« 直立不動の少年 | トップページ | トルコレストラン@アラブ人街 »

2008年8月12日 (火)

楽器の名前は・・・チャフチャフ

Rimg0440_2

おとといの記事(木の実の楽器)左側の楽器の名前をぽんたたさんが、お知らせくださいました。ぽんたたさんは仙台在住の方。ボタ本も注文いただきました。いつも情報を頂いたり、温かい言葉を頂いたり感謝しています。ありがとうございます。

ぽんたたさんによると、チャフチャフとかチャチャとか言うそうです。ヤギの爪を使った物も多いみたいですね。チャフチャフで検索してみると、似た感じの楽器が出てきました。

木の実が使ってある物は、ほとんどがこの木の実でしたので、今日はこの木の実の紹介です。

この木の実は、イエローオレアンダーの木の実というか、本当はタネ・種。日本でも鉢植えなどで売っていたりします。和名はキバナキョウチクトウ。

Rimg0031

シンガポールでは色々な公園でよく見かける木です。

Rimg0623

学名:Thevetia peruviana  キョウチクトウ科
Common name : Yellow Oleander  キバナキョウチクトウ
原産地:中央アメリカ

種名の通りペルーに分布する樹高4m位の低木。熱帯から亜熱帯の各地で庭園木として植栽されている。花は花びらがらせん状についていて、プルメリアなどと似てますね。尖がった細長い葉が特徴的。互生し被針形で、明るい黄緑色をしており光沢がある。これはセンバワンパークで撮影しました。

Rimg0620_3 Rimg0617

Rimg0032

実が二つくっ付いたようでしょ。キョウチクトウ科の種は必ず左右対称、二つくっ付いているのですよ。例えば、さっきあげたプルメリアの実は・・・特に分かりやすく、牛の角が二つって感じでくっついてます。

Rimg0002 Rimg0004

↑ プルメリアの実               ↑種

Rimg0060 これが同じキョウチクトウ科のプルメリア

話はイエローオレアンダーに戻って、下に実が落ちてたので、中を見てみると・・・

Rimg06271_2 Rimg06261

ねっ、中に楽器と同じ種が入ってるでしょ。二個ずつ入ってます。

これを大事に持って帰って、乾かしたのがこれ。

Rimg04461

ボリビアの民族楽器チャフチャフの木にくっついているのは、イエローオレアンダー(キバナキョウチクトウ)の種なんです。

だけど、キョウチクトウ科だから毒があります。実を手にするときは気をつけて下さいね。

ーーーーーーーーーー

Rimg04361

そして、右側のマラカスはきっとこの木から作られています。

前の記事、ヒョウタンノキ、フクベノキを見てみて!carabashの木です。

ーーーーーーーーーー

植物に興味を持つと、どこで何に出会えるか・・・

面白い発見をすることがよくあります。

アラブ人街でのこの楽器の発見もしかり。

思わず手にしてにっこり。

一つの木の種の発見で、思いは遥か昔訪れたぺルーの地に飛んでいったのでした。

フォルクロレの音楽が懐かしいです。

では

********

|

« 直立不動の少年 | トップページ | トルコレストラン@アラブ人街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直立不動の少年 | トップページ | トルコレストラン@アラブ人街 »