« ショパン・コンサート@シンガポール植物園 | トップページ | サザンリッジ散策。楽しかった!おいしかった! »

2008年10月12日 (日)

チリパディ@ペラナカンレストラン

Rimg0145

シンガポールに住んだなら、

一度はペラナカン料理(ニョニャ料理)にトライしてみて!!!

昔々、新しい土地で一旗あげてやろう!もっともっと大金持ちになろう!と、大きな志を立てたお金持ちの中国人がマレー半島(マラッカあたり)にやってきました。そして、マレー人の女性と結婚しました。ふたりは旦那様の中国の文化と奥様のマレーの文化を上手に取り入れ、新しい融合文化を生み出したのでした。それがペラナカン文化。マラッカは、かつてオランダやイギリスの領地であったため、西洋の文化もうまく取り入れられています。そんなペラナカン達、またもや新しい土地を求め、マレー半島を下って、シンガポールにもやってきました。残念ながら、今ではその文化も失われつつありますが、多くのペラナカンたちは、カトンの辺りに居を構えていたということです。そういう訳で、カトン地区には、たくさんのペラナカンショップやレストランが軒を連ねています。

いつもというわけには行かないけれど・・・ちょっと癖あるからね。。。

時々、思い出したように食べたくなるのがペラナカン料理。なかなか通な味ですよ♪あっ、自然友の会のメンバーは必須ですよーーー!

Rimg01371_2 _003

Ayam Buak Keluak 黒いのがパンギュームの実  ↑丸っこいのが実際の実        

この間のスケッチクラスでトライしたチャーリーズというレストラン、ジャックフルーツのカレーはまあまあだったけど・・・どうもパンギュームの実と鶏の煮込み(Ayam Buak Keluak)が納得いかなかった…ずーっと、気になってました。。。ありゃ違うよ~~と!!!

そこで、行ってきましたよ!粉おしろいを買った後、今度はチリパディ。

パンギュームの説明は前の記事を読んでくださいね。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_d767.html 植物園でパンギュームの木や実をみると、味わってみたくなるもんです。どんなんやろう~?ってね。。。

どこかは、ボタ本P62、P59に載ってます。

Rimg0134

↑ごめんなさい。名前なんだっけ。。。パリッとしたカップの中に切り干し大根みたいなのが入ってます。前菜にいいですよ。

Rimg0138_2 Rimg0019

↑Ayam Sio                                        ↑タマリンドの実 この中のねばねばした所をお料理に使う。甘酸っぱい。。。今日珍しくイセタンでパックで売ってました♪

鶏肉の煮込み タマリンドで味付してあります。タマリンドはご存知ですか?この木は植物園エコエリアにあります。時々茶色い実がいっぱいぶら下がってます。ボタ本P254

Rimg0143↑ペタイの豆とイカの炒め物鶏肉の煮込み 

ペタイについては、TOMちゃんブログで棒たたきの棒の花ペタイをどうぞ。そういえば、TOMちゃんはペラナカン料理が大好きなんですよ!ねっ?!飛んできて食べたいだろうな~ コールドストレージなどのスーパーで袋入りで売られてます。肩たたきみたいな面白い形の花序がぶら下がるんです。

Rimg0008 こんなの。。。

日本では食べられない地元の豆や実が上手に使われています。

白い御飯と一緒に食べてください。マラッカでも食べたけど、あの時も美味しかったなあ!

TRUE BLUE とか IVANとかも有名ですね。

私はIVANが一番好きかも・・・

ペラナカンはデザートがこれまた美味しい!!!

チェンドールとかボボチャチャとかいいですね。

Rimg01421

そうそう、チリパディはこのロールキャベツが有名。

Rimg0148 Rimg0147

チリパディ

11 Joo Chiat Place #01-03
tel 6275-1002

IVANS 

19/21 Binjan Park near Bkithima Rd
tel 6468-3060

TRUE BLUE

ペラナカンミュージアム 隣り

どこかに行ってみて下さい。

遥か昔の気のいいニョニャおばさんの味ですよ!

お袋の味です!

(あーー、記事を2回書くのは辛かったよ==苦笑)

では

*********

|

« ショパン・コンサート@シンガポール植物園 | トップページ | サザンリッジ散策。楽しかった!おいしかった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショパン・コンサート@シンガポール植物園 | トップページ | サザンリッジ散策。楽しかった!おいしかった! »