« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

9月ボタ歩きの会 

Rimg02383 

9月最終日の今日、恒例のボタ歩きの会(ボタ本を持って植物園を歩く会)をやりました。写真みてください!なんて、皆いい笑顔なのでしょうか・・・ この写真を撮り終わった途端に、もの凄い土砂降りの雨がやってきて、ハリアレストランに駆け込みセーフ。この笑顔の塊が雨にストップをかけていたのかも・・・♪

お陰さまで、多くの皆様にいらして頂けました。参加してくださった皆さん、今日はどうもありがとうございました。これを機会に友達と一緒に植物園を歩いてみて下さい。だんだんと色々な植物が身近な存在になると思います♪ 

ボタ本はきっと助けになります!

いえ、絶対助けになります!笑

Rimg0134

今日のハイライトは、何と言ってもレッドジェイドヴァインでしょう。今プラントハウスでは、炎のようなレッドジェイドヴァインが見事に咲いていますよ。それと一緒に、白いイースターリリーヴァインも綺麗です。この紅白の取り合わせは、年に2回見れるか見れないかなんです。今すぐに、MUST GO!!!

Rimg01372_2 Rimg0139

次にあげるとすると、ヘリテージツリーのサガの花が咲いています。黄色い花が地面にいっぱい落ちてますよ。

それから、蘭園前の広場のタイガーオーキッドがなんと綺麗に咲いてます。タイガーオーキッドが咲いているのを見るのは、2年ぶり。もしかしたら、どんどん他の場所でも咲き始めるかもしれませんね。要チェックですね。

Photo Rimg0363

プライドオブビルマも咲き始めてます。

Rimg0285 今日はジンジャーの仲間の花も色々見ましたが、初めての方にはどれも同じように見えたかも・・・ショウガの花って、花びらに見えるのはほとんどがおしべの合着 したもので、花びらではなく仮オシベなんですって!花びらはほぼ退化してるらしい。。。

今日の散策は、20名以上の参加で、声が届くかな、どうしようか・・・なんて思っていましたが、ガイド仲間のkobaちゃん、ruimiruimiさん、onoderaさんが来てくれました。助かったぁ~!協力感謝してます。ありがとう♪ hiyamaさんもカンナの花を持ってきてくれました。めちゃ感謝です。

あー、このまま「ボタ歩きの会」が続けばいいけどね。。。そうも行かないとこがいいとこかも知れませんね。

ハリアレストランで、ぺちゃくちゃおしゃべりをして終了と相成りましたぁ。

ジンジャーガーデン辺りを散策後は、やはりハリアレストラン特製ジンジャードリンク

でしょう!

Rimg0287

Rimg0301_2

 

shrimp satay おすすめ!

ーーーーーーーーーー

ポストカードの売上金 7200円と皆様からの寄付4690円、合計11890円を、ケニア・マサイマラで頑張っている獣医 滝田明日香さんを通して、マサイマラレンジャー基金に寄付させて頂きました。アサンテ サーナ!!!

マサイマラ保護区では、皆様の寄付のお陰で、レンジャーたちは地道な 活動を続けることが出来ています!明日香さんも、また犬達に今年もワクチン打ちをして頑張っています。4日で300匹打ったといってました。もちろん人が狂犬病にかからないようにでもあるのですが、野生動物たちが、犬の狂犬病やジステンバーウイルスで死なないようにする為でもあるのです。去年の様子は情熱大陸で見れますよ。こちらをどうぞ。http://veohdownload.blog37.fc2.com/blog-entry-190.html

ハリアレストランで昼間から、ビール飲んだら、ちょっと頭が痛いのー 早めに寝ることにします。

なんか、今日涼しいですよね。

風邪引かないようにしましょうね!

では

********

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

ディーパバリ 2008

Sany00162_5

今年もやってきました。この季節♪

ディーパバリーのイルミネーションを見てきました♪

Sany00012

今年も始まりましたね。9月20日から11月2日まで。リトルインディアの夜はめいっぱい輝いています。今年の飾りはいいかも~~ 

Sany00052_3

土曜日の夜だから?こんな夜なのに、どこの八百屋さんもお客さんでいっぱい!繁盛してました。インド人街の八百屋さんは変った野菜がたくさん売っていて面白いです。ゆっくりいっぱい写真撮りたかったけど、パパさんと一緒だったからダメでした。人ごみを掻き分け掻き分け、インドレストランDEHLIへ。久しぶりの北インドのカレーは、ほほほ、美味しかった!

何故か~日本人に全然会わない。。。

日本人はみんなF1に熱中???

Sany00131 Sany00112

ディーパバリは光の祭典で、ヒンドゥーの暦では最も重要なお祭りです。世界中のヒンドゥー教徒が、悪魔に対する神の勝利、つまり闇を打ち負かした光を祝います。もたらされた幸福、知識、健康、富の神々に感謝するために、オイルランプに灯がともされます。(ユニークリーシンガポールより)

リトルインディアMRTの向かいの空き地にたくさんの屋台が出てました。

覗いてみると楽しいかも

では

*********

| | コメント (3)

2008年9月27日 (土)

ハリラヤといえばクトゥパ!

Rimg0060

昨日は自然友の会ARAMAK探検隊の散策の日でした。

朝からとんでもない雨。凄かったですね、雷も。雨にめげず参加したのは8名。ポジティブに生きればいいことがある!!の言葉通り、楽しい珍道中でしたぁ♪

歩いたのは、MRT「EUNOS」の駅から、EAST COAST RDまで。雨も少しばかり小降りになり出発。今イスラム教の人達はラマダンの真っ最中。一ヶ月間、陽が昇り、沈むまで断食をします。今年は10月1日がラマダン明けのハリラヤプアサの日。「ハリ」は「日」、「ラヤ」は「すばらしい、めでたい」という意味で、「プアサ」は「断食」。断食明けのめでたい日、と言うことですね。そして、お正月を迎えます。

Rimg0066_2 Rimg0068 

↑夜はハリラヤの飾りのライトアップが綺麗   ↑カモーン!これからJoo Chiat Rdを歩くわよ

ここは、Joo Chiat Rdと Changi Rd の交差点。この辺りからゲイランロードまでイルミネーションが続きます。

マレー料理の看板が目に付くね~なんて、言いながら歩いていいると、ショップハウスの下でこんな風景に出会いました。

Rimg00702 

なにやら、一生懸命作ってます。

こんにちは、何を作っているんですか?

こうやって、ココナツの葉で編んでこの中にライスを入れるの。

へ~~~、何でも珍しい。

シンガポールに住んでいても、ほとんどシンガポーリアンの人たちに触れる機会もなく、知らないことばかり。チャイナタウンに行けば、中国語が分からず、ちんぷんかんぷん。こうやって、ゲイランやカトン付近を歩くと、今度はマレー語がちんぷんかんぷん。インド人街、アラブ人街しかり。いろんな国がごちゃまぜでよく仲良く暮らしていますよね。もちろん、私達日本人には目に見えない差別感は存在するのでしょうが、素晴らしいシンガポールの一面です。

あるタクシーの運転手が言ってました。HDBのお陰だよ。貧しい人達が、ある程度の生活基準の住処を得る機会を政府から与えられた。宗教の違いなく、みんな嬉しかった。そして一緒に暮らすことで宗教の違いを超えて仲良くなったんだよ。仲良くなるのは一緒に暮らすことだよ。そう言っていたタクシーの運転手の誇らしげな話しぶりは印象的でした。

Rimg0123Rimg0072 さて、この親子の作っていたのは、左のポスターにドンと載っているココナツの葉で編んだ四角くてかわいい入れ物。

写真とってもいいですか?

いいよ!あなた達はジャパン?

そうそう、ジャパン!笑

暫くの間、ここでこの入れ物作りを見学させてもらいました。いいですよね、こういう伝統的な作り方が親子代々伝えられていくのは・・・

Rimg0079 Rimg0074_2

↑これが椰子の葉。束になって売ってるんでしょうね。帰り際に一つ貰って、嬉しくてバックパックにくっつけて歩きました。ちょっとした心配りが嬉しいひと時。やっぱり旅は触れ合いが一番♪

Rimg0237_2 さて、さて、この時点ではこのお米を入れるものの名前もわかってませんでした。どうして、もっと詳しく聞かなかったのでしょう?歩きはじめだからテンションがまだ低めだったのか・・・いえ、英語の問題ですな。笑

帰って調べました!このものは何じゃ~???

名前は、「クトゥパ」

お正月である、ハリラヤで食べるご馳走には欠かせないものでした。ハリラヤといえばこれでしょ!っていう存在らしい。いろんな編み方があるみたいで、これはKetupat Bawang(たまねぎクトゥパ)。これか三角形が一般的?これにココナツミルクを入れて炊いた御飯を入れて蒸すらしいです。蒸して水にさらして、それを一晩ぶら下げて、乾かして食べる。きっともち米ですね。

だから、ハリラヤの前には、この小さなかわいい籠をべちゃくちゃしゃべりながら何百個も作るみたいです。

納得~!こんな記事がありました。http://suntours.blog15.fc2.com/blog-entry-224.html

調べていてもう一つ分かったこと。それは、サテーの時に一緒に出てくる白い四角いモチモチしたもの。今までお芋かと思っていました。なんと、あれもクトゥパでした!!!こちらも納得~~!あの白いクトゥパにピーナツソースを付けて食べると美味しい!miyomamaさんとどんなお芋か知りたいね~と、言ってたの!!!あれはお米だったのね

サテーの写真がないのが残念。どっかになかったかな?探し当てたらここに載せます。っていうか誰か持ってません??

持ってたら頂戴ませ。

昨日から、このクトゥパがなかなか覚えられません。

うーん、覚え方は・・・

勉強が苦痛で、頭がパーになっちゃった!に決定。笑

クツウでパー → クトゥパー よっしゃ~

では

*********

| | コメント (0)

2008年9月25日 (木)

ブキティマガイド練習はじまり~

Rimg00011 Rimg0004

今年も一昨年に続いて、日本人会自然友の会有志が、ブキティマ自然保護区でクレメンティ日本人小学校5年生をガイドします。初めてのガイドをドキドキの思いでやったのは、もう2年も前、2006年11月1日。懐かしい♪ 今日も朝早くからブキティマヒルでは健康のためでしょう、たくさんの人がウォーキングを楽しんでいました。

Rimg00072今年の小学5年生は120名もいるとかで、こちらも総動員で頑張らねば!

そんな私達をかわいいこんな奴がお迎えしてくれました。まだまだかわいいサイズですね。尻尾の先まで入れると1mぐらいかな?

正体は、

クラウディッド モニター(Clouded Monitor)

大きいのになると、尻尾を入れないで、70cmぐらいですね。時々のっそのっそと歩いています。

水の中にいるのとはちょっと種類が違います。あちらはマラヤン・ウォーターモニター(Malayan Water Monitor)

鼻の穴の位置が違います。ウォーターモニターの方は泳ぎながらでも、息ができるように鼻の穴が先っちょにあります。いい写真は前の記事でどうぞ。ペロッと出した舌が迫力ありますよ。

この頃、日増しに暑くなってきていて、陽射しがきついです。汗かかきかき事務局さん達のお手本の説明を聞きます。なんか今日私はへとへと。。。

それでも、久しぶりにブラックリリーが見れてハッピー!ほとんど花は萎れかけてましたが、それでも見れるだけハッピー!これはなかなか見れないんです。こいつの魅力は独特じゃけんね~と、sadaさんが広島弁でいいそうな。。。笑 変った奴ですブラックリリー。何でリリーなんだか、それもさっぱり理解が出来ない。。。そんな奴のお姿は・・・

Rimg00201_2 180pxgreen_playboy_bunny 

耳が二つでしょ!そうだ!あれあれ、あれよ。プレイボーイクラブのバニーガールのお耳ちゃん!でしょ?!そう思いません?ほほほ、右のお写真はウイキペディアからお借りしました。

ブラックリリー(Tacca integrifolia)

Rimg0055 Rimg0056

タシロイモ科。タシロイモ科は1科1属。アジア、アフリカの熱帯地域、オーストラリア、太平洋諸島、南アメリカ広範囲にわたって10種があるのだそう。私は触りだけで、詳しくはTOMちゃんブログに飛んでくださいね。いつもお任せ・・・!!!ありがとう。タシロイモ科は綺麗にまとめてあります。さすが!!!http://tropicalplant.air-nifty.com/top/2008/08/post_4756.html

↓1年ぐらい前に、マウントフェーバーで見たのがこれ。きっとこれは園芸種。耳の形が違うから・・・

Rimg06621 Rimg0665

ラン園でも見れます。taccaの仲間が3種類ぐらい。これと同じようなので、背丈が馬鹿でかいのが、見られます。それはまたご紹介しますね。

Rimg00111_2 Rimg0052_2

お勉強中               ↑Scorpion Plant

もうひとつ、いつものごとくスコルピオンプラントもいつもの場所に咲いていてくれました。この花はこの辺りが原産の花。ここでしか見たことがないです。花序の形がさそりの尻尾に似ているから、こんな名前がついているんですね。詳しくはまたまたTOMちゃんブログへ飛んでくださいね。http://tropicalplant.air-nifty.com/top/2005/12/post_8231.html

さあ、本番がうまくいきますように。これから何度もブキティマに足を運び練習です。

子ども達と一緒に楽しい時間が持てますように。

では

*********

 

| | コメント (2)

2008年9月24日 (水)

バリ島 その10 マンジュウヒトデ@ムンジャンガン島

Rimg0315

久しぶりにバリ島旅行記に戻ります。前回の記事はスノーケリングをしに海辺へ向かった所まででした。って、誰も覚えてないでしょね?笑 が、マイペースで続けます!笑

ムンジャンガン島へ向かう所です。ビーチまで泊まっている所から10分ぐらい。リゾートのジェッティに着いてみると、なんとなんと!素敵なマングローブの森が広がってました。お天気もいいし、いい気持ち。今日のガイドのサヌールと挨拶を交わし、さあムンジャンガン島へ向かいます。島までは約20分ぐらい。

Rimg0301 Rimg0304

ジェッティの突端には、黄色のマリーゴールドの花が散らばってました。実は、ロマンティックディナーというのを頼むと、波が穏やかな日にはここでディナーが食べれるのこれは前の日の残骸なの。。。でも、ここ揺れてますよ、十分~~浮いてるだけの桟橋ですから・・・ロマンチックって言ってられそうもない気がしますが・・・まあ、いいか、好みは人それぞれ~ってことで。。。笑

さあ、乗るボートは、私達は二人なので、運よく小さいけどかっこいいスピードボートが待っててくれました。

Rimg0306_2 Rimg0307

さあ、出発です。

ルンルン気分でムンジャンガン島について、ボートから浜辺へ。その後すぐにスノーケルしました。さて、海の中はどうだったでしょうか?ふふふ。

サヌールがリードしてくれるので、彼についていきながら泳ぎます。波は少しありますが大丈夫。私は泳ぎは苦手なのです~ 最初はいつも必死。いつもは気にしてもいない息をどうすりゃいいの~~って感じ。。。でも、海の中が大、大、大好きなので、頑張っちゃいます。海中の美しさは最高色がね。なんてったって色が、、、海の外にはあんな色ないですもの。表現しようがないですよね。あれは。。。

はるばるやってきたムンジャンガン島の海の中。それが、、、それが、、、なんて綺麗なの~!久しぶりです。こんなに綺麗な海は・・・ シンガポールの近く、それぞれ綺麗ではあったものの、珊瑚が死んでます。生きている珊瑚の数がとんでもなく少ない状態。それが、ここでは生きてる!生きてる!嬉しいですよね!!!ここは国立公園の中だから、荒らされてないのもありますね。。。やっと会えた!!!本当に綺麗な海の中に。サヌールがmany many fish !!! と言っていたのは本当でした。サヌールの自慢そうな顔が思い出されます。めちゃくちゃお薦めです

海中の写真ないです。。。それにムンジャンガン島の写真もなし・・・ごめんなさい。なんせボートにカメラを置いて来ちゃって・・・なんだか海の中遥か向こうのボートに取りにいくのが面倒だったもので。。。

Photo_2サヌールが潜って、珊瑚の間から、なんだか巨大豚マンのような形のものを手渡してくれました。結構大きくて、直径20cmぐらいあったかな?

大きい珊瑚???なんて思いながら、くれるから両手で抱えて泳いでました。これ持って帰ると素敵なオブジェなんて思いながら・・・なーんにも気にしないで泳いでいて、ふと気がつくと持っている指先部分が、あれ~、ぐーんと凹んでいるではないですか?!! ぎょえっ、これ生きてる!!!びっくりだよ、もう。。。とにかく珊瑚だと信じてたから。。。裏をひっくり返してみると、5本の赤い筋が。。。もしかして、これ、もしかして、これ、もしかしてこれ、ヒトデ!!!!私の常識はひっくり返りましたね!!!

急に持つ手が優しくなりました。笑 

家に帰って調べてみると、マンジュウヒトデと言う名前らしい。かわいい名前じゃないですか!気に入ったあ!!!

写真を見てみて下さい。このページに綺麗な青いのが・・・「八重山通信」と言うブログです。http://uminchu.no-blog.jp/yaeyama/2006/08/post_fce6.html 

ムンジャンガンでは、ニモも健在でした。イソギンチャクの間でかわいく泳いでましたよ。それにしても、この八重山通信のクマノミのところをクリックして見てください。悲しいことに、ニモの泥棒が凄いらしいです。そうなんですね。知らなかった。。。

私のお気に入りマンジュウヒトデは、お名残惜しいけど海に返してやりました。

おもちゃにしててごめんなさい。

ランチは朝食の時に、頼んでおくとちゃんと届いていて、サヌールが持ってきてくれました。私がナシゴレン、パパさんはハンバーガー。

綺麗な海を見ながら食べるのですもの。

どちらもとても美味しい~!

いえいえ、味も大満足。

このアジア地域にもまだまだこんなに綺麗な珊瑚が存在してました。

ほぼ諦めかけてました。

良かった。。。

では

*********

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

チャイナタウン 色塗りしました。

Photo

この間スケッチ教室で描いたチャイナタウン。やっと色塗りしました。きのうの夕方から始めて、やっと終了。もうお昼をとっくにすぎてます。お腹すきましたぁ♪ 

なかなか苦労しました。如何でしょう?!

今から何か食べに出かけることにします!

真ん中、中央にぼーっと立ってるおじさんがいるでしょ。

こういうおじさんが必ずいるの!チャイナタウンには・・・笑

では

**********

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

オジギソウ

Rimg00321

学名Mimosa pudica マメ科
英名: Sensitive Plant、Shame Plant
和名:オジギソウ、ネムリグサ
中国名:
羞恥草 
原産地:ブラジル

マクリッチ貯水池で見たオジギソウをちょっと調べてみました。あまりにかわいかったので・・・

原産地はブラジルなんですね。さすが暑い国だわ。多年草。日本では1年草。草丈は20cm~30cm。茎はだんだん木質化してたくさんの棘(とげ)があります。そうなのね・・・そんなことも知らなかった。。。触ると葉を閉じてうなだれる様子が面白いので、子ども達にも人気♪ですよね。ピンクのパフ状の花もかわいい♪属名は、mimos「まねの」「道化師の」に因みます。種小名のpudicusは「内気な」という意味。

Rimg00331 Rimg0034

                      ↑閉じ始めたところ。最後にはかくんと垂れて、20分位するとまた起き上がる。                                                  

触れると葉をぴたっと閉じますが、他に振動を感じたりしても閉じるし、熱や蒸発したアルコールにも反応するらしいですよ。酒臭い人が傍で語りかけると、「イヤーン!」って言って閉じるのね。。。 実験したわけじゃないので不確か・・・笑 

触れるだけでなく、夜になったり、周りがうす暗くなっても葉を閉じます。触れるのと、夜になって閉じるのと、2種類の習性を持っています。

では、どうしてオジギソウはおじぎをするの???

調べてみると、こんなHPにでくわしました。アットホーム株式会社の「教授対談シリーズ・こだわりアカデミー」というHPhttp://www.athome-academy.jp/index.html#moviestart様々な学術分野の教授の方が、アットホームの社長さんと対談して、興味深い話をしてらっしゃいます。面白そう~~~。

私なんて、オジギソウを飛ばして、「カラス社会を解明する」なんていうのをまず読んじゃいました。なぜかって、横浜の我が家の回りはカラスだらけ!!!あ~、帰国したら、かわいいマイナーちゃんの代わりに毎日カラスだわ===!!!ほんとに異様なんですから~!!!10階なので見晴らしはいいのですが、富士山も見れるしね。でもでも、毎日夕方はカラスの飛行風景が・・・100匹近いんですよ。

それがなんと!カラスは滑り台をするんですって!!!ええっ~~!!!うそっ?!見てみたい!!!

このHP面白い記事がいっぱいですよ。不動産屋さんのアットホーム(株)なかなかいい活動をしてますね。

ーーーーーーーーー

オジギソウについては、

上智大学理工学部教授 土屋 隆英 氏との対談です。

「おオジギソウは何故おじぎをするのか」 

この素早いオジギソウの動きには昔から興味を持っている人はたくさんあって、ダーウィンも1880年には、『植物の運動力』という本で触れているそうです。

どうも主葉枕(しゅようちん)に鍵があるらしい・・・主葉枕っていうのはここ。

Rimg00302

オジギソウの場合、何らかの影響を受けると、この主葉枕の部分の水分が移動するらしいんです。この葉枕の部分の水の移動による膨圧(ぼうあつ)の変化によって、葉が上下運動をするんですって。へー、ですね。

詳しくはここで勉強してください。

http://www.athome-academy.jp/archive/biology/0000000114_01.html

Rimg00361

種がこんなにたくさん出来てました。確かにマメ科だ。

Rimg0027

オジギソウはとても育てやすいので、帰ったら育ててみることにします。

マクリッチを思い出しながら。。。

Rimg0023

では

*********

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

定例会はやっぱりいいな。

Rimg0012_3

自然友の会、9月定例会で、マクリッチ自然保護区のローニートレイルとチェンペライトレイルを歩いてきました。このトレイルは久しぶり・・・マクリッチ貯水池の水辺はいつ訪れても気持ちいい。。。

8月は友の会の活動はお休みなので、1ヶ月ぶりの定例会。なんだかとても久しぶり~。やっぱり定例会はいいわあ。安心していられる場所だわ。自然友の会、この頃メンバーがぐんと増えて、新しい顔がぞろり・・・総メンバー40人になりました。平均滞在年数3~4年という短い間に、植物に親しんで、かつ植物の知識を後輩に伝えていくことは大変。でも、それが不思議に何十年もちゃんと続いています。それだけ自然は人を魅了するのでしょうね。

Rimg0011

今日も、「家族や一人で歩いても、何にも分からないからただ歩くだけ・・・。皆同じ緑にしか見えませーん。 こういう風に教えてもらうとよく分かりますね。」という声を聞きました。汗かきかき、へたり気味でもニコニコしている新人メンバーを見ると、こうやって繋がっていくんだなあーと実感しつつ、楽しかった定例会の光景を色々思い出しちゃいました。先輩方、仲間達、いろんな懐かしい顔が浮かびます。思い出す顔は、皆、最上の笑顔です!!!笑 緑をバックにめちゃくちゃいい笑顔です。日にもホントよく焼けましたあ。私は暑いのが嫌いだから、いつも大体腕だしまくりだし・・・ 笑

皆でよく笑ったよね~ 楽しかったよね~!!!

来月は定例会でなく、小学生へのボランティアガイドになるので、今日が私にとっては最後の定例会でした。汗びっしょりになりながら、へとへとでついて行っていた2年ちょっと前を思い出します。

みんなありがとう~!

よくぞ鍛えてくださいましたあ!

感謝してますよ~!絶対忘れませんよ~!

新人メンバーさん、教えてもらったものを誰かに還元してくださいね。

縦に繋げましょう。

横に広げましょう。

ありがとう!

Rimg0003

さあ、今日も楽しく行きましょう 出発! 

こうやって、また来年も、そのまた来年も日本人会自然友の会定例会が続いていきますように。

今日はmiyomamaさん、kobaちゃん案内役ご苦労様でした。ありがとう。

ーーーーーーーーーー

さて、少しだけ様子を書きましょう。

今日はこんなのが珍しかったですよ♪

それは、うつぼかずら(ピッチャープラント)の花。初めてです♪

Rimg0013

水辺でちょっと遠かったので、近くでは撮れませんでしたが、貯水池の水面をバックにいい感じでしたよ。こんなにスッと立ち上がる花序なんですね。

Rimg0015

もうひとつ、私には珍しかったので、一人遅れて撮ってましたぁ。えへっ、ちゃんと付いて行かないのは、いつものことでごめん!!!

Rimg0036

こんなのが目に留まったもので。。。オジギソウです。へー、こんな種なのね。なんて言いながらちょこんと触ると、反応いい~~~

Rimg00331 Rimg0034

rumirumiさんと遊んじゃって・・・まずい行かねば~

rumirumiさんが、花があるよ。ええっ?花??わおー!かわいい!

Rimg0032

もしかして、今日の一番のお気に入りはこの花。ごめんなさい、フタバガキの実に勝っちゃうかも・・・やっぱりかわいい。。。こういう可憐な花に惹かれます。

じゃじゃーん、でもやっぱりこれだああああ!!! NO1は、フタバガキの実!!!

なんとなんと、落ちてました。二つも。。。やったー、やったー、超ラッキー!!!

Rimg0054

これは前のグループが見つけたもの。たぶんmotoさん?これで喜んでいたのだけど、もうひとつあったあ!!!

Rimg00571 Rimg00621

こっちは、ビギナーズラックかな?Nさんが見つけたもの。こんなものを手にしているけど、本人はたぶんその凄さに気づいていない!!!笑 だって、今日が始めての散策だからね。ディプテロカルプス属(Dipterocarpus sp.)のフタバガキですね。フタバガキについては、前の記事を見てみて下さいね。自分でも昔のブログは懐かしいー 結構頑張って書いてるじゃん。なんちゃって。。。でも、ちょっと書き方に落ち着きがない。。。笑

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_c215.html

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_2ca4.html

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/hopea_odorata.html

こんなとこかな?

Rimg00421 Rimg0069

 ↑ローニートレイル入り口      ↑チェンペライトレイル入り口

今日のわたくし的 ナンバー3でした。今日の案内人さまご推薦ハイライトとはぜーんぜん違いますよ。あくまで今日の私の好み。

Rimg0006 Rimg0047

↑ぺタイの花 これも面白いよね。  ↑ローニートレイル入ってすぐの右手に2本アカクロサガがあるよー向こうが入り口。内緒の情報。

Rimg0072

マクリッチの木道、大好き。

ぜひ、家族連れで如何ですか。中心から車で10分程度でこんな所に行けるなんて、日本の都会じゃ考えられません。ベンチに座ってのーんびりするのもいいですね。

そうそう、今日は影ができない日なんだそうです。そこで写真撮ってみました。

Rimg0090

12時ちょっとすぎです・・・太陽は真上?

では

*********

| | コメント (2)

2008年9月19日 (金)

チャイナタウンに行ったなら・・・

Rimg0383 Rimg0384

チャイナタウンに行ったなら、こんなお土産を買うべし。

ここは幸四郎ママさんご推薦パン屋さん!ほんと!ほんと!普通に持ったら潰れちゃいます。やさしーく扱ってやってくださいね。ふわふわ~~~。詳しくは、幸四郎ママさんのブログに飛んでくださいー。http://plaza.rakuten.co.jp/catsyawn/diary/20080817/

絶え間なくお客さんがやってくるくる。。。凄い売れ行きです。確かにヤム芋の餡が入ったパンがおいしいー、ダメです。止まりません!

小さいのが6個くっ付いててひとつです。

さて、おやつをゲットしたら、夕食のおかずを買わねば・・・

それは餃子。

ピープルズパーク・コンプレックスの裏のフードコート内の餃子屋さん。ここは20年前よく食べに来たお店。この辺りに美味しい餃子屋さんがあったはずなんだけど・・・と思っていたら、まだあったんです!!!名前がわかって納得。junさんお薦めで、インドボダイジュを見に行った帰り友の会の皆で食べに行ったレストラン ホンキー(FONG KEE)はここが発祥地だったんだあ!

Rimg0386

ピープルズパーク・コンプレックスから入ると左側正面に見えます。12個で6ドル。これも買って帰って、つい手を出してしまったらお終いです!笑 私の場合は、あっという間に12個が・・・・ あー、なんか気持ち悪くなってしまいましたわん。。。私はここの大好きですよ♪皮がぱりぱり♪

Rimg0387_2 Rimg0388

まだもうちょっと時間に余裕が・・・

なんていう時は、ピープルズパーク・コンプレックス、4,5階にあるマッサージやさんでフットマッサージでもどうぞ。30分15ドル、40分20ドル、60分25ドル。安いです。

Rimg03851

マッサージしてくれたお兄ちゃんに、きれい!きれい!と言われて、うふふのトモちゃん。それなのに、私はなんて言われたと思う? トモちゃんのママ?って・・・むかっ!!!むかっ!!!むかっ!!!一体トモちゃんは何歳に見られた???それが問題じゃ~~ でも、トモちゃんはトモちゃんで一緒にいた14歳のシホちゃんのママと同じ歳であることが判明。。。考えもしなかったと、内心愕然としておった・・・ お互い様ですわね。。。笑 外見は仕方ない・・・中身で行きましょーねーーー

確かにここ1年、老いてきた感がある・・・目が特にヤバイ。。。あっ、顔のたるみもですがね・・・シンガポールに住むと、常に暑くて日本の3倍歳をとると言われている・・・一週間日本に帰っただけでも、ちょっと体が休まって引き締まる感があったもの・・・それ考えるとそろそろ日本もいいかも・・・お体の為に帰りましょ~~

でもでも、あーーー、本帰国で一番悲しいのは、足マッサージが・・・高くて日本では出来ないこと!!!

とほっ 涙

今日はお土産の話で終わるつもりが、ずいぶん話がそれてしまいましたわ。笑

ーーーーーーーーーー

Rimg03921 Rimg03951

話のそれついでに、今日は植物園のジンジャーガーデンで生姜について勉強していました。へー、へー、へーっ!たかがショウガと思っていましたが、ショウガの種類って多いんですね。それに知らなかった~っていうことがたくさんありました。にわか知識ですが、30日(火曜日)のボタ歩きの会で少し新発見のことをお知らせできそうです。

ジンジャーの仲間も色々見てみましょうね。ジンジャーの花は色鮮やかで綺麗です。

ボタ歩きの会参加募ってます!!!まだ大丈夫ですよ。

詳しくはhttp://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/9gatsu.html

では

********

| | コメント (4)

2008年9月18日 (木)

チャイナタウン@スケッチ

Chinatown

チャイナタウンはいつも賑やか。ごちゃごちゃしてますチャイナタウン。エネルギッシュな怪しげな・・・そんな空間で、足を投げ出して座り込んで描きました。なんだかすっぽりはまってた感じ。集合時間が来たので退散しましたが、まだあそこにいたかった。

----------

ペンで描くと間違える。

鉛筆で描くと正確に描ける。消せるから・・・やり直せるから・・・

だから鉛筆で描きたい!今まで何度もそう思いました。

そして試行錯誤を繰り返しつつ・・・

でもやっぱり今でもペンで描いてます。

それは、間違えだらけなのに、

ペンで描いた作品の方が、なぜか迫力があるのです。

消せないとなると

取り組む時に集中する気持ちがうんと違うから、

覚悟が違うから・・・

きっと、そんなことから生み出る結果でしょう。

間違いをそのまま受け止める気持ちも生まれます。

正確さを要求する方には不向きかもしれませんが、

全体から感じられる魅力に重きを置いていただければ、

ペンで描くことに大きな意味があるように思います。

目の前の風景から溢れ出るもの。

集中して描くと、

自然にそのまま

その溢れ出るものが絵に移ってくるように思います。

それは、私自身の思いを遥かに越えたもの。

私は見てただ手を動かしているに過ぎないかも。

もし消せたら、私の左脳の影響ばかりが入った絵になってしまう。。。

そんな気がして、また苦労してペンなんぞで描いてます。笑

消さないでいいぐらい上手になったら、

もしかしたら、鉛筆で描いているかも。

鉛筆の味わいもまた優しくて、柔らかくていいものだから。

では

*******

| | コメント (2)

2008年9月17日 (水)

おすすめカキ氷@チャイナタウン

Rimg0376_2

きのうから頭の中はずーっとこの波打つカキ氷。まるで、ミルフィーユ? クレープ?それとも優雅なドレープ? スケッチクラスでチャイナタウンに行ってきました。私のスケッチクラスは、スケッチ&ランチでワンセットになっております。楽しいことはなんでもくっつけちゃえーの欲張りコースでござい! この頃じゃー、観光付き?!ははは、楽しいクラスです~~ 

上の写真を見て、ぐぐーっと惹かれたあなた。ぜひ食べに行ってください!差し出された指の意味は、「こっちから写した方がアズキがいっぱいよ~~!」 

Rimg0377_4 Rimg0374_2  

カキ氷というよりは、シャーベットをカンナで削ったようなの・・・ どお?っていいながら、一口食べて、「おおーっ!!!」 隣のjun-coちゃんと、思わず顔を見合わせましたねーー 初めての感覚。。。です! ほわっ!です。 これは日本でもいける!!! 右は モカの味

他にこんな味がありますよ。

Rimg0379_2 Rimg0378 

味の種類、お店の場所はこの写真をクリックしてご覧遊ばせ~~!中国語堪能なnakaちゃんが早く帰ってしまって、よく分かりませんでした。もしnakaちゃんがいたら、どうやってこのかき氷を作っているか、もっと詳しく聞けたのに・・・♪ 日本で商売やるかな?!シンガポールのデザートぷらす日本のデザートで。。。

他にこれお薦めです。マンゴーwith ポメロ。これは超好物。

Rimg0372_2

このマンゴーwith ポメロは vivocityのフードリパブリックのデザート屋さんのも美味しいですよ。そこのハニーデューサーゴもGOODだそうです。

Rimg0381

またまた美味しくてハッピー!!! 

あなたもぜひハッピーに!!!

では

********

| | コメント (2)

2008年9月16日 (火)

ただいま!

日本から帰ってきました。

忙しくてブログもかけず、PC環境も良くなかったので、コメントやメールを頂いた皆さんに、ちゃんとお返事も出来ぬままになっていました。ごめんなさい。私にしては信じられないことに、カメラもそのままトランクの中に入ったままでした。

さあ、こっちに帰ってきたら、気分はさっと変わって、今日は早速スケッチクラスで、チャイナタウンに出かけてきました。

まぶしい光の下、上を見上げるとシンガポールらしい物干しの風景が目に飛び込んできました。

Rimg0314 Rimg03162

あそこの、あのてっぺんの洗濯物が落ちてきたらどうするのん!

今日は空が綺麗。。。

空に秋の気配を感じたのは、きのうまで日本にいたせい?

ひとまず、帰ってきたお知らせまで。

今日は面白いデザートを食べました。

それについてはまた明日。

では

********

| | コメント (2)

2008年9月11日 (木)

私たちは熱帯植物博士?!

さっきボタ本を一緒に作った仲間のjunさんから、とても嬉しいメールが届いていました。

びっくり! 嬉しい! 恥ずかしい~!σ(^◇^;)

なんと、日経新聞が出している「NIKKEI GALLARY 」Vol.69のTOPICS(P26)にボタ本の記事が載っているそうです!!!新聞の間に時々挟まっている小冊子ですよね。今日本なのではっきりしませんが・・・きっと数日前に挟まっていたはずです。

そして、なんと記事の見出しは、「奥様は熱帯植物博士」 

おほほほ、博士だなんて・・・ 恥ずかしいーー でもめちゃ嬉しい~~ やっほーー 笑

さっそく、junさんが スキャンして送ってくれました。クリックすると大きくなって読めますよ。

Photo

みなさーん、一緒に作ったボタニックラバーズの28人の皆さーん、今は日本に帰っってしまった皆も見てくださーい!!!私たち博士になっちゃいましたよーー!!!皆で作ったボタ本、好評ですよ。嬉しい声をたくさん聞いてますよーー 友の会外部にも 熱帯植物に詳しい人の輪が広がるなんていう素敵なことが起こっています。

ーーーーーーーーー

Rimg01681_2 日本人会売店で販売中

日本人会自然友の会内部で、そして外にも門戸を広げて、「ボタ本を持って歩く会」(ボタ歩きの会」をやっています。一人で歩いたんじゃ、なんにも分からないですよね。暑いしねーー(;;;´Д`)ゝ 私も先輩たちと楽しく歩いたから分かるようになったんです。一緒に歩いたから楽しかったんです。もしかして、シンガポールに来てつまんない!なんていう人がいらしたら、ちょっと心を動かして、足を動かして、植物園にいらしてみませんか?一緒に歩いてみませんか?

もしかしたら、何か新しい気づきがあるかもしれません。

保証の限りではないですが。。。笑

9月の「ボタ歩きの会」はこちらをクリック!http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/9gatsu.html

日本の初秋もいいですね。

掃除ばっかりで汗びっしょりですが・・・

では

********** 

| | コメント (2)

2008年9月10日 (水)

王座の風格

急に日本に帰ってきました。

今横浜の自宅からです。

急いでチケットを取ってから気づいたら、嬉しいことにシンガポール航空が導入した(5月のことだったような。。。)最新鋭機総2階建てのエアバスA380 でした。乗ってみての感想はいろいろな人が書いていますが、一言、乗り心地良かったあ。なんか広いの~ 一番後ろの席で隣がいなくて、ゆーっくり横になって寝れたから~ますます印象アップ!かな?一番いいのはモニターが普通7インチから10インチに大きくなってること!それだけでも嬉しいじゃありませ~ん?!!なんだか楽しくなって、夜遅いのに、ずーっと音楽聴いちゃいましたよ。結局モニターの大きさと関係ないことしてましたが・・・!!笑 あっそうそう、毛布がベージュであったかいの。ペランペランじゃなくて、少しはふかふかしてました。

250pxa380_reveal_1_2 初披露 ウイキペディアより

一番後ろなので、なかなか降りれない~!そこで、フライトアテンダントさんとしゃべってたら、2階も見てみる? YES,SURE!ってなことになり、2階見学させてもらいました。半分がエコノミーになってます。

朝降りてから、皆写真とってましたね。ごめんなさい。カメラはトランクに入れちゃってて撮れませんでした。

・左右の翼の曲線がきれい。

・尾翼がでっかい。 

成田の窓ガラスから見たエアバスA380にそんな印象を持ちました。あんなでっかいのがよく飛ぶわーーー まさに、王座の風格ありました。下は初めて、エアバスA380 が飛んだときの映像です。シンガポールからシドニーに向けてでした。どうぞ。

http://www.gizmodo.jp/2007/10/a380_1.html

シンガポールー成田間

シンガポール発 午後11時40分 と 成田発 午前11時半ですよ。

では

*******

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

参加募集! 9月 ボタ歩きの会 一緒に歩きませんか?

Rimg01453 

少しばかり気の抜けた 朝を迎えています。

一杯のコーヒーの苦味が体中に沁みわたっていきます。

日曜日なので、それもいいのですが・・・その理由の一つは、きのう植物園ガイドグループでの最後のレインフォレスト・ガイドを終えたことカナ?昨日は、家に着き、抜けていきそうな気力を奮い立たせるために、江原啓之さんや美輪明宏さんの番組をyou tubeで見て、元気を奮い立たせちゃったりしました。体の奥の方にしっかりしたエネルギーを貰ったので、もう大丈夫です!笑 

実は10月でシンガポールを去ります。こればかりは、いたし方ないことです。とてもとても残念ですが・・・まあ、またご縁あるところで精一杯、いえいえ、人様にきっとご迷惑をかけながら生きておりますので、宜しく宜しくお願い致します♪

Photo_39_2

ガイドデビューは、一昨年の12月のことでした。汗をかきかき一緒に歩いたたくさんの顔が目に浮かびます・・・私の大雑把なガイドでも楽しかったと反応を頂くこともあり、その度に、こちらの方が大きな元気を頂きました。本当にそうなんです。ガイドをするって、結局こちらの方が元気を頂くのです。みなさん、本当にありがとうございました。きのうご一緒したよぴかわさんご家族、mikamiさん親子、旅行中のibeくん、onoderaさんありがとう~~思い出になりましたー。

Rimg01681_2

よぴかわさん、早速帰りに日本人会売店でボタ本をゲットしていただいたようで、嬉しいです~~どなたかに、ぜひ宣伝してください(^。^)/

Rimg0005_2

今、植物園ではビジターセンターを入ってまっすぐ行った正面にあるレッドステムフィグ(無花果・いちじく)が実をたくさん付け始めていますよ。
ボタ本P186 21番の木です。

Img_1968

(毎月第一土曜日 10:00amからシンガポールボタニックガーデン(植物園)ではレインフォレストガイドを行っています。奇数月は 第2水曜日10:00amにもやっていますよ。ビジターセンター集合です。)

ーーーーーーーーー

もう一つ、お知らせです。今月も元気にやりますよー♪

シリーズ第5弾 9月のボタ歩きの会(ボタ本を持って植物園を歩く会)です。

Rimg00392

こちらは、ガイドグループと関係なく私個人が企画している植物園を歩く会です。詳しくは前回の記事を見てくださいね。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_9ae7.html

日時:9月30日 (火曜日) いつものごとく午前中2時間程度です。
いつもの代表的な木に加えて、今回はジンジャーガーデンをまわります。

Rimg00921

どなたでも参加自由です。奮ってご参加下さい。

参加希望者は、メールにてご連絡下さい。詳細をお知らせ致します。左上のメール送信を開いていただくとメールアドレスがわかります。

この会もあと残すこと2回になります。植物園を知るいいきっかけになって頂ければと思います。ぜひ、ぜひいらして下さい。

参加費無料ですが、いつもながら滝田明日香さん応援し、ケニアマサイマラ保護区の危機をヘルプする気持ちを込めた企画です。もし、楽しかった!面白かった!などと思っていただければ、ケニアマサイマラ保護区へのヘルプのため少しばかりの寄付をお願い致します。私の描いたスケッチのポストカードも持って行きますので、良かったら買って下さい。この売り上げも寄付させて頂いております。

お待ちしていますーー!!!

では

*********

| | コメント (12)

2008年9月 6日 (土)

パンギューム(パンギウム)・パンギノキ

Peranakan_shophouse

獅子が鎮座しているペラナカンハウスの門柱。ペラナカンハウスには、ピンクの花がモチーフになったタイルがたくさん使われています。西洋の影響が少し入っていますね。オリジナルの中国のテラスハウスより、少しばかりお洒落度がアップ!このタイルと獅子が描きたくて・・・2階の部屋に光を入れる窓もステンドグラスのように色々な色が使われています。きっと綺麗な光が差し込むのでしょう~

ーーーーーーーーーーー

さて、きのうの続き。スケッチクラスのランチの話。

カトンに来たなら、カトンラクサ。またはペラナカン料理です。ラクサは一人で食べてね~ ペラナカン料理は一人じゃ、楽しめないからね。

ということで、ルマビビのお店の人に聞きました。どこか良いレストランないですか?そこで、教えてもらったのが、チャーリー。チリパディに行こうと思ったけど遠いので、どんなとこかわかんないけど行ってみますかーー!!! ひとまず、目的は「ペラナカンレストランでパンギュームの実を食すること。」 ははは、私一人勝手にそう決めてました~!

それは大阪弁ちゃんと一緒に、この間の「ボタ歩きの会」でパンギュームの種を見たのです。だからぜひ、植物園で見たその種を今度は食べて欲しかったの!!!

Rimg00741 Rimg0075

これが、パンギュームの種。それで食べたのは、下の写真。

Rimg0213

ペラナカン料理では代表格の Ayam Buak Keluak

パンギュームの種は青酸を含み有毒なので、長時間流水にさらし毒抜きをしたり、殻ごと焼いたり、煮たりすると食べられるそうです。これは鶏肉と一緒に煮込んだ料理。スプーンで種の中身をほじくって食べるの~~  普通もうちょっと小さいスプーンがついてくるし、鶏のシチューの感じの中にパンギュームが入っているんだけど、この「チャーリー」のはパンギュームが山盛り。。。お洒落度はないけど、家庭の味かな?みんなでぼやいたよー、どうやって食べろって~?大きいフォークしかないぞ~おじさん!!

ペラナカン料理のことをニョニャ料理とも言います。ニョニャとはペラナカン文化では女の人のこと。ちなみに男の人をババというんです。お料理上手の奥さんが作り出した料理と言うわけ。。。このお店、おじさん一人で注文受けて、料理して、ニョニャ料理ならぬババ料理屋さんでしたあ。笑

ペラナカン文化って何よ???と言う人は、最後に書きますねーーちょっと待ってねー

パンギュームの木は、和名をパンギノキといいます。どんな木かと言うと、高さ10m~40mにもなる落葉高木なんですよ。シンガポール植物園のソーセージツリーとモンキーポットツリーの間にある木。こんなのです。ボタ本P62

Rimg00782

そして、見上げると茶色い結構大きな実が何個かぶら下がっています。長さ30cmぐらいにもなる卵型。茶色で表面はざらざらしています。

Rimg00772

この中に種が数個入っています。前は写真いいのがあったのだけど、PCが壊れてなくなっちゃいました。ネットで検索してもいいのはありません。それに、パンギノキでは少しヒットするけれど、いい写真がないし、パンギウムでちょっとヒット、ましてやパンギュームなんて言葉で、全然ヒットしません。それだけ日本語で紹介されているHPやブログがないということなんですね。だれかいい写真持っていたら、ここに載せたいのでくださーい。

(数日後halさんから写真が届きました。ありがとう~!)

_0031 Rimg0324 

葉は光沢があって、ハート型。写真でみれるように葉柄が長いです。花は淡緑色。種を包んでいる果肉は黄色で、玉ねぎのような匂いを発します。

Rimg0318

ぜひ、植物園で見て下さいね。

さて、ランチの方。実はもうひとつ面白いものを食べました。お初でしたーーージャックフルーツのカレー。おじさんが勧めるのよーーー 訳分からないから、もういわれるまま・・・注文したけど、ちょと恐い。臭い~?あのジャックフルーツの匂いは果たしてどうなの~~??

Rimg0212

これが、ジャックフルーツのカレー。。。白菜の芯だけ??みたいなの。。。写っているスプーン、ティースプーンじゃなくて、大きなスプーンです・・・小さそうに見えるな・・・

じゃじゃーん。これが意外に美味しかった~~また食べるかい?と聞かれれば、、、うーん、そういう状態になれば・・・とお答えするしかないけどね。好き好んでは食べませんが、これしかないなら、喜んでーーー笑 全然匂い無しですーーー

Rimg0220

中身をたいらげて、空になったパンギュームの種とジャックフルーツの記念撮影。。。

あとは小さな海老のオムレツと豚の煮込みと空芯菜の炒め物。

Rimg0216_2 Rimg02171

おじさーん、味は良かったよー。しかし、ちょっとお店せっかくなんだから、なんか壁に飾ったら~?なーんにも張りもしてないし・・・。殺風景ですわ。私達のスケッチでもどう??なんちゃって。。。家庭料理のおじさんのお料理にぴったりかも・・・

そういえば、ペラナカン・ペラナカンって、当たり前のように言ってるけど、

「jun-coちゃん、意味分かってる?」

「へへ、知りませーん。わたしまだ来星したばっか・・・来て2週間で、ウビン島に行っちゃって、また2ヶ月でパンギュームにジャックフルーツのカレー食べちゃってます~!」 

このスケッチクラスに縁あって入ったお陰で、入門編をぶっ飛ばして、上級編の道を歩んでいるun-coちゃんのために・・・笑 

ペラナカン文化とは・・・あー、面倒だからボタ本見てください。P62 持ってない人は即買って下さいーー日本人会ショップで販売中。シンガポール植物園についての日本語で初めての本、私達が作った本ですーー。それか、即ペラナカン博物館か国立博物館へGO!!!

ふー、でもちょっとだけね~~~

14,15世紀に中国からやってきた華僑の中国人とマレーシア人の女性が結婚してできた、中国とマレーシアのミックスした文化です。マラッカに入ってきたオランダなどの西洋文化も取り入れられました。中国では文化大革命でなくなってしまった古い中国の伝統文化も大切に受け継がれています。かなり裕福な階級の文化です。マレーと中国のミックスされた独自の料理をペラナカン料理(ニョニャ料理)と言います。マラッカを経由してシンガポールにも多くのペラナカンが住むようになりました。でも、だんだんその文化も薄れていっているとか・・・

といことで、お店は有名なカトン・アンティークハウスのまん前。教会の前。お店を紹介しようとしても、こんなのだけしか・・・一応看板だけ・・・綺麗なレストランですよ 笑 洒落っ気がないだけ。

Rimg0221

チャーリーおじさんのババ料理、特にジャックフルーツのカレー珍しいですーーー!!!

では

**********

| | コメント (8)

2008年9月 5日 (金)

スケッチクラス@カトン

Photo_3

スケッチクラスでカトンに行ってきました。

どうにか持ちそう?な気もしたお天気も残念!雨。ホントおかしい、シンガポールのこの頃のお天気。毎日降ります雨。今日も朝からシトシトピッチャンです。仕方なく、まずはカトン観光に切り替えました。まずは、カトンモールからジョーチャット ロード(Joo Chiat Rd)沿いに歩き、なんか最近出来たというギャラリーへ。

Rimg01721

真っ赤な外観のギャラリー前で、jun-co とchina-mix。同じ空間にいるとは思えぬ二人の服装。もう数分歩くと、右手にパステルカラーの綺麗なペラナカンのショップハウスが並びます。まるでテーマパークですがね・・・

Rimg01771

Rimg01823

グリーンの家にRENTの表示がありました。いくらするんでしょうね。。。住みたいとは思わないけど、家の中にちょっと興味が・・・いえ、かなり興味があります。インテリア大好き人間だもので・・・そういうときは、こうするの。。。

Rimg01923_2 Rimg0189

↑中が見てみたい!と、jun-co       ↑雨だわ。描く?いや雑貨見に行こう。と、大阪弁ちゃん

上の写真のrent表示に載っているHPを開いてみてください。写真をクリックして大きくしてみて!HPがわかります。えー、そんなことするの面倒!ですって?仕方ないですなー!これですHPは・・・http://www.isabelredrup.com/

いろんなクラシックな貸家のインテリアが楽しめますよ。私みたいなインテリア大好き人間は一日があっという間に~~~とってもしあわせで危険です。何もしないで夕方になっっちゃう・・・ それに妄想しちゃいます。借りれそうな~~~無理ですから・・・ 現実は色々ありますです。 笑

でも、目の保養に素晴らしいですよ。

さて、ピーズで出来たスリッパやペラナカングッズが楽しいルマ・ビビ(ルマ・ベベ・カトンモールお向かい)で騒々しくお店荒しをした一行。

Rimg0211

左隣のちまきやさんの2階で暫し落ち着きました。私座りたかったわ、とはyamaguchiちゃん。ちまきだけじゃなくて、ペラナカン陶器も売ってます。

Rimg0205 Rimg0207

Rimg0285_2  Rimg0199 

↑これ買いました。お気に入り。。。景徳鎮にペラナカン食器として注文するらしいです。雨が降っている間、のんびりお茶してクエのお菓子食べて、お隣はちまきたべてたけど・・・絵の批評とかして3ドルちょっとでした。悪いみたい・・・

そして、次はすぐランチ。もちろんカトンに来たからにはペラナカン料理。はい!行きましょう!パンギュームを食べましょう!パンギュームって何でしょう?それは次で・・・

そういえば、コメントを頂いた白牡丹さんのブログに私達がサルタンモスク参道でスケッチしていた写真が載っています。たまたま見かけたのだそうです。ちゃんと写真のモデルになってますよ。スケッチクラスの皆、見てみて!http://topen.exblog.jp/8532666/

つづく

まだ、バリの旅行記も終わってないのに、続くのが多いです。。。笑

あまり長いと読むほうも書くほうはもちろん、疲れますものー。

絵の額を頼んだのが出来たので取りに行って来ます~

では

*********

 

| | コメント (2)

2008年9月 4日 (木)

植物園にホシガメ?!

08193_001

植物園のレインフォレストでこんなもの見たよ~!と、kobaちゃんが写真を送ってくれました。

きゃー、なんとーー!!!

ホシガメです。

うそー、植物園にいるの???

それとも誰か捨てた???

もしそうだったら、無事育ちますように・・・

08293_008

インド・スリランカ原産の陸ガメです。

まだ小さいですね。

見えないように葉っぱをかけてやったそうです。

ちゃんと大きくなれよ。

では

*********

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

Ong kim seng 水彩画展@植物園

Rimg0113

シンガポール植物園を歩いていると、いいものに出会っちゃいました。シンガポーリアンでは世界的に有名なOng Kim Seng とそのお弟子さん達の水彩画展です。今ジンジャーガーデンの ハリアレストランのまん前、新しく出来たハリアビラで、素敵な水彩画を見ることが出来ますよ。絵の題材はすべて植物園の風景。なかなか実力者ぞろいで、見ごたえありますよ。

Rimg0122

期間は9月30日まで。

Rimg0119

普段歩いてよく知っている景色が素敵に描かれています。緑の色のつけ方。特に影のつけ方を良く見てみて下さい。とても勉強になります。

自分の好きな絵を見つけてみるのも良いですね。

即売もしているみたい。

シンガポールでは、こんな展覧会は珍しいのではないかな?

Rimg0102

Ong Kim Seng のHPはこちらです。あっ、この絵の感じ知ってる!この人の絵だったんだあ!と思う人も多いはずですよ♪

目の保養、心の保養に、植物園をお散歩がてら

ぜひいらしてみては如何でしょう。

では

**********

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

8月 ボタ歩きの会 

8月の「ボタ本を持ってシンガポールボタニックガーデンを歩く会

今回はたまたま小さいお子さん連れが3組あったので、お子さんペースで歩きました。他の方の人数が少なかったので、ちょうど良かったカナ?子ども達も仲良くなって元気に走り回っていました。終了後オーチャードのコカレストランで一緒にタイスキを食べて和やかに終わりました。子ども達がちゃんと楽しんでいた様子で良かった!!!三つ子の魂100までですから・・・笑 

植物を見たよ!

植物園を歩いたよ!

実を拾ったよ!

そんな体験が一緒に出来てよかった!

みんな素直な子で、こちらが笑いを貰って楽しい時間でした。

Rimg08362

このメンバーに加えて、私のスケッチクラスで笑顔と若さ一番の大阪弁ちゃんが参加してくれました。撮影してくれたので写ってませんが・・・

みなさん、楽しかったですよー♪ ありがとうございました。

滝田明日香さんを通して、マサイマラコンサーバンシーへもポストカード売り上げ+皆様の寄付で、5135円を寄付させて頂きました。本当にありがとうございました。感謝。

ーーーーーーーーー

さて、当日はご案内してると写真が撮れないので、今日また同じようなルートで植物園を歩いてきました。

前回のボタ歩きの会と違うものを少し混ぜて・・・まずは図書館へ。植物園には立派な図書館があるんですよ。涼しくて寛ぐのにもってこいですよ!ここでトラベラーズパーム(タビビトノキ)の実の中の青い綿(ファイバー)をお見せしたかったのです。

Rimg0023_3 Rimg0022

ぜひクリックして大きくしてみてください。青い繊維が見れます。単純な12色クレパスに入っている様な青ではないのです。エキゾチックな青。なかなか目にしない青です。。。シンガポールでは花が咲かないので、実際に見ることはできないの。皆さんもぜひ図書館で見てみて下さい。トラベラーズパームについては前の記事をどうぞ。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_4dc9.html

モーリシャスでもうめちゃくちゃいっぱい見てきました。扇を広げたような形の椰子を見たことありませんか? 本当は椰子ではないのですが、一見椰子に見えるやつ。ラッフルズホテル脇にたくさん生えていて、ラッフルズホテルのマークになっている木です。ボタ本P29

Rimg0020

世界一大きな種のできる椰子、ダブルココナッツ。まるで豊かな女性のお尻の様でしょ。ボタ本P31

Rimg0027 Rimg0048

今シンガポール中で花盛りのタベブイア。この間は実がぶら下がっていただけだったのが、今日はもうこんなに種がぶら下がってましたよ~ たったあれから3日しか経ってないのに・・・ 

Rimg00291 Rimg00292

インディアンの羽みたいでしょ。ボタ本P28

Rimg00432 Rimg0046

↑ご存知果物スターフルーツ         ↑スターフルーツの花 ボタ本P223

Rimg0033 Rimg00491

↑コーヒー豆と花            ↑ブロウニア・グランディフローラの新葉ボタ本P30

そうだ、今これが綺麗です。黄色いタベブイアの イエロープイ。

Rimg0062 Rimg0066

ごめんなさい。突然超デカっ!蕾の先のぐにょぐにょが見て欲しいの。このブログはセンスがどうのこうのって言うところは妥協してますから・・・見てもらわなきゃ意味ないから実用第一ですーーー

Rimg00652

そういえば、初めて盆栽コーナー見ました。イチジク(Fig)が盆栽でもちゃんとイチジクでした。。。って、何のことかわからない?大きいのがそのまま小さいのよ!それが盆栽じゃんって??そりゃそうじゃが・・・かわゆいーーー

Rimg0061 Rimg0057

↑イッチョマエに気根を垂らしてる               ↑立派な締め殺しだよ。

もちろんまだまだ見ました。ソーセージの木もモンキーポットツリーもレインフォレストも歩きました・・・ が、長くなるのでこの辺で。。。そういえば、リスのお食事風景をゆっくり観察。不思議にりすちゃんが目の前で寛いでくれましたあ。あれはラッキーでしたよ 写真いいのが撮れてたら送って~!!!ここに載せたいのー

3日後、幸四郎ママさんからりすちゃんの写真が届きました。ありがとう!!!この状態のまま、私達の目の前で、5分以上食事してたプランタンリス(バナナリス)です。かわいいでしょ。

Cimg0568_3

また今月もやります「ボタ歩きの会」。

日にちはちょっと待ってくださいね。

今週中にお知らせ致します。ボタ本(Singapore Botanic Gardens)は日本人会売店で販売中。ご連絡頂ければお分け致します。

Rimg01681

それにしてもシンガポール変です。毎日毎日しとしとと雨の降るシンガポールです。もう何日雨が続いているでしょうか。

日本の梅雨みたいです。

みなさんお体お大事に。

では

**********

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

バリ島 その9 ムンジャンガン ジャングル&ビーチリゾート2

 

あれー、もう9月になりました。早すぎです~!

今日もまたバリ島。ムンジャンガン、ムンジャンガンと毎日旅日記ですが、いい所ですよ。良かったらお付き合い下さいね。

ーーーーーーーーー

Rimg02771

広いリゾート内の各場所へは、こんな2階建デッキの車で移動。ナイスでしょ。遊園地気分だわ。。。

私は張り切って当然2階に。でしょ?でしょ? 私の友達たちはシンガポールの2階建バスだって、一番前に座ってニコニコしてる連中だから・・・いい気持ちでした。ちょっとしたこんな工夫でお客の気分は違いますよね。ちょっとしたサファリ気分でご満悦!

Sany00111 Sany00174

サラブレッドも23頭飼われています。22頭はオーストラリアから、1頭は日本からはるばるやってきたそうです。ホースライディングも ここでの楽しみの一つになっています。

Rimg0441

今は乾季なので、辺りはまるでサバンナみたいに枯野原。そんな中背の高いアカシアの木だけは緑をたたえて、かろうじて緑陰を作ってくれています。木肌が白っぽい木が多くて、白樺林にいるよう。。。

スタッフの人に聞いてみると、彼らはピラン(Pilang)と呼んでいるそうです。学名は、Acacia leucophoea この辺り インドネシア・マレシアが原産地のアカシアです。大きくなると樹皮が剥がれて、木肌がつるんとしてきて蛇が登れないことから、この高いアカシアの樹上は鳥たちの恰好の住処になっているそうです。

Sany00022_2

さて、バリタワー到着。今日は気持ち良さそうなデッキで朝食にします。

Rimg0281

森の中に飛び出たデッキはぐるーっと森が見渡せて、わおーーー、気持ちいい~♪ これが雨季で緑ばっかだったらどうよ!最高じゃない!きっとまるで違う様子でしょう。もう次を考えている私なのでした。へへ、イメージしたもの勝ちですから・・・イメージしないことには実現もしないです。でもまあ、緑いっぱいの風景はシンガポールでも見れるし、このサバンナのようなのが今の私にはベターかも・・・懐かしい日本の秋のようです。

Sany03041

朝食は、コンチネンタル、アメリカン、バリ風、おかゆから選べます。今日はアメリカンをチョイス。バリでは、何故かフルーツから始まるんです。次のウブドのホテルでもそうでした。不思議・・・国が違えば、住む人が違えば、習慣は色々ってことだな。オムレツを選んでGOOD。おいしいー。この借景では何でも美味しいです♪心が洗われる、心に響く・・・そんな言葉が自然に出てきます・・・最後の日には、おかゆをチョイスしましたが、これも良かった。胃が休まる。。。

Rimg02902 Sany03132

日本人も結構来るので、皆日本語を頑張って勉強している様子。このお兄さん、日本人担当だったのかな?いつも私達をサービスしてくれました。一生懸命しゃべってました。頑張れ!

Sany0308

食べ終わった後、少し離れた所で朝食を取っていた人達のそばを通り過ぎようとすると、一人の堂々とした風格の男性が突然立ち上がり挨拶をしてくれました。このリゾートのレンジャーの服装をしています。誰かと思ったら、ジャカルタからちょうどいらしているオーナーだとか・・・

「二宮さん、このリゾートは如何ですか?どうかゆっくり楽しんでいってください!」 こういう風にきちんと挨拶をして頂けるとは、される方はとても気持ちいいですね。

小さいリゾートは、スタッフの心配りも行き届くし、こういうやり取りが出来ていいですね。オーナーの気持ちがスタッフに浸透しているホテルは理想的ですね。

この頃、こういう小さいホテルを選んで泊まる様にしています。

今日はスノーケリング。木々は乾季でこんな感じですが、海は今が一番いい時。雨季は雨で水が濁るし、波もかなり高いと思います。バリでNO1といわれるダイビングスポット、スノーケルスポットは、本当に綺麗なの?

一旦部屋に戻り、また例の2階建デッキの車で海辺へ移動。

途中しっかりとした角をしたためたオスのムンジャンガンがいましたよ~ かっこいい~~!!! でも、車上なのでこんなにしか写らなかったよ・・・

Rimg04222

故郷の宮島でも鹿はたくさん見られるけど、なんかかっこよさが違うよ・・・野生って感じ。。。かっこいい鹿だわ。。。体つきも顔つきも違う・・・ ムンジャンガンはバリの西部のこの辺りにしか生息しない鹿です。

鹿に惚れた。笑

つづく

では

*********

| | コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »