« シンガポール・ボタニックガーデン情報 2009.1 | トップページ | 鳳凰木満開@フォートカニングパーク »

2009年1月25日 (日)

ブルーマウンテンズと土ボタルツアー その7@ワラタ

SLに心を躍らせ、クラランス駅のそばの公園でピクニックランチを食べた後、4WD黒沢号は、がたごと道を走り続け、ブルーマウンテン国立公園を抜け、ウォレマイ国立公園へと入って行きます。普通の観光コースはとっくに離れています!

Rimg01071_2

Rimg0079

 

ジグザグレールウェイ・クラランス駅Rimg0109

SLといえば、小さい頃、母の田舎(広島県・西条--賀茂鶴などの酒で有名・・・)に行くのに、よく乗ってたなぁ♪ 

窓を開けると、煤(すす)で顔が黒くなる・・・なんて体験をした人はもう少数派・・・ですよね。。。あの木造列車の車内の様子・手で押し上げる窓の感触・・・うーーん、懐かしいーー♪ 思えば、すべてが凄い変化しましたね。技術の進歩と共に、急激な変化の中を生きてきた私たち世代って、きっと脳のキャパは広い筈なんですよね。。。頑張らねば~~~happy01

また、話がそれた~♪ へへ

仕切りなおして~~

車はひたすらユーカリの森を駆け抜けます~~rvcar ドタンガタンいいながら~~note すみませんね~ちょっと揺れますが~~と言われても、大丈夫ですよ~~アジアから来ましたから~~マレーシアなんて、国道からちょっとそれると、こんなもんじゃございませんから~~インドネシアも然りですよ~~♪こんな比じゃないですから~~ ただ景色が違いますねぇ。バナナもないし、椰子がない===sweat01 やー、別世界ですね~~久しぶりのアジア脱出を楽しんでます~~なんか気分はるんるん。いやー、景色が雄大だわん。eyeきょろきょろeye eyeきょろきょろeye またまた一人興奮状態の私でしたぁ。

Rimg0135

↑延々と生えているユーカリ。皮が剥げて下に垂れて、下のほうはブッシュファイヤーで焼けごてます。

オーストラリアにたくさんあるユーカリ種。その特長によって大きく3種類に分かれるそうです。

香りの強いミント・タイプ

・樹液の出るガム・タイプ

・高木型のアッシュ・タイプ

なんとなく、これらはアッシュタイプの様に思えたけど・・・???広葉樹なのに、100mにも成長することで知られているマウンテンアッシュというのを、デイビッド・アッテンボローの植物の世界(The Private Life of Plants)のDVDで見たんです!ユーカリがブッシュファイヤーで焼ける光景!面白いですよ!

ーーーーーーーー

走っていると、突然黒沢さんが何かを発見!車をストップ!

いい物をお見せしましょう!珍しいんですよ!

そこには・・・結構でっかい蟻塚と共にかわいい花が咲いていました。

その名はワラタ。笑った!?覚え安い名前じゃにゃーですかぁshine

Rimg0128 Rimg0119

登りたくなる~ 蹴りたくなる~その気持ちよく分かるよ~♪ 蟻塚・・・カンボジアでも見たなぁ~。めちゃくちゃ硬いですぅ。春だから、かわいいワイルドフラワーも一面に。。。

さあ、こちらがワラタ。ニューサウスウェールズ州の州花。これを勝手に取ると罰っせられるそうです。

Rimg0126_2 Rimg0127

学名:Telopea speciosissima ヤマモガシ科
英名:Waratah
原産地:オーストラリア

バンクシア、グレビレア、プロテアと同じヤマモガシ科。このヤマモガシってい名前が覚えにくいのよね。。。うーん、山芋のお菓子で覚えるぞ!笑 ヤマモガシ科テロペア属の高さ2mぐらいの常緑低木。ワラタというのは、アボリジニの言葉で、「赤い花」を意味するそうです。情熱的な赤い花ワラタですね。どこにでも咲いてると言うわけには行かないそうですよ!珍しいらしい!へへへ、またやったぁ!!!!

・NSW州の運転免許書にはワラタの花

・シドニーオリンピックの開会式にショーの中で・・・→ショーの中でワラタの花を作ってます~7

・表彰式の花束でもありました。

Olympic1_2 ワラタ、カンガルーポー、フランネルフラワー、ワックスフラワー、ユーカリ、クラスペディア、グレビレアなどが使われてます。

とても印象的な花でしょ?!

Rimg0125 Rimg01311 Rimg0138

野生のワラタ。

存在感ありましたぁ!

土ボタルの洞窟へ急ぎます~~ブブーーrvcar

では

*********

|

« シンガポール・ボタニックガーデン情報 2009.1 | トップページ | 鳳凰木満開@フォートカニングパーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンガポール・ボタニックガーデン情報 2009.1 | トップページ | 鳳凰木満開@フォートカニングパーク »