« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

マンゴスチンの季節

近くのスーパーで、おっ!と目に付いたのが、マンゴスチン。あいにくカメラを持っていなかったので、携帯でパチリmobilephone

200906282104000

値段は

200906282104001

セールで580円。

あーーー! 食べたい~~!!!

大好きなの~~

大好きなのに、手が出ない。心が動かない。

どうしてでしょう?

SALEという文字にも全然インパクトが無し。

人間の心理って変ですよね。こんな風に綺麗にパックされてると、余計に高く感じる!!!そう思うのは、私だけ?

果物の高級品=私には関係ない という関係式         

私だったら、ビニール袋にふつうに6個入れて、980円で売る。。。分かります?この感覚。ビニール袋に6個入れてあると、ふくれてて量が多そうな気がする・・・そんでもって、1000円を切る値段なら、なんとなく買う気になりません?それも横に、今の時期だけ、南国から~とか、思い切って試食とか・・・そしたら、もっとガンガン売れるはず・・・だって、超美味しいもの~~

そう思いません?

この横に一個680円の桃が・・・その横には1980円のマンゴーが・・・

誰が買うの? この不況なときに・・・ こんな商売やってたら潰れちゃうぞ~~大手の超有名高級スーパーさ~ん!

Rimg0105

南の国では、こんな感じでなってます!今頃、シンガポール植物園でもなってますよね~

ブキティマで初めて木になってるのを見たときの記事はこちらhttp://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_371e.html

ーーーーーーーーーー

そういえば、hina_maruちゃんのブログで、マンゴスチンを見て懐かしがったばかりの時に見つけたマンゴスチンでしたぁ♪ボタ歩きの会にも来てくれてたhina_maruちゃんの手作り作品はとってもかわいいんですよ。ぜひ、ご覧下さい。http://hinanana.exblog.jp/11403805/

うーん、マンゴスチン、お店で見つめ続けることになりそう。笑

お願い、もうちょっと安くして~~

では

*********

| | コメント (2)

2009年6月28日 (日)

あたたかい空間

このところ、両親を連れて出歩くことが増えてます。年寄りの心と身体の揺さぶり作戦~~。二人で、大呆け&小呆けで暮らしている毎日は、きっと一日中何もできないで、ぼーっとしてるだけ。もうほとんど何もできなくなっちゃいました。仕方ない。。。

正直、外に出て、とぼ、とぼ、とぼ、とぼの歩みについて歩くのは大変。それに二人の歩く早さが違うから、私は前に行ったり後ろに行ったり・・・・・ちょっとーー、ねーねー、二人は仲良く並んで歩いてなかったの??って言いたいです、ほんとにshock

でもね、このところ凄くいい時間を貰ってるような気がするんです。お陰で、たくさんの人の温かさに触れる事が多くて、私の心まで豊かになっているみたい。

実はね、この間こんな事がありました♪

Rimg07801 Rimg0808

花菖蒲を見に、北鎌倉へ行った日のこと。東慶寺の花も綺麗だったけど、花より団子の傾向がだんだん強くなっている父。

「お昼はどこで食べる?」「ふふ、お父さんは勿論松ヶ岡でしょ?空いてるかしらね?」

茶寮・松ヶ岡は東慶寺のすぐ左隣、いつも予約で満席。北鎌倉に到着するなり、いち早く尋ねたので、運よく一席空いていました。よかったー。

「土間の席だけど、いい?」 父に尋ねると、嬉しそうに、「どこでもいい。おお、久し振りだぁ!」

Rimg0782

東慶寺も頑張って歩き、さあ、ちょうどいい感じでお昼。美味しいお昼が楽しみだわ。

それが、それが、ガラガラっと、引き戸をあけて入るなり・・・実は、びっくり!後ろで、父が右手を軽く上げ、大きな声で、「広島の田中です!」あへ~~ ここは、父が大好きなお店で、鎌倉へ来るときはいつも来ていたお店。きっといつもこう言って、お店を訪れていたんでしょうね。もちろん、広島からだったから、そんなに多くの回数ではないですし、お店の方が知る由も無い。

でも、きっとここに来て、記憶が戻り、嬉しくなったんだと思います。私はとっさに、「おとうさん、名前はいいから~~」なんて、言っちゃいましたがね。。。名前だけでなく、あと色々訳わかんなくなっちゃうからね。それもいいんだけど、お店の方が戸惑うからね。

「父は、広島から、よくきてたもので・・・」 「そうなんですか、ありがとうございます。」と、にこやかに対応してくださる女性スタッフの方。

茶寮・松ヶ岡は、縁切り寺である東慶寺へ駆け込む手続きをしたという役所があった跡地にあるお店。私の北鎌倉おすすめNO1のお店。そんなに量は食べられない、いいものが少しあればという方にばっちりのお店です。3600円のコースのみ。でも、来る度思わず惚れちゃう美味しさなんです。

Rimg0811 Rimg0812

Rimg0814 Rimg0817

一つ、一つ、手がかけられています。この日は鯵(アジ)にびっくり。ホントはね、なんだー、アジかーって思ったんです!ちょっとがっかり、ここでまで鯵かーーなんてね。それがね、ホントにびっくりしたんです!鯵にびっくりするとは、思わなかった!!!開いてあって、間に、大葉が混ぜてあるすり身が挟んであったの。それがね、一口食べるなり、柔らか~~~~い。生まれてこのかた、何千匹という鯵を食べたでしょうが、これがナンバーワンじゃ~~~~!!!!笑 

思わず言っちゃいました!「美味しいですね~~!!」「地元の小坪の鯵なんですよ。美味しいですよね。」 そうなんですかーー。小坪(三浦半島、逗子の近く)の鯵ってこんなに美味しかったのね~~

でも、それだけじゃないんですよね、心がこもってる。。。すべてのお料理に心がこもってる。久し振りに堪能させていただきました。

デザートの白玉小豆も美味しく頂いて、

Rimg0821

帰ろうとしていると、スタッフの方が

「すみません、主人がご挨拶したいのですが、今調理に忙しくて・・・すぐに、参りますので・・・」 ええー、そんな、とんでもないです。

お会計を済ませて、お店を出ようとしていると、本当にご主人が挨拶に出て来てくださったのです。きっとスタッフの方が、父の事を伝えてくださったのですね。素敵な女性オーナーの方でした。父が昔よく来ていたことを伝え、また来られ嬉しいことをお話しました。

「まだ広島にお住まいですか?」

「いいえ、今はもう年をとったので、私の近くに・・・」と言った途端、「じゃー、持って帰って頂けるわ。あの、昆布を持ってきて~」と、スタッフの方に。

なんて、さりげない優しいことがとっさにできる方なんでしょう~

広島の田中さんなんて、お得意さんの一人にもならない存在でしょうに。もしかしたら、もう二度と来られないかもしれないお年寄りなのに。。。 

嬉しい気持ちでいっぱいになりました。ありがとうございました。

人の気持ちの優しさはやっぱり最高です。

「また、来させていただきます♪ありがとうございました♪」

私がお礼のご挨拶をしたその横で、

父が突然、とてつもない大きな声で、まるで幼稚園の子どものように手を振り、

「ばい、ばーーい!!!」

「OH,NO--!!」

瞬間そう思ったけれど、すぐに打ち消しました。

父の顔が満面の笑みだったから・・・・・

それに、対する女性オーナーの顔の優しかったのも印象的だった・・・

ありがとう。

胸までこみ上げた涙をぐいと飲み込んで、次の浄智寺へと向かったのでした。

Rimg08291

ーーーーーーーーーー

かまくら楽食日記による松ヶ岡紹介の記事↓

http://kamakura.cocolog-nifty.com/raku/2007/12/post_dcdd.html

ーーーーーーーーーー

この頃、よく思うのです。

外を歩いているお年寄りを見ない。元気に歩いているお年寄りはいますよ。そうじゃなくて、ぎりぎりだけど頑張ってるって感じのお年寄り。シンガポールでは、よく見ました。家族が総出で食事の風景。そこには、必ずお年寄りがいました。その光景が日本には無いです。寂しいな。。。

日本のお年寄りは、家に閉じこもっているの? ホームにいるの?そんな人ばかりじゃないでしょうが、本当にいないのです。とぼとぼのお年寄り。もしかしたら、うちの両親がとぼとぼなだけ??

不思議に思ってます。

ぱぱさんが、言いました。本当にそう言われたらそうだな。そのうち、あのふたりこの辺りの名物になるかもね・・・なに言ってるんじゃ~~と、思ったけれど、

あはー、でも、そうなれば皆にどこかで気にしてもらって、支えてもらえるかもね・・・笑

では

********

| | コメント (4)

2009年6月26日 (金)

6月 ボタ歩きの会報告

096123_0471 

☆こばちゃんから6月のボタ歩きの会(シンガポールボタニックガーデンを歩く会)の報告が届きました☆

こばちゃんありがとう♪

にのさん おはようございます。
朝からいい天気!いつもの笑顔が11人集まりました。

わぁ、懐かしい顔もあるわ~!

シンガポールボタニックガーデンでフタバガキがあちこちで拾えます。シンフォニーレイク脇のHopea nutansで、くるくる回りながら落ちてくる実も見れました。ビデオにとってYouTubeに載せればいいかも。ぜひぜひ、いいアイデアは実現させて~!

096123_005_2


Shorea sumatrana

ボタンのようなかわいい実が枝にいっぱいです。

096123_012

←レインフォレスト出口辺り(マレーターミナリア近く)では
Anisopteraちゃんがゴロゴロ

みんな1個づつ以上お土産GETです♪

096123_0131

←このところの乾季で、ジャカランダが綺麗に咲いてます。

オーストラリアほどではないけど、SBG(シンガポールボタニックガーデン)では久しぶりに 見る艶やかさです♪

ホントふさふさだねーー

096123_022

ブニですね。

ボタ本Hエリア28 ブニ ちょっとすっぱ苦いけど食べごろです。

去年の6月のボタ歩きの会でもブニを食べたね。懐かしい記事もどうぞ。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_7c30.html

096123_chorisia_speciosa

美人樹 1001p548 
 ボタ本Oエリア13

096223_034 096223_034_2

↑スワンレイク脇の鳳凰木、満開です。

096123_045

とどめはカポック。綿毛の見事な事。ふわふわの感じが幸せにさせてくれます♪たくさん拾えました。皆さん協力ありがとうございましたheart04 何をつくろうかな?

植物が実をたくさんつけると動物も元気になるのか、スキンク、チェンジャーブルリザード、バナナリスなどあちこちでみました♪

096123_038
バナナリスちゃんも元気そうだね~!

すべてが魅力的lovely刺激的lovely 梅雨で、頭がどよーんとしてる帰国組(私だけ?)には、ぱーっと目が覚める写真の数々。ありがとう~
シンガポールの匂いがこのページに溢れてきました。なんだか、心の中がかぁーっと晴れ渡ったような~~sun 暑い日差しを思い出してきたわっ。ぃえーい!こころ晴れ晴れ~~!

来月も、第4火曜日、7月28日(火)9:30~SBG ビジターセンター集合でお待ちしています。どなたでも参加OKです。ご気軽に参加下さい。

暑いですが、散策後のライムジュースは最高です!

ワイワイみんなで歩きましょう!

Rimg0644 ボタ本(Singapore Botanic gardens)の本を持ってきてね。シンガポール日本人会ショップまたは植物園ショップで売ってます。

ではまたね。

こばより

来月もまたまた笑顔が集い、植物を追いかけてくださいね~~ 日本帰国組みも日本のどこかをそれぞれ歩いてますよ~~植物情報交換しましょう~!笑

では

*********

| | コメント (2)

2009年6月22日 (月)

ポンポンとの再会~!

Rimg1024

近所のデパートをふらついていたら、おおっ!と!目に付いた~~!! 

「おまえさん、ポンポンじゃないの~~!!」 

ポンポンちゃんがこんなとこに・・・heart04 名前は・・・ケレベラ???また覚えにくい名前で売られてますこと。。。和名が無いものは、学名で売られてるんでしょうが、親しみやすい英名で売った方がいいんじゃないかな??

Rimg1025_2 

シンガポールでは、ポンポン(Pong pong)と言う名で親しんだ木です♪

フォートカニングパークのMEIDIYA側の入り口横に大きな木があり、かわいい白い花をよく咲かせています♪

学名:Cerbera odollam

キョウチクトウ科

原産地:インド、東南アジア、ポリネシア

Rimg00241
右側のやしの後ろの木がポンポン 

Rimg0025 Rimg0026

こんな花が咲き、青い実がなり、そのうち、こんな赤い実になり、その中に入ってる種(タネ)だ何て、日本にいたら想像も付かないよね~~それも、ホントは、こーんなに大きな木だなんて~~それに毒ですよ!毒!キョウチクトウ科だからね。ペットちゃんは注意ですよー。茎をかじったらやばいでしょ~~

840円なり。

買おうかな・・・・ふふふ、きっと買いそう。。。

ボタ本(Singapore Botanic Gardens)P10に説明あり。

では

*********

| | コメント (2)

2009年6月21日 (日)

イチヤクソウ(一薬草)

Rimg0981
学名:Pyrola japonica イチヤクソウ科 イチヤクソウ属

川口丘陵の山の中で、イチヤクソウ(一薬草)に出会いました。

それも最後の1輪。

最近は、なかなか見られなくなってきたそうです。

うつむき加減に咲く可憐な花♪

その日、一番心に残った花でした。

雌しべが湾曲して、飛び出しているのが面白くていいな。

Rimg0983 Rimg0986

葉はしっかりした厚みがあり、色も濃い緑。この葉っぱが何故か気に入ったの。

山野草はかわいすぎだわ~~~あー、かわいい、かわいい。。。笑

花を求めて、山歩き始めようかな。。。

この頃山歩きのパンフレットばかり眺めてます!

少し日本の山でならして、キナバル山でも挑戦しようかな!

このHPにイチヤクソウの写真がたくさんありました。http://rokkoflower.cool.ne.jp/souhon/sub651.html

夏は近いぞ!

めちゃ蒸し暑くて、横浜がシンガポールになってきました!

では

*********

| | コメント (0)

2009年6月20日 (土)

水草 コウホネ

Rimg0963 

昨日は、久し振りの「都市と里山を歩く」講座で、八王子からバスで40分ぐらいの川口丘陵を歩いてきました♪陣馬山の近くかな?高尾山の北?自分でもよく分からず付いていくだけ~~♪

Rimg0965

まずは、お地蔵様がかわいく並んでいる龍正禅寺。 里山を歩くようになって、気づくこと。それは、お地蔵様の多いこと。この日も畑の隅や道端に10箇所ぐらいは見たかな?!里山を歩き始めて、私の中での驚きのひとつです。

田園風景とお地蔵様から、たくさん元気が貰えます。浄化作用たっぷり!

Rimg0969

このお寺の横に、水草のコウホネ(河骨)の群生地がありました♪ここはきっとほとんど知られてませんよ~!とは、講師のU先生。地図上に池があるので、来てみて発見したそうです。この間はカルガモがいたのにな~~。あれー、見たいのに残念。。。

Rimg09711

コウホネは、この間筑波植物園で見た見た!黄色い花が綺麗で覚えてる・・・二度出会うと忘れないなっ・・・日本原産の水草だそうです♪でも、寂しいことにどんどん減っているそうですね。

Rimg0975

これは、何ていうコウホネなんでしょう?

筑波のはオゼコウホネでした。

Rimg0401 Rimg03981

Rimg0397_2
オゼコウホネ(尾瀬河骨) スイレン科 コウホネ属 7~8月に咲く

本州群馬県尾瀬ヶ原の池沼に生える水草。
根茎は泥中をはう。葉は長さ1~3mの柄をのばし水面に浮かび長さ10cm位。
沈水葉は波状。花茎を水上へぬき出し黄色の花を1個つけ、径2~3cm。
がく片5は花弁状、内部に多数の小形の花弁と雄しべ、1個の雌しべがある。柱頭盤は深紅色。
母種はネムロコウホネで柱頭盤は淡黄色。(尾瀬へようこそ。花図鑑より)
http://www.welcome-to-oze.com/flower/list/028ozekouhone/index.html

湿地を彩る宝石みたい

尾瀬いいなぁ

オゼコウホネの大群生が見れるかな

なんだか想像するだけでもウキウキ 笑

では

*********

| | コメント (2)

2009年6月18日 (木)

6月 ボタ歩きの会お知らせ

☆6月のボタ歩きの会のお知らせです!☆

Rimg0760 Rimg0740

5月は、ガイドのこばちゃんの都合でお休みしましたボタ歩きの会(ボタ本を持ってシンガポール植物園を歩く会)、6月はいつも通り行います。久し振りに緑の中へお出かけ下さい。

09428_024_3

日時:6月23日(火曜日) シンガポールボタニックガーデン
                ビジターセンターに9時半集合

予約なしで、当日いらして下さい。
どなたでも参加OKです♪
気楽にご参加下さい。

・ボタ本を持っていらして下さい。当日でも植物園ビジターセンターにあるショップで購入することもできます。日本人会ショップでも販売。
ボタ本って何?と言う方へ・・・・・ボタ本とは、シンガポール植物園の日本語でのガイド本。ちゃんとしたタイトルは、もちろんちゃんとあって「Singapore Botanic Gardens」

Rimg0644この本です♪

・暑いのでお水をご持参下さい。また、草地などでは蟻があがって来たりしますので、サンダルでなく、靴を履いていらして下さい。

Cimg4664
↑junさんに送ってもらったカポックの写真 なんじゃ、こりゃーー!!凄いー!!綿がいっぱい~凄すぎで開いた口がふさがらないよ~~ 眺めてるのは、日本人会・自然友の会の面々。カポック大好き人間の私としてはこの写真、超魅力的!

今年のシンガポールの植物たちは凄いことになってます!数年に一度しか花を咲かせないフタバガキたちがあちこちで花を咲かせ、それに同調するかのように、色々な木々がいつもの何倍もの花を咲かせ、長く住んでいる人たちでさえ、こんなの初めて~!と、驚いているみたいですよ!すぐに飛んでいけない私からしたら、羨ましいかぎり・・・

そんな時にシンガポールに住んでいる皆さん!めったに無いチャンスですよ~~こばちゃんと一緒に歩けば、緑たちがきっとまるで違うものに見えてくる筈。ぜひ、一度いらしてみて下さい。今度は何が見れるかな??リュウノウジュの実がまだ落ちてるかな??

日本帰国組みはまた報告楽しみにしてますよ~~loveletter

詳しいことは、右のカテゴリーのボタ歩きの会をクリックしてみてくださいね♪

では

*********

| | コメント (2)

2009年6月16日 (火)

花菖蒲を愛でる

Rimg0801

一人で歩いてとても花が楽しめたので、両親を誘って、2日後再度東慶寺を訪問しました。「かわいい花がたくさん咲いてるから行ってみない~?!」「今ね、特別に花菖蒲(ハナショウブ)を見ながら、お抹茶とお菓子が食べられるのよ!」二人だけでは遠出が無理になった両親は「行く、行く!」と嬉々とした顔。良かった!頭にも体にも、どんどん刺激が必要、衰えとしっげきの競争よ~~~sign01

Rimg0721 Rimg0797_2
                        上生菓子「花菖蒲」

久し振りの晴れのこの日。人出が多くて、東慶寺が同じ場所に思えないほど・・・。とぼとぼ歩きの両親は人にもまれながらも、それでも頑張って階段を上り、目指すは花菖蒲とお抹茶席。これから何回両親と一緒にお抹茶と上生菓子が楽しめるか・・・そんなことがふと頭をよぎりましたが、先のことはいい、いい。今をどんどん楽しもう。

いまここ。

静謐とした空間での心落ち着くひと時。素敵な時間をくれる鎌倉です♪ 

Rimg0793

花菖蒲の写真って撮るの難しいですね。色がとんじゃってますね。

Rimg0799

日本人でよかったな。あやめは洋の空間にでも合うけれど、花菖蒲は洋の空間には絶対に合わない。そう思うのは私だけ?あやめと花菖蒲は似て非なるものですよね。大きな違いは、花びらの元の方に、黄色・黒・白の網目が入っているのが、あやめなんですよ。今年、あやめは見てないので、写真がなくて残念。。。

Rimg0798
もうひとつの和の空間

関守石(せきもりいし)・・・ゴロタ石をシュロ縄などの飾り紐で十文字に結び、これを飛石上に置くことでこれより先の出入りを禁ずる役目を果たすもの。露地内における用と景の両面を併せ持つ。

日本人の美意識って素晴らしいです。なのに、この頃の不細工な立て札の多いこと。雑音も多すぎ。

静けさの中に石ひとつ・・・それで十分伝わるんですよね。

なんて、偉そうに、ここに素敵に書いても、自分の家が汚いんじゃ、話にならない・・・coldsweats01

さあ、掃除掃除!

では

**********

| | コメント (2)

2009年6月14日 (日)

イワタバコ@東慶寺

Rimg0641 
学名:Conandron ramondioides  イワタバコ科イワタバコ属
分布 本州、四国、九州、南西諸島、台湾 
湿った崖や岩肌に咲く多年草。

ちぷにゃんさんからのコメントに、「イワタバコの群生の綺麗なのを見たことがあります。」と書いてありました♪ ふふ、なんてタイミング!ちょうどイワタバコを載せようと思ってましたぁ!今、鎌倉ではあちらこちらの薄暗い崖でイワタバコを見ることができます。

Rimg0618_3 Rimg0642 

そんな中、東慶寺(とうけいじ)境内、奥の方の崖にイワタバコがそれは見事に咲いていました。何故イワタバコという名前かと言うと、葉っぱがイワタバコの葉に似ているから。。。煙草にはならないけれど、食べられるそうですよ。てんぷらがいいかな?だって、嫌に、ごわごわしてるんですもの・・・おひたしは駄目だわ。笑

Rimg0629 Rimg0621

薄暗い空間にまるで、紫色の星がまたたいているみたい。素敵。輝いてる。。。

そばで、蜂さんが蜜を集めています。そんな蜂さんをずーと眺めてました♪

Rimg06641

脚に付いている花粉塊は何の花の花粉でしょうね~

イワタバコ属の植物は、熱帯・亜熱帯に3000種ぐらいあるそうです。シンガポールでは見なかったな・・・

Rimg0634 

辺りは、こんなに薄暗くて湿っぽいの。ジメジメ大好きなイワタバコにぴったりの環境の感じがするでしょ。

東慶寺の奥は墓所。両親の言うには東大出の人ばかりが入るお墓があるそうな・・・(定かでないですが、この頃頭が確かじゃないからね・・・)でも、東大出身の哲学者達、小林秀雄、西田幾太郎、和辻哲郎氏の墓はここにあります。ほかに 野上豊一郎 野上弥生子 谷川徹三 高見順さんなどの墓もあります。

Rimg06741_2 

↓葉の様子 植物の説明は、写真を見た方が確かですね♪

Rimg0702 Rimg0704

では

**********

| | コメント (3)

2009年6月11日 (木)

イワガラミ@東慶寺

Rimg0750

朝、洗濯をしようと思ったら、マンションの館内放送が流れる・・・「ピンポン~♪今日は植木に消毒散布を致しますので、洗濯物は室内におとり込み下さい~」あらま、そうだったのね。。。洗濯はやめにしましょっと!シンガポールでは、外やベランダに干すことがないから、こういうのって懐かしいでしょ?!

そーかー、じゃぁ!北鎌倉の東慶寺で、ちょっと気になってたイワガラミを見ることにしよう!イワガラミの一般公開は14日(日曜日)までだし・・・思考の転換の早いこと~~汚い我が家にさっと目をつむり、イワガラミを見て来ました。一年で2週間のラッキーチャンスです。それも一日2時間しか公開してくれないの。。。

北鎌倉の6月。それは、アジサイを求める人で大混雑。そんなイメージを覚悟に北鎌倉に到着。。。あれっ、さほどでもない。。。期待はずれ。。。でも嬉しい。。。来て良かった!

早速一目散に本堂へ。イワガラミは本堂の裏の崖に咲いてるはず♪

Rimg0607 Rimg0604

ここね、この本堂の裏手へ回ると・・・案内の方がいて教えて下さいました。この幹一本から広がってるんですよ!これぜーんぶで1本の木です~~!へぇーーー、そうなのね。ユキノシタ科なんですよ。へぇーー。。

Rimg0550 Rimg05601
学名:Schizophragma hydrangeoides ユキノシタ科イワガラミ属
本木性落葉ツル植物 
本州・四国・九州、朝鮮に分布

左の写真で、太目の幹が見えるでしょ。。。そこからずーっと繋がっていて、裏手の崖一面に絡み付いています。岩に絡んでういるからイワガラミ気根を出して、ブナなどの常緑広葉樹の幹や岩をどんどんよじ登っていくつる植物。イワガラミ属はこれ一種だけだそう。

Rimg0554

Rimg05761

なんだか、ガクアジサイに似ています。でも、白い花びらみたいなガクは、ガクアジサイより楚々とした印象。柔らかくて優しい。私はなんといってもこの白いガクが気に入っちゃって、お進み下さい~の声(日本的でしょっ?!笑)を、まるで無視。長々と居座って楽しんできました。

Rimg0558

大きな丸っこいのが、花の蕾。花弁は開かないで、ポロっと落ちるそうです。中から、5本の雄しべと一本の雌しべが現れる。白いガクは虫さんへのお知らせの役目。とってもシンプルでモダンな植物さんみたいです。雄しべがぱっと開いて幾何学的な模様してますよね。ゴテゴテ派手でない。。。無駄なエネルギーは使わないみたい高等な類みたい。

シンガポールにいるとガクアジサイも忘れがちでしょ?!ついでに、ガクアジサイの写真載せますね。比べてみて~~

Rimg0724_2 Rimg0733
↑カシワバアジサイ             ↑ガクアジサイ

思い出して下さいね。あじさい=日本の梅雨。トホっと思うと思います?それがね、蒸し暑いとシンガポールを思い出して、これがまたいいんだわ~~笑 

今日は、イワカガミじゃなくて、イワガラミのご紹介でしたぁ。私の前にいたおばさんがね、何度言っても、イワカガミって言うの~~「イワカガミでしたっけ?」「いえー、イワガラミです。岩に絡んでいるから~~」って何度言った事か・・・

Rimg06841
こちらは、ユキノシタ科ユキノシタ属ユキノシタ

Rimg0686
ユキノシタのそばのお地蔵様、さくらんぼのお供えがかわいい。

明日は、東慶寺で、もうひとつ、今よとばかり咲き誇っていたこれまたかわいい植物の紹介しますね。

では

***********

 

| | コメント (1)

2009年6月 9日 (火)

ジャカランダを育てる 4

ジャカランダ、その後。

jaka-1&2元気に育っています。jaka-3こやつはちょっと変わり者。色も葉も他と違う。

左は、5月20日。右は今日6月9日のフレッシュな画像です。大きくなったでしょ。

Rimg0167 Mayujaka_1_090609
mayu-jaka1

Rimg0166 Mayujaka2_090609
mayu-jaka2

Rimg0165 Mayujaka3_090609
mayu-jaka3

大好きだよ!愛してるよ~!を連発してます。笑

rumirumi特派員情報~~!宮崎では、ジャカランダ祭り開催中だそうです!

Dsc09388_3

初日に行って来たけど、まだあまり咲いてなかったそうです。

アーチになってるのは、懐かしいシンガポール植物園で一杯だったツンベルギア!

 

Dsc09386_3

この間メールでアメリカデイゴが咲いてるって言ってたから、写真をリクエストしちゃいました♪

私大好きなの。

いぇいー、ありがとー!送ってきました♪この花を見ると元気が出る!

アメリカデイゴは関東地方でもそろそろ咲き始めるはずですが、おおっ!と、目に留まったのが、後ろの椰子の木~~ さすが、宮崎!!!

では

********

| | コメント (2)

2009年6月 7日 (日)

新型・成田エクスプレス E259系

Rimg05431_3 

つくば植物園の帰り、東京駅横須賀線のホームでふと横を見ると「あれー、きれいな車両!」 わぁ!新しい成田エクスプレスだゎ。E259系っていうのね。

ラッキーヽ(´▽`)/

Rimg0545_2

横のお姿。なんかイマイチ?顔がぺしゃんこ。こういうbullettrain流線型の方がスピード感を感じるけど、そんなに早く走らなくてもいいからこれでいいか。なぁんて、私がかたっても仕方ありませんが・・・

これは左側のお顔だな。

話はそれますが、人間の左顔は左脳の側だから、理知的・きつめ。右顔は右脳の側だから、柔らかくて、穏やか。なんだそうですよ~。ホントの話。

好きになってもらいたい人の前では、なるべく右側の顔を見てもらいましょう。いつも彼の左側に座るといいね~

Rimg05441_2

よく成田エクスプレスを利用しますが、今まで二つ気になることがありました。

・スーツケースを荷物置き場に置くとき、誰かに持っていかれないかな~なんて、いつも思ってました。

・席が進行方向と逆を向いた席になると、がっかり。後ろに向かって進むのって嫌ですよね。

この二つ、嬉しいことに改良されたみたい♪本年10月から走るそうですよ♪来年6月までには、すべて入れ替わるそうです。

詳しいことはこちらをどうぞ。綺麗な車両内の写真もあります。http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2009/05/259_1.html

新しくなるって気持ちいいですね。

では

*********

| | コメント (6)

2009年6月 6日 (土)

キイロテントウ

Rimg02722

キイロテントウ(黄色瓢虫) 学名:Illeis koebeli

こんなかわいいテントウムシに出会いました。普通のテントウムシの半分ぐらい。あまりに小さくて普通だったら、見逃しちゃうのですが・・・こんな最中だったものでsweat01

長さ4~5mm。エナメル質のキイロが素敵。

Rimg02723

うどん粉病菌などの菌類を食べてくれる人間様にとっては嬉しい存在。

ーーーーーーー

もうひとつ生き物繋がりで、junさんがめちゃかわいいトカゲちゃんの写真をシンガポールから送ってくれました。ありがとう!

Cimg4643

うひゃ~~、なんて言ったらよいか・・・

「おい、君はペリカントカゲかい??」とでも言おうか・・・

おもろ~~~!!!やっぱ、南国ちっくですな。

では

********

| | コメント (0)

2009年6月 5日 (金)

ヒスイカズラの実

Rimg00311 かわゆい~!

つくば駅のキューピーストラップ やっぱ、蛙だ!

ここは、ガマの油売りで有名な筑波山の麓!筑波学園都市。

国立科学博物館付属の筑波実験植物園」に行ってきました。

かなり遠出だ~!なんて思ってましたが、行ってみるとさほどでもなかったかな・・・今では、都内への通勤圏ですものね。秋葉原から、筑波エクスプレスが走っていて、ビューンと45分でつくばに到着。乗ってみるとあっという間ですね~(はは、眠ってましたが・・・) 楽しいところに向かうのは、どこも近く感じる~っ、そんなものtrain 樹木医I先生の講座です。言われるままどこでも行きますわ~~run

「来月は、つくば植物園ですね。ヒスイカズラの実が見れます!」

「ええ===dash 見たい==sweat01 楽しみ~~heart01

この日を待ってました。

Rimg03581 Rimg0360
↑正面入り口

Rimg0375
気持ちいいプロムナード。いいとこでしょ?! セコイアやメタセコイア、マロニエ、トチノキなどが植えられてます。I先生めちゃくちゃ知識豊富です♪またまた勉強になったいい一日でしたが、今日はなんと言ってもスイカズラの実。

Img_20061_2
ヒスイカズラ シンガポール植物園にて撮影 2008.2

わあ~!ヒスイカズラの実!まず、入り口を入った建物の中でこれを見つけたり!

Rimg03661 Rimg0367

人工授粉させて結実させた実みたい。当たり前ですがね・・・笑 温室にこうもりがいるわきゃない・・・原産地フィリピン・ルソン島ではこうもりによる受粉です。そういえば、沖縄の東南植物楽園では、日本では唯一屋外でヒスイカズラが栽培されているのですが、何者かによって花粉が運ばれたのか、結実したことがあるというニュースを目にしたことがあります。何者の仕業だったんでしょうね。

さて、こっちが本物。お初は嬉しい~!それも大好きなヒスイカズラ(ジェイドバイン)ですよ!それは、もう興奮、興奮!でもね、誰とも分かち合えない寂しさよーーsad 

Rimg04421
ヒスイカズラと実 2009.06.04

手前に池があって、上手に撮れない・・・かなり大きい実ですね。マンゴーの大きいサイズのものぐらい。長さ20cmぐらい、横15cmぐらいかな。横のヒスイカズラも結構大きかった。南国の植物の実は、デカイデカイ。いつも期待を裏切らない。。。笑

この左横には、サゴヤシちゃんも・・・

Rimg0458 Rimg0421

パッションフルーツちゃんもバナナちゃんもカカオちゃんもバニラちゃんも・・・皆がたかって見てたから、遠巻きに懐かしく眺めてました♪

Rimg0432 Rimg0413_2

来月は、T先生とも行くから又会えるかな。

でもでも、それよりシンガポールの星子さん達一緒に行こう!!!

見るもの多すぎて、見てないものがいっぱいあるの~~!!

熱帯雨林温室を見なくちゃ~横目で建物を見ただけでした~eye

Rimg0437

大きな温室が4個も。すばらしい。。。

では

********

 

| | コメント (2)

2009年6月 3日 (水)

アオマムシグサ

Rimg02601
アオマムシグサ テンナンショウ属

熱海の姫の沢公園でまた出会えた!この花。

この間、身延山でたくさん見たんだけど、植物の会でなかったので、写真を撮る暇がなかった~~ぁ!とっても残念に思っていたら、ふふ、運がいいぃいいぃ!念願かなって、また出会えました♪ 守護霊さま、宇宙の神さま~ありがとうございます♪誰にお礼言ったらいいかわからないけど、御礼が言いたい~~!ありがとう!笑

仏炎苞が緑色。樹木医のI先生は、「マムシグサ」と、さらっと言ってらっしゃいました。

「先生、マムシグサって紫色じゃないんですか?」

「ああー、これをアオマムシグサと言う人もいるよ!」

「したたかな植物」の本(多田多恵子著)では、ホソバテンナンショウというのが紹介されてます。マムシグサより、葉も付属体も細めだから。。。さまざまな中間体も見られて、マムシグサの一部に含める見解もあるのだそうです。

マムシグサと違うのは、仏縁苞が緑色、葉や付属体がマムシグサより細いこと。

これはどっちなんでしょう?

いずれにしろ、おっもろい形の花は、参加者の人気者でした。

Rimg02592 Rimg0266
↑マムシの鎌首みたいでしょ~        ↑赤ちゃん

同じテンナンショウ属のウラシマソウを紹介した記事を見てみて下さいね。上に登っていくと、かわいいマムシグサの赤ちゃんがいっぱい生えてました♪

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-3d6f.html

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-2539.html

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-d078.html

今日、今から小石川植物園で多田先生の観察会です。ホソバテンナンショウ=アオマムシグサかちゃんと聞いてきます!

では行って来るぞ!run 

聞いてきました!

ホソバテンナンショウ=アオマムシグサではないとのこと。

話から察すると、どうもこれはホソバテンナンショウではないみたい。ホソバテンナンショウはもっと葉が細いみたい。これは緑色のマムシグサでアオマムシグサと判定するなり!!!うーん、でも確かではないです。写真持って行って聞いてみればよかった・・・

これも何度も見るとわかるんでしょうね。まだ、私自身がほんの雛ちゃんなもので・・・

では

*******

| | コメント (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »