« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

浦島草 3@鎌倉祇園山

浦島草の続きです~!

あー、やっと書けます♪

やっと書けます!って、大変なことがあった訳ではなく、単に遊び過ぎてたんですがね・・・笑 いい匂いに誘われてふらふらしてるのは、キノコバエだけではないわ!私もまるで虫のごとく、春の匂いに誘われて歩き回ってます 楽しいいいい!

ーーーーーー

さて、浦島草 3です。

浦島草の雌株、雄株の見分け方は、

Rimg01201_2  Rimg0124

前の記事で述べたように、雄株の仏炎苞の基部には隙間があるということ。

匂いに誘われて中に入ったキノコバエちゃん、あれーー、壁を伝って上がろうとしても、すべってすべって出られません!きゃー、助けて~!出られないよ~~!!焦って、もがいて、助けて~~!雄しべの花粉を身体にいっぱいつけて、慌てていると、あれーーーっ、あそこに明るい陽の光が・・・あ~、助かった!出口だぁ!と、命からがら隙間から無事外界に脱出。

よかったね~~~

でもね、皆さん誘惑ってヤツに弱いのよね~。またまた同じように、いい匂いに誘われて、仏炎苞の中に入っていってしまう花粉をいっぱいにつけたキノコバエちゃん。実は雌株の基部には隙間はありません。探せど、探せど、ありません。かわいそうなキノコバエちゃんは、もだえれば、もだえるほど、雌花のめしべに花粉を届けるという任務をまっとうすることになります。そして、命尽きて死んでしまいます。

これが、雄株の仏炎苞の中

Rimg0129_2 雄花

つぶつぶ一つ一つが雄花。ここからは脱出可能。でも。。。。

Rimg01171 雌花・とうもろこしのような実が。。。

こちら雌株には脱出口はありません!何と巧妙な罠なんでしょうね。虫と植物と共存関係ってのが、あるじゃありませんか、たくさんの植物に!なのに、こやつはまんまと虫を騙すんですよね!

あんたさん、亀さんを助けた浦島さんの名前貰っちゃって、ちょっと調子良すぎじゃございません?なんて思うのは私だけかな?

鎌倉祇園山に登って、1週間後、鎌倉山付近の山を散策しましたが、そこにもかなりたくさん生えていました。

Rimg0312 Rimg0311

小憎いヤツなのに、いつ出会っても嬉しくなってしまうウラシマちゃんです。

小悪魔にはついつい惹かれちゃいますね。

では

***********

| | コメント (2)

2009年4月26日 (日)

ウワミズザクラ

Rimg0160

シンガポールでたくさんの植物と出会ったお陰で

日本に帰ってきてからも

まるで、違う世界に生きているようです。

桜。。。

今年は思う存分楽しめました。

でも、忘れもしないのが、このウワミズザクラ

Rimg0162

これも桜?桜の概念がドカーーーンとひっっくり返りました。

新緑の中に突然現れたウワミズザクラ。あまりに幻想的。新緑の黄緑と白のコントラストが今でも頭に焼きついています。ブログに載せたい!そう思いつついたら、halさんが・・・なんと!遠くて、撮れなかった花の拡大写真も、たくさん載せてくれているではないですか!

最高だわ~halさん。

モクレンに続き、やっぱり、以心伝心ではないですかぁ~。笑 

っていうか、花を求めて、歩き始めると出会うんですね。家に閉じこもらないで、「求めよ!さらば与えられん!」ですね。私も見ましたよ~、halさん!それも大木、めちゃくちゃ惹かれちゃいましたよ。。。笑

ウワズミザクラと、よく言い間違えるそうですが、ウワミズザクラです!

お間違えなく!

Rimg0157

詳しいことは、halさんのブログに飛んで下さいね。ここをクリック!http://singapore-photodiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-d2e6.html

私が出会ったのは、多摩丘陵・多摩武蔵境駅の近くの片所(ヘソ)谷戸で。

Rimg0161

あなたにもぜひ会って欲しいな。

心の中に

すーっと溶け込んできてくれる桜です。

では

**********

| | コメント (1)

2009年4月24日 (金)

山盛りしらす~ぶっかけご飯

Rimg03551

しらすがこんなに美味しいとは・・・

今日は、鎌倉ガイド協会主催の古都鎌倉史跡めぐりに行ってきました。鎌倉から江ノ電に乗り、極楽寺まで。そこからてくてくてくてく 緑薫る山歩き、お寺7箇所、大金持ちの別荘地帯の鎌倉山歩き、そして湘南の海。。。盛りだくさんの散策に大満足!

Rimg0318

いやはや鎌倉山の別荘地は目の保養!凄いわ== 最初一軒5000坪で売り出されたそうですよ。500じゃないのよ!5000!

シルバーガイドさんの言うことには・・・ですがね・・・

中でもちょっと惚れ込んだのが、このお家。

左に母屋があるのですが、右一体がそれはそれは広いお庭~~~なんと、その中にかわいいツリートップハウスが!!!

他人様のおうちは写真に撮っては失礼なので、一軒一軒、ほーー!ほーー!っとため息つきながら歩いたんだけど、このお庭はつい撮影してしまいました。お許しを!このツリートップの小屋からは海の広がりが見えるはず。素敵過ぎます~!そう思いません?ここはイギリスか??

ははは、今日はシラスだけ書くつもりが、つい大邸宅の話題に・・・笑

話ネタはめちゃくちゃたーくさんあれど、今日はしらすです!しらす!

腰越漁港でしらすをゲットしましたよ。

Rimg03481Rimg0349

大きなしらすがいっぱい入って500円。安い!

Rimg0357

向こうに見えるは江ノ島。

お天気がいい時には江ノ島の右に富士山が。

今夜は、もちろん山盛りしらすのぶっかけご飯。

あーーー、しらすってこんなに美味しいものだったのね。

臭いがまったくないの!

我が家全員ほっくり幸せ笑顔になりました。

みなさーん、食べに来て!

では

*********

| | コメント (2)

2009年4月23日 (木)

お知らせ 2つ

Img_1982

お知らせ 1 (シンガポールにて)

4月28日火曜日 4月のボタ歩きの会

集合:シンガポールボタニックガーデン・ビジターセンター

時間:午前9時半 (約2時間程度)

毎月第4火曜日にボタ本を持ってシンガポール植物園を歩く会(ボタ歩きの会)を行っております。

どなたでも参加OK お気軽にお出かけ下さい。

Rimg0080 Rimg0075

暑いので水持参、なるべくスニーカーなどの靴でご参加下さい。芝生内に入ると、蟻などが上がってくることがあります♪

シンガポールボタニックガーデン・ボランティアガイドのこばちゃんが案内してくれます!

ボタ本(シンガポール植物園・日本語ガイドブック)は、日本人会ショップで販売、ビジターセンター横のショップでも販売しています。

この会の詳しいことは、右側のカテゴリーのボタ歩きの会をクリックしてみてください

Photo_2

花粉の塊をつけてるハチさんです~

日本に帰っちゃったウリさんからもコメント貰ってますぅ ウリさんありがとう!

そろそろ4月のボタ歩きの会ですね!
3月になんとモンキーポットが落ちていたんです!
これは!!と思ったんですが中になんと蜂の巣が・・・
様子がわからなかったので拾うのは断念しました。
4月の植物園はどうなっているのかしら?
いけなくって残念ですが、皆さんのレポートを私も楽しみにしています。
まゆりさん写真来たらのせてくださいね♪
まだボタ会を楽しまれてない方、いかなきゃ損ですよ~~~

ーーーーーー

お知らせ 2 (日本にて)

Rimg0288_2 Rimg0289_2

シンガポール植物園ガイド仲間のHitomiさんが仲間の人たちとジャワ更紗の展覧会を開催中です。

クンプルジャワ更紗研究会の方達が実際に足を運んでコツコツと集めた貴重な更紗ばかり。今ではインドネシアでも、職人さん達も減り、アンティークものの数は少なくなっているのでしょうね。日本でこんなに素晴らしいバティックが見られるのは珍しいと思います♪

ぜひ、時間のある方はお出かけ下さい。

三鷹芸術文化センターで、26日(日曜日)までです。

会場のHP 
http://mitaka.jpn.org/geibun/

説明も聞けますよ!

では

********

| | コメント (4)

2009年4月22日 (水)

浦島草 2@鎌倉祇園山 

Rimg00424

学名:Arisaema urashima サトイモ科テンナンショウ属
一般名:ウラシマソウ 浦島草

4~5月に咲く多年草。林縁に咲く。

ーーーーーー

マムシの鎌首のように見えるマムシグサってご存知ですか?私はまだ見たことないけど、変わったヤツは好みなので、見て見たい!!ウラシマソウはその仲間。確かに見方によると、ウラシマソウもコブラが鎌首を上げているようにも見えますよね。itaさんなんて、見た途端、グロテスクーーー!!!でしたもの。

その鎌首のように見えるのは、花序を包む葉が変化したもので、仏炎苞 その内側にある太い花軸(肉穂花序)にたくさんついている一つ一つが花。サトイモ科の多くの植物の特徴ですね。

Rimg0484 アンスリウム属

白いのが仏炎苞。ピンクの花軸にくっついているちっちゃいツブツブが一つの花。

ウラシマソウとはちょっとお品が違うような・・・

だって、ウラシマソウはアウトサイダー、超超個性的なヤツですから。。。

ーーーーーーー

性転換するウラシマソウ。

男から女へ?それとも女から男へ?

どう思います?

子種を作り出すだけの雄♂と子どもを作り出す雌♀とでは、どちらが体力いると思います?

それは断然雌♀ですよね。

人間でも然りですよね。子どもを産むのは大変!

だから、ウラシマソウは株が小さい時は、雄株♂ そして、身体が大きくなってきたら雌株♀へと変身~~「私、身体が充実してきたから、そろそろ女になっていいかしら~?? そんなことを自問自答するかは・・・はっはっ 知らないけれど・・・性の常識なんてなんのその、見事に性転換しちゃうウラシマソウなんですよ。

Rimg0116

では、これは雄花?雌花? 実はこれは雌花。

それはここで分かるの。

Rimg01201 Rimg0124

右と左、よーく見ると仏炎苞の下の方、右のは、巻いている一番下にちょっと隙間があるでしょ?!そこがキーポンイント

右のが雄株です。

さてさて、ウラシマソウ、虫を寄せ付ける綺麗な色がありません。その代わり、い~い匂い放つのです。あら、なんて良い匂いなの~~♪匂いに誘われ、キノコバエちゃんはお気楽に中のほうへ。。。筒状の中に入ったキノコバエちゃん、中に入っても蜜はなし、なんだここ、何にもないじゃん、おら外に出るぞー!その時ハエちゃん気がついた!壁が滑って上がれないーーー「キャー!

誰か助けて~~!!

to be continued

dewa

********

 

| | コメント (1)

2009年4月20日 (月)

ジュウニヒトエ・十二単

Rimg01861

学名:Ajuga nipponensis シソ科キランソウ属
和名:ジュウニヒトエ 十二単


東京都町田市小山内裏公園にて

これはジュウニヒトエですね!講師の先生(八王子長池公園自然館・副館長 内野秀重氏)の声に、身を乗り出してしまった・・・私弱いんです!こういう名前に!カルチャーセンター主催の「都市と里山 自然たんけん」っていうプログラムに参加してきました♪

今回は、「桜を尋ねて、町田・尾根緑道ウォーキング」

ひゃー、楽しかった!2万歩近く歩いたぞ~~!

ひゃー、内野先生、凄かった~~!

下から何重にも咲く花の様子を十二単に例えて名付けられたんですって。優美な名前を貰っていいな♪楚々としたイメージの花でした。

シソ科の多年草で、本州と四国に分布する日本固有種です。

あー、幸せな日でした。

今日は、ウラシマソウ第二弾を書こうと思ったのに、ダメでしたぁ。

明日かくことにして寝ましょう。。。

では

********

| | コメント (2)

2009年4月19日 (日)

浦島草@鎌倉祇園山

浦島草の写真が撮りたい~~!!でも、一人じゃ、ちょっと山は怖い~。。。鎌倉祇園山ハイキングコースなんて、めちゃ低い里山なんですがね。。。おばさんのクセにこういう時だけは防御体制に入ったりして~!(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

そこに優しい友達出現!日蓮上人好きのitaさん!

「日蓮様の妙本寺案内したから、今度はちょっとあの上まで付き合って~~!!すぐそこの八雲神社の裏なのよーー。浦島草に会いたいの!!!」

「浦島草って面白いの!性転換する花よ!」

その一言に、にんま~りしたitaさん。エッサエッサと久しぶりの急な山道に付き合ってくれたのでしたぁ♪

Rimg0144

八重桜が綺麗な八雲神社

Rimg0142 Rimg0140

ご神木のくすのきの葉は今衣替え。先の方の赤ちゃんの葉は赤みがかって綺麗です。赤ちゃんの葉は、か弱いのでアントシアニンが含まれてるの。UV効果というわけ~~なんて、シンガポールでよく言っていたけれど、くすのきも同じなのね。

さあ、目指すはオカマちゃんになる花~♪

お堂の右横からハイキングコースに入ります。が、最初からちょっとキツイ坂なの~~

るんるんの私ではございますが、後ろのitaさんは・・・・・・なんか、ヒーフー叫んでおります!わたしゃ知らんぞーー 脚鍛えなきゃボケるよ~~と、無理やり納得させたりして~~ははは。。。

そんな私にも久しぶりに汗が・・・

おおー、汗って、なんて懐かしいの!(シンガポールじゃ、毎日汗だった・・・)

少し歩くと、道の両側にこんな葉っぱが・・・そうこの特徴ある葉が浦島草の葉。ここでは、たくさん見られます。根元を掻き分けて見てみると花が・・・

Rimg0137 Rimg0049

ここにもあるわ!やっとitaさんの顔に笑顔が・・・ ありがとね、itaさん、わたしにゃ、あなたが日蓮様に見えまする・・・

Rimg01381

そのお花のお姿は・・・

Rimg00424

シンガポールでよく見たうつぼかずらに形は似てるけど、これは食虫植物ではないの。何故浦島草というかは、真ん中から突き出ている肉穂花序の先が伸びている付属体という長いヒゲ(?)が、まるで釣り糸みたいだから。浦島太郎が釣りをしてるって言う訳。うまく言い得てるでしょ?!面白いでしょ?!

Rimg00441_2 Rimg00451

↑真ん中から出ているのが付属体     ↑その先はずっと伸びて、伸ばしてみるとながいでしょ。。。伸ばして遊んでみた。。。

何故このヒゲが伸びているのかわからないけど、ここを伝って、もしかしたら甲虫とかが登ってくるのかな?実際には、浦島草はキノコバエが受粉してくれるので、このことについては???です。。。

実際はちょっとグロテスクな形の浦島草。

愛らしい名前のお陰で、皆に親しまれて良かったねー。

性転換については、明日また~~

お楽しみにーー!!

では

*******

 

| | コメント (2)

2009年4月18日 (土)

生徒作品発表 16

きのこちゃん作品

もりのきのこちゃん。かわいい名前でしょ?!

さだまさしの熱狂的ファン(゚▽゚*)

3児の母は子育て大奮闘中!

それでも、博物館ガイドそしてスケッチ、そしてカメラ

多趣味に動いてたパワフルママ

そんなきのこちゃんも帰国。

子育ては色々あるけど。。。

ケセラセラ~で、こなしてくださいね~~~。

ケセラセラー♪なるようになるさ~~♪

そう簡単にはいかないですよね。

でもなるようにしかならないみたいです。。。

自分の時間も大事にしてあなたの個性を

スケッチでも何でもいいからどんどん表現してくださいね。

きのこ、笑顔で頑張れ!

Gingergardensketch

きのこちゃんのHPです。皆さま是非どうぞ!彼女の写真いいですよ。
AtelierKinocotton
http://www2.odn.ne.jp/kinoco/index.html

230220081

どこでも、「時」と「場所」と「雰囲気」とそして、その時の「心」が切り取れる絵を描けるようになりたい。
彼女のHPにこの絵とともに描かれている言葉です。子どものバスケの練習中に描かれた絵かな?彼女の言葉通りのスケッチになってますね。GOOD!!

Sketchartmuseum

Thankyou_edited1

| | コメント (2)

2009年4月16日 (木)

ハナカイドウ@妙本寺

Rimg0006

「四季の鎌倉散策」で妙本寺に行ってきました。日蓮上人ゆかりの敷地の奥深いお寺。鬱蒼とした高木の新緑に癒されながら奥の本堂へ。

ソメイヨシノがほぼ散ってしまった4月11日、この妙本寺で見られる花木の楽しみの一つはハナカイドウ。本堂脇に植えられた2本のハナカイドウは、今や盛りと咲き誇り、匂わんばかりの麗しさ。まさに絶好のハナカイドウに出会えました♪

やったーーー!

Rimg00081

Rimg00121

学名:Malus halliana バラ科 りんご属
一般名:ハナカイドウ(花海棠)
原産地:中国

遠めには桜??!!どう違うの??うーん、よく見ると花が吊り下がっている花柄が長いかな。。。確かにー、葉っぱは全然違うわ!りんごの仲間。落葉低木。庭木によく使われる。。。あー、少したって気がつきました。もっと小さいサイズの木をよく見てるわ・・・あーあれね。やっと納得した私なのでした。こんな大きなサイズの見事なハナカイドウを見たのは初めて。これはまるで桜だわ~

来年は鎌倉花海棠巡りをしよっと!

何故に来年?それがね、両親にこの綺麗なのを見せたくて、4日後に行って見たら、残念 ほとんど散っていました。

Rimg0070

それでも、花のアップの写真がないので、残りの花の中からやっと撮ったのが、下の写真♪まだどうにか花の様子が。ギリギリOK!でしょ?!

Rimg0071

花弁は5枚から10枚。赤い実ができるそうです。見るのが楽しみ!

このお寺にはデッカイデッカイ日蓮上人の像があるのです。あれ誰?って言ったら、母が日蓮上人みたいよ~~。へーー、なんて何気なく話していた昨日のこと。日蓮宗ってあの太鼓ドンドンでしょ?ぐらいの認識しかない私。

それなのに、不思議ーー。ひょんなことから、今日、突然友達とまたまたこの妙本寺に来る羽目に。。。その友達、日蓮上人崇拝者だったの~~あれ、昨日日蓮上人の像見たよ。って言ったら、行って見る~~なんて事に。近所でお茶する?が、あれまー、またまた来ちゃった妙本寺。

日蓮上人って先祖を大事にしなさい。親孝行しなさい。って、説いて廻ったんですって。それが全ての基本ですよと。。。

ほほほほほ、私、いい場所に両親連れてったかも。

ぼけてしまった父もここは綺麗な空気だ!と喜んでました。

ホーーーホケキョ。

3年ぶりの鶯の鳴き声がまだ頭の中で木霊しています。

では

**********

| | コメント (10)

2009年4月12日 (日)

昨日は・・・and アンジェラ・アキ さくら色

昨日は、読売文化センター主催の「四季の鎌倉散策」に参加してきました。

ネーチャーガイドの吉田夏生先生にたくさん花や木を教えて頂きました。久しぶりの散策はもうもう、そりゃーハッピーでハッピーで!シンガポール生活が甦ったような (ほほほ、大泣き~~!)
これから少しずつ日本の自然を楽しみます!浦島草がたくさん見れました。その様子は又~~~

Rimg00421 浦島草

今日は、日曜日。ワシントンの桜繋がりで、この歌でものーんびりお聞き下さい。

ポトマック河畔の桜を思い出しながら出来た歌、アンジェラ・アキ さくら色です。

http://www.youtube.com/watch?v=lbG4vysmWmk

http://www.youtube.com/watch?v=3bxbZXJAN-U&NR=1合唱バージョン

では

*********

| | コメント (2)

2009年4月10日 (金)

ワシントン・ポトマック河畔の桜並木

Rimg0110_2

今年は桜が開花してから、毎日毎日めちゃくちゃ晴天でむしろ暑い~!お陰さまで、桜を堪能しています。これからもまだまだ八重桜へと続く桜を楽しめる♪ホント、不況で暗いニュースばかりだったから、日本中が桜に救われています

この間のソメイヨシノの記事でchokoさんからコメントを頂きました。ありがとう~~!

寿命60年というのは知ってるけど毎年春に取り上げられるポトマック河畔の桜並木。あれは明らかに寿命超えてるけど植え替えられてるのかしら?
1912年に2000本(これは正確には3000本)の木が植えられたそうです。

ワシントンのポトマック河畔の桜並木は有名ですね。それにまつわる話も。。。実際は植え替えられているのか?・・・種類はソメイヨシノなのか?・・・

chokoさ~~ん、調べましたよ~!

確かに、植え替えられていて、今のは2世、3世らしいです。でも古株で堂々と生き残っている株もあるみたい。アメリカの人達も、桜祭りを毎年盛大に行い、植樹もして見事な景観を維持しています。日米親善の架け橋となった桜達、ポトマック河畔に立つと、その為に、丹精こめて桜を育て送った人々の心意気がきっと伝わってくることでしょうね。

・何故、桜がワシントンに送られたのか?

・どこで、誰が育てた桜が送られたのか?

・お返しにアメリカが日本にプレゼントした樹木は?

それはこの木。クリックしてね。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_ebb3.html

1head1
1head6 Peakbloom_2

このアメリカと日本の友情を深めた桜の物語はとても有名です。

大まかには、東京市長(そう市長です!明治の話)の尾崎行雄氏が1909年2000本の桜を日本郵船の「加賀丸」で送りました。が、残念ながら、これらの苗は病気にかかっていると判明。すべてアメリカの国に入る前に港で焼却処分となりました。その後、病気に強い種の桜が作られ、1912年2月14日、横浜港より桜苗木6,040本を積んだ「阿波丸」が出航。 苗木の半数はワシントンのポトマック河畔植樹用に、そして残りの 半数はニューヨークハドソン河開発300年記念式におくられたそうです。

chokoさんのコメントにと答えようと、色々ネットで調べましたが、うーん、どうも皆適当にさらっと書いてあって、詳しいことが分かりません。ところが、ところがこのHPに出会いました。ひゃー素晴らしい!全てが載ってます。とても詳しく載っています。すごい資料で感心しました。とても勉強になるサイトです。ぜひクリックして暫し、思いを明治時代に馳せてみませんか?

米国ワシントンDC桜物語
http://aranishi.hobby-web.net/3web_ara/sakura.htm#chapter3

小学生5,6年生の副読本にもなっているんですね。ほー、それは読まなくちゃーですね。それはこちらです。http://aranishi.hobby-web.net/3web_ara/wcherry.pdf

もう一つ、このページは英語ですが、最初に贈られた桜の木が燃やされている写真や尾崎行雄氏の写真など興味深いものが見れます~~!!面白いですよ♪

http://www.nps.gov/cherry/cherry-blossom-history.htm

今現在、ポトマック河畔に植えられている桜の種類は、ソメイヨシノだけじゃないですね。確かな情報は、ここにありました。

現在植えられているワシントンポトマック河畔周辺の桜の種類と本数が載っていました。http://www.nps.gov/cherry/cherry-blossom-total.htm より引用。

Count
本数
Common Name
 桜種類
Botanical Name
学 名
2763 Yoshino Cherry(ソメイヨシノ) Prunus x yedoensis
481 Kwanzan Cherry Prunus serrulata 'Kwanzan'
112 Akebono Cherry Prunus x yedoensis 'Akebono'
190 Takesimensis Cherry Prunus takesimensis
50 Usuzumi Cherry Prunus spachiana f. ascendens
94 Weeping Japanese Cherry Prunus subhirtella var. pendula
21 Sargent Cherry Prunus sargentii
21 Autumn Flowering Cherry Prunus subhirtella var. autumnalis
14 Fugenzo Cherry Prunus serrulata 'Fugenzo'
2 Afterglow Cherry Prunus x yedoensis 'Afterglow'
1 Shirofugen Cherry Prunus serrulata 'Shirofugen'
1 Okame Cherry Prunus x "Okame"

3750 Total

では

*****

| | コメント (2)

2009年4月 8日 (水)

祝シンガポールボタニックガーデン 150周年

Bannerlogo2

シンガポールボタニックガーデン(Singapore Botanic Garden)は、今年でなんと150歳!150周年を迎えています。

Kew_250th_logo_4col_200pix_3   

そして、親分さんであるイギリスのキューガーデン(Kew Garden)は、これまた、なんと250周年を迎えています。

******

0943_065_3 0943_064_3  

4月3日に、シンガポールボタニックガーデン(シンガポール植物園)で150周年の記念式典とキューガーデンの250周年記念式典が衛星回線を使って両国同時に行われたそうです。(こばちゃん情報です!ありがとー

わー、私も参加したかったぁ♪ボランティアガイドの人たちにも記念のTシャツが配られたそうです。うわぉ!

記念植樹された木は、

イギリスでは、ヤシ(種類は???) 
シンガポールでは、パララバーツリー(ゴムの木) 

このところ、パララバーツリーがどんどん切られてたから、よかったぁ。パララバーツリーといえば、

0943_068_3

こちらリドレーさん(気違いリドレーと言われながらも、ゴムプランテーションを広めるのに努力した初代園長さんです。)後ろの方は。。。この日、シンガを発った○○さん。一緒にボタ本を作った仲間。。。待ってます~~!!日本は寂しいよ。パララバーツリーについてはボタ本P174に詳しく紹介されてます。

0943_0721 0943_073

↑記念に発売された本 めちゃ興味ありです~♪

シンガポールボタニックガーデン 今では市民の憩いの場。毎日たくさんの人が憩いを求めて訪れます。もちろん植物愛好家にとっては由緒ある魅力的な植物園です。

・シンガポール植物園では、日本人ボランティアガイドが、毎月第一土曜日 10時から 又、奇数月第二水曜日 同じく10時から 約一時間半程度レインフォレストを中心にガイドを行っております。ビジターセンター集合です。予約の必要はありませんので、ご家族で気楽にご参加下さい。

・また、ボタ歩きの会(ボタ本を持って、シンガポール植物園を歩く会)を毎月第四火曜日 10時からビジターセンター集合で行っております。これは、私が個人的にやっていたもの。今は友達のこばちゃんが引き継いでくれました。
こちらに興味ある方は右側カテゴリーのボタ歩きの会をクリックして頂けると何となくお分かりいただけると思います。笑 ちょっとでも植物に興味ある方なら、これに参加して、るんるんのシンガ生活に===ホントにそうなった人いるのよ~~笑 

では

*********

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

ソメイヨシノ

Rimg0037

あー、うっとり。

ソメイヨシノが満開です。ふらふらと近所を歩いてきましたぁ

ソメイヨシノは、園芸種だということ。昨日の記事で書きましたが、皆さん、ソメイヨシノについてどのぐらいご存知ですか?

では、質問出しますよ~~!笑 あなたは何問正解できるかな?

○か×で答えて~!

1.ソメイヨシノは野生種である。(これはわからんにゃいかんぞ!)

2.ソメイヨシノは、ほって置くと種から自然に増える。

3.ソメイヨシノは、枯れ木に花のように葉の出る前に咲く。

4.ソメイヨシノは大木になる

5.桜前線発表に使われる

6.寿命60年ぐらい


Rimg0055

実は、ソメイヨシノはクローン植物なんです。なんて、偉そうに。。。ほほ、私も学んだばっかりなんですが・・・ソメイヨシノは自然に増えることは出来ません。最初は1本だったソメイヨシノ。人の手を介して日本全国に無数に増えた桜なんですよ。サイズとしてちょうどよいので街路樹に好まれてるのかな?人が植えないとなくなっちゃうんですね。人と共存して増えている樹木なんですね。そうなんだぁ~、ソメイヨシノを見る目が全然変わった私なのでした。

やあー、日本人として恥ずかしい。。。やっと、学びました。

答え 1.× 2.× 3.○ 4.× 5.○ 6.○

下記のHPがソメイヨシノについて、とても分かりやすく書かれていました。上の質問の答えはここに全部書いてあります。ぜひクリックして読んでみて下さい。http://hccweb5.bai.ne.jp/nishicerasus/gimon10/treedrgokai2.html

Rimg0022

少しは、シンガポールの皆さんの心に桜が届いたかな?

私も遠くにまでは行けないけれど、今年は桜を満喫しよう!

実は、明日から娘がアメリカにチアーダンスの大会に行くのに、衣装を直して~~~なんて言ってます!!!今夜は徹夜だよ、きっと!とほほほほ~~~ だから、ソメイヨシノの質問もなんか適当になっちゃいました。うえーーん、急がなくちゃーー

では

*********

| | コメント (1)

2009年4月 4日 (土)

オオシマザクラ

Rimg3622

学名:Prunus speciosa(シノニムPrunus lannesiana var. speciosa) 
     バラ科サクラ属
一般名:オオシマザクラ大島桜、タキギザクラ
原産地:伊豆大島はじめ伊豆諸島

桜といえば、まずはやっぱりソメイヨシノですよね?!

さて、ソメイヨシノは野生種、それとも園芸種?

ソメイヨシノの起源については色々な見解があるみたいなんですけど、最近、遺伝子解析による研究の結果、ソメイヨシノの起源はエドヒガンザクラ系品種(母種)オオシマザクラ(父種)の交配によって、生まれたものであるということがわかったらしいです。江戸時代に染井村(現在の駒込)で作られた園芸種なんですって。

おー、そうなんだぁ!お父さんが、オオシマザクラ?? 

おおー、オオシマザクラといえば見ましたよ!大船フラワーセンターで!

Rimg3621

畑の奥に咲いていたので、遠くからしか写真が撮れなかったけれど、花びらが大きくて華やかな桜でしたぁ!老木から枝が出て、命を吹き返してます。

花は白であでやか~~。このあでやかな大きめの白花がソメイヨシノに遺伝してるのですね~♪ 枝先に3~4個かたまって花が咲きます。

オオシマザクラは、高さは15mに達する落葉高木。

一番分かりやすいのは、桜餅の葉っぱ。あらまーーー、そうだったのね。。。私なんて、オオシマザクラ=桜餅の葉っぱで、ストンと頭に入りましたぁ♪葉っぱは香りがいいので、塩漬けにして桜餅の葉に使われます。花もいい匂いらしい・・・ 匂ってみたいな!江戸時代には薪(たきぎ)に使われていた記録があります。その為植栽されたので、伊豆半島や房総半島でも多く見られ、タキギザクラとも言われます。

伊豆大島には、サクラ株という特別天然記念物に指定されている樹齢800年の大木があるんですが、主幹は古くなってしまって枯れてしまってはいるものの、新しい若木がたくさん幹から出ているそうです。

現在日本に多くの種類のサクラがありますが、このオオシマザクラがなかったら、こんなにも多くの種類はないだろうと言われるほど、このサクラから多くの子どもの桜が生まれてるんですよ~~。苗は他の桜の接木に使われます。

だから・・・

オオシマザクラは桜のおかあさん!!!

では

********

| | コメント (0)

2009年4月 3日 (金)

さくら

Rimg3625_2 Rimg3623

この桜は何桜かな?

小さな若木に咲いていたのが、かわいくて・・・(大船フラワーセンタ・2009.03.28)

まさに、春爛漫。

ソメイヨシノ満開はあと数日かな。。。

3年ぶりの桜ですぞ!楽しみますぞ!

桜~、桜~~~、桜だよ~~~~♪

おい、あまり浮かれるな~~って!笑

だって、だって、さぶかったのよ~~。。。ははは。

Rimg0013

とってもローカルな写真です。でも、こんな様子が一番ホットかもと思って・・・ 我が家のそばの小さな公園です。3日前ぐらいから若いお母さん達がお花見してます♪おーい!まだ1分咲きにもならないよーー!って頃から。。。今、3分咲きぐらいかな・・・

シンガの皆さん、懐かしいでしょ!

シンガポールで植物にたくさん出会ったお陰で、日本でも木を見る目がちょっと変わりました。日本の木のことは、全然分からないし、実は桜のこともあまり知りません。少しずつ勉強しよう。。。

熱帯植物共々、お付き合いくださいね。

日本人ですものね。桜ぐらいは知らなくちゃね。

では

**********

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

ひすいかずら@大船フラワーセンター

Rimg34641

ポピー  薄紙のような花びらが大好き。。。ポピーって、和名では「ひなげし」

ヒナゲシといえば、アグネスチャンの「ひなげしの花」ですよね。

丘の上ひなげしの花で~♪

占うのあの人の心~♪

今日もひとり来る 来ない・・・♪

♪♪♪。。。。。

ちょっと歌いそうになっったけど、

ヤメヤメヤメーーーー

ははは、あまりに似合わない!!!

食い気の話題で行けば~

アンパンの上に乗っている実が、ケシの実ですよねーー。

さあ、いよいよ、温室の中へ~~

むむ、この嫌~な空気。。。まるで銭湯みたいだね、おかあさん!そばで子どもが言ってました。この温室、設備がいまいち??カメラも曇りまくりで・・・

この間行った板橋の環境熱帯館は、説明板もたくさんあったし、来場者にとても親切な施設だったのに対して、ここはちょっと・・・・・ごめんなさい・・・・・もうちょっと工夫が欲しいですね。全体的に植物も元気がないような。。。もしかしたら、植物を管理している人が熱帯植物を知らない・・・現地を知らない・・・そんな感じがしました。

Rimg3480
ヒスイカズラ

もう少し、館内に説明がないと見てる側は、さっぱり分かりません。なんだか商品を並べてればいいって感じ?でも、そんな中、ヒスイカズラは目玉商品になるので、大事にされてるような。。。そんな印象も。。。管理している人と見に来る人との繋がりを見出して欲しいですね。それにもっと見る人に情報を伝えて欲しいですね。熱帯植物は特に、日本人には縁の薄い世界ですから・・・珍しい植物をただただ並べる。そういうのからもうちょっとジャンプして、発想を広げて欲しいですね。

もう少し、コンセプトのある施設にして欲しいな、せっかくだから。

と、一応意見を伝えて、

私はヒスイカズラに会えて、う~~ん幸せ・・・。にこにこ。

そこへ、おばさんの集団がやってきました。

「これよこれよ!いつも新聞に載ってるやつ。初めて見るときはびっくりしたわよね~!」

「これどこの植物?」

「フィリピン?」

「どうせ、口からでまかせでしょ?!」

「ははは、そうそう~~!」

なんて、ざわざわ話してます。

その時、私は、ついつい気軽に言ってしまった・・・「そうなんですよ、フィリピンのルソン島が原産地なんですよ。」

は==== まずかった~~~(涙!)

そこに流れたしらけた空気。。。。。と、冷たい目。。。。。

あれれれれ。。。

気まずい空気。

「へー、そうなんですかー?!」とか何とか言ってくれればいいのに~

盛り上がってくれる人達ではなかった・・・・

私がKY? 

「わあー、そうなんですか?何とも言えない色ですよねー。」とかなんとかで、意気投合できる人達もいますよね~~~~

おばさん同士!なんて気楽に思ったのが、間違い。日本では特にこういうことが多いかも。。。無反応なんて、お気楽なまゆりさんには分からん別人種どもだった!!!

Rimg3479

湯気がたちこめてるので写真が・・・私のカメラはちょっと対応できないの・・・

Rimg3482_2

ここのはシンガポール植物園のヒスイカズラより、緑色が強かったです。

シンガポールで、初めて見たときは、しばし離れられなかった!

ヒスイカズラについては、前の記事を見てください。シンガポールボタニックガーデンのヒスイカズラが楽しめます。ぜひぜひ!めちゃ神秘なお姿ですから・・・

ヒスイカズラ・JADEVINE http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/jadevine_fd84.html

ヒスイカズラが咲いてますhttp://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_f6f6.html

ーーーーーーーー

世の中自分以外は皆宇宙人。

かなり昔、心理学の教室でカウンセラーの先生が、この言葉だけ覚えておけばいいのよ!と、言ってらした言葉を思い出したぁ!笑

ごもっとも====

では

***********

| | コメント (5)

2009年4月 1日 (水)

大船フラワーセンターへ

ぽかぽか陽気だったので、一人思い立って、大船フラワーセンターに行ってきました。近くに住んでるのに、初めて。

今日はヒスイカズラに会いたいから・・・

大船駅で降りて、歩くこと16分。

やっと着いたぁ。

ーーーーーーー

(と、これは先週の出来事。ハプニングが色々あって、すぐに書けませんでしたぁ。)

何が一番かって・・・父がそごうでいなくなったこと・・・これには参ったぁ~。母の傍を歩いていて、気がついたらいなくなってたらしい。母からの電話で、すっ飛んでいきましたが・・・自分の身分証明は、名前しか言えないのに、suicaのカードと家の鍵しか持っていないですって??!!お金も何にももっていない・・・はーー、、、、 警備員さん、交番のおまわりさん、総動員でもそごう周辺には見つからず、4時間以上所在不明。結果は、suicaで地元駅まで無事戻ったらしく、駅員さんに保護されて、地元の交番のおまわりさんが近くの老人がよく行く病院で、名前から住所がわかり(たまたま父も行ったことがあったのでカルテがあったの)、家で一緒に待っていてくれたのです。もう夜遅くて、違う電車に乗っていたらと思うと、ゾッとします~~。 父によく電車間違えなかったね・・・と、聞くと「勘でねー」と言ってましたが・・・神奈川県全域に所在不明の老人の情報を発令する間際のことでした。 ほー、無事でいてくれて良かったー。

言葉が出てこない、頭がポーになってしまった。お父さんは狂ってるか?と、自分で言うのを聞くと、辛いな。 仕方ないけどね。。。

ほんの近くでも一緒に住んでないと、何が起きるか分からない・・・ でも、一緒に住む事は今まだしないほうがいいし・・・ これからそうせざる終えないときも来るでしょうし・・・ しょぼんとしていた母も父も次の日にはもう忘れたかのよう・・・ あー、抱え込みすぎないよう、自分のコントロールうまくやらなくちゃ。。。

あー、ここに書いたので、少しすっきりしました♪ 出かける時はこれをもって出てね。これを着てね。と言っててもそのとおりにはならない両親にちょっと疲れが・・・弱音はいちゃいました!ごめんなさい。まだまだうちなんていい方ですよね。

これから、ホント日本は大変になると思います。

さて、もう一つは、週末は娘のチアーダンスの大会でした。

玉川大学JULIAS 大学部門2位でしたぁ♪ 娘の演技を見るのはとっても緊張するけど、いい刺激をもらえます♪娘よ、ありがとう!

ーーーーーーー

さあさあ、話は戻って、ここは大船フラワーセンター

Rimg3626

県立フラワーセンター大船植物園http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/05/1666/index.htm

入ってすぐ目の前に、うふふ、モクレンが・・・(またモクレンかい?笑)

やっぱり今はモクレンが一番。光輝いてますもの~。

Rimg34271

これはニシキモクレン?

花びらの中側は白だから二色で・・・きっと。

Rimg3439

モクレンの実の写真撮って来ました。

Rimg34351

下のほうが膨らんで・・・

Rimg3436

こんな実になっていくんですね。

Rimg34311

こっちは葉の出るところ

Rimg3433 Rimg3428

芝生の上では、若いお母さん達がのんびりしてました~

Rimg3442 

お目当ての温室は、あそこですな!いざいかん!

明日に続く♪

では

**********

| | コメント (6)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »