも売ってて、食べられますよ。やっとご飯だよ~~riceball ホテルで作ってもらったお弁当の美味しいこと!それに、途中の長蔵小屋売店で大福が売ってて、食べたかったの~! それを星さんが知ってくれてて、この休憩所で買って差入れしてくれましたぁ。ごっつぁんでございます!うめぇぇぇぇぇ・・・

Dscn0102 Rimg0506_2

さっさと歩けば、沼一周できますが、私達はカメだから・・・植物を見ながら歩くと、ここまでで引き返すのがちょうどよかったな。でも、花も今回でだいぶ覚えたから、次回は一周を目指そう!この頃時々思うんです。一回ぐらいカメラを持たないで行くってのもいいかも・・・と。さっさと歩いてスケッチもいいね~ ゴメン、この頃描けてない・・・

Rimg0062

尾瀬沼一周はどのくらいかかるのかな?えーっと、地図で見てみると、尾瀬沼の東端の長蔵小屋から一周して、約2時間半ですね。次回の楽しみだ!

ガイドの星さん曰く、この沼尻辺りで一番珍しい植物はガバノモウセンゴケ。

Rimg04891
学名:Drosera anglica  モウセンゴケ科
一般名:ナガバノモウセンゴケ 長葉の毛氈苔
花期:7月中旬~8月中旬

高層湿原に自生する食虫植物 絶滅寸前に追い込まれている

モウセンゴケは色んな所で見られるけど、このナガバノモウセンゴケは、北海道以外で見られるのは、尾瀬だけなんですって!へぇ~って感じでしょ?!そりゃ、見たいわshine

モウセンゴケより、名前通り、葉の形が長いですね。それよりね、私がとっても気に入ったのは、かわいい白い花。写真で分かりにくいかもしれませんが、細い茎を長く伸ばし、先に白い6~7mmの白い花を咲かせます♪

普通のモウセンゴケもこんな似た花を咲かせます。虫を捕らえる獰猛なイメージと、なんとかけ離れた可憐な花を咲かせるモウセンゴケの仲間達。。。怖い、怖い!この花に捕まった虫さんの気持ち分かるわ~~ あ、そうそう、もっとたちの悪いのが人間さま。生きるために取るのではなく、自分の欲望のために、そっと取って持ち帰る人がいるらしい。

とんでもないやつめ!

Rimg04882_2 Rimg04841
↑腺毛(せんもう)の先の水滴みたいなのがネバネバしてて、虫君が捕らえられちゃうの~

食虫植物のナガバノモウセンゴケは捕らえた虫から栄養を取り、こんな栄養の無い湿地でも生き延びてるって訳・・・・・賢いやつメ~。

前の駒止湿原の記事http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-e79b.htmlで、モウセンゴケを載せてたら、星さんがまたまたいい写真をご提供くださいました♪虫が御用になっている写真です。皆も、ぜひどうぞ!

5 12

自然界は厳しいナ・・・

星さん、貴重な写真ありがとうございました!

利用したホテル&ハイキングツアーはこちら。たかつえリゾート(会津高原ホテル・アストリアホテル)宣伝しとかなくちゃね。http://www.takatsue.jp/travel.html

では

**********

| | コメント (0)

2009年8月23日 (日)

8月 ボタ歩きの会(シンガポールボタニックガーデンを歩く会) +あるふぁ

☆8月ボタ歩きの会開催のお知らせ☆

Cimg0568_3_2 Photo_2 

今月も元気よく、花を愛でながら歩きましょう!

シンガポールボタニックガーデンは、いつも明るく輝いてますよ!

日時:8月25日(火曜日) 9時半
集合:シンガポールボタニックガーデン(植物園) ビジターセンター

約2時間ぐらい歩きます。
どなたでも参加OK。
予約なしで気軽にご参加下さい。

ガイドこばちゃんが待ってます!

・暑いので水持参してください♪
・サンダル履きは、芝生などで蟻が脚に上がって来たりしますので、靴を履いていらして下さいね。
・ボタ本を持ってきてください。


Rimg0644


日本人会ショップで売ってます。また、当日ビジターセンターショップでも購入可

Rimg0100 Rimg0070

エンタダの花は咲いてるかな?実は見れるかな?
まだ、バオバブの花は咲いてるかな?

7

9月は都合によりお休みになります♪ みなさん、今月は逃さずご参加くださいね。

どんな会かな・・・と、ちょっとでも思ってみてくださった方。カテゴリー「ボタ歩きの会」をクリックしてみて下さい♪楽しそうな雰囲気が伝わってきますよ~~~

毎月第4火曜日にやってます。

★★★★★★★★★★

話は変わりますが・・・

こちら日本。

昨日、もとシンガポールボタニックガーデン・ボランティアガイドだった仲間4人で、樹木医の石井誠治先生のツアーに参加してきました!行った所は、入笠山。

石井先生は、今年春に先生引率のツアーでシンガポールにいらっしゃって、私達ガイド仲間のhitomiさんがその時シンガポール内のいろいろな所にお連れしてガイドをしたのです。そうだよね~~、hitomiさん!

ランチの時にそのことをお話したら、「わぁ~~、世間は狭いですね~~」と、喜んでくださって、話が盛り上がりました♪ シンガポール、いいとこですよね!タクシーに乗れば10分で熱帯雨林があって・・・、気軽に熱帯雨林が楽しめますよね!なんて、楽しい話になりましたよ~~!!熱帯で植物の基盤が出来て、(いや、それほどでもございませんが・・・)日本に帰ってくると、日本の自然も新鮮でしょ?!はいーー!その通り。。。で、ございます!

Rimg0384_2 Rimg0414

入笠山とっても気持ちのいい場所でした♪ 入笠湿原はまさにお花畑。期待以上の美しさに、まだボーっとしてます。

Rimg0536_2

シンガポールでの植物繋がりの輪がどんどん広がって、日本でも楽しんでます♪

ボタ歩きの会でのご縁も、ずーっと繋げましょうね~~♪

地球は美しいよ♪

感動するときの気持ちは自然に繋がってる・・・heart04

では

***********

| | コメント (3)

2009年8月21日 (金)

尾瀬沼ハイキング その3

大江湿原のニッコウキスゲも堪能し、あと一時間尾瀬沼の北岸を歩き、沼尻へ向かいますdenim

Rimg0017_2 思い出に

長蔵小屋のマグネットをゲット。

行ったところのマグネットを買うのが趣味なの

うちの玄関に今ハリツイテル!

Rimg04481

歩き出すと、左前方にお墓が見えてきました。ここは自然保護区。お墓があるはずはないのだけど・・・この尾瀬を守ってきた平野家のお墓だけは許されここにあります。なんといっても、平野長蔵さんなしでは、この尾瀬はあり得ませんものね。

長蔵小屋は尾瀬ヶ原のダム化や縦貫道路建設反対運動など様々な問題を切り抜け、尾瀬の自然保護の為に人生を捧げた三代平野長蔵氏・長英氏・長靖氏の山小屋。今は4代目、太郎さんが引き継いでいます。簡単には言い表せぬ凄さですーーその妻達も偉い。YOMIURI ONLINEのこんな記事もありますよ。http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/feature/niigata1218463054713_02/news/20080812-OYT8T00661.htm 我を捨て、自分の使命を受け入れ、坦坦と生きる姿は感動します。

↓平野家の墓
Rimg04492

振り返れば、長蔵小屋

Rimg04501

沼尻まで同じように木道が続きます♪尾瀬沼北岸からの景色・・・

雨も上がり、霧にむせぶ景色もかえっていい

Rimg0474

途中、こんな二股の木が・・・なんで二股なんでしょう。それは、halさんのブログをご覧あれ!http://singapore-photodiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-8ace.html

Rimg0454 倒木更新だよ

辺りには、熊笹とかがびっしりり生えていて植物の種が落ちてもなかなか目を出せる環境ではありません。唯一の格好な場所、それは倒木の上。倒木の上に落ちた種は芽を出すことが出来、育っていきます。その幼木が大きくなる頃、土台になった倒木は朽ち果て無くなってしまう訳。。。その倒木の跡が丸く残るんです。そうやって、森の世代交代が行われるんですね♪それを倒木更新(トウボクコクシン)というのです。

Rimg04561 ギンリョウソウ

ガイドの星さんが、ギンリョウソウ(銀竜草)がありますよ!

ええー!どこどこ??!!

見たかったの!!!ギンリョウソウ。奇妙な奴なんですよ!!!

植物なのに葉緑素を持たない奴。そんなのがいるのよーー!!!だから緑じゃない。。。透き通った奴。。。へぇ~~~でしょ?めちゃ面白い。。。大好き!変わった奴ほどかわいらしい。。。 あー、だから夫で苦労してる?happy02 

腐生植物なの。腐生植物とは、種子植物の内で、植物体に光合成で自活する能力がなく、菌類と共生して栄養素を得て生活するものを指して呼ぶ言葉です。

ユウレイソウとも呼ばれるんですって。中国名は水晶蘭。日本人って、イメージ力が乏しい??笑 日本人は幽霊好きなのよね~ 英名は、Indian Pipe とかWaxflower まだまともよね。

ウイキペディアによると・・・

地下に短い地下茎と太く絡まりあった根から成る塊があり、花が咲く以外にはその姿は地上では見られない。4~8月ごろに地下から花茎を伸ばし、最大約15cmほどまで伸びる。花茎は多数が集まって出て、色素はなく全体が透けた白色。茎には鱗片状の葉を多数つけるが、これも透明感のある白である。枝分かれせず、先端に一輪の花をつけ、マルハナバチなどが訪花して受粉に与る。

Rimg03341
↑目玉親父みたいなギンリョウソウの実

Rimg0479 Rimg0480
↑キンコウカ

Rimg0484 Rimg0163
珍しいナガバノモウセンゴケ    ↑カキラン 柿の色に似てるから

Rimg0499   
↑ワタスゲ

0

ワタスゲと言えば、星さんから頂いた写真にこんなのがあったのでご紹介。綺麗な写真だから、ぜひ。ワタスゲ一面の駒止湿原ですねーーー凄すぎ~~ありがとうございます。

Rimg0491

さあ、おひるのお弁当だ!

では

*********

Rimg0468

| | コメント (0)

届いた思い出♪

前の記事でご紹介した尾瀬のガイドさん、星さんからなんと植物や私達の写真がたくさん入ったCDを送って頂きました。

なんて素晴らしいんでしょう!

Rimg0011

私もこんなこと出来る人になろう。。。

メールの中にこんなことが書いてありました。

ニッコウキスゲの群生と鹿についてです。

お話したか記憶に無いのですが、今年もニッコウキスゲの花芽を鹿に食べられました。昨日環境省の方と話をして、かなり広大な面積の花芽を食べられたとお互い確認したところです。実際はご覧になったキスゲの倍近い花が見られるはずたったのです。(メールより)

どうも鹿がお腹がすいているらしいですね。鹿のえさが減っているのは、どんな原因からでしょう?詳しくは分かりませんが、様々な原因が絡み合っての現象なんでしょうね。本来なら、ニッコウキスゲの芽まで食べる必要はないのでしょうが・・・

すべての動、植物の共存がうまく織りなって、美しい原風景がいつまでも楽しめることを祈りたいですね。

Dscn0105 星さん提供

では

*******

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

尾瀬沼ハイキング その2

昨日からの続き。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-8cb4.html

Rimg03951

さあ、大江湿原です。 尾瀬沼が見え始め、だんだんと周りの黄色が濃くなってきました♪ 期待に胸が膨らむ・・・

Rimg04302

人の手が入らないから、こんなに綺麗なんだな。何も語らず埋もれていたい。

Rimg04413

天然記念物 尾瀬・・・・・尾瀬国立公園は平成19年に“29番目の国立公園”として指定された、我が国で最も新しい国立公園なんですよ。それまでは、日光国立公園の一部でした。

日本最大の山岳湿原である尾瀬ヶ原、只見川の源流にあたる尾瀬沼の2盆地と、その周囲に位置する百名山・至仏山、東北以北で最高峰(標高2,356m)を誇る燧ヶ岳、会津駒ヶ岳、田代山・帝釈山などからなる、面積約37,000ヘクタールにおよぶ国立公園です。

Rimg03921

学名:Hemerocallis middendorffii var. esculenta
一般名: ニッコウキスゲ ゼンテイカ
ユリ科 (APG分類ではキスゲ科) 多年草

大江湿原のニッコウキスゲ。毎年こんなに綺麗と言うわけには行かないそうで、4年に一度ぐらいこんなに綺麗になるとか・・・ それに、10年に一度ぐらい、大・大・大群生になるらしく、前回はH17年かな??凄かったのだそうです! 今度そうなる時には駆けつけたい~~run

Rimg04383

あっ、この方がガイドの星さんですheart04 これから、長蔵小屋のそばにあるビジターセンターに向かいトイレ休憩です。ここと沼尻のトイレを利用しましたが、とっても綺麗♪驚きました。

尾瀬のトイレには全て合併処理浄化槽が設置され、直接、汚水を湿原へ流さない配慮をしています。いったん浄化槽に貯められた汚水は微生物によって分解され、浄化後は近隣の河川や、パイプラインで域外へ放流しています。トイレットペーパーなどの固形物は脱水・乾燥したのち、ヘリコプターで尾瀬外へ搬出しているんですって。
もちろん、その為には100円払います♪ 当たり前のことですね。

Rimg04152_2 Rimg0421
↑ノアザミ  花の下の所・総苞(ガク見たいなところ)がネバネバしてるのが特徴だよ♪ 蝶も蜂もカモ~ン♪

Rimg04171

こっちは

ここにしかないアザミ。

オゼヌマアザミ

総苞の形が違いますよね。

上に向かってまっすぐ尖ってる・・・

Rimg0405_2

お気に入りミヤマシシウド

気持ちいいほど、すーーっと直立してます。Rimg04101

変な奴です。だって、たまねぎの皮の様な鞘の中から茎が顔を出してます。でしょ?複雑怪奇だよーー実はこの子、帰りにまた見たら、全然違う姿になってました。それはまた帰りに載せようっとーー!

Rimg04133

お花畑を通り過ぎ、長蔵小屋&ビジターセンターへ

Rimg04463 200908182340000

長蔵小屋・売店で「尾瀬 植物手帳 JTBパブリシング」を買いました。これいいですよ!

お腹すいたけど、あと一時間歩いて沼尻(ぬしり)の小屋で昼食です♪

さあ、もうちょっと歩きましょう~~まだまだ体力大丈夫よ~~~なんせめちゃ暑いシンガポールで歩いてたんですもの~~全然平気。。。そういえば、さっきテレビで言ってましたよ。一日8000歩歩かなくちゃいけないと・・・寝たきり老人の原因は、イメージと実際の脚の筋力の差で、イメージどおり体が動かなくて、転倒して転んで骨を折ったりする人が、そのまま寝たきりになる例がとっても多いんですって!痴呆や脳卒中より多いそうですよ!

あなたは大丈夫? 歩いてます?

心して歩きましょうね!

明日に続く

では

*********

| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

尾瀬沼ハイキング その1

Rimg0398

夏がくれば思い出す♪
  はるかな尾瀬 遠い空♪

霧のなかにうかびくる♪
  やさしい影 野の小径(こみち)♪

誰もが知っているこの歌「夏の思い出」 いい歌ですね。やさしい影という歌詞がぴったりの尾瀬でした。

いやぁ、やっと夏らしくなりましたねsun夏は暑くなくっちゃ!カキ氷がおいしくなくっちゃ!ね!都会の喧騒から脱出~~自然に浸りに行きましょう!!このところ、いやに日常からの脱出を試みてます!笑 だって、めちゃくちゃ気持ちいいんですもの~!帰って来ても元気出して働けます。かえってバランスいいんですよね。何かが私をどんどん連れ出してくれてる感じ。それが出来るときは、その導きに従おうーー笑 

ーーーーーーーーー

さて、日光・尾瀬の旅(7月22~24日) 2日目の駒止湿原で足慣らしを終え、3日目はいよいよ尾瀬沼辺りを歩きます♪ あなたも一緒に歩いてる気分になれるといいな。

645_2前日の宿は、会津高原ホテル泊spa 今回のツアーはこのホテルの企画「初心者の尾瀬ハイキング」を利用しました。詳しくはこちらhttp://www.takatsue.jp/trekking/2009trekking_oze.html

spaに入り、疲れもとれバッチシ!でも、お天気がイマイチ。ひどく降っては無いけどね。うーん、仕方ない・・・私達は晴れ女sun きっと大丈夫!そう思いながら出発です。何事も天にお任せ♪ それが一番。人の力なんて知れたものです。

「こんにちは!宜しくお願い致します!」今日のガイドさんは星さん。植物、詳しいですよ。写真も好きだし・・・。とは、昨日のガイド高瀬さんの推薦の言葉。私達を完全に理解してくださった??そうですね。私達、植物の名前聞きまくり~、写真撮りまくり~の人種ですから、、、何か???はははhappy01

実は、この日の最後に交わした言葉、星さん曰く、「ガイドも色々いますからね。私達、フィールドワークで植物の勉強したいんです。とか、ちゃんと前もって言った方がいいですよ!見習いガイドがいっぱいいますからね~。」 この日、もし見習いガイドさんに当たってたら、私達、ガイドさんを泣かせてた??? 「いやぁ、両方とも泣きたくなるでしょう~」とは、星さんの言葉。ほほほほほsweat01

私達って、特殊かも・・・sweat01

でも、星さんは燃えてくださった!

こんな植物に熱心な人達が月に一度来てくれたらなぁ~!ぜひ、また機会を作りましょう!

嬉しい言葉をありがとうございます!heart04ぺこりん。

さて、

旅程は、ホテル⇒御池⇒沼山峠⇒歩く⇒大江湿原⇒尾瀬沼北岸⇒沼尻⇒同じ道を元に戻る

さあ出発だsign03

御池までの車の中、halさんとガイドの星さん、なんと同い年という事が判明♪星さんの嬉しそうな顔を見た瞬間でした!!!急に沸いた親近感!ってやつですね。ははは。私とosugiさんは会話をhalさん任せ、後部座席で、ぐーすかsleepy、居眠りできたのでしたぁ♪会話好きはhalさんの強みです!!頼れる~~笑

Rimg03183なぜか、青、赤、黄

まあ、そんなことはよしとして御池(ミイケ)からシャトルバスで沼山峠着。ここからいよいよ歩き始めますdenim 全体で上りの道は沼山峠だけ、そんなにきつくないですよ。ずっと、木道で歩きやすいし、周りはオオシラビソ(アオモリトドマツ)が林立していて気持ちいい。木道沿いにはかわいい花が咲いてるしね♪

Rimg03421 Rimg0341
                      オオシラビソの実 青くて大きい松ぼっくり欲しい♪

一番たくさん見たのは、

Rimg0339
シラタマノキ シロモノってよくいわれる

Rimg0344_2 Rimg03571_2
ウラジロヨウラク                   マイヅルソウの実

Rimg0351_2 Rimg0358 
タケシマランの実            ヤマハハコ(ハハコグサの仲間だね)

わぁー、いよいよ、森脱出です♪

Rimg0369  

沼山峠を越えると、大江湿原。あっ、ニッコウキスゲだ!これがニッコウキスゲなのね。。。これから、もっともっとニッコウキスゲが凄いよ~~と言われた所に向かいます♪どんなに綺麗か、楽しみ♪ルンルンだわ。

Rimg03701

なんか尾瀬のイメージらしくなってきましたよね。道行く人との挨拶も元気が出てくる・・・「こんにちは!」

大江湿原に行く途中、こんな花に出会いました。

ヒメザゼンソウ。ザゼンソウ??それもひめが付く。いい名前じゃないですか~!どんなん?どんなん?近づいて見ると。。。ほほーーこれですかい。なんでザゼンソウって名前?調べました。花の形から坐禅する僧をイメージしてるんですって!ダルマソウとも言うらしい。)

Rimg0386_2 Rimg0385

ちょっと時期遅しですが、どんなのかは分かった。。。水芭蕉に似てますね。

Rimg0382_3 この時そばに、水芭蕉が、、、

今の水芭蕉はこんなんでした。

水芭蕉の実は熊が宿便を出す為に、食べに来るんですよ!その記事はこちらhttp://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-35c6.html

もうひとつだけ・・・とっても綺麗だったので・・・ワレモコウ。それもここのはミヤマワレモコウ ワレモコウより雄しべが長いのです。

Rimg0374 Rimg03731

緑の中でこのワレモコウのエンジ色、心に残った・・・

さあ、明日はきっとまっ黄、黄の記事でしょうから、今日はこのエンジ色で締めくくり。

今でも目をつぶれば、浮かんでくる

ミヤマワレモコウはあったかい色

人の心をほっこり柔らかくする色

では

*********

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

駒止湿原で、思い出す♪ ネジバナとコバギボウシとコバイケイソウ♪

駒止湿原での思い出♪続きです。前の記事は、http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-e79b.html 

この旅で、osugiさんが履いてきた靴。めちゃ、ピンク!

「あのね、この靴買って帰ったら、主人と息子がね、何この色~~!!って引いたのよーー!!」 いやぁ~~coldsweats01、さもありなん!

しかし、なんと駒止湿原でこの色発見!

なんと、ネジバナが最高の色をしてました。発色が凄い!濁ってない~~ あれまー、osugiさんの靴とまったく同じ色だわ~~笑

Rimg02751_2 Rimg02752_2

「いやーん、嬉しい!撮って~~」 osugiさんのリクエストで靴とネジバナのコラボレーション!パチリcamera なかなかいい写真ではないですか~!ははは このどピンクの靴~~なんか欲しくなっちゃった~~ちゃんとゴアテックスだし、不思議な魔力の靴だよん。もしかしたら買うかも・・・どピンクってパワーあるかもねーーheart01

上で細長く螺旋のように廻っているピンクの細長い花が、ネジバナ

私の大好きな花の一つ。こんな所で出会えるとは・・・私も嬉しい!こんなに綺麗な濃いピンクのネジバナはなかなかないかも・・・自然の力はやっぱり最高。

ネジバナって、実はランなんですよね♪よーく見ると、小さい一個の花はちゃんと(当たり前だが・・・)蘭の形をしてます♪

よく原っぱなどの日当たりのいい所に生えてますよね。かわいい花の代表。

Rimg01861
学名:Spiranthes sinensis (Pers.) Ames var. amoena (M.Bieb.) H.Hara
一般名:ネジバナ 
捩花 モジズリ
ラン科 多年草

これは、7月5日、うちの近所で撮影したもの~~何度トライしてもうまく撮れない花です^^; でもちゃんと蘭でしょ?!

さて、湿原の木道をぽくぽくと歩きます♪

Rimg0305 Rimg02851

遠くに白樺、ダケカンバが立ち並び、なんて爽やか~~sign01わぉ~~sign01空を仰いで叫びたい~~sign01幸せだぁ~~sign01sign01sign01

Rimg02931 Rimg02952
コバギボウシ 小葉擬宝珠

この日の湿原の主役を勤めてくれてたのはギボウシちゃん。あっちにもこっちにもかわいい紫色だったな♪ ギボウシ(擬宝珠)ていうのは、橋の欄干とかにある葱坊主のような形のもの。。。分かります?えーと、この間渡った3条大橋にあるかな?ちょっと待ってね。探してみます~~。ありました、ありましたぁ!ちょっと小さい写真だけど・・・

Rimg0475 Img006

ついでに、ちょっと描いてみたぁ!ギボウシと葱坊主。笑 野原に突き出た欄干になってしまった・・・ははは。

コバギボウシ盛りでしたよ!

コバといえば、もうひとつ♪ コバイケイソウ。でもこちらはコバで切れなくて、小梅恵草なんですよ。もう花の盛りを過ぎて実になってましたが、これもあちこちでにょきっと飛び出して目立って生えてましたぁ。

Rimg02701_2

halさんがね、この名前があんまり覚えられなくてねーーsad

「こばちゃん!いけそう! だよーー!!」

って言うと、めちゃくちゃ納得~~!!すぐ覚えちゃいました~~

こばちゃんとは、私達の友達。シンガポールでボタ歩きの会のガイドをしてくれてます。

3人で、「こばちゃん!行け行け~~!!こばちゃん、行けそう!コバイケイソウ!」って、言いながら歩いたよ~~笑

こばちゃんの笑顔を思い出しながら、笑っちゃいましたぁheart04こんな所で、こばちゃん登場するとは・・・・・おほほほほ!人の繋がりってこういうことなのね。私もどこかで思い出してもらえるような人になりたいな。。。

そうそう、白樺とダケカンバの違いも教えてもらったな~~もちろん、他にもたくさんの植物に会いました。その辺のことはhalさんが詳しく書いてくれてます!ぜひ、こちらをどうぞ!駒止湿原散策その1&その2です。http://singapore-photodiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-8fda.html

http://singapore-photodiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-df1a.html

Rimg03112

この日のガイドはちょっと渋めの高瀬さんでした。楽しい時間をお付き合い頂きありがとうございました♪

尾瀬沼に続く

では

*********

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

西表島から帰ってきました!

Rimg11412

西表島から帰ってきました!

あー、笑ってばかりの毎日でした!

今は、まるでこのシーサーちゃんみたいな私と娘♪

満足度120%。

今は、何があっても笑えるよーーー!

西表島の人々、そして何よりの自然、ありがとう♪

ーーーーーーーー

海の上で出会ったこいつがかわいかった!!!

Rimg08641

これ本物。生きてます!笑

Rimg0860

カツオドリ?たぶんそう。。。

あまりの人なつこっさにビックリeye

日本には3種類のカツオドリがいるらしいけど、これは何カツオドリでしょう??

ひとまず落ち着いてまた書きますね。

それに、まだ尾瀬書いてない・・・ガイドさんへのお礼の気持ちもあって、書きたいから、まずは尾瀬すまさなくちゃ・・・

では

**********

| | コメント (2)

2009年8月 9日 (日)

西表島へ

娘のお盆休みに合わせて、

母娘で、

西表島まで

ちょっと出かけてきます!

台風8号の影響はどうでしょう?

久し振りにマングローブを見るのが楽しみ!

ヨットでダイビングやシュノーケル、そして川ではカヌーを漕いだり、滝までトレッキングする予定ですが、まだ行く準備が・・・・・今もう2時過ぎちゃったwobbly

娘はやっとさっき帰ってきて、今日一日、炎天下で5回も踊ったぁ~~!!とか言って、倒れこむように寝ちゃいましたぁ!

とにかくあるもの突っ込んで行ってきます~~!!

朝早いのだ~!!

安いチケットは朝早いのだぁ!

楽しんできます!!!

では

**********

| | コメント (2)

2009年8月 8日 (土)

駒止湿原・熊に会わなかった!ほっ

鬼怒川ライン下りを終え、午後は駒止湿原を散策のため、会津高原尾瀬口駅まで電車で移動。もちろん電車は単線の世界。本数も一時間に1本位しか走っていません。田舎に来たよ~train

汽車の窓か~ら ハンケチ振れば♪
牧場の乙女が 花束投げる
明るい青空 白樺林
山越え谷越え はるばると
ラーラララー ララ ララララーラ♪
高原列車は ラララララ 行くよ♪

高度はどんどん上がり、まさにこの歌の世界突入!ちと大袈裟。笑 古関 裕而さん 作曲ですよね♪でも、この歌、まさにお近くの猪苗代の方がモデルの歌で、福島の歌なんですよ。

日曜日のお昼は、「ロッテ歌のアルバム」知ってます? 昔を思い起こしてたら、ふと思い出したわ♪両親と一緒の時間が増えると、私の頭まで昔の方向を向いてる??ぅお~!やばいですぞ。笑 でも、それもいい。縁側の下で遊んでたら、畳の部屋の奥の方から、テレビの音が流れる・・・お口の恋人・ロッテ提供、ロッテ歌のアルバム♪♪1週間のご無沙汰でした。玉置でございます!なんてね、懐かしいでしょ~~

Rimg05723_2 いつのまにか福島県でした。

話は随分それましたが、とにかく会津高原尾瀬口駅に到着shoe

この日から、一日半ガイドさん付きです♪一日目は、駒止湿原を歩き、 二日目は尾瀬沼周辺を歩きます。一日目は駒止湿原で足慣らしという訳。

なんせ、日本の植物はほとんど知らないから・・・絶対ガイドさん必要。どんなガイドさんかな?????うふふ、駅で待っていて下さったガイドの高瀬さん。なかなかいい感じ・・・

車に乗り換え、走ること1時間あまり、駒止湿原に着きました♪

湿原か・・・何年ぶりか・・・湿地っていうのはシンガポールにもあるけどね~~原っぱはね~~ないよねーー。

Rimg02611 Rimg0261_2

クマ出没注意!!!このラベルが気になっていたワタクシ。こんな気持ちいいブナ林を歩きながら、ちょっと聞いてみましたぁ。

Rimg02691

「高瀬さん、熊が出たら、どうしたらいいんですか?」「背中を向けずに後ずさりするんですよね?!」とは、halさんの言。高瀬さんはと言うと、「あー、それはね。一人が犠牲になるんですね~~」 はーcoldsweats01、おっしゃるとおりでござんす。高瀬さん、よろしゅう頼みますです~~coldsweats01

じゃじゃーん、湿原の風景と言えば、こんなん。でしょ?!

Rimg02783_2 

まさに、湿原のど真ん中。

この二人また何しとるん?

勿論、座りこんで写真撮影~~!

そろそろ高瀬さん、内心こう思ったに違いない・・・

「好きやなぁ~、よう撮るわ~~!!これじゃ、倍の時間がかかるぞーー!!」笑

それでも優しくリードして下さって、「後悔しないよう撮ってくださいね~~。」

優しいお言葉を頂く。。。

ありがたいわ!

Rimg02841

青空をバックに、コオニユリ一面の緑の中で、ぽつんぽつんとオレンジ色が映えて、綺麗でしたよ。お気に入りの写真♪

さっき、hal & osugiさんが、一生懸命撮影してたのは、これ。

Rimg0279
モウセンゴケ

初めて見ました。杓子形の葉の表面にネバネバした粘液を出し、虫を捕らえます!触覚みたいなのの先に丸い粘液が見えるでしょ?!面白いね~~

Rimg02801

写真を大きくしてみたら、真ん中をよく見てみて!虫が捕まってるでしょ・・・あれー、かわいそうに。。。虫にしてみたら、災難~~sweat02

見えない? じゃ、これでどう?

Rimg02803

尾瀬に行ったら、珍しいナガバノモウセンゴケが見れますよ~。えぇ~~、超楽しみ!!!

というところで、娘がママー、ママーと呼んでおりますので、明日に続く。

明日8日は(ていうか、もう今日じゃないですか・・・)は、娘の所属しているチームJCDA(日本チアダンス協会)と玉川大学のダンスドリルチームJULIASがイクスピアリで踊るんです!両方掛け持ちなので、忙しそう。チームJCDAのメンバーとしては初めてのイベント。新しいユニホームで張り切ってます!

もしよかったら、ここをクリックして頂けると、娘が。。。http://www.jcda.jp/blog/tj/09member

いまから、まだ衣装になんかしろって!!!

仕方ないね~~~助けてやるとしますか・・・・笑

ただいま、午前1時11分ですよwobblyxxxxxxx

では

***********

| | コメント (0)

2009年8月 6日 (木)

富士山めろんぱん

日光の続きが突然富士山に飛びます!美味しそうな写真が載せたくなりました。

この間、富士山五合目に行ったの。

その時に、こんな美味しそうなものがありましたよ!

美味しそうな・・・って、表現するということはね、食べられませんでした。完売だそうで、目の前にあるのは全部予約なんですって!

仕方ないねーーと言いつつ、後ろ髪引かれたのは言うまでもありませんbearingsweat01

Rimg0588

Rimg0587

美味しそうでしょ?!

富士山の上に乗っているのは、流れ出す溶岩をココアパウダーで雪をシュガーパウダーで表わしてます♪でも、なんで、またメロンパン?ブームに便乗策ですな・・・

今度は食べるよ!

今度、富士山五合目にいらした時には、ぜひお試しあれ!

では

*********

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

7月 ボタ歩きの会 報告

待ってました~sign01

こばちゃんから、7月のボタ歩きの会(ボタ本を持ってシンガポール植物園を歩く会)の報告が届きました。こばちゃん、いつもありがとう!

今月は珍しい写真が届いてますよぉsign01初めて見ましたsign01何を?それはお楽しみ!月に一度、シンガポールの空気に触れられるようで、とっても嬉しい報告です♪

以下こばちゃんの報告より 青で書いてるのは、私のコメントです~。

ーーーーーーーーーー

7月のボタ歩きの会、たくさんの方がいらしてくれました。

ありがとうございました♪

見たかった花が旬を過ぎていて残念、見れなかったものもあります♪ここに花の写真を載せますので、参加者の皆さんも、ここで楽しんで下さい。

Photo

先ずは、Oエリア バオバブ ボタ本p101 O14 

 Oエリアの子が花をつけました。雄しべがいっぱい。咲いたあとは、ポトリと花序が落ちます。まだまだ蕾があります。白いパフをしたお花を探して下さい。

バオバブって、そう、星の王子様で有名な奴です!バオバブの花って、オシベの数がめちゃくちゃ多いのね。実は見たことあるけど、それもモーリシャスで。シンガポールでなんて、花も実もみたことなかったよ・・・へぇ~~、面白い!シンガの皆さん、今はまだ蕾かな?もう咲いたかな?植物園行かなきゃ!GOGOGO!MUSTGO!)

Photo_2 Photo_3

バオバブの全体像も欲しかったな!私持ってるはずだけど・・・今探し出せない・・・誰か持ってる?持ってる人送ってくださいな!ありがとう!

ついでに、バオバブの実は、前の記事:モーリシャスの旅・パンプルムース植物園で見てください。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_da7d.html

7

次は、Fエリア エンタダ ボタ本p53 F70

凄いです。黄色いシッポのような花序が穂先に向かって咲いてます。これも見たことない・・・和名では、モダマですね。

こちらも、数個花序がありましたおおー!凄いことじゃないですか!もしかしたら、実ができるかな?どんな実なのか楽しみです。もしかしたら、こんなのかな?

↓マクリッチで見たエンタダの実 こちらは、E.spiralisの実だね。だから渦巻き・らせん状になってるね。

Photo_4

エンタダって、マメ科のデカイ実のできる植物だよ!

Fエリアのは、もしかしたら、こんなのかもよ!めちゃくちゃ楽しみじゃないですかーー!

Rimg0060
↑うちのエンタダの実!

でもって、(株の大きさで)蘭の王様 タイガーオーキッド

096126_020 2009.06.25

ボタニーセンター脇のテリハボクに着生してる子。サガの木の前の子。ラン園前の噴水のとこ。Singapore Botanic Gardensのあちこちで満開です。

096126_022 2009.06.25

こんなに咲いてるのは、約2年ぶりくらい。あちこちで咲いてます♪トラというよりヒョウ柄の雄々しいお花です。

Photo_5 2006.09.15

サガの木の横の株、久し振りに咲いたのね。こちらも久し振りにTOMちゃんのタイガーオーキッドの記事をご覧あれ。懐かしいよーー!!

http://tropicalplant.air-nifty.com/top/2006/06/post_6f7d.html

http://tropicalplant.air-nifty.com/top/2006/09/post_2903.html

http://tropicalplant.air-nifty.com/top/2006/09/post_a833.html

今月は、参加者全員での記念写真忘れてしまいました。ごめんなさい

あまりに暑くて、ぼ~~~っとしていました。なんのなんのドンマイですよ!

次回は、8月25日(火) 9:30~ 集合SBGビジターセンター

9月は、植物園日本人ボランティアガイドグループが、ガイド養成講座(日本人会主催)を開く為、お休みします!

一斉開花のおかげ様で、いろいろな実が落ちてます。いろいろ集めて、シンガポールの思い出を作ってくださいね。

ではまたお待ちしています。

こば

ーーーーーーーーー

記事内でボタ本とあるのは、シンガポール植物園・日本語で出版されているガイド本です!私達が作りました。日本人会ショップ並びに植物園ビジターセンターショップにて販売中。

シンガポール植物園、嬉しい悲鳴の花情報ですね!

それにしても、私の滞在期間3年間では、見たことなかった花が・・・・

よだれが出そう・・・

わぁーーーー。凄いよーーーー。

写真見れて、し・あ・わ・せ

ありがとう!

では

********

| | コメント (1)

2009年8月 4日 (火)

鬼怒川ライン下り

Img0024_2

日光植物園での散策を終え、その日は鬼怒川温泉泊。

温泉じゃぁ~spa ハーヴェスト鬼怒川で美味しい和洋折衷の夕食を食べ、お泊り~heart04    次の日は、午後駒止湿原散策の予定。散策を終えて家路につくのと、その日泊るのとでは、違うわ!!!

それにね、いつも思うこと。それは、散策でのお弁当、散策後のご飯のなんと美味しいことriceball やっぱりこれ基本です。動いて食べましょう!家でも、お腹すくほど働こう!

シンガポールでも、いつも散策後のランチは美味しかった!懐かしいお店が数件目に浮かぶわheart04あー、鉄板豆腐~~食べたい!

日光植物園ではこんなの食べましたよ~!

Rimg0133 Rimg0136

Rimg01351

一緒に歩いた方が持ってきて下さった「愛子」というトマト♪美味しかった。愛子様に因んで「愛子」という名前だそう♪ へぇ~~色々あるのね♪

ーーーーーーーーーーーーー

鬼怒川で、朝時間が空くよね~ 鬼怒川といえば、温泉とライン下りでしょーーーねっ?

「ライン下りしたことある?」 「ない~~!」←返事

「それじあ、やる?」「もちGO! GO!sign04sign01

この旅行は、計画時から、なんとスムーズな~~そういう訳で、ライン下りやりましたょ~

これが、期待以上に面白かった。。。

Rimg0237

鬼怒川のせせらぎ いいなぁ 川大好き・・・鮎つりの人が景色をより素敵にしてくれてる・・・

ライン下り。詳しくはhalさんが書いてますので、そちらへねー♪ http://singapore-photodiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-280c.html

鬼怒川ラン下りをしたレオ様の写真も載ってますよ!

ーーーーーーーーーー

Rimg0244

この日は二艘で出発!出発前に写真を撮ってくれます♪川原で手を上げてるお兄さんがいるでしょ?!あの人が撮ってくれるのよ。それで撮ってもらったのが、一番上の写真・・・パパさん曰く、こういう時は元気良いよね~~どういう意味よーーー笑

Rimg0233

ライン下り、乗船時間40分、料金2800円。HPにクーポン券あり。

ま、どうしてか分からんけど、私とosugiさんは一番前の席になった訳でありまして・・・この大きく写ってるお兄さまが、「しぶき~~!」というと、皆、しぶきを避けるためにビニールを上げるんです!それが、一番前の席の我々は前のビニールと横のビニールと、両方のビニールを上げなくちゃいけない訳~~~要するに、濡れるのはほとんど前の人たちだけ・・・必死で何度も上げて(結構楽しんではいるのですが・・・後ろを見ると、何よ!皆のーんびり乗ってるじゃないですか~~笑)大変~~、最前列割引料金欲しかった~~!!

425 424

こんな感じでございます!笑 ふふ、それにね、この写真見て、ワタクシ、後の髪をカットしてもらいに行きましたぁ!もともと天然ですの!だからいつも髪はめちゃくちゃだけど・・・ねーーふん♪

ま、とにかくライン下り楽しゅうございましたぁ♪

それはね、すべてはこのお兄ちゃんのしゃべりです!拍手喝采です!ガイドにしろ、船頭にしろ、お客を楽しませるテクニックそれに尽きます。この鬼怒川も川面は綺麗で、景色もそれなりではございますが、超スペシャルではございません。それをここまで楽しませるのは、この案内のお兄ちゃん次第ですよね。冬はこの会社の持っているスキー場エーデルワイスで仕事ですって。

Rimg0252

顔をでかでか載せていいのか・・・暗めの写真を選んどきました。

あなたのぬるーい喋り(このぬるーいという形容詞はhalさんのを無断で頂きました。)効を奏してましたよ!

楽しいガイドありがとう!

では

*********

| | コメント (6)

2009年8月 3日 (月)

ヨツスジカミキリとノリウツギ

Rimg0088
学名:Leptura ochraceofasciata
和名: ヨツスジハナカミキリ

同じく日光植物園で、こんなカミキリムシもいましたよ。

Rimg01251

あいつら、なんて無粋なやつらだ!カミキリ君はそう思ってるに違いない・・・交尾中に失礼^^;

阪神タイガースのファンが喜びそうな模様ですよね。実は、我が身を守る為に、蜂に擬態してるんですって。へぇ~~!賢い!誰が教えた?やっぱりこの世に神はいるのか??なんて思う瞬間ですよね。笑 黒い筋が4つ入っているから、ヨツスジカミキリ

Rimg0124

カミキリ君のとまってる花は、ノリウツギちょっと見るとアジサイみたい。でも、アジサイより、もうちょっと背の高い木。このあと行った駒止湿原でも、尾瀬でも、富士山五合目までの車道際でも、今、このノリウツギがあっちこっちで満開でした!あっちもこっちもどっちもノリウツギでいっぱいでしたぁ♪ノリウツギ(糊空木と書きます!)

Rimg0123_2 Rimg0266

ユキノシタ科の1~3mの落葉低木。アジサイと同じ仲間のユキノシタ科ですね。装飾花であるガク片は3~5枚。花はほとんどが白色だけど、ピンクになるのもあるんですよ。

ノリウツギのノリ(糊)は幹の内被から、紙漉きに使う糊をとることから由来してます♪

またまた出会ったウツギちゃん。

ウツギは、あまりに種類が多くて、科もばらばら。

頭が混乱しそうです!

焦って覚えることもなし・・・

出会うに任せよう。。。

一緒に行ったhalさんもウツギ紹介してますよ。

http://singapore-photodiary.cocolog-nifty.com/blog/ 一緒に行った旅日記見てみて!

では

*********

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

日本代表ルリボシカミキリ 瑠璃星髪切

Rimg0191

学名:Rosalia batesi 
英名:Blue Longhorn Beetle with Black Spots
和名:ルリボシカミキリ (瑠璃星天牛、瑠璃星髪切)

Rimg01991

残念sweat01 写真ではあの素晴らしい色がでてないなsweat02 もうちょっとブルーが深い色だったかな・・・名前はルリボシカミキリ 名前の通りの美しい瑠璃色は素晴らしい・・・写真に撮るより、あの色を頭に焼き付けたままの方が良かったかもしれないな・・・

日光植物園で出会ったNO1!

大勢がわいわい写真を撮ったのに、サービス満点。大人しくじーっとモデルしてくれました。なんて良い奴ロザリア(学名)!

和名の瑠璃星天牛という名前はどうしてなのか・・・・・

写真を大きくして眺めてると、

あれー、こいつ牛みたい!!!

Rimg0194

ね、牛みたいでしょ?!

だから瑠璃星天牛なの?

それは分かりませんが、舌を出しているひょうきんな牛に見えるよね。。。笑

Rimg01982

本当の顔はもっと前の方ですね。

日本の甲虫の代表格。

カミキリムシの中では、みんなの憧れの的。

国蝶がオオムラサキなら、国甲虫??はこのルリボシカミキリなんだそうです。納得ですよね。

ーーーーーーーーー

ウイキペディアから抜粋すると

北海道、本州全土、隠岐諸島、四国、九州から屋久島まで広く分布するが、西日本での分布は局所的である。日本の固有種で外見も鮮やかなことから、日本を代表する甲虫としてルリボシカミキリを挙げる昆虫愛好家も多い。触角は多くのカミキリムシがそうであるように、その長さも体長を大きく超え、約2倍ほどまでになる。雄の方がより長い。触角は節ごとに青と黒に色分けされるが、黒色部に短毛の束があるのでそこが膨らんで見える。

成虫の出現時期は6-9月で、日中に活動をする。成虫越冬はせず、秋が訪れる頃には死ぬ。主な餌となるのは植物の花粉、果実、樹液などである。シロスジカミキリやゴマダラカミキリのように生木を食害することはない。

ブナやナラ、クルミ、シラカバ、カエデなどの広葉樹の雑木林に生息します。
特にブナ科とクルミ科の(枯死した)樹木を好んで集まります。

ーーーーーーーーー

この麗しき瑠璃色も死んでしまったら、色褪せて赤褐色になるとか・・・

だから、この色を標本に残すことは無理

人間さんを魅了するために、瑠璃色をしているわけではないでしょうが、

私も十分浮き浮きさせて貰ったよ!

また見たい!

では

*********

| | コメント (2)

2009年8月 1日 (土)

日食@日光植物園

Rimg00052

多田多恵子先生の講座で、日光植物園に行ってきましたぁ♪ ついでに尾瀬まで行ったんだけど、その話題はどんどん続くことにして・・・

今日は、遅ればせながら日食

7月22日。日本中がこの話題で持ちきりでしたね♪

それなのに、お天気はどうもイマイチ。わざわざ、離島に出かけた人達には、かなり残念な日でしたよね♪自然の力にはかなわない。。。

ーーーーーーーー

さて、新宿駅7時30分発日光1号で出発。大学時代以来の日光行きです。思ったより、楽チンで気持ちいい。どこに行くのも変わりましたね~特急列車でびゅーん!コーヒーでも飲んで、雑務から解き放たれて、幸せ~~。ウトウトsleepyしていると、あっという間に日光~~(世の中変わったね~~なんて、夜行列車を使って、日光・尾瀬に行ってたおばさんの感想ですわっ。)

Rimg00061

日光植物園は、東大の付属研究施設、小石川植物園の分園です。自然をうまく利用してあって、中にはロックガーデン(高山植物園),ボッグガーデン(湿原植物園),シダ園などもあります。樹木札が丁寧につけてあって、観察者に優しい植物園でしたよ。

山百合がきれいだった♪

Rimg0208 Rimg0082

日光で、日食が見られるのは午前11時12分頃。

植物園到着10時半頃。東京は雨で、ほぼ諦めていたけど、うふふ、ラッキーなことに日光は曇り。時々太陽さまが・・・雲の間に見えてます♪

その時、多田先生が、興奮気味に、見えたよ!今、太陽が欠けてたよ!

ええ~っ?? めちゃ、半信半疑。。。見上げても、もう太陽は雲の中。この時は、ほとんど信じてませんでしたぁhappy01

芝生広場へGO!

Rimg0033

観察の始まり~~用意周到なhalさんは、ちゃんと日食めがね持参♪

Rimg00311_4 026_3

↑友情出演♪                ↑私もちょっと借りて、ねー、撮影して~!この写真、なんか瓦せんべいを思い出すじゃん!あっ、瓦じゃなくてなんだっけ??えーっと、お面がついてるの~誰か知らない?

分かった~~、にわか煎餅だ。

Ph_02 Topimg_03_2 ご存知です?食べたくなった。笑

Rimg0025

雲の切れ目に見えた太陽。本当に欠けてました。おおーーー!!!!!

欠け始めの太陽ですね。

46年前、小学生の時のこと、思い出しました。下敷きに墨で黒く塗って、皆で校庭に集まったことだけ覚えてます。見れたかどうかは・・・定かでない・・・

学生達は何してるのかしら?「ちょっと呼んでくるわ!」と、多田先生。

Rimg00351

呼ばれて出てきた学生達。これが東大生か・・・我が子に縁はなかったな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日光辺りでは、最高75%位欠けるそうです。どんなに暗くなるかな~なんて期待していましたが、もともと曇りのせいもあってか、それほど暗くはなりませんでした。

しかし、一番顕著だったこと!

それは、虫の鳴き声がいっさい聞こえなくなったこと。

それまで、賑やかだった鳥や虫達、カラスまでもが鳴き止み、数分間、辺りは静寂の世界に包まれたのでした。神秘の瞬間でしたね。自然界は凄い。

Rimg0037

太陽を撮影するために、露出をグーンと下げたので、真っ暗に写ってるだけ。辺りが暗いんじゃないですよ。

これが一番欠けた時。ほほほ、ちっちゃ過ぎ~~

次は、何年後?

26年後だよ~!

きっと、楽しかったこの日のことは覚えてるだろうな♪

地上でか天国でか知らんがね・・・笑

では

*********

 

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »