« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

鳳凰木満開@フォートカニングパーク

09124_0121

鳳凰木がフォートカンニングパークで満開です!

kobaちゃんよりの情報と写真です。ありがと~!

まだまだ蕾がいっぱいですこと~!!!

この木を見ずして、シンガポールを去ることなかれ。

09124_0061

かなりの老木なのに・・・精一杯咲く姿は見事

今、何となく森光子さんが頭に浮かびました。

たまたまTVで見たばっかりだからですが・・・

毎日スクワットをしている事は知っていたけれど、

なんと、70歳から始めたんですって!

毎日75回だそうです。。。

ひゃー! ですよね。 

宇野千代さん、白洲正子さん、片岡珠子さんと次々と奇抜な熟女がこの世を去り、心寂の境地でした。この方たち皆さんエネルギッシュでしたものね。

少しカラーは違いますが、続く熟女の森光子さん、寂聴さんは益々お元気そう。それに続くは・・・、これは、またまた、またまぁーーーたカラーのまったく違~~う黒柳徹子・美輪明宏さんでしょうかね~~~

年とっても元気な人たちというのは、エネルギーの無駄遣いをしてないんですよね。きっと。暗いこととか、負のことをまるで考えなさそうですものね。皆。そんな暇なさそうな人たちばかりですねーーー見習おうっと。

悩んでしまったら、

愚痴こぼしてしまったら、

もぉーーー!と、怒ってしまったら

ちょっと、クールになって、頭の切り替え、切り替え。。。

悩む時間、怒る時間。

もったいないですものね。

(もしかしたら、悩みすぎて、怒り過ぎて、この心境に??? 笑)

もしかしたら~なんて、へへ。

確かに感情激しかったですから私・・・しょぼ~苦笑

「今でもでしょ~~!」(家族の声) へへ

09124_004

満開の鳳凰木を見て、

いいエネルギーを貰ってくださいね。

私のエネルギーならいくらでもどうぞ!

きっと、

この老木は、

ゆったりとした笑顔でそう言ってくれますよ。

いつか、

そんな言葉が言える穏やかな熟女になりたいものですが・・・

いつまでも、・・・が続きそうです♪

では

*********

| | コメント (8)

2009年1月25日 (日)

ブルーマウンテンズと土ボタルツアー その7@ワラタ

SLに心を躍らせ、クラランス駅のそばの公園でピクニックランチを食べた後、4WD黒沢号は、がたごと道を走り続け、ブルーマウンテン国立公園を抜け、ウォレマイ国立公園へと入って行きます。普通の観光コースはとっくに離れています!

Rimg01071_2

Rimg0079

 

ジグザグレールウェイ・クラランス駅Rimg0109

SLといえば、小さい頃、母の田舎(広島県・西条--賀茂鶴などの酒で有名・・・)に行くのに、よく乗ってたなぁ♪ 

窓を開けると、煤(すす)で顔が黒くなる・・・なんて体験をした人はもう少数派・・・ですよね。。。あの木造列車の車内の様子・手で押し上げる窓の感触・・・うーーん、懐かしいーー♪ 思えば、すべてが凄い変化しましたね。技術の進歩と共に、急激な変化の中を生きてきた私たち世代って、きっと脳のキャパは広い筈なんですよね。。。頑張らねば~~~

また、話がそれた~♪ へへ

仕切りなおして~~

車はひたすらユーカリの森を駆け抜けます~~ ドタンガタンいいながら~~ すみませんね~ちょっと揺れますが~~と言われても、大丈夫ですよ~~アジアから来ましたから~~マレーシアなんて、国道からちょっとそれると、こんなもんじゃございませんから~~インドネシアも然りですよ~~♪こんな比じゃないですから~~ ただ景色が違いますねぇ。バナナもないし、椰子がない=== やー、別世界ですね~~久しぶりのアジア脱出を楽しんでます~~なんか気分はるんるん。いやー、景色が雄大だわん。きょろきょろ きょろきょろ またまた一人興奮状態の私でしたぁ。

Rimg0135

↑延々と生えているユーカリ。皮が剥げて下に垂れて、下のほうはブッシュファイヤーで焼けごてます。

オーストラリアにたくさんあるユーカリ種。その特長によって大きく3種類に分かれるそうです。

香りの強いミント・タイプ

・樹液の出るガム・タイプ

・高木型のアッシュ・タイプ

なんとなく、これらはアッシュタイプの様に思えたけど・・・???広葉樹なのに、100mにも成長することで知られているマウンテンアッシュというのを、デイビッド・アッテンボローの植物の世界(The Private Life of Plants)のDVDで見たんです!ユーカリがブッシュファイヤーで焼ける光景!面白いですよ!

ーーーーーーーー

走っていると、突然黒沢さんが何かを発見!車をストップ!

いい物をお見せしましょう!珍しいんですよ!

そこには・・・結構でっかい蟻塚と共にかわいい花が咲いていました。

その名はワラタ。笑った!?覚え安い名前じゃにゃーですかぁ

Rimg0128 Rimg0119

登りたくなる~ 蹴りたくなる~その気持ちよく分かるよ~♪ 蟻塚・・・カンボジアでも見たなぁ~。めちゃくちゃ硬いですぅ。春だから、かわいいワイルドフラワーも一面に。。。

さあ、こちらがワラタ。ニューサウスウェールズ州の州花。これを勝手に取ると罰っせられるそうです。

Rimg0126_2 Rimg0127

学名:Telopea speciosissima ヤマモガシ科
英名:Waratah
原産地:オーストラリア

バンクシア、グレビレア、プロテアと同じヤマモガシ科。このヤマモガシってい名前が覚えにくいのよね。。。うーん、山芋のお菓子で覚えるぞ!笑 ヤマモガシ科テロペア属の高さ2mぐらいの常緑低木。ワラタというのは、アボリジニの言葉で、「赤い花」を意味するそうです。情熱的な赤い花ワラタですね。どこにでも咲いてると言うわけには行かないそうですよ!珍しいらしい!へへへ、またやったぁ!!!!

・NSW州の運転免許書にはワラタの花

・シドニーオリンピックの開会式にショーの中で・・・→ショーの中でワラタの花を作ってます~7

・表彰式の花束でもありました。

Olympic1_2 ワラタ、カンガルーポー、フランネルフラワー、ワックスフラワー、ユーカリ、クラスペディア、グレビレアなどが使われてます。

とても印象的な花でしょ?!

Rimg0125 Rimg01311 Rimg0138

野生のワラタ。

存在感ありましたぁ!

土ボタルの洞窟へ急ぎます~~ブブーー

では

*********

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

シンガポール・ボタニックガーデン情報 2009.1

Rimg0523

シドニー観光からちょっと離れて、今日の舞台はシンガポール。junさんから、写真つきのメールが来て、シンガポール・ボタニックガーデンの近況を知らせて貰いましたぁ*♪

こういうメールが一番嬉しいんです junさんありがとう~~~

今頃植物園では、どんな花が咲いてるのかな~? いつも思うんですよ。そろそろヒスイカズラ(ジェイドバイン)が咲く頃だな~とか・・・ダブルココナッツの葉っぱはどんなに成長したかな?とか・・・そろそろ季節の変わり目。花が豊かに咲く季節ですね。シンガポールは年中暑いし、そんなに雨季と乾季の差がはっきりしません。でも、微妙な変化を植物はちゃんと察して変化してるんだなぁ・・・・いつもそう感心させられてました。

以下junさんからのメールです。みなさんも一緒にどうぞ!赤字は私の感想!

ーーーーーーーー

皆さま、こんにちは!

突然ですが、最近のボタニック情報です。

ここ1か月ほど、ボタニックに結構な回数通っています。

その度、驚き・感動いっぱいの散策です。

皆さんに少しでもお伝えしたくてメールしました。

・ボタニーセンターのお正月飾り(クリスマスに続き、いい感じです)

2009118

もしかして折り鶴ですか?シンガポールにもこういうセンスあったのね。

・エリアBの2番(ショレア改めホペア)が消えた衝撃写真 近くのバス停から撮ったもの、2枚を比べてみて下さい。

20081227_3 2009113

はっ?なんか、間違い探しみたい~ と、思ったけれどーーーオーマーイーー !私達の大好きなフタバガキが・・・・・がーーーん!無いーーーーー泣くよーーー私は。。。どこに行ったのか誰か聞いて~!

Aエリアのフタバガキの花(また実が拾えそうです、楽しみ…)

2009111

よーく見てみて!真ん中辺りに白い花と実が~~~

・CHエリアのジャカランダの見事な花

Ch2009113

シンガポール植物園には、私が知る限り、3箇所にジャカランダがあります。バンドスタンド周り、コーナーハウス横、スワンレイクのホーランドロード際。バンドスタンド周りに2種類とコーナーハウス横のとはどうも種が違うみたいな気がします。lapacho427(KENさん)に写真を送って聞いてみようかな?と、思います。実はシンガポール植物園の名札はあまり当てになりません。(密かなささやき・・・)

他にもイエローサラカ、ジェイドバイン2色)、オオマメ、モンキーポット、エレファントイヤー、プライドオブビルマ等々の花もきれいに咲いてます。

蘭園のジェイドバイン咲いていますか?見事?アー見たいなぁ~!

フォートカニングの鳳凰木も見頃です。

先週の金曜、定例(日本人会・自然友の会の定例のこと)の「スンガイブロー」の帰りに、こばちゃんと見てきました。

残念ながらバッテリー切れで写真は撮れませんでしたが、まだまだ咲きそうでしたので、次回期待してください。こばちゃんはしっかり撮ってました。

kobaちゃん、待ってます~!鳳凰木の写真見たいーー

では、また~    jun

ーーーーーーーーー

何て賑やかそうなんでしょう!

ぜひ、皆さんも行くべし。

Rimg0644_2

上の番号やエリア名は、ボタ本内の番号です。ボタ本は、Singapore Botanic Gardensの本の愛称。私たちが作ったシンガポール植物園のガイド本です。日本人会ショップまたは、植物園のビジターセンターのショップで売っています。どうしても手に入りにくい方は、私までメールでお知らせ下さい。勿論日本にお住まいの方でも結構です。詳しくは右のカテゴリーのボタ歩きの会をクリックしてください~!それがニューワールドへの扉を開く瞬間だったりして~~笑 ううん、大袈裟じゃないんですよー。へへへ、もち、大袈裟です!大袈裟大好きですから~~

フォートカニングパークでは、私の大好きな鳳凰木が咲いてるそうです~!

まだ見たことの無い方! MUST GO!!!

感動的な木ですから。。。ぜひ!

では

***********

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

ブルーマウンテンズと土ボタルツアー その6

ブルーマウンテンズと土ボタルツアー その6 

エコーポイントで、霧の中から姿を現したスリーシスターズに感激はしたものの、お天気は相変わらず、ドン曇~ そこで、ブルーマウンテンはひとまずぶっ飛ばし、先に土ボタルを見に行くことに決定!その為、早いランチを食べにジグザグ・レールウェイのクラランス駅に向かいました。 今日のランチは、クラランス駅の隣の公園でピクニックランチです!

その途中、車を止めて、黒沢さんが植物の説明をしてくれました。

Rimg00721 Rimg0077

↑ユーカリの葉を手にして、説明中の黒沢氏 ↑コアラの食べる葉でお馴染みユーカリ

オーストラリアでは、森の3/4がユーカリらしい。この辺ではまだその実感はなかったけど、この後、走れど走れどユーカリ~~~ そんな森を黒沢号は駆け抜けていったのでしたぁ!それはどんなとこ?それはこんなとこ~~!!おおっと、どっこい、それを今教えちゃったら、もったいない== またのお楽しみ~!そこではとっても素敵な花を見たからね~

今日はこれを見て下さい。

Rimg0076

これに、ユーカリの種が入ってるのです。穴の直径1cmぐらい。この中に入っている種は飛び出し、地面に散って行く・・・ でも地面に飛び散った種は陽が当たらなくて発芽することができません。ジーーと発芽の機会を待っています。オーストラリアのブッシュファイヤーのことは耳にしたことがありますか?いわゆる山火事。人災による山火事もあるけれど、乾燥地帯であることや、ユーカリの葉には多くのオイルを含んでいるため、発火しやすいこともあり、頻繁にブッシュファイヤーが起こります。

実はこの様子も David Attenboroughの「The Private Life of Plants」で見れるんですよ!!!なんてタイムリー!大興奮で見ちゃいましたぁ。 TSUTAYAにあります。「植物の世界」全6巻 日本語字幕 もう絶対お勧め!!この小さな壷みたいなのから、種が飛び出すところから、発芽まで映像で見れるんですよ!凄いです!!!

このユーカリの種は山火事のあとの降雨後に発芽。ファイヤーによって、今まで樹冠に覆われていた地面には陽が射し、発芽することができます。灰も栄養の助けになる。すべての条件が整うんですね♪

山火事を経験しなくては、発芽しない植物ってたくさんあるんですね。ボトルブラシツリーもその類。。。バンクシアも。。。彼らは、種が山火事の刺激によって炸裂して、初めて外に飛び散るらしいですね。だから、山火事が無くては種が増やせないという点では同類ですね。

Rimg0064_2 

これが、そのバンクシアの実。子どもの絵本のキャラクターになっているといってましたが、確かに。。。おどろおどろしい雰囲気~~水木しげるの世界じゃわーーー

Rimg0061 Rimg0062

Rimg0067

バンクシアもたくさんの種類があるんですね。これは一体何の種類かな?ちょっと調べただけじゃ、分かりませんでした。この日一日だけでも、かなりの種類のバンクシアを見たような気がします。

Rimg00561 Rimg0058

この植物、いつかどこかのHPで見て知っていたのを、黒沢さんに見せて貰ったので、嬉しかったのに、名前を忘れてしまいました。角がふたつある悪魔のような名前の植物だったような・・・誰か知りませんか?教えてください!

(分かりました!マウンテン・デビルでした!)

さて、いよいよ。クラランス駅到着。ちょっと肌寒い日だったので、即トイレへ直行!トイレ直前で蒸気機関車が走り出すポー~~~!!!!という音が・・・ううう・・・でも、トイレに行きたいのが勝ってしまって、急いで済ませ飛び出していったのですが、蒸気機関車は、あーーー行っちゃう~~必死で撮った写真。鉄子じゃないから私・・・鉄子だったら、興奮してるんでしょうねーーー

Rimg0078

前の方は煙に巻かれて見えません~~でも、シューーーっといういい音でしたよ。

ーーーーーーーーー

ジグザグ・レールウェイとは・・・Zigzag_railway_small

ブルーマウンテンズの西外れの町リスゴーLithgowから10km東のクラレンス駅を発着する。1866~69年にかけて山越えのために敷設されたもので、1975年にボランティアなどの手により観光用に復元された。水曜日と週末、それにNSW州の祝日、スクールホリデーには蒸気機関車が客車を引っ張るので、できることならそれに合わせて出かけたい。

ーーーーーーーーー

あわせて出かけたわけじゃないけど、SLにあっちゃったわん。これまたラッキー!

Rimg01071

ちょっと寒かったけれど、ここでランチを食べましたぁ。黒沢さんが用意してくださったお手製のサンドイッチに温かい飲み物でホッとしました。チキンも美味しかったぁ。オーストラリアならではのティムタムのチョコも。。。自然の中で食べるのはやっぱりいいなぁ♪

Rimg0084 Rimg0087

この駅の傍にもたくさんオージープラントが見れましたが、時間が無いので出発!

Rimg0099 Rimg0104

さて土ボタルを見に、KIツアー黒沢号再度出発です~~!!

では

***********

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

ブルーマウンテンズと土ボタルツアー その5@プロテア

Rimg00931   

Rimg0097_2Rimg00891

学名:Protea spp.  ヤマモガシ科
英名:Protea プロテア
原産地:南アフリカ

今日はちょっと時間が無いので、ランチを食べたときに傍に咲いていた花・プロテアの紹介です。

日本の花屋さんでも切花で、この頃よく見かける花。前々から気になっていた花・・・ドライフラワーのイメージ。でも名前も知りませんでしたぁ!あっ、あの花が咲いてる!思わず写真を撮りましたが、雨露が綺麗・・・♪

Rimg00913

南アフリカ原産の常緑低木で南アフリカ共和国の国花。

うふふ、またまた国花のお勉強だわっ*♪

オーストラリアはゴールデンワトルでしたよね。。。アカシアです。。。

プロテアは、なんだかエキゾチックな花。花の王様とも言われています。花の色、形はさまざま。花の色といっても、正確にはピンクの部分は花びらでなく、総苞といわれる部分。葉っぱも色々ですが、この葉は革質のようにしっかりとしていました。

Rimg0105

シドニーで見た植物は、初めての花ばかり。

いやー、あれもこれもで開いた口のふさがらないわたくしでございましたぁ。笑

いやー、地球は広いなり。

そういえば、osugiさんが南アフリカに今月行くんだっけ・・・

プロテアに会えたら写真とって来て下さい~~

では

**********

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

ブルーマウンテンズと土ボタルツアー その4@スリーシスターズ

シドニーから車で走ること、1時間ちょっとで「カトゥーンバ」という町に到着。電車で来る人はここで下車。ブルーマウンテンの観光の拠点地です。たくさんのトレッキングコースもあるらしい。今度はこの辺りで泊まって、ゆっくりユーカリの樹海の中を歩きたいなぁ 即、次の事を欲深く考えちゃう私です~~笑

我々の4WDは、もう少し走って、有名な奇岩スリーシスターズを目の前に眺められるエコーポイントに向かいました。

が、、、お天気がどんどん怪しくなってきて・・・

やめときますか?

いや、一応行って見ましょう!

Rimg0053←霧です

着いたはいいが、私達は霧の中~~~何も見えませ~~ん

普通のツアーだったらどうなるでしょう? 「残念ですが、見れませんでしたねー。またの機会をお楽しみに~~ぜひまたいらして下さいね!」ですよね。ところが、我らのガイド黒沢さんは、時々さあーっと霧が晴れることもありますから~~と、粘ってくれましたぁ。優しい・・・この霧の状態で、万が一にもスリーシスターズが現れれば、なんてロマンチック!まさにそんなシチュエーション。。。

この状態で霧が晴れるなんて、まさか!!!

と、ほぼ諦めかけたその時、「もしかして、見れるかもしれませんよ!この風に乗って、霧が流れて~~。。。。。」その言葉どおり、かすかに現れ始めたスリーシスターズの奇岩。おお~~!!お姿が・・・!!!

Rimg00511 Rimg00531

8人の心は一つになり、その願いは神に届いたのでありましたぁあああ。なんて感動的なお姿なのでありましょうか・・・・ははは、そんな大袈裟なものでもありませんが、あって当然!で見たスリーシスターズより、何倍も印象深かったかも・・・

私はこれで大満足だったのですが、黒沢さんはガイドとして残念がってました。午後になるともっと最高の景色が見れるかもしれないので、午前と午後の予定を入れ替えて最後にまた来て見ましょう!こう言う黒沢さんに、「この人パッションある~~~一生懸命な人だな~~。今日は思う存分楽しくなりそう~!」 そう心の中で思ったのでした。

そして、こちらが、もう一度寄って、ツアー最後に見た時の写真

Rimg0190

↓違うポイントから見えるスリーシスターズ。ユーカリの樹海が・・・樹海とはこのことじゃー!!!実感した瞬間!!!カメラになんて入りきらない世界。

Rimg01851

あーー、デジタル一眼レフが欲しい!と思った瞬間でもあった。Nikon 90が欲しいー

ーーーーーーーー

スリーシスターズには、こんな伝説が・・・

アボリジニの伝説によると・・・・3姉妹と祈祷師の父親が平和に暮らしていたが、ある日魔物が娘たちを襲いに来たので娘たちを岩にして隠した。魔物は怒り父親を襲い始めた。父親もコトドリに変身し岩穴へ逃げ込んだが、父親も娘たちも二度と人間に戻ることができなかったと言う。

4WD黒沢号はユーカリの森を駆け抜け、ちょっと早めのランチへと向かったのでしたぁ。

ちゃんちゃん

では

*********

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

オーストラリアの国花・ゴールデンワトル

Rimg0003

学名:Acacia pycnantha ネムノキ科
英名:Golden Wattle ( 黄金の編み枝)ゴールデンワトル
原産地:オーストラリア

ブルーマウンテンに行く途中、オーストラリアの国花についても聞きました。「そういえば国花・ナショナルフラワーって、私は幾つ知ってる??」なんて自問自答。わーー、何にも知らないぞ~~ そりゃ、桜と菊が日本。ぐらいはね~。でも、これは法律で定められてませんがね・・・ほほほ、もう一つ、シンガポールはバンダ・ミスジョアキム。もち、知ってますとも。。。笑 あと、スイスはエーデルワイス。韓国は槿。なんて読むか知ってる?ムクゲです。。。後は分かりませ~~ん♪ そうだ、2,3日前の記事のアメリカデイゴは、ベネズエラとウルグアイの国花でしたぁ。またちょっと偉くなったかも~~

国花を知りたい方はここをクリック。http://www.hana300.com/aakokka.html

ーーーーーーー

オーストラリアの国花は、アカシア。それもゴールデンワトルと聞いてから、旅の間ずーっと見たかったのだけど、とうとう見れませんでしたぁ。残念。。。でもこれは日本でも、どこかで見れそうなので、近いうちに会えそうです。鎌倉で見たというHPがあったの!

写真がないので、お土産に買ったちっちゃなポーチでお茶を濁します~~。

Photo日豪交流年切手2006

それと、切手でお許しを~♪

でもでも、ネットは便利で、綺麗な写真が下記HPで見れます。

http://bejigarden.at.webry.info/200702/article_15.html

http://longstayaustralia.blog61.fc2.com/blog-entry-74.html

黄色くて真ん丸くてかわいい花が咲くアカシアです。花粉が飛ぶときっと大変でしょうね~~ オーストラリアには、ワトルツリーは200種類ぐらいあるそうです。

アカシアといえばついでに・・・西田佐知子「アカシアの雨のやむとき」

http://jp.youtube.com/watch?v=WkXSA-s2xwc

懐かしっ♪関口宏の奥様~~ 

では

*********

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

ブルーマウンテンズと土ボタルツアー その3 

2008/11/2 朝7時半ブルーマウンテンに出発です。

もう一グループTさん家族(母と子3人・メルボルン在住)をピックアップして、黒沢さん運転の4WDは気持ちよく走り出しました。いざ行かん!ブルーの森へ~

でも、お天気は残念ながら、いまいち・・・シドニーは朝夕の気温差がめちゃくちゃ激しいんです。3年間ずーっと夏モードだった体をいたわって、いっぱい着込んで出発

Rimg0613

ハーバーブリッジを渡りながら、シドニーの歴史などを聞きました。

シドニーの歴史は、英国人キャプテン・クックのボタニー湾上陸(1770年)の、18年後、 1788年に、アーサー・フィリップが11隻の帆船を率い487名の兵士と約700名の囚人を連れて上陸した時にさかのぼる。彼は、当時の植民政策を担当した内務卿シドニーの名を、新しい上陸地に冠して、Sydney Coveと呼んだが、後に本国への手紙にfrom Sydneyと記すようになり、シドニーの名が定着していった。(日本総領事館HPより)

今日の最初の目的地は、途中にあるオリンピック公園。シドニーオリンピックって、覚えてます?2000年開催です。20世紀最後のオリンピック。まだ何となーく記憶の隅の方にありますよね。

私の場合は、なんといっても女子マラソン。

高橋尚子優勝おめでとうQちゃん

柔道でもたくさんのメダルがとれましたよね。

Rimg00481 Rimg0049

表彰台に乗って記念撮影。金銀銅、誰がどの表彰台に乗るかで、家族の中の力関係が分かるんですよね~~~とは、黒沢さん。何気なく自分の乗った台を見てホッ!!!良かった~~~~笑

この機会に、懐かしい映像でもどうぞ。

高橋尚子2000年オリンピック
http://jp.youtube.com/watch?v=O31YtY4pn3A&feature=related

高橋尚子Training For Sydney
http://jp.youtube.com/watch?v=fP5lORIZ1i8&feature=related

では

**********

| | コメント (0)

2009年1月12日 (月)

ブルーマウンテンズと土ボタルツアー@シドニー その2 

朝7時半いよいよブルーマウンテンに出発。KIツアーの黒沢さんがホテルに迎えに来てくださいました。

シドニー滞在ホテルは、シェラトン・オンザ・パーク。http://www.starwoodhotels.com/sheraton/property/overview/index.html?propertyID=140

Rimg0041_2

良かったですよ!落ち着いていてシックなホテル。ばっちり私好みです。ハイドパークの正面に位置してるのが最高。ショッピングエリアにも近いしとても便利。何といっても、私にあの綺麗なジャカランダに出会わせてくれたホテルです。目の前のハイドパークからずっとシドニー王立植物園にも続いていて、緑を楽しみながら散歩すると、最後にはオペラハウスを望むシドニー湾に至ります。緑の好きな方は絶対このホテルを選ぶべし~♪

再度ジャカランダ~♪

Rimg0008 Rimg0015

このジャカランダは、ホテル正面に見えたの~♪セントメアリーズ教会も目の前。

お部屋も広いです。特記すべきは、クローゼットがウォークインクローゼットで広かったぁ。優雅な気分に慣れますよね。バスルームもシャワーブース付きで気持ちよかった♪ホテルHPの写真を借りると。。。こんな感じ。

She140gr_36224_md

次回もここに泊まりたいな。ただし、実は・・・今回は3泊、ここに泊まり、1泊は1泊2日の旅に出て、郊外のポートスティーブンスのぺッパーズアンカレッジ・ポートスティーブンス。そして倹約のため、後半の3泊をコンドミニアムタイプのホテル(サービスアパートメント)にしました。これが大正解だったんです!!!特に、子ども連れのファミリーとか、大勢でとか、長期滞在の人には、もちろん洗濯機も付いてるし、キッチンもあるし、日本人からすると豪華コンドミニアムですよ!!!プールもあるんじゃよーー。ただし、無いのはバイキングの朝食なのよね~。到着した日、一日だけはホテルにして、のんびり脱日常気分でバイキングビュッフェの朝食食べて、それから移動しても良いかもしれませんね。シンガポールのホテルなんかと比べると、めちゃくちゃ安いです。もうびっくりだと思いますよ。

私が泊まったときは、1ベッドルーム(リビング・ベッドルーム・キッチン・バスルーム)で15000円ぐらいでした。それもとっても綺麗。むしろ豪華ホテルよりいいです~!

ネットで2~3週間ぐらい前に予約すると安いかも・・・

そのホテルの名前はOAKS MAESTRI TOWERS Sydney とても人気あるみたいですよ。

Propertyheader_10

https://www.theoaksgroup.com.au/Property.aspx?sid=10

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ごめんなさい。今日はブルーマウンテンツアー、ホテルどまりでしたぁ

でも、旅にホテルはつきもの。とても大事な要素です。わざわざお金出してその日、買い取る空間ですから・・・

では

*********

| | コメント (0)

2009年1月11日 (日)

ブルーマウンテンと土ボタルツアー その1@シドニー

帰国から、2ヶ月が猛ダッシュで駆け抜けていきました。。。今日も横浜は晴天。気持ちのいい日曜日です。

Rimg00011

2009.1.11 11:00am の富士山です~~♪

このところ富士山ばっかり・・・(゚ー゚) でも見れるのは、空気の澄んでる冬の間だけですよ~!タンと見て下さいね~!

ーーーーーーーーーーー

さてさて、忘れないうちに帰国時に立ち寄ったシドニーでのブルーマウンテンズツアーの紹介です♪やはりこれははずせない。いまさらですが、ぜひお付き合い下さいね。

ブルーマウンテンズという名前は聞いたことありますか?シドニーから1時間半ぐらいのドライブで気軽に行ける場所。多くの観光客の訪れる場所。世界遺産。。。正確にはGreater Blue Mountains Area 日本で言えば箱根?気軽さからいうとそんなとこかな?!一緒にしたくは無いですがね。。。

ウイキペディアによると・・・

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域(- ちいき、Greater Blue Mountains Area)はブルー・マウンテンズ国立公園とその周辺の公園の公園の総称で2000年ユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録。

グレーター・ブルーマウンテンズ地域は、91種ものユーカリが広範囲で自生する地域で、ここ以外には見られない非常に貴重な地域である。また、オーストラリア大陸が他の大陸と離れる前の痕跡を残す。気温が上昇するとユーカリに含まれる油が気化し空気中に広がり景観から反射する光の青のスペクトラムを相対的に良く通し、ブルーがかって見えることに由来する。

Rimg01891

一番有名な景色 スリーシスターズ(三つの岩)右には延々と広がるユーカリの森

ーーーーーーーーーーー

シドニーからブルーマウンテンズに行くツアーは山ほどあります。さて、どんなツアーにしようか・・・ネットで散々迷いましたが、選んだのはこのツアー。黒沢さんのKIツアーです。

何せ欲張りですから・・・大型バスで着いて、景色見て終わりじゃ~~満足できない私なの。だって、春ですよ!ワイルドフラワーも見たいし、もちろん雄大な景色は見るだけじゃ納得行かない、歩かなきゃ~~。カンガルーも見てみたいし(それも野生の)、土ボタルも見てみたいし、おいしいものも食べたいし、そのうえちゃんとガイドもして欲しい、植物の写真とる時間も欲しい・・・なんて、欲張りなーーー!ほっほっほ

それを一度にかなえるなんて!・・・でもでも、それをかなえて貰えるツアー見つけたり!!!

黒沢さんのK.I.ツアー。知る人ぞ知るツアーですぞ!笑 4WDで少人数相手なので、大型バスの入れないところにも連れて行ってもらえます。その日の都合で色々臨機応変対応してもらえます。何といっても黒沢さんの知識が半端じゃなく素晴らしいですよ!超お勧め!!!植物も詳しい、そんな人なかなかいませんよね。

ありきたりの旅ではもったいない~!

シドニーへ起こしの際は、ぜひ黒沢さんガイドのKIツアーへ!

黒沢さんのKIツアーのHPです。開いて頂いてちょっと下の方を見て頂くと、11月29日に私の行ったときの記事が出てます~♪見てみて!「霧が晴れたブルーマウンテンズ・土ボタルツアー」っていうやつ。

http://abc2030.com/

では、明日から、ご一緒にしばしブルーマウンテンズツアーに参りましょう 笑

では

***********

| | コメント (2)

2009年1月 9日 (金)

デイゴ(コーラルツリー)@センバワンパーク

Rimg03661Rimg0348Rimg0363

昨日の記事のシドニー植物園のアメリカデイゴE..crista-galliを見ていると、シンガポール・センバワンパークのE..fuscaが見たくなりました。比べてみるとどうなんでしょう~?って言うわけで、写真を並べてみました。

下がセンバワンパークのデイゴです。ここには、何本も並んで植えられています。

どういう違いがあるかは、述べるほどの力が無いので。。。ゆっくり見てみてください。

シンガポールでは、花序には花はいっぺんには咲いてるのは見たことがありません。花穂はいつも三角形の形の印象があります。数も少ないですね。こちらの花の方がまん丸っこいですね。

Rimg00451

Rimg0038_2Rimg0042Rimg00411

こちらのデイゴはつぼみが全部上を向いていますね。

実は、センバワンパークでもシドニーのように、インコが見れます・・・違った!これはオウムだぁ。自転車で運んできては、鳥の散歩をしてる人がいます~♪よくお会いします~♪

Rimg0021

Rimg0014_2

休日は浜辺でたくさんの人が遊んでます。向こうに見えるのはマレーシア・ジョホールバル。

Rimg0005 

シンガポールの北の端にある公園。大きな木が多いので、落ち着く公園ですよ。

ぜひ、いらしてみて下さい。

公園内では、クラシックな建物のレストランで、中華が楽しめます。

センバワンパークについては、前の記事でどうぞ。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_b028.html

lapacho427(ken)さんから、昨日の記事にコメント頂きました。ジャカランダでもたくさんの知識を頂いていますが、本当に勉強になります。皆さんも読んでみて下さいね。

では

**********

| | コメント (0)

2009年1月 8日 (木)

アメリカデイゴ@シドニー王立植物園

Rimg03661 Rimg0351

学名:Erythrina crista-galli マメ科
英名:Cookspur Coral Tree
和名:アメリカデイゴ(デイコ・梯梧) カイコウズ(海紅豆)
原産地:南米

シドニー王立植物園でこれもまた見たかった木に出会えました。

シンガポールでは、あちこちでデイゴ(Erythrina fusca )を見ることができます。私の住んでいたコンドミニアムのプール脇にもありました。懐かしいな!・・・シンガポールで、一番たくさん咲いていて綺麗なところは、センバワンパークかな?私たち日本人会自然友の会では、コーラルツリーとも言ってました。

学名のErythrinaというのは、ギリシャ語で赤い色という意味。南米原産の落葉低木です。

デイゴって聞いたことありますか? 島唄の歌詞で皆に親しまれている花といえば、分かっていただけますか? 沖縄県花のデイゴはまたシンガポールのデイゴとは別の種類。そしてこのシドニーで見たこれも別種。この3種類が自分の目でちゃんと確かめたいと思っていたので、見れて、嬉しい~~!!

それも初めて出会えたアメリカデイゴは、大樹の綺麗な木でした。これで低木?と、思っちゃうほどですね。

Rimg0353

インコが盛んに花をつっついてました。赤い花は鳥が花粉を運んでくれるんですよね。雄しべの奥の方の蜜を探しているうちに、インコの頭にいっぱいの花粉が付くような形ですものね~~♪

Rimg0357

Rimg0348 Rimg0363

シンガポールで見るデイゴの花序は大体横に向かって伸びています。が、、、この種は幹は縦横無尽に暴れ周り、花序も密集して花序の数が半端じゃなく多いですね。それだけ満開の様子は見ごたえがありますね。

Rimg0369

Rimg03551

Rimg03701

先客が写真を・・・

私のこの姿を見てよ!と言わんばかりに咲き誇っておりますねーー

かなり大樹でお年寄りなのに、お見事ですこと。

(もちろん妬みが入っておりますが。なにか?)

・・・・・

いえいえ、素直に素敵でしたよ。笑

デイゴの前の記事はこちらをどうぞ。スケッチも。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_327b.html

では

**********

   

| | コメント (1)

2009年1月 6日 (火)

おもろかった!

まじめな植物の話を書こうとしたけど、時間が無いのでこんなのを・・・

このブログの主旨がだんだん外れて行っておりますが・・・へへへ。

あまりにおもろかったので。どうぞーーー。

ウッチャン松本人志が 「夢のドリームマッチ 09’」でコンビを組みましたぁ!

番組内でお互いのやりたい人が合えば、組み合わせが決まり、その後の3時間で即二人で、漫才またはコントのネタを考え発表という番組です。

まさに夢のコンビですよね。期待通り凄かった!っていうか、どの芸人も皆よく3時間であそこまで出来るものですね。

http://jp.youtube.com/watch?v=hICBu18rkdI

雨上がり決死隊の宮迫とホリケンのコンビもおもろかったですよ!

「夢のドリームマッチ 09’」で検索すると出てくるかも。。。

遅ればせながら、日本のお正月気分をどうぞ!

では

*********

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

あけましておめでとうございます

Rimg01032

新年あけましておめでとうございます

初暦 知らぬ月日の美しく

吉屋信子さんの句です。

幾つの年になっても、新しい年を迎えるのは新鮮でいいですね。

今年は一体どんな年になるのやら・・・(゚ー゚)

自然に逆らわず、淡々と心をこめて過ごしたいと思います。

Rimg0110

横浜は昨日も今日も素晴らしいお天気です。

11月の帰国から、

あっという間に年越し。

スケッチ、そして恋しい熱帯植物たちの紹介。。。

頭の中ではしたいことはたくさんあるのですが、他に優先しなくてはならぬことがまだまだたくさんあるのが現実。大ぼけ、小ぼけの両親対応にまだまだ私の頭が慣れてません。訳の分からぬ会話を聞き流しているつもりでも、脳さんは一生懸命解析してるみたいで、後からどっと疲れがやってきます。まあ、それにもそのうち慣れるでしょう。慣れなくては仕方ありませんね。考えても仕方ないこと。。。現実をそのまま受け入れる練習ですね。

ボケるとは 仏様になること

こんな言葉に昔はそうだね。なんて思ったこともありましたが、今は仏になるなーーー!!人間がいい!!どんなに頑固でもおかしくても人間がいい!!なんて父に対して、心の中で必死に叫んでいる自分がいたり。。。時々葛藤しています。でもそれがかなわぬこともそのまま受け入れなくてはね。。。

まあ、そんな生活の中、時間のある時に、植物の写真を眺め、調べて、ブログに載せていると、心がとっても落ち着く自分がいます。

さ、この新年の輝きを忘れず、今年も楽しく頑張ります!!!

もう少ししたら、スケッチも描きます!!!

これからもお付き合いくださいね。

みなさまもよい年をお過ごし下さい。

では

*********

| | コメント (4)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »