« 鳳凰木満開@フォートカニングパーク | トップページ | ブルーマウンテンズと土ボタルツアー 最終編 »

2009年2月 2日 (月)

ブルーマウンテンズと土ボタルツアー その8@土ボタル

さあ、いよいよ土ボタル編。

土ボタルって何か知ってます?

えっ? 蛍じゃないの?

そうなんです。蛍じゃないんです。

へぇ~~??!!

その正体は後ほどね・・・意外にぎょっとする正体なんですよ!

土ボタルは森の奥の洞窟の中で見られます。だから、車は途中でストップ。片道約30分ほど山の中をルンルンの散策です。やっぱり歩かなくちゃ、その土地と同化できませんもの。。。片道30分、ちょうどいい感じですね。世界遺産の自然を楽しめ、かつ、蛍の光まで楽しめる・・・大いに期待してました!!!

この土ボタルは、宮崎駿さんの天空の城ラピュタに登場する飛行石のモデルになったそうですよ。へーー。。。

Rimg0139

GLOW WORM TUNNEL 目指すはここです。グローワームトンネル

どんな道を歩いたか・・・それはこんなとこ

Rimg0161

ツリーファーンですよ!木性シダ!

あっちにもこっちにもいっぱい生えてます。シンガポールでは、ブキティマ自然保護区を案内するときにへゴを採るシダです!なんて、ご紹介してました。ヘゴを採りすぎて、世界でも少なくなってしまってるんですよ!なんてよく言ってたけど、ここにはまだまだありました!ホッとする瞬間ですね。高さ2m以上の堂々としたのがたくさん生えてました。ほっ、ほっ、ほーー笑

Rimg0155 Rimg0146

↑この道は昔囚人たちが作ったそうです。 ↑バンクシア

Rimg01431 Rimg0145  

道の両側はバンクシアもたくさん。。。たわしの実がかわいい。。。

Rimg0153 Rimg0151

名前が何と!エッグズ アンド ベーコン(Eggs and Bacon) まあ、何となく理解できる

Rimg0158 こちらはフィッシュボーン ファーン

魚の骨のシダ!!! フムフム 皆、納得。。。

ーーーーー

さあ、トンネル前に到着。(写真撮るの忘れてました!)

おのおの懐中電灯を渡され、暗い中を歩き始めます。トンネルの中は細い川も流れてるので足元を注意しながら~~

さて、土ボタルは、蛍ではなく、英語では、GLOW WORM。本当の正体はテングバエ。蝿の幼虫だから蛆虫!光るウジ虫な訳・・・土蛍とはいい名前を誰が命名したんでしょう?!ウジ虫と言ってしまったら、誰も来ませんものね!とは、黒沢さん。笑 

Sany0011

この穴の中にいるのが、その光る正体のウジ虫ちゃん。このウジ虫ちゃんは、自らの体を光らせて、空気中の微生物を呼び集め、細長い粘着性のある糸をたくさん垂らして、その微生物を捕獲するんですって!へぇ~~~でしょ?!

入ってすぐは目が暗闇に慣れないので、あんまり見えません。が、、、数分歩いているうちに瞳孔が開いて、見えるようになるんです!その様子はめちゃくちゃ綺麗!ラッキーにもかなりのウジ虫ちゃんがいてくれて、なんて綺麗なの~~ 他にお客さんもいなく、幻想的な光景を静かに堪能することができましたぁ。騒がしいと、光らなくなるそうです。蛍というより、満天の星の世界。小さな小川に映る光も合わさって、神秘的な宇宙空間にでもいるようでした。

もちろん写真は無しです。写真なんて台無しでしょ!これは、イクっきゃないです!笑 ゴールドコーストでも見られるみたいですね。

Sany00151 記念撮影

トンネルの雰囲気が分かるかな?

では

********

|

« 鳳凰木満開@フォートカニングパーク | トップページ | ブルーマウンテンズと土ボタルツアー 最終編 »

コメント

まゆりさん
 幻想的に光る「土蛍」を見れて、よかったですね。動植物のどちらも大好き人間には、洞窟までの道中の植物が実に面白いですよね。私も、途中で植物の写真を撮っては、小走りにガイドの方について行くという連続でした。

 この「土蛍(別名・ヒカリキノコバエの幼虫)」の光は時期を問わず見れますが、ブラジルの大草原地帯セラードのアリ塚に潜む「ヒカリコメツキムシの幼虫」は、毎年雨季の始まる10月頃に幻想的に光ることで有名です。夜になると延々と広がる大草原に無数に立つアリ塚全体が光を放つ神秘的な光景は素晴らしいそうです。

投稿: Midori | 2009年2月 3日 (火) 07時28分

まゆりさん、こんにちは。いつもHP拝見させていただいています。今日、まゆりさんおすすめの鳳凰木を、フォートカニングにお散歩がてら、見てきました。ここしばらくシンガポールは比較的涼しく、湿度も低めで快適です。鳳凰木の咲き誇る赤い炎のような花々。すごいエネルギーを分けてもらった気がします。今までは、シンガポールの植物って、日本に生えている植物とかけ離れていて、なんだか取り付くしまがない。。。という気分だったのですが、まゆりさんのHPと、ボタ本を持って歩く会のおかげで、せっかくの滞在期間、日本では見れないものをたくさん見ておこう!という前向きな気持ちになれたように思います。ありがとうございます!

投稿: ちぷにゃん | 2009年2月 3日 (火) 17時12分

Eggs and Bacon に一目惚れしました!!(美味しそうな名前だから・・・じゃないですよ!!)
可愛くてうっとりしますね・・・

土ボタル・・・・・

その正体は・・・・ウジ虫・・・・・?!

ああ・・・だめだ〜怖すぎます、。。。
昔とっても怖い思いをしたことがあるので・・・ウジ虫はだめだ〜

投稿: 幸四郎ママ(rafiki) | 2009年2月 4日 (水) 04時00分

Midoriさん

こんにちは
今日は寒いです~。
ブラジルの大草原ですか?!
魅力的ですね。
光るアリ塚ですか!これはまた素敵そうですね♪

投稿: まゆり | 2009年2月 4日 (水) 11時41分

ちぷにゃんさん

こんにちは
鳳凰木を見にいらしたそうで!嬉しいです!
よかったでしょ?!
あの木は優しい木ですからね。。。
ぼた歩きの会も楽しんでくださいね。

投稿: まゆり | 2009年2月 4日 (水) 11時45分

幸四郎ままちゃんへ

やっぱ、食べ物だぁ~~
幸四郎ママのあの見事な食べっぷりを、また見て見たい!

投稿: まゆり | 2009年2月 4日 (水) 11時49分

まゆりさん、
 下記のNHKで放送された世界遺産関係の情報サイト「世界遺産の旅」・セラード自然保護地域を見て下さいね。
  http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/card/cards057.html

 ブラジルの中央高原に広がる熱帯性草原セラードに林立するアリ塚に住むヒカリコメツキムシの幼虫が、夜になると緑色のクリスマスライトのように光る幻想的な光景が、垣間見れますよ。

  以前南米アマゾンを旅した時に世界三大瀑布の約275もの滝が連なる「イグアスの滝」を見にアルゼンチン国境まで下り、セラードまで足を延ばせず、この光るアリ塚を見れなかったので、いつか行きたいですね。

投稿: Midori | 2009年2月 4日 (水) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳳凰木満開@フォートカニングパーク | トップページ | ブルーマウンテンズと土ボタルツアー 最終編 »