« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

星子さん達~鎌倉をエンジョイ!最終回

タイトルを最終回と書いちゃいました!そう書かねば、いつまで続くか~~笑 他にも書きたいこといっぱいあるんですよ!この頃、またまた面白いものにいっぱい出会ってて!話題はタイムリーが一番~ですものねgood

ふー、歩いたね~!気持ちいい~!山越え終了地点にあるのが葛原岡神社。

Rimg0130

なんか、先客が小さなお皿を投げてキャーキャー言ってます。なんだろー?岩に小さなお皿を投げてお皿が割れると、魔が去ると言う魔去る石らしい♪私たちも早速トライ!

Rimg0096_2 Rimg0105 Rimg01011_2
↑まずはやり方をご教示頂く。自分の邪気をお皿に吐きかけ~やぁーーと投げる。が、皆ヘタやん~~ タカがこの距離ですよ~~

Rimg0103_4 

あちゃ~、丸いお皿岩の上を通過ーdashsad

通過してるお皿見えるでしょ?!ほほっ、皆同じhappy02

まあ、こんな風にして遊んだわけです!これで魔が去ればねーー。去るわきゃないよ!なんて、思わないで楽しみましょ~happy01 

楽しいのが一番sign03 笑えば、邪気が吹っ飛ぶって訳です~~

笑いが一番sign03 はははは!

「おじさん!楽しかったぁ!ありがとうございます~!」 横で、「おじさんじゃなくて神主さんですよね?!」失礼を正すと・・・おじさん曰く、「いやー、一応神主の資格は持ってるんですがね、ここでは、あんまりその資格を使うことがなくてね~~」 なんてお茶目な返事をしてくれる神主さんなのでした~

Rimg0107_2

「お参りをして、無患子(ムクロジ)の木でも見て行って下さい!」

「ムクロジだって!!!」 この時点でTOMちゃん以外はムクロジの木は初めて。

ご神殿にお参りをして、さあ、ムクロジの木を見なくちゃ。

無患子って書いて、ムクロジと読むなんて、いい名前ですね。患わない子ども。魔よけの木として神社では昔から、よく植えられている木みたいです。

あれー、また葉を写して来なかったぁ♪

Rimg0116

 

じつは、ムクロジの実はみーんな知ってるの!それはね、ムクロジの木の実は、懐かしい羽つきの羽の黒い実なんですsign03 

子どもの頃に触った手先に、この黒い実の感触が残ってませんか??

神主さんが、ムクロジについて色々教えてくれましたぁ。実況見聞ですね~ こういうのっていいな。

Rimg0109 Rimg0108

「こんな実がなるんですよ~」 「へー!」「それでね、見てて下さいよ。この皮をこういう風にこすると・・・」

Rimg0112 Rimg0110

「泡が出るでしょ~?!」 「あー、ホントだ!!!」石鹸として使われてたんですよ~!」

「はぁえええー!」 生活の木なんですね。ムクロジの実の皮には、天然の界面活性剤サポニンが約10%も含まれていて、少し水につけておくだけで泡立つそうです。実際に生活に使われていた天然石鹸です。

楽しい実験に感謝して、思い出にムクロジ守りを買いましたぁ。

Rimg0118

「お守りを買って頂いた御礼に、今からワタクシがこの猫ちゃんと戯れますので、ご覧下さいね。ホントなら一回100円ですがね~~笑」 と、今度は何を始めるの??おじさん!(違った!神主様~) おじさん箒を持ったと思ったら、猫の毛をゴシゴシと・・・箒でなで始めた~~~

Rimg0122 Rimg0128

喜びます!確かに!お尻まであげて、受け入れてますね~~どなたかやってみます~?もっと強くやってやって下さいね。もっともっと強く~!!!この猫M?・・・はは、ちょうど毛が抜け始めかな・・・気持ちよさそう・・・猫好きこばちゃん大喜び~~

みなさん一回100円ですが、今日は大サービスです~なんちゃって、変なことばかりしゃべってはおかしかった神主さん。もう御歳80を越えてらっしゃるそうで・・・どうかお元気で!!!

今度実をとりに来ますねsign01

「はいはい、どうぞいらっしゃいsign01 商売の邪魔をしない程度に取ってくださいね~」

Rimg0131

ここで多くの大人や子どもがムクロジについて学んで楽しんで帰ってるんでしょうね。

有意義な時間でした。

帰りの電車で、あの木の名前なんだっけ??

む・・・・ む・・・かご、じゃないし・・・・・・

なんて、言ってしまってた私達。。。

植物好きの私たちでも名前の記憶はこの程度。でも、又いつかムクロジに出会ったとき、こんな時間を持っていると、強烈に頭に蘇るんですよね。そして、その次はもう忘れない。。。

脳ってそんな仕組み。。。

だから体験って大切。。。

6月には花が咲きます。

会いに行ってみたい思い出の木が増えました。

そういえば、このブログにこの猫ちゃん写ってましたよ。そして、浄智寺の桜(タチヒガン)も。一緒に言った皆、見てみて!写真のとても素敵なブログです!http://morosawa.exblog.jp/d2009-04-10
http://morosawa.exblog.jp/11238355/

では

********

| | コメント (4)

2009年5月30日 (土)

星子さん達~鎌倉をエンジョイ! 4

近為でおいしいランチを食べたら、山越えして銭洗い弁天に向かうべく出発!

いわゆる浄智寺~葛原岡神社 ~銭洗い弁天というポピュラーなハイキングコース。山歩きをする前にしっとりとした浄智寺を散策しましょdenim 布袋尊も待ってるよ!円覚寺付近で、そぞろ歩いていた人達は何処へやら。浄智寺は、いつ行っても意外に静か♪皆、明月院(あじさい寺)の方へ流れていくんでしょうね。

Rimg00771 

この風情に「わー、いいなぁ!」と思わず言ったのはTOMちゃん。皆も「う~~ん、納得」。ここは日本だわ~ 茅葺きの書院に暫し見とれてました~

Rimg06371_2浄智寺入り口で全員集合^^パチリcamera

浄智寺では、白雲木(ハクウンボク)、ビャクシン、高野槙(コウヤマキ)、桜(タチヒガン)の木が有名どころかな・・・ぎりぎり間に合うかと思った白雲木は残念、前の日の雨で散ってしまってました~

実は、白雲木に初めて会ったのは、ついこの間、halさんと行った浜離宮で。一度見たら忘れられない木ですね!

Rimg0694_2 Rimg06982
浜離宮エゴノキ 2009.4.29

エゴノキと似てます。同じエゴノキ科。エゴノキよりもっと花が鈴なりになりますね。葉っぱが大きい。

浄智寺には大きな白雲木が2本あります、来年が楽しみ♪

Rimg00821_2

「 鎌倉一大きいと言われる市の指定記念物の高野槙が立派。コウヤマキって、ほら、あのヒサヒト親王の木よね!」

「そうそう!そうだわ~!これね!」

そうです!平成18年(2006年)9月12日に、命名の儀において悠仁親王(ヒサヒト)のお印とされたのが、高野槙。コウヤマキは1科、1属、1種。日本固有種だそうです!

ごめん!針葉樹にあまり興味のない私は、その横にひっそりと立っていた赤ん坊を抱いた石像に妙に心が惹かれ・・・コウヤマキの写真は撮らなかった・・・幹だけ・・・

いいと思いません?この石像。。。この石像がコウヤマキを守ってる?コウヤマキが石像を守ってる?いずれにしろ、この二つはしっかりと繋がっているようだった。。。

そばにはこんなかわいい花、雪ノ下(ユキノシタ)も。

Rimg00731 Rimg007512009.05.13

鎌倉の地名に雪ノ下というところがありますよね。この花から名付けられたのかしら?

Rimg00891 Rimg00912

うふふふ、どっかで見たようなお腹~~旦那のお腹だわ~~途端に嬉しくなる私達~ほほほほほ♪ 布袋様、いつも福を下さってありがとうございます~^^

Rimg0678 布袋様のお腹も良かったけど、もっと嬉々としたのはこれ!

鎌倉には、古い井戸とポンプが結構まだあるんですよ~!昭和30年代、あっちにもこっちにもあった、のどかでいい時代だった。。。土の香りがいっぱいの時代だった。。。

さて、そろそろ歩き出さなくては遅くなるので、山歩き開始。浄智寺横からハイキングコースへ。階段を上り始めると、小学生達が向こうから降りてきています。こんにちは==!!韮崎市からの小学生みたい。修学旅行ですね、きっと!後から付いてた先生が一番大変そう~~!!先生頑張って!!!グループごとの自由行動らしい。楽しそうでいいな~!

Rimg00941 Rimg0705
↑まだ若いね~ モチよ!       ↑頂上天柱峰にて

おばさんたちも楽しいわよ~~!!あは、小学生のままだぁぁああ^^;

実は、この直後、自転車を引いてくる白人男性と出会う。嘘~~!何でこんなとこを自転車で~~??こんな山中で、、、白馬にまたがる王子に会うほうがまだ分かる気がする。山ん中ですよ!ここ!!!

「あのー、浄智寺にいけますか?」

「オーノー!自転車じゃ、インパッシブル!」「よくぞ、ここまで~~」「どやってきたのよ?」ここは、ハイキングコースど真ん中辺りですぞ。インパッシブルとは言ったけど、自転車担いで富士山登る人もいるしね~~。ま、とにかくトライして駄目なら引き返せば~~!引き返すのも大変だしね~~。行くのも大変そうだけどね~~。

若干一名、心臓が壊れそう!なんて、言っておる者がおりましたが、新緑の中は最高に気持ちいい^^

森の中で生き返っている星子さん達でしたぁ♪

まだつづく、あと一回かな?笑

では

**********

| | コメント (0)

2009年5月28日 (木)

ジャカランダ@宮崎から~

シンガポールから帰国したばかりの宮崎にいるrumirumiさんから、なんとジャカランダの写真が届きましたsign03 宮崎はやっぱり暖かいんですね~もうこんなに満開sign03

嬉しいな。ありがとー! シンガポールより、宮崎の方がうんと綺麗じゃありませんか!!いいな。

Dsc093761

mailrumirumiさんからのお便り

今近所の「ちびっ子広場」でジャカランダが満開なんです。

そばを通るたびに、二宮さんに写真送ろう~と思いながら、でもこれは自分で育てたやつじゃないし・・・などと考えていましたが、今日写真を撮ったので、送ることにします。うふ。

紫色がとってもきれいで、目を引きます。eyedash

種類は何なんでしょうね。反対側の公園ではデイゴの真っ赤な花が鮮やかに咲いてました。

Dsc09369

Dsc09368

Dsc09374

関東地方では、もうちょっと。6月に入ったら咲きますね♪でも、こんなにわんさか咲かないな、きっと。先週、熱海に行ったとき並木にジャカランダが植えられているのを発見。あと2週間ぐらいって感じでした。

でも、宮崎にはさすが負けちゃいますよ。きっと。

この木、毎年見続けるのが楽しみですね。 そばにはデイゴですか~~。rumirumi特派員~!  宮崎の様子どんどん知らせて下さいねー。待ってます~! 宮崎と言えば、あーー、マンゴーも美味しそう~~happy02 

マンゴーもお店に普通にがんがん売ってるんですか???

rumirumi特派員さ~ん、南国宮崎情報よろしく~~lovely 

では

*********

| | コメント (1)

2009年5月27日 (水)

ブラシノキ

Rimg00092009.5.15

学名:Callistemon spp. フトモモ科
一般名:ブラシノキ、カリステモン Bottle Brush (ボトルブラッシュ)
原産地:オーストラリア  常緑樹

ーーーーーーー

あそこに、なんか赤い花が咲くことは知っていた。

それが、ブラシノキだったなんて・・・

おー、おまえさん、こんなとこにいたなんて~~

そこは、うちのマンションの庭

こんな所で、ブラシノキに会えるとは思っても見なかった。

あまりの激しい咲きっぷりに、

シンガポールが懐かしくなって、

つい、にんまり、

そのうち、嬉しくてあふれんばかりの笑顔になってしまった。

ーーーーーーー

Rimg0029 Rimg0014_2

そんなことを思っていたら、ウリさんからメール!「見たんです!ボトルブラシノキ!」ウリさんも新浦安の明海大学の敷地内で見たとか・・・調べてみたら、結構日本でも咲くんですね!シンガポールでは、あちこちで見た友達のような木です♪

長い枝先に花が咲くので、ボトルブラシと言うよりは、私には煙突掃除のおじさんが肩にかけてたブラシに見えてしょうがないのですが・・・。煙突掃除のおじさん・・・今じゃいる訳ないな。自転車に乗ってたおじさんの顔が目に浮かびます♪

Rimg04721_2_2

旅先のシドニーでは、街路樹としてたくさん植えられていました。そこにインコちゃんが普通にいたりして・・・

その記事はこちらを見て下さいね。

五色インコ・ロリキータちゃんがブラシノキにたくさんいましたよ!

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/rainbow-lorikee.html

ブラシのような赤い花序は、たくさんの花が集まって咲いています♪その咲き始めがかわいいの・・・

Rimg0018

突然大きすぎた~? でも、めちゃくちゃかわいいでしょ?!笑 この写真大好き!雌しべの色がちょっと濃いの分かります?左から2列目の一番上の花の雌しべが良く分かる・・・その隣の2本の雄しべもかわいい~~。そうそう、学名のカリステモンというのは、「美しい雄しべ」という意味だそうですよ。花びらやガクは緑色で小さくてほとんど退化しています~!

Rimg0025

さて、このブラシノキの実、それはこんな風についてます。

Rimg0035Img008_2

細長い枝をずっと良く見てみると・・・たくさん実がついているのが見られます。すぐ手前のが去年の実、その先に2年前の実、その先に3年前の・・・と言う風に・・・。普通の木の実の様にポロンポロンと落ちないでしっかり枝にくっついてます。じつは、この実たち、じーーと、何かを待ってるんです~~!!!

何を待ってるの??

それはね、山火事smoking へえ~~!オーストラリアはとても良く乾燥しているので、タバコの火がなくても、山火事になっちゃいます~!油分を多く含んだユーカリの木がほとんどだしね~~もちろん、タバコが原因のときも・・・ふふ、いずれにしろ、山火事が頻繁に起きるオーストラリアでは、山火事のときにこの実が焦げて、初めて、実から種がこぼれ落ちるのです~ 言って見れば、山火事が起きなくちゃ、この木は子孫を作れないの~

へーへーへー!でしょ?!

そこで、ちょっと暇だったので、遊んでみましたsign03

なんてったって、庭にあるので・・・種をちょっといただきに~~!そして、カッターで切ってみました。どんな種が入ってるのか・・・ちょっと興味津々。。。

Rimg03221 Rimg03452

じゃじゃーん、大きくしますわよ~!Rimg03293

こんな種でした!長さ1mmです。

もうちょっと遊びたくなりましたsign03

そこで山火事を起こしてみようと思い・・・笑

Rimg0093_2

ベランダで燃やしてみました。いい感じ・・・久し振りの火遊び~~笑

ところが、ふと思った。もしこれで、実がはじけたら、

あのちっちゃい種じゃ、 どこにあるか分からないじゃない~?!と、思い直し。。。

今度は、台所に行き、フライパンで焦がしてみることに ・・・ですが、ですが、、、フライパンに移す前に、炎で焦がしただけの実2個から種が出てきました~~へーー、そんなに簡単に出ちゃうのね~でも、出るには私が振ってみたんですけどね。。。

Rimg0098_2 

それがこれ。

さあ、フライパンで料理しましょ!!

Rimg0103

10分ぐらい炒ってみました♪

それが、面白いことに、しっかり閉じてた蓋がだんだん開いてきて、種が見えてきたのです~~

しっかり硬いのもあるけどね。。。

いやー、面白い!

Rimg01143

だいぶ開いてる・・・丸いとこが橙色なのは種。一番右はまだ少し・・・

Rimg0120

一番右ほとんど開いた!  木にくっついてる実と比べてみて!

あまりに焦げてきてので火を止めてみて、中を振ってみると、

Rimg01312_2

おおー!種が出てきた!でも、種は焦げても大丈夫なのかな?そんなことを思った瞬間、パチン!パチーン!と、数個の実がフライパンの中で爆発!!びっくりした~~笑 弾けた途端、ちいさなかわいい種がフライパンに散りばめられたのでした~!

Rimg01331 ねっ!

いやーー、久し振りに遊んだぁ♪

楽しい実験でした♪

実の蓋が開いても、どうにかして実が動かないと種がこぼれませんよね。炎であぶったりすれば、実が割れるのかな・・・その辺のことは、このちゃちな実験では、分かりませんでした。

山火事が起こり、大きな木がなくなり、火事後の開けた土地に種がこぼれ落ちる。。。焼けた木の灰は栄養になる。。。うまくできてはいるけれど、その確立たるや厳しそう!!!だから、あんなに多くの種をこぼすんですね。

木もあらゆる作戦で必死に命を繋いでるのですね。

多くの種が土にこぼれても、

無事育つのはほんの一握り。

私も

当たり前のように生きているけれど、

当たり前ではないことを

風に舞う種を見ながらよく思います♪

では

*********

| | コメント (4)

2009年5月26日 (火)

星子さん達~鎌倉をエンジョイ! 3

Rimg00661

シンガポール帰りの星子さん達に、どんなお昼がいいかな~? ウリさんは生のお魚駄目だし・・・と、散々迷って決めたのがここ、お漬物の近為(きんため)

ここの二階で頂くお茶漬け席は、漬物の域を超えたちょっとしたお昼が楽しめるのです♪たかが漬物と侮るなかれ~。一歩足を踏み込むと、もうそこは大人の空間。ゆっくりとした時間が過ごせます♪

円覚寺を背に左に進み、数分で近為に到着。

Rimg0062_2 

お腹すいたね~!空いた空いた!

いらっしゃいませ♪まずは手をお洗いください♪

自分で洗うのではなく、ちゃんと勺でお水を流して頂き、お手ふきを頂く。なんだか、それだけで、もう嬉しくなってしまう私達。ちょっとした演出が楽しみを何倍にもしてくれますよね♪

手を清めると、心も落ち着いて、木の階段を上り、お二階へ。

Rimg0048

お好きなところへどうぞ♪

時間は11時半近く、さすがに一番乗り~!

机はなく、畳の上にお膳が置いてあります。

非日常的空間に心が躍ります。

2100円と2600円のコースのふたつ。

2600円には黄金粕漬けの焼き魚がつきます。はーい、たまにだから高い方で・・・お腹すいてるし・・・♪

Rimg00442 Rimg00471

↑一の膳 梅酒(食前酒)、筍の煮物、柚子こぼし、奈良漬の手まり寿司。
↑二の膳 お雑煮(白味噌仕立て)

Rimg0050 ここで、

「蓋をお開けください。中にお茶碗が入っております。」

一同箱の蓋を開けて見て、「おお~~!こんなとこにお茶碗と切り干し大根が待ってたのね~♪」 ほほ、 びっくり玉手箱^:^

お茶碗を取り出していると、お漬物とご飯がたっぷりとやって来ました~~riceball お代わり自由ですよ~! は~~い!!!

Rimg00542_2

これ3人分 10種類ですね。(今、数えてみた・・・)なすとスイカと山芋が好き・・・あっ、しば漬けも・・・

Rimg0055 Rimg0057

本日のお魚は、金目鯛、さわら、さけ、たら、からお選び下さい。。。でした。今の時期だけという金目鯛を頼んだ人が多かったな。写真は私のさわらちゃん。

Rimg00602

〆のワラビ餅。

ここのは、

こ寿々のわらび餅だから美味しい!

キュッと引き締まった感が私は大好き!

日本人でよかった~というランチでしたね! と、osugiさんに言ってもらって良かった!皆にも喜んでもらえたみたいで良かった!!!araiさん家族も、お土産喜んでくれたみたいだし・・・こばちゃんはシンガポール土産買ったのかな?

そうそうとてもラッキーだったのは、ここのクーポンhttp://homepage2.nifty.com/kitakama/shop/kintame.htmlを持っていったら、一人に一つずつお漬物のお土産を頂きました!これって凄い!!勿論それ以上に皆お土産にお漬物を買ってましたがね。。。

近為で本格的な「お茶漬席」が用意されているのは京都本店と、ここ北鎌倉店のみです。

北鎌倉で私の選ぶランチ、ベスト3に入ります~♪

ぜひ、いらして下さいね。

古き良き日本家屋に親しめる機会も、なかなかなくなってきましたね。

京つけもの近為のHPhttp://www.kintame.co.jp/

では

*******

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

鎌倉みやげ 鳩三郎

Rimg00071

鳩サブレーの豊島屋の携帯ストラップ 

その名は「鳩三郎」

この日は水曜日だったので、本店がお休み!

「今日は本店がお休みだから、鳩三郎が少しだけ持ってきてあるの~!聞かれた人にだけ販売だよ~」とは、鎌倉駅前にある扉店でのこと。

他に、鳩ぽっぽとかハトカーとか色々鳩サブレグッズがあるんですよ。。。かわいいでしょ!本店だけでの販売。

携帯新しくなったばかりで、ストラップがまだないから買ってみた!

家に帰り、娘に見せた途端、「いいじゃーん!」の一言で取られた~~sad

デージーと一緒で嬉しそうな鳩三郎に見えたから、許すことにした。

っていうか、娘に取られて嬉しい母でもあった・・・happy01

また買えばいい。

では

*********

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

星子さん達~鎌倉をエンジョイ! 2

北鎌倉は6月になると、アジサイを求めて大勢の人がわんさかやってきます!アジサイは見たいけど、人にもまれるのは嫌~。それを考えると、ちょうどこの時期の北鎌倉は小休止といった所で、落ち着いていていいですね♪

ーーーーーーーー

11時にはランチに行く予定が、やっぱり花を見だすと時間が足りません~!ね。笑 円覚寺の境内には小さいお寺がいっぱい。そんな中でも円覚寺松嶺院「山野草の寺」には珍しい花がたくさん植えられています♪

それに、ここには田中絹代さん、佐田啓二さん、開高健さんなど有名人のお墓もあって、そうそう弁護士坂本さん一家のお墓も・・・へぇ~~、きっとここで、皆こんな声出たでしょ?!笑 観光客で賑わってます~!田中絹代さんのお墓は、お顔のブロンズ像があって素敵でしたよ♪「藝に游(あそ)ぶ」という墓石の字は、会津八一の筆跡だそうです。

お墓の写真を撮る気にもならずパス! あー、撮っとけばよかったかな?!ネットで探してみよう~!オー凄いHPがあったあった!興味ある方はぜひ!http://www.tokyo-kurenaidan.com/kinuyo-kamakura1.htm

私的に、出会えて嬉しかった花は・・・

Rimg0012_2 Rimg0010
↑うわっ、ユキモチソウ 枯れてたけど初めて見れた! ↑ハナイカダ

Rimg0017 Rimg0019
クロロウバイ これが見たかった~~!会えて感激!

Rimg0020 Rimg00221
カラマツソウ              ↑シャクヤク

Rimg0016 Rimg0032
↑ベニサンゴバナ           ↑こんなテッセンもあるのね

一番珍しかったのは、これ。キモクレン

Rimg0027_2  Rimg00301

アメリカからやってきた木蓮ですね。日本では珍しいかも。。。お墓に入る手前左側です。

かわいいお花に普通の人は興味ある中、TOMちゃん(シンガポール熱帯植物だより+あるふぁ)の最大の興味を引いたものは・・・これ。

Rimg0034 Rimg00361 Rimg0038 Rimg0042Rimg0040 Rimg0037

杉の雌花?雄花?私が、この域に興味が行くのはいつのことやら?まだよう分からん?!!興味わいたときに役立つから、一応撮っといた!happy01  ウリさんも横で、やっぱりTOMさんは違うわ~と言ってたね!!

あはは、自分と違う人と一緒にいると勉強になるよね!自分と違う人といると、成長できるのよね!旦那様にしたって、同じこと!自分と違うから、成長させて貰ってるんだよね~~(なんで、突然旦那に矛先が飛ぶ?笑) 

ははは!心からそう思える日が来ますように。

なむ~~

いえいえ、冗談ではなく、

円覚寺の澄んだ空気は、素直にそんな気持ちにさせてくれるようでした。

祈りの空気は清々しい。

では

*******

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

星子さん達~鎌倉をエンジョイ!1

星子さんってな~んだっ? シンガポールに住んだことのある女性のこと。よって、男性は星男くん。

シンガポール植物園で、毎月ボタ歩きの会のガイドをしてくれているこばちゃんが一時帰国。埼玉から遠路はるばる鎌倉に来てくれる!というので、星子さんが6人集まりました。待ち合わせの大船駅で、「キャー、久し振り~!初めまして~!」 

さあ、きっと楽しい日になるわっ♪

Rimg00021 Rimg0003

こんなコースで歩きました!

北鎌倉・円覚寺~ランチお漬物の近為(お茶漬け席)~浄智寺~葛原岡ハイキングコース(山越え・天柱~葛原岡神社~銭洗い弁天~甘味処休憩~鎌倉駅~大巧寺~妙本寺~大覚寺~峰本(小町通り店・夕ご飯)

メンバーは自然友の会・ボタ歩きの会つながりだから、花木を見ながら、歩みはいつものろいのろい。denim笑 でも、さすが山歩きのスピードはなかなか頼もしいですよ!run

北鎌倉の駅を出た所で、もうストップ!「あれ!あの鳥なに?」「きっと、ハクセキレイ!」ピンポーン!半信半疑で答えたTOMちゃん、正解でした♪ 日本の植物、鳥はシンガ帰りの日の浅い私達にはまだわからないことばかり・・・でもその代わり、すべてが新鮮でいい感じ!

埼玉組は朝早くから出てきているので、お腹すいたぁ! そういうことだと思って、早く11時にはランチ予約入れといたよ!それまで、円覚寺でも歩きましょう!

「円覚寺パスして、即ランチ」という、こばちゃんの声が聞こえたような~~無視無視。笑

ーーーーーーー

円覚寺(瑞鹿山大円覚興聖禅寺(ずいろくさんだいえんがくこうしょうぜんじ))

弘安5年(1282年)創建。(ということは、今から727年前のことですね。)

創建したのは第八代執権、北条時宗弘安の役(分かります?元寇です。蒙古が2度日本を攻めてきた~。そう、蒙古襲来!だんだん思い出してきました?鎌倉時代中期の出来事。蒙古は今はモンゴルですね。では、一度目は何の役と言いましたっけ?ふふふ、文永の役だよ~!)により戦死した敵味方の霊を慰めるために、中国から高僧・無学祖元を招いて開山した臨済宗のお寺。

敵味方の霊を慰めるために・・・というのがいいですよね。

瑞鹿山というのは、無学祖元が開堂供養の説法を行っていると、一群の白い鹿が現れて、一緒に説法を聞いたので、「これはめでたい!」ということで、瑞鹿山という山号にしたそうですよ。

Rimg0005

座禅の修行が行われる居士林。「父がここでよく修行するするのよ~」とは、osugiさん。光を透過するもみじが綺麗。。。

ーーーーーーーー

その日、鎌倉で一番目についた花はこれ。あちこちの崖や石壁にたくさん見られました♪

Rimg0007
蜜がおいしいよ~~~

さあ、この花はなんでしょう? 珍しくTOMちゃんが?? 私は「マルバウツギじゃない?」でも、不確か。。。この丸いオレンジ色のワッカが特徴なんだよね~~ でも、なんだっけ???

えーと、引いた写真あったっけ・・・ いいのがないけど・・・

Rimg0087 Rimg0085
↑あんなにいっぱい咲いてたのに、これかよ?! さびし~~!笑 

ランチのときも見ましたよ!

Rimg0065

「すみませーん!この花なんですか?」 聞いたのはTOMちゃん。そこにいた店員さんは???

「ちょっとお待ちください!聞いてきます!」 

返ってきた答は、「卯の花です。」 

「じゃー、やっぱりウツギだぁ♪」と、TOMちゃん。「やっぱり、ウツギだぁ!きっとマルバウツギかも・・・」(まだ自己主張してるワタシ・・・ちゃんと分かってない人は黙ってなって!笑)

でもでもね、ホントにこのオレンジの丸いワッカがあるのは「マルバウツギ」でした!小石川植物園でも、T先生が、昨日の熱海でも、樹木医のI先生が盛んに言ってらっしゃいましたぁ♪それほど、今あちこちでマルバウツギが見られます。

ーーーーーーーーー

そういえば、卯の花はずい分前に、一時帰国の時、長瀞で見た花・・・その時のブログを見てみよう! あー、懐かしいな! あー、そうなんだぁ。これがウツギなのね。。。

2年前の5月の記事 ウツギ@長瀞です。ウツギとマルバウツギの花、葉っぱも比較してみてくださいね。今やっと違いに納得した私です。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_9701.html

ウツギは楚々と横を向いてうつむき加減に咲くのに対して、このマルバウツギは、堂々とカパッと上を向きかげんで咲きます。マルバは葉が丸いから。きのう聞いたもう一つの大きな特徴は、花序のすぐ下の葉には、柄がないのが特徴。花を包む苞の様な感じになってきているのかな?林縁に生える落葉低木です。このページを見てもらうとよく分かりますよ~!http://www.plantsindex.com/plantsindex/demo_html/demo_db/result23810.htm

昨日、熱海の姫の沢公園でハコネウツギを見ました。これまたピンクと白で綺麗。おとといは小石川植物園でヤエシロバナウツギも見ました~。

Rimg0006

シンガポールで、熱帯植物を見ては心を躍らせてた6人。鎌倉でも変わるわきゃない。。。ルンルンの散策~。

この日の花の主役はマルバウツギでした♪

明日につづく

では

********

| | コメント (1)

2009年5月21日 (木)

ジャカランダを育てる 3 ジャカランダ3姉妹

さっそくhisaeさん(シンガポール)とmidoriさん(フィリピン・セブ島)から、それぞれのジャカランダの様子が届きましたheart04 今日はジャカランダ3姉妹の様子です。

お願いする前に、反応して頂いてとても嬉しいです~happy01 ありがとうございます~!

Photo
わぁ!midori-jaka もう一人前ですね。

budbudbudbud

midoriさんより

KENさんから送っていただいたジャカランダの種子を4月19日に蒔き、4本発芽したのですが、これを持って孫の世話でバンコクに行った帰りに、スーツケース内で傷み、残った2本は現在9cmと6cmです。
 フィリピン・セブ島の拙宅にある猫の額ほどの庭に露地植えしたジャカランダは、茎はすでに木質状で、とても硬いです。熱帯の太陽を浴び、大地に下ろしてから、がっちり育っています。

以上ジャカランダの近況報告まで。

フィリピンセブ島にて Midori

budbudbudbud

hisaeさんより

ジャカランダの件ですが、私も発芽率悪かったんです~(泣)

80%と書かれていたので、「狭い家がジャカランダだらけになっても...」と思って(笑)、まず2つキッチンタオル方式で挑戦。ところが両方とも2週間たっても芽がでずあせりました。(この2つはのちに土に移してみたところ、1つは芽がでました。)

その後、新たに2つを今度は初めから土で挑戦したところ、こちらも芽が出たのは1つでした。
ということで、私の発芽率は50%です。

・Hisae-jaka1号は、上から見下ろしていた時は6cmくらいに見えたのですが、今日ちゃんと定規で測ってみたら12cmありました。

・Hisae-jaka2号は6cmくらいです。

お日さまの光が好きとは伺っていたものの、今の季節のシンガポールの日差しはとてもきついので半日陰に置いておいたのですが、日光のほうに向かって斜めに伸び始めてしまったので、思い切って直射日光の当たるところに置いてみましたが、全然大丈夫でした。やはり木だけあって、結構丈夫のようです。

hisaeさんの残り二つの種はそのうち様子を見てまた植えられるようですbud

budbudbudbud

mayuri-jakaは、きのうの強いお日様で3枚目の葉が出ましたぁ♪

Rimg0167 Rimg0166 Rimg0165

今日まではいいお天気みたいです。

今から熱海の姫の沢公園に行ってきます~!今日はどんな植物に会えるかなshine初めての日本の植物に興奮気味の日々です。そういえば、きのう小石川植物園の大正天皇命名のユリノキ。花盛りでした~~!あまりに高いところで写真は無理だったけど・・・ふふふ、見ちゃいました~!ユリノキの花!

では

*********

| | コメント (10)

2009年5月20日 (水)

ジャカランダを育てる 2

Rimg00011

5月2日 
種まきしてから10日目の様子。6個のうち、3個発芽。左上のひとつは最初から種が割れていたので、おまけに置いたの。だから6個中3個。うーん、50%の発芽で許してもらえるかな。。。(誰の許しやねん。笑 あまりに寒かったし、もう駄目かと思っていたの、これでも本人は大納得!ふ~、良かった。)

いよいよ、ポットに移しましょうか・・・

Rimg00021

根が1.5cm位 上に伸びてるのがうっすら見えるでしょ?

この時、ふと気づいた。これって、キッチンペーパーじゃない・・・シンガポールのキッチンで、これ使ってたから、なーんにも考えないで、キッチンペーパーと書いてあったから使ったけど・・・・・

これって、なんか化繊だし・・・根が入り込んでて、取り出せないではないですか。。。

あれまーーー。
紙だったら、きっと簡単に破れたはず・・・お馬鹿だわ。とほほほほ(´Д⊂グスン

必死でしたね、根を触らないよう、傷めないよう、そーーっと周りの化繊に鋏を入れて、なるべく根の周りの化繊を取り除く作業・・・お疲れでござんした!

化繊でもそんなに強い化繊ではないので、きっとこの根は大きくなれる!!!

そう信じて、根元の周りは触らないようにして、ポットに移したのでしたぁ♪

Rimg00041 Rimg0007

お願いだから、強く生きておくれ~!

Img0053 やったぁ!双葉誕生bud

5月18日 
種まきより26日経過。無事育ち、今のところこんな感じです♪

Rimg01032

一番左のひとつだけは、葉の色がきれいなグリーン。南側のベランダに置いてます。

Rimg0118_2 Rimg0110_2 Rimg0108_2Img0021愛しのジャカちゃん

双葉の次に出てきた葉っぱ。おおー、まさにジャカランダの葉らしい!!!

同じLapacho(KEN)さんジャカランダを、シンガポールでは、Hisaeさんが、フィリピン(セブ島)では、Midoriさんが育てています。Tanakaさんはどうなったのかな? それぞれのジャカランダがどういう具合に育っていくのか、とても楽しみです。

日本も、最高気温が日に日にアップしてきました♪

まだまだ、アップダウンは激しいですが、ジャカランダが喜ぶように、お日様がドンドン照って欲しいものですsun

シンガポールのHisae-jakaは、今6cmぐらいまで成長してるらしいですよ♪

では

*********

| | コメント (6)

2009年5月19日 (火)

ライチだぁ!

昨日のジャカランダの続きが見たかった方、ごめんなさい。
だって、見つけちゃったんですsign03 ダイエーでsign03

ライチsign03 キャー、ライチsign03 私の大好物。 そうかーー、そろそろライチの季節なのね。

Rimg01221

これで、いくらだと思います? 写真では分かりづらいけれど、この袋小さいです♪高さは、洗剤とかの替えの袋の半分ぐらい。中には小さいライチが8個。

正解は398円~sign01 ちょっと高いが、もちろん即お買い上げ~ 見た目もイマイチだけど、もちろん即お買い上げ~ すぐに1個食べました!

Rimg0134

味はまずまず。懐かしい味!チョンバルの果物屋さんの匂いがする~笑

だけど、中国産のライチがなぜこんなに高い???ダイエーさん、生き残るにはもっとライチを安くして~~

だって、、、

Rimg0011_6_3 

シンガポールじゃ、これが500円もしなかったのよ!

一籠でですよ。

同じ輸入ものでしょ??!!

もっともっと景気良く、ライチ食べません??

日本の皆さん、新鮮なライチの味、知ってますか?

ライチ、ライチ、ライチを食べよう!!!

あ~、し・あ・わ・せの味だゎ!

Rimg0125

ライチについての前の記事もご覧ください。

ライチの季節http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_413a.html

ライチの樹http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_6be0.html

もっとおいしいのがどこかで売ってないかな・・・

あしたは、ジャカランダに戻りますね♪

では

*******

| | コメント (2)

2009年5月18日 (月)

ジャカランダを育てる 1

Rimg0281
ジャカランダの種(翼がかわいい) 種もちょっと紫色だ。

約1ヶ月前の4月18日にLapacho427(KEN)さんから、待望のジャカランダの種が届きました。Lapacho(427)さんいわく、「種子の遺伝子的素質から言ったら、世界中で最先端を行っている種子だということだけは自負しています。」とのこと。

交配の組み合わせは、["有隅選抜 J.mimosifolia" ×FPK3]×TMNG2だそうです。花粉親に使ったFPK3とTMNG2は、宮崎のTEさんの選抜で、ペルー原産のJ.actifoliaではないかと推測しています、とのこと。(ふむふむ) 説明の書いてある用紙には、もっと詳しく書いてありましたが・・・ここでは飛ばして・・・超簡単に言ってしまえば、ミモシフォリアとアクティフォリアの交配。アクティフォリアの戻し交配。この辺はまた詳しく書くとして。

ミモシフォリアは15mの高木(開花まで10年は要する)に対して、アクティフォリアは樹高3~4mの亜高木なんですよ。

凄いのはこれ。

この一年を旨く育てて、茎長20~30cmにして頂けたら、と思います。私の計算(予測)が間違っていなければ、来春は必ず開花するはずです。もっとも日当たり大好きですから、がっしりと充実した茎長20~30cmの実生であって、ひょろひょろでは保証限りではありません。

とのことです!凄い!

種を手にしたものの、実は種から育てたことなんてない~~。そんなチョー適当人間の私に育てられるか・・・でも、やらねばならぬ!!!

うーん、頑張ってみるぞ!笑(ジャカランダ色で書いてみた!)

心して育てます。

ーーーーーーーーー

さあ、さっそく育ててみよう!皆さんにも一緒に楽しんで頂ければ・・・(こんなとこで発表して、失敗したら、どうなるねんsweat02その時は、慰めておくれ)

4月22日 なんとなく暖かくなってきたぞ。種を撒いてみよう。

Lapacho427(KEN)さんからの手紙には、

1.プラスチックの蓋つきの容器を用意する
2.容器の底にキッチンペーパーを二重に敷き、その上に撒種して、一重のキッチンペーパーで覆い、ひたひたになるくらいの水湿を与え、室内の暖かいところに置く。(直射日光に当てては不可)

ということで。。。我が家にプラスチックの容器があったっけ、、、いいのがないなぁ。。。と、そこで見つけたのが、スーパーのお惣菜を入れるプラスチックの容器。ちょっとお粗末だけど、タッパーよりは良く中が見えていいかも~~

キッチンパーパーは・・・あった、あった!シンガポールから持って帰ったやつが・・・

Rimg0284

こんな具合。これでいいのかな・・・?!

Rimg0285_2

一枚上に乗せて・・・

Rimg0286 

洗濯ばさみでちょんと留める。ここが、適当人間わたくしらしいやり方ですな。

ここまでは、うきうきだった私。

実は、この後寒波がガンガンやってきたの~~ めちゃくちゃ不安だった。。。せっかくの種が、駄目になったらどうしよう~~。嬉しくて、早々と種まきしたけど、まだ早かったかと。。。覗いてみても、どの種も、「寒いよ~~」と、言ってる。。。そうとしか思えなかった。トホホ。。。

Lapacho(427)さんいわく、発芽率80%だそうだが・・・

さて、この後どうなったか。

それは、またあした。

では

********

| | コメント (2)

2009年5月17日 (日)

ユリノキ tamikoさんより

Img_13071

シンガポールから帰国したばかりのtamikoさんからメールが届きました♪

それも嬉しいことにユリノキの写真付きで~

ぜひ、皆さんもご覧くださいね。

ーーーーー以下、tamikoさんより

ユリノキ私も14日に水戸植物園に行って見てきました。

ショップとレストランの脇にたっていて建物の上に登れるので真横で見てきました。その写真を添付します。面白い花と思って見てきたら、ブログに出ていて同じ~と感激しました。

昨日は1700本の石楠花のあるお寺を見てきて、来週はクリンソウを見に行こうと思っています。

Img_1299_3

こんなに上のほうを真横から撮れるところなんて、なかなかないですよね。うらやましいなぁ~!

Img_1297_2Img_1305_2

学名:Liriodendron tulipifera モクレン科ユリノキ属
一般名:ユリノキ・袢纏木(ハンテンボク)・チューリップツリー 
原産地:北アメリカ

落葉高木、高さ30mにもなる。花は両性花で花期は5~6月。
花被片は9個。外側の3個は緑白色の長楕円形でがく状、ほぼ水平に広がる。(ふむふむ、そのとおりだ・・・)内側の6個は黄緑色で基部にオレンジ色の斑紋がある。(ふーむ、こういうのを斑紋と言うのか・・・)

果実は、数多くの翼果が上向きに集まり、松かさ状になった集合果。10月ごろに熟す。

ー葉っぱ・花・樹皮でわかる樹木図鑑(池田書店)よりー

ーーーーーーー

tamikoさんありがとう!

水戸植物園にも行きますよ~。案内してね。

ユリノキ初めての方は、前の記事もどうぞ
http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-71c8.html

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_fffe.html?cid=56492325#comment-56492325

では

*******

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

2年ぶりのユリノキ@小石川植物園

Rimg3738

2年前の2007年、シンガポールから一時帰国のときに、新宿御苑で初めて出会ったユリノキ。それはとても印象的な出会いでした。袢纏のような形の葉っぱがかわいい木。新宿御苑のユリノキは日本最古のユリノキ。

前の記事も読んでみてくださいね。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_fffe.html?cid=56492325#comment-56492325

Rimg03541 新宿御苑の説明札

さて、今日は小石川植物園にあるユリノキ。

このユリノキも古い株のひとつです。アメリカから運ばれた種から育った木。明治の出来事です。明治23年、まだ皇太子だった大正天皇がこの木を見て、ユリノキと命名されたそう・・・小石川植物園のユリノキは、ユリノキという名前がついた木。

どうしてユリノキと言う名前になったのかな?大正天皇は花を見て、ユリに似てるな~~なんて、きっとお思いになったのね。。。大正天皇ってどんな顔の方だっけ・・・(ここで見てみたくなった・・・笑)ちょっと興味わいた方は、ここをクリックしてみて!http://www.h3.dion.ne.jp/~realrobo/go/tt.htm

でも、ここでちょっと疑問が・・・

明治9年に新宿御苑で植えられて、明治23年に、ここでユリノキと命名されるまで、なんて呼ばれてたんでしょうね。英名でチューリップツリーかな?

Rimg3737

Rimg3739 Rimg37411

その花は、どんな花か・・・それがねー、花が見れたの~!感激~!

雨の後で、濡れた花が落ちてました。

Rimg3743

Rimg3746 Rimg3747

完璧な花ではなかったけれど、いやー、インパクトある花ですね。これは一度見ると忘れられないわ!横で、osugiさんもウリさんも興奮!その横にいらした植物大先輩らしき方が、「上野にも大きな木があるのよ!」と・・・ そうなんですよね。midoriさんからも教えて頂いたことのある上野のユリノキ。まだ見てないなぁ~~。

うーん、また欲が出ましたぁ♪来年は、上野にあるユリノキで花を見るわよ!

ふふ、こうやって、ひとつ楽しい目的を作ると、うきうき気分になれますよね!

楽しい気分になると、毎日の家事もるんるん!

これが生きる秘訣ですぞ~~なんちゃって 笑

でも、確かにそうなんです。

上野のユリノキさん!待ってて下さいね~~

では

*********

| | コメント (7)

2009年5月14日 (木)

きっと!とてもとても珍しい木@小石川植物園

Rimg3767
学名:Bretschneidera sinensis Hemsl.
プレストチネイデラシネンシス (プレトスチネイデラ科)
原産地: 中国

5・8の観察会でのこと。小石川植物園でとても珍しいらしい木を見ました♪

「あそこに咲いているのは何ですか?」 (遠くを指差す男性の声)

「あーっ、あれはねーー!」と言いつつ、木に駆けよるT先生。先生も花を見るのは初めてなのだそうです。

少し雨降りで暗くて写りが悪いのが残念!

Rimg3777 こんな木

Rimg3779

プレトスチネイデラ科で1科1属1種の珍しい木だそうです。

Rimg3766 Rimg3775

Rimg3783 Rimg3770

花びらの真ん中にピンクの線が、うっすらと入っているところがかわいいですね。

来年また会えるといいな♪

そんな楽しみをくれた花でした。

それにしても覚えられない名前だこと。。。笑

では

********

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

これな~んだっ?@小石川植物園

Rimg3644

ここは、小石川植物園。東京大学の付属施設です。前から行ってみたいと思っていた場所。この日は、シンガポール・自然友の会でも親しまれている本「したたかな植物たち」の著者、多田多恵子さんにガイドしていただく植物観察会でした。

それにそれに、osugiさんも、そして初めてお会いするウリさんも参加~!この会が終わってから、TOMちゃん(シンガポール熱帯植物だよりぷらすあるふぁ)も合流しておしゃべりしたし、楽しかったぁheart04

この日、一番気に入ったのはこれ。

これなーんだぁ?

Rimg37085月8日撮影

茶色のツブツブは種(タネ)。かわいいでしょ?! ふふ、さて何の種でしょう?

カメラをぐぐーーっと、引くと・・・

Rimg37101

なんとなくわかります? 葉っぱの形がね~~ スがつくよ!

そうそう、これこれ。

Rimg3711

もう一度、見てみて!めちゃかわいい種。。。

Rimg3716Rimg37102

この種、どうやって落ちるの?それはね、この種が乗っかってるボートみたいなのが、縮んで細くなっていくにつれて、ポロンポロンと落ちるの・・・ほーー、妙に感心した私なのでした♪

花もかわいいが、種もかわいいスミレちゃんなのでした♪

では

********

| | コメント (1)

2009年5月 6日 (水)

藤・八重黒龍(ヤエコクリュウ)

Rimg04561

はじめてみました~!八重の藤なんてあるんですね。豪華だこと。

名前はちょっと重々しい貫禄のある名。

八重黒龍。ヤエコクリュウ。

唯一の八重の藤だそうです。

Rimg0458

Rimg0459

あしかがフラワーパークには、このヤエコクリュウの500畳(?)の棚があるのです!凄い~!なのに、なのに、何で見なかったのよ===dash

(・_・)エッ....? そんなのあったの? なんて、後で知って、ぎゃーーhappy02 やっちゃったわ==happy01 まあ、いいかあ。十分見た見た♪ 

白藤もきばな藤もまだ少しだったけど、これぐらいがいい、いい。

足るを知りましょう。笑 ねーーー。。。

木性ツルの仲間はやっぱり強いですね。こなみ園長も言ってらしたけど、綺麗な姿を見せながら、最後には、絡まり絞め殺す・・・男性諸君、藤のように美しい女性にはご用心を!とね・・・笑 ここの大藤も樹齢140年。1000年も生きると言われる藤の木。人間なんて何をしても、「何しとるねん?!」って、呆れて傍観してるんでしょうね。

白藤のトンネルも魅力的でしたよ。

Rimg0530 Rimg0534

藤の棚が、トンネルが、壁が、、、と、めちゃ凄いです。

今日のあしかがフラワーパークHPを見たら、この白藤のトンネルも凄いことになってました。見てみて!http://www.ashikaga.co.jp/parkdayori/flower/2009/05/post_274.html

藤に埋もれちゃうパーク、あしかがフラワーパーク、ふと名前が頭に浮かぶことがあったらいらしてみて下さいね。

足元にはかわいいハーブや花々が咲き乱れてますよ。

Rimg0505 Rimg0508
                     アイランドポピー

このあと、またまたいいとこに行っちゃった~~美味しかった~!

(*^-^) 

では

*********

| | コメント (1)

2009年5月 5日 (火)

藤いろいろ

連休いかがお過ごしですか?私は連休前に動きすぎて、ちょっとダウンしてます。人混みは避けて休息です♪

昨日に続いて、あしかがフラワーパークの藤をお楽しみ下さい~happy01

Rimg04914_3

藤で思い出すのは、学校の藤棚。大体そうじゃありませんか?

あなたの学校は、どんな藤棚でしたか?

私の中学校は、素敵な藤棚でしたよ。その下で、よく学食のうどんを食べてましたぁ。てんぷらうどんがおいしかった~

Rimg04491 Rimg0443

↑野田藤 独特の仕上げ方が綺麗

Rimg0498

つつじと藤で、園内は花の匂いで酔うほど。。。

この大藤もいいでしょ=dash 腰のひねり具合がね=annoy

Rimg0447_2 Rimg0448

今日足利フラワーパークのHPを見ていたら、こなみ園長さんがこの藤の事について「色っぽい藤」と、書いてらっしゃいました。以下HPから抜粋です。やっぱりね~。。。色っぽいと感じた私の感性ももなかなかだわ、、、ほほほ。

園内の大藤たちの中、今までは隠れた存在になっていました一本のフジをご紹介いたします。

9年前、群馬県邑楽郡の方からお電話を頂きました。「亡くなった父が何十年も愛し育ててきた藤がありますが、今はだれも育てられません。このままでは衰弱してしまうので切らざるを得ない、それでは父に申し訳ない。あしかがフラワーパークでこの藤を引き取っていただき、これからもきれいな藤の花を咲かせてくれませんか?」との内容でした。

10㎡ほどの藤棚でしたが今は美しい日本絵画を見るかのように花を咲かせています。
私は「この藤を園内で一番色っぽい藤、と名付けひそかに愛しています。必見です。

Rimg0516

久しぶりの田舎の風景も嬉しい~! 実は、関東地方、あまり動き回ったことがないんです。行くときも家族に「行って来るね~!茨城県だよ~!」なんて言って出てしまったぁ。あちゃー、群馬県でした。(書いてから、30分後、地図を出して見たら、あれまー、栃木県ではないですか~~。一緒に行った二人も間違えてる・・・それも西の方じゃん。あちゃーーーーー。笑) 桐生、足利といえば絹織物生産地ではないですか~~~。中学受験でやったよ!やった!反復練習、反復練習、ひたすら覚えさせられた時代です。。。でも、足利は栃木県。桐生は群馬県。ほーー、今頃やっと腑に落ちましたぁ==happy02

Rimg0501

また明日につづく

では

**********

| | コメント (2)

2009年5月 3日 (日)

藤色に染まった

Img053_3

あしかがフラワーパーク園長の塚本こなみさん。今日はこの方にスポットを当ててみましょう。魅力的な女性です。日本で初めての女性の樹木医。

「あしかがフラワーパークに行かない?園長先生の話が聞けるよ!」

「おおー!その話のったぁshine

Img0011

あしかがフラワーパークには、有名な500畳の大藤があります。500畳の藤が二つ繋がって、合計1000畳の広さに垂れ下がる藤の房。それはそれは圧巻。一つの房が長さ160cm以上にもなり、花の数は160~170個もあるとか・・・

P4280002
園長塚本こなみさん

Rimg0439

この大藤たち、以前は別の場所にありました。お花好きの大地主の方が一万坪のお庭に珍しいお花を集め、皆に開放していらしたそうです。大藤も250畳の大藤として愛されていたとか・・・でも、再開発の話になり、移転することになったとき、この大藤の移転を引き受ける人がいなかった・・・それは、移植できるといわれる藤の大きさを遥かに超えていたから・・・

それを引き受けたのが、この塚本園長。

2年かけて準備し、藤の木にギブスをはめ、時速30kmで移転したそうです。

この藤と出会い、私の人生は変わりました!と、おっしゃっていました。

Rimg05121

Rimg0511

0209peo_book2
こんな本見たことある人あるかしら? 葉祥明さんの絵、素敵ですね。

園長こなみさんの人柄に触れてみませんか?次のHPで紹介されています♪ぜひ、どうぞ。

エコピープルhttp://www.ecobeing.net/people/peo0209/peopl_0209_1.html

YOU TUBE動画 http://www.youtube.com/watch?v=furcLB7f9CU

心に残る人に出会えてはっぴぃ。

大藤以外にも、たくさんの藤があふれんばかりに咲いていました♪

明日はその写真を載せますね。

あしかがフラワーパークHPhttp://www.ashikaga.co.jp/

では

**********

| | コメント (0)

2009年5月 2日 (土)

4月 ボタ歩きの会報告(シンガポール植物園を歩こう)

09428_024_3

毎月恒例、こばちゃんからボタ歩きの会の報告が届きましたぁ♪

以下 こばちゃんからです~。毎度ありがとう♪(o ̄∇ ̄)/ もうこれが楽しみなのよ!きっと同じくそう思ってくれている人もいる筈~~懐かしいシンガポールの木々を一緒に見ましょう!!!ワクワクだぁぁぁぁーーー

4月のボタ歩き、今にも降り出しそうなあやしい雲行きの中、今月こそはECOエリアと思いながら、気になるのはフタバガキ。久しぶりの(2005年以来の)一斉開花で、今月もフタバガキめぐりになってしまいました。(一斉開花なのよねーーー、羨ましい・・・)

09428_001 シクンシ

始めは、コーナーハウスの裏で、サガの実をGETし、イロモドリノキとDrunken Sailor:シクンシを愛でました。お花の色が変わるのも訳がある。。。

(シクンシはドランクンセーラーともいいますね。詳細は前の記事http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_80e9.html ボタ本P197)

09428_004

シンフォニーレイクのわきでは、Shorea sumatrana と Hopea nutans の実が成長途中です。sumatranaの実は私も見るの初めてで、どんな実になるか楽しみです。

09428_0051

レインフォレストでは、ジェルトンが花盛り。落ちていた実と花の大きさを比べてみたら。。可憐な花からできる実はチョット想像できない大きさでしょう!まだ木に実が付いていました。

09428_007_2

ジェルトンの花と実

なが~い実の上にちょこんと置いてある白いちっちゃい花 

分かるかな?

09424_0271

(木に実がついてるなんて、私は見たことないよ~)

今日のハイライトShorea macroptera の実です。

09428_010

09428_0122

「フタバガキが一斉開花すると、樹冠が赤くなる」と聞いた事がありますが、このことでしょうか。落ちてる実を見ると感激です。

(なんなんじゃー!!!この実だらけ~~~の木は・・・ あーー見たい!!!ホント今年はシンガポールの木々は凄いことになってるぞ~何十年も住んでいるhitomiさんもこの間会ったとき言ってましたよ。こんな年初めてって!!!

皆さん、せっかく今シンガポールにいる皆さん、見逃しちゃ、絶対一生の損ですよ!!!)

09428_015

先月末にボタニックのあちこちのリュウノウジュDryobalanops aromatica 他いろいろ)が木全体が白くなるほど花をつけ、実が成長しています。こちらは、羽根が5枚とも長くなるタイプ。まるでお花のような実がかわいいですね。

(6月には行きたいと思ってるけど、豚インフルエンザが・・・sad

残念ですが、来月は一時帰国するのでボタ歩きの会はお休みします。6月こそは、ECOエリアに行こうと思います。ドリアンが生ってる所も見たいし。

次回は、6月23日(火曜日) 集合9:30 ビジターセンターという事で。

皆さんのお越しをお待ちしています。

記念写真は、記念植樹されたパララバーの木の前で取りました。

こば

ーーーーーーー

羨ましい~~~の一言。

でも、こうやって情報を教えてもらえて、少し行った気分になれました。ありがとう。

私が行くまで、フタバガキの実さーん、木に残っといておくれーーー!

5月のボタ歩きはお休みです。

6月に集まりましょう!私ももしかしたら・・・

では

************

| | コメント (3)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »