« 第2弾:ボタ本を持ってシンガポールボタニックガーデンを歩く会 | トップページ | ボランティアガイド@ボタニックガーデン »

2008年7月 3日 (木)

ソーセージツリー

Rimg0539

 学名:Kigelia africana ノウゼンカズラ科
 Common name: Sausage Tree, Cucumber Tree
                      ソーセージツリー
 原産地: 熱帯アフリカ

シンガポール植物園のソーセージツリーです。私が一番最初に植物園をガイドしてもらったときに、(TOMちゃんのガイドでした~もう2年前のことだわ。)一番印象的だった木。そして、ボタ本で私が担当した木です。だから私の子どものようなかわいい、かわいい木。何故、ソーセージツリーというかは、ご覧の通り、何本もの綱のような柄がさがり、そこにまるでウインナーソーセージのような実をつけるから・・・これを見たら皆ニコニコ!面白い~と叫んでくださいます!!!

Rimg00882 骨折をしたkotoriちゃんの顔にも笑顔が・・・

どんな実かと言うと・・・ねっ、太いフランクフルトソーセージでしょ?!

Rimg0534 Rimg0543_2  

とても硬いですー。毒性があるので、食用にはなりませんが、梅毒やリュウマチなどの薬に使われます。ゾウは大好きらしいのですが・・・中には小さい種がいっぱい入っているらしいのですが、これもまだ実際に見たことはありません。今度ハンマー持っていって割ってみなくちゃー。

どんな花が咲くかというと、こんな凄いどぎつい色!!!濃い赤ワイン色。。。木の下にいっぱい落ちています。

Rimg0232_2 Rimg0237 

花びらがまともな形で残っているものはほとんどありません。何に食べられるの?うふふ、それは・・・コウモリちゃん!!!夜咲きのこの花を求めて、私達の寝静まっている間にここでは、さぞかし賑やかな世界が繰り広げられているか~~想像するだけでも楽しいですね~~えっ、楽しくない~~??うーーん、コウモリちゃんもかわいい奴ですよ。。。この世には私達の知らない世界がたくさんありそうーーーワクワク!!!

右の写真:コウモリの爪あとですーー

気持ち悪いと思ったあなたへ~~この花とても綺麗な咲き方をするんですよ。まるでシャンデリア!!!フランスやイタリアの宮廷の世界のよう~~

Rimg0235 Rimg02301

花は3個、3個と輪生して咲きます。コウモリが蜜を吸いやすいようにぶら下がってます。コウモリちゃん待ちきれないよ~ってな訳で、花びらをさっさと食いちぎって、新鮮な美味しい蜜を頂き~と言うわけですね。

Rimg0227 ねっ、こんな感じで食いちぎってるでしょ!!

この間モーリシャスに行った時、パンプルムース植物園でこの木をみてびっくり!!!実がでかい!!!シンガポールで見る3~4倍はありましたぁああ。。。感動ーーー

Sany0169

比べにくいけど、これがモーリシャスのソーセージ。

ーーーーーーーーー

1800年代、英宣教師・探検家リヴィングストンはこの木の下にテントを張って、ヴィクトリアの滝を発見したそうですよ。アフリカではどんなんでしょう??? 植物園での木じゃなくて、サバンナにあるとどんなのよ~?!って、想像してたんです~~見てみたい、わが子の様な木が。。。

そうしたら、気持ちが通じたのかーー。わおっ!ソーセージの木だあ!木の下にライオンが・・・いる・・・サバンナだあ!!!アフリカだあ!(すみません、ちょっとアフリカ熱が・・・)ソーセージの木の下でライオンが休んでいる写真をあすかさんが彼女のHPに載せてくれてました。この木の野生の姿をぜひご覧あれ~!マサイマラのソーセージは細長いみたい。。。いかにもソーセージです。。。

獣の女医 滝田明日香HPhttp://www.asukafrica.com/diary/archives/001498.php

記事を読んでみるとケニアのガイドさん達は「ソーセージツリー」の説明を5分やれなかったそうな・・・私達シンガポール植物園の日本人ガイドはできるかな???私達ボランティアだし・・・(ほほほ、言い訳)いえいえ、あすかさーん、私達ちゃんとできますよ~~~

ーーーーーーーーーー

親しみ易い木です。ぜひ、会いに行ってやってくださいね。今新緑で葉っぱも瑞々しくて綺麗ですよ。奇数羽状複葉。

Rimg0231

スワンレイクの横の道をラン園のほうに向かって、そろそろ右に芝生がなくなってきたら、その芝生を右に上がって行ってください。

場所は、もうそりゃ~、ボタ本を買っていただくと、すぐ分かります。P59 30番の木です。ひとつ、この場をかりて訂正。なんと、原産地が熱帯アメリカなんてことになってます。おーーい、印刷屋さん!間違えないで!ワードからイラストレーターと言うソフトに変えてもらったはいいけど、変換時のミスが多すぎです~(涙)

ケニアに行って、ソーセージツリーを見たい!ジャカランダも見なくちゃ~!

いかなくちゃー!!!

木を知ると旅の醍醐味が違います。

ーーーーーーーーー

+あるふぁ 追記

・本当にゾウが食べるのか・・・ザンビアのサウスルアングア国立公園のガイドさんが話しているこんな記事が載ってました。16種類の動物が好んで食べると。。。実際にはどんな動物なんでしょう??その辺がもっと知りたいですが・・・それに、アフリカのソーセージツリーの実は10kgもあるとか・・・こちらを読んで見て下さいね。。。でも、1kgの間違いじゃないかな・・・

0303 ソーセージツリーがロゴに。かわいいですね。

http://www.musashino-u.ac.jp/ao_general/various/lifelong_study/re_study/environment/lecture071208/talk02.html

・実の中

タンザニアで生活されているご一家のHP.実を一生懸命切った写真が載ってます。中に種はありそうにない感じがするけど・・・ないはずはないし・・・

http://robinsonn.blog43.fc2.com/blog-entry-218.html

かたそうでしょっ?!

ーーーーーーーーーー

「第2弾:ボタ本を持ってボタニックガーデンを歩く会」を開きます。詳細は7・2の記事を見てください。一緒に歩いて熱帯植物に触れてみませんか?きっと楽しい世界が開けますよ。

では

*********** 

|

« 第2弾:ボタ本を持ってシンガポールボタニックガーデンを歩く会 | トップページ | ボランティアガイド@ボタニックガーデン »

コメント

わあ〜、初めて見ました!聞きました!
どこの国の誰が見ても「ソーセージの木」と名付けそうですね(笑)。

実には毒性があるということですけど、ゾウは大丈夫なんでしょーか。

投稿: 青い鳥 | 2008年7月 4日 (金) 08時25分

6月の二日間にわたる
ボタニックガーデンを歩こう会・・・
参加したかったですぅ
残念ながら 外せない用事があったのが悔やまれます
又8月か9月にもう一回是非とも開催して下さぁいっっ←なんとずうずうしい…スイマセン

投稿: 大阪弁 | 2008年7月 4日 (金) 10時26分

わあー!また間違いですか?私も担当したエリアですが
自分のところはもう安心しきって意外と見直さないのですよね。私もこの木初めて見たときはもうびっくり。
名前全然知らないのに大好きなソーセージが1杯!
ビール欲し~い!なんて。  choko

投稿: choko | 2008年7月 4日 (金) 11時24分

青い鳥さん、誰もが大好きになってしまう木です。ゾウはどうして大丈夫なのか?今あすかさんに聞いてます。解答期待して待ってます。

投稿: まゆり | 2008年7月 5日 (土) 19時06分

大阪弁さん、こんにちは。
希望あればいつでも歩きますよ。9月にまたやりましょう!ずうずうしくないですよ!笑

投稿: まゆり | 2008年7月 5日 (土) 19時08分

chokoさん、またまたミスがありました。もう涙・・・

投稿: まゆり | 2008年7月 5日 (土) 19時09分

その節は、どうもありがとうございました。
とても楽しい時間をすごすことができました。

kotoriは、ソーセージツリーが気に入ったようです。
時々、この木について、話をしています。
また、参加させてくださいね。
kotoriがいるから、見える世界もあるけれど、
一人で参加もできる日がくるといいな。

次回は、午前中は博物館関係のミーティング、
午後はkotoriのドクター・チェックで参加できず。
あ~ぁ。

投稿: きのこ | 2008年7月 5日 (土) 22時58分

きのこちゃん、kotoriちゃんは順調に回復していますか?きっとまたいつかゆっくり散策もスケッチもできるときがきます。博物館ガイド頑張ってくださいね。

投稿: まゆり | 2008年7月 7日 (月) 22時04分

マサイマラのソーセージツリーを食べる動物は今のところ見つかっていません。こちらだとゾウも食べません。マサイマラのは、Kigelia ethiopicaとか言う種だったと思います(たぶん)。写真を載せてみました。

http://flickr.com/photos/drasuka/?saved=1

投稿: あすか | 2008年7月 9日 (水) 01時34分

この記事へのコメントは終了しました。

« 第2弾:ボタ本を持ってシンガポールボタニックガーデンを歩く会 | トップページ | ボランティアガイド@ボタニックガーデン »