« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

えっ、サボテン? ローズ カクタス

Rimg0152

友達が続々やってきて賑やかだった日々が一段落。やっと、何もない午後を迎えてます。きのうはPCに向かえど眠ってて、ダメ。ベッドに倒れこんで電気つけたまま寝込んでましたー。 さあ、又どんどん書きます!

さて、前回の続き、ジョホール州の旅、バトゥ・パハへ向かう途中のことです。

ジョホール・バルからバトゥ・パハへ行くには、アイール・ヒタム(Ayer Hitam)のインターチェンジで高速道路をおります。この町は、陶器の町なんですよ。色鮮やかな陶器が並んでいるお店を車窓から見ながら走っていると、マチャップというところに、AW Potteryという大きな工房がありました。ここでストップ!!!中には昔使っていたらしい登り窯もありました。

でもここ、何やら変!今はちょっと不景気な匂いが・・・。手入れが行き届かず荒れてる感じもありますが、昔は景気良かったのでしょう・・・? その頃のオーナーは職人を越えたアーティストだったのか・・・?入り口付近が、とっても凝ってて、なんかガウディの世界みたい!?!ここはマレーシアのバルセロナ?

Rimg00921

ねっ、ガウディみたいでしょ?!これがなんとトイレなのー。暗くてなんか恐くて足早に出てきましたが・・・トイレの中も総タイル張り、まさにマレーシアンガウディでしたよ~

3人がお土産ゲット。運転手さん、しっかり数えてましたね~お土産買う人の人数。マージン欲しいんだな~きっと!私達がお客じゃマージン狙えませんよ~!ちょっと変人の塊ですから~~観光客相手の所じゃ満足しませんから~

さてさて、今日の話題はここから~~題はえっ、サボテン?ですから。。。

トイレの脇でちょっと気になた植物。オレンジの綺麗な花。色に惹きつけられる虫なんです私。本当に色が大好きで~~~近づいて行った花はこれ。

暫し花の写真をどうぞ。

Rimg0139

なんだかいい匂いがするぞ

Rimg0140

おおーいい感じ

Rimg0141

うーん、もうちょいだぞ

Rimg0143

うふふふ、うめ~~まだ欲しい!まだ欲しい!

Rimg01451

満足じゃー

Rimg01452

ふふ、花粉まみれ~でござんす~ 笑

蜂の動きをのーんびり眺めてました。し・あ・わ・せ~

この花なんていう名前だろう~なんて思いながら見つめてると、あれーっ?なんか棘のようなものが・・・ 気になりながら帰って調べてみました。

Rimg01481

Rimg01471

調べてみてびっくり! えっ、これサボテン!!?? 名前はコノハサボテン。

学名:Pereskia bleo サボテン科
Common Name : Rose Cactus 和名コノハサボテン
原産地: Central America

参考:1001Garen Plants in Singapore

このページにも詳しいことが載ってました・・・http://blogs.yahoo.co.jp/tarasan22jp/17655174.html

不思議ワールドにすっぽりはまった感じ。。。

この日に実を見ることは出来なかったけれど、この木、もっと調べてみると面白い形の実をつけるようです。まるでグスタビアの実とそっくり。

その写真は、えるだまの植物図鑑のこのページをご紹介します。見てみてください。http://elflowers.exblog.jp/5484609/

原始的な植物のようですね。サボテンのイメージがガラッと変り、私の頭もふにゃーっと、広がったような~~笑 びっくりですよね。

Rimg0149

全体の姿はこれ。もっともっと幹も太い木に育ちそう。。。かえるくんもびっくり~~~

棘がなかったらサボテンなんて想像もできない~~~

でしょっ?!

では

*********

| | コメント (0)

2008年7月28日 (月)

めざすはバトゥ・パハ

Rimg00741   

ウビン島の次の日、我ら植物園ガイドグループ8人を乗せたマイクロバスが向かう先はマレーシア・ジョホール州バトゥ・パハ。バトゥ・パハって聞いたことありますか?ガイド仲間で帰国したhalさん、TOMちゃんが来星していて、二人揃うのはこの日だけ、ということで連日の遠出ではございますが、二人も一緒にマレーシアまで行ってきました。

Rimg0260_2 

この頃、よくマイクロバスをチャーターしてジョホール州に行きます。今回はどこに行く?うーん、よくわからない・・・ でも、行ったことのない所がいいよねー!っていう訳で、みーんなよくは知らない、でも、名前だけは知ってるわ!金子光晴ね!マレー蘭印紀行ね!という程度ののりで出発!途中何か面白そうな所があれば停めてもらいながら行きましょう~~~

のんびり、まったりのマレーシアへ出発~!今日は初めての運転手さん。どういう旅になるのでしょう~~るんるんでございます

前回はとても時間のかかった出入国もあっという間に終わり、なんてスムーズなの・・・でも、バスレーンだから早いの。一般車は、特にバイクやトラックはかわいそうなぐらいの長い列です。

さあ、マレーシアだあ!と張り切った途端、運転手さんがお腹がすいたと・・・ はあっ?お腹がすいたから朝ご飯が食べたいという運転手さんは初めてですぅ。。。先行き怪しい雰囲気が。。。まあいいかぁー、そのかわり美味しいローカルフードにしてねー!

Rimg01181_2 

おいしそうなカレーラクサが待ってました!具を選んで器に入れます。なんだかヨントーフーみたい。麺も選べます。スープヌードルとラクサとヨントーフーのミックス版。それもカレー味。いいじゃないですかー ぴったり私好み。。。

Rimg0124

カレー味のラクサは初めて。なかなか美味でしたよ。シンガポールにもあればいいのに・・・

2度めの朝ご飯を済ませて、出発!

車が国道を進むと、お~、果物屋さんが~~~!!!果物シーズンの今は路上にたくさんの果物屋さんが並んでいます。ランブータン・ドリアン山積み~~ 運転手さん、あそこで停めて!!!ストップをかけて止まってもらったのがここ。マンゴスチンが安い~~運転手さんいわく、ドラゴンフルーツは買わないで!帰りにいい所に連れて行ってあげるから・・・うほー、楽しみ~~

Rimg0127

ジャックフルーツがジャックジャックありますー けへっ。

Rimg0125_2 Rimg0129_2 

なんでもぶら下げるの好きですよね~ジャックフルーツまでぶら下げる?ってか、こんなにぶら下げて売れるの?ってか、ただでどんどん出来ちゃうのよね~きっと。

次はお隣の良くわからないお店もついでに見ます~

Rimg0134

なんと、引き出物とか結婚式に使うものがオンパレードでした。マレーは色彩がぁぁ~~~私はついていけません。とってもマレーシアな卸やさんでした。

そうね、ここはマレーシアなのね。。。しっかり確認できました。

続く

では

*********

| | コメント (0)

2008年7月27日 (日)

続 ウビン島日帰りスケッチの旅

Photo_2

きのうの続きですよー、ここはウビン島。

一枚スケッチを描き終え、タクシーを呼び桟橋近くのシーフード店に戻りました。お店の名前は ファーストストップシーフード・ウビンだったかな?広場に面しているそんな感じの名前のレストランです。ウビンに来るといつもここで食べます。自然友の会御用達の店。この頃、シンガポールのレストラン、料理の値段がうなぎのぼりですよね。もう日本に負けてません。でもでもまだまだウビン島では安く食べられますよ。ハッピー!

Rimg0088  Rimg00871

ウビン島では、必ずこの海老のゆでたのを注文してくださいね。ここの海老は大きいし、臭くなくめちゃくちゃ美味しいです。

2テーブルに分かれて、隣のテーブルは魚も食べていましたが、
私達のテーブルは、

・スチームドプロウン(絶対お薦め)
・苦瓜のスープ(絶対お薦め!)
・酢豚
・鉄板豆腐(お薦め)
・もやしの炒め物 with fish
・シーフードチャーハン
・ヌードル ウェットタイプ with ブラックソース(お薦め・これ初めてで麺に腰があってなかなかでした。)

どれもお薦めですが、上2個は絶対はずせません。

大満足で、なんと値段が9人で食べて、一人11ドル。約860円なりー。もうびっくりびっくり!安い~~~ どれも全部美味しい~~~ あー、満足~~!行く度、又食べたいと思っちゃうのです~~~

Rimg00891

食後のデザートはもちろんドリアン

ウビン島のドリアンはシンガポールNO1。自然友の会ではこれを食べなきゃ一人前でないなどと言われてるのです。野生の採り立てのドリアンは最高!いっぱい山済みで売ってました。でも、立場上最高!絶対美味しい!などと言ってましたが、実はこれで4回目。去年ここで食べた時は、2個食べるのが精一杯。不安な顔で食べてましたぁ。隣でルンルンで食べている人の気持ちが理解できなかったの・・・ 

今年はどうなんでしょう~~?? 皆には最高!とか言いつつ・・・内心はどれぐらい食べれるか?ちょと不安 ちょうど一年前、同じここでドリアン食べたときの記事はこちらです。懐かしいなーhttp://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_b560.html 
あの時も楽しかったな。自分でも久しぶりに読んでみたら、ほほほ、なんだか面白く書いてあるではないですか・・・終わりは、こんな文で終わってます。
いつか、大好き!ドリアン! なんていってる日が来るのでしょうか? 謎です。 

ほほほ!一年後の今、私ドリアン大好き!

Rimg0093 Rimg0092

おばさーん、今日も元気でニコニコで、また固いドリアンに包丁入れて、えーいと割ってくれました。朝採れたて新鮮なドりアンには強烈な臭い匂いはありません。おばさんがドリアンを裂くたび、オー!!!と、声だけは皆さん立派。でも顔はなんか不安そう・・・

でもでも今日はすぐには食べれません。スケッチしなくいけませんーん。おいしい匂いに寄ってくるハエを振り払いながらみんな真剣にスケッチタイム始まりです。

珍しい光景に喜んだおばさん。クイーンも一緒に描いて! と、マンゴスチンを持ってきてくれました。ありがとうー!いいではないですか!果物のキングとクイーンを一緒に描くことに相成りました。バッチシ。

真剣に描いていたので、写真なし。その後食べたドリアンちゃん。なんと、私は見事に4回目ではまってしまったみたい。なんだか何個食べてもどんどん行けちゃうのです。一個一個の味まで分かっちゃって、少し黄色の苦味のあるタイプに惹かれたりして・・・なんか上級者コース突入したみたいだわっ。

Rimg0102

年増グループはがんがん食べました。あっという間に完食。一方お隣のテーブルさん。なんかおばさーんスプーン下さいとか言っちゃって、スプーンですくってます。なんやねん!!!絶対許せない食べ方じゃないっ?!ドリアンちゃんが怒ってるわよーー

「いやー、なんかたまねぎ一杯の餃子みたいなんです~~~」

Rimg0097

「想像以上にまずい食べ物でした! 」とはhisaeさん。 なぬー!某ブログで書いてましたね。chinamiさんが書いてましたよね。
何事も勇気です!!!みなさん、果敢に挑む勇気です!!! なにくそーと言う勇気です。なんちゃって・・・でも、本当に最初はそれだけかも・・・ あるところで突然ターニングポイントがやって来るみたいですよ!!!諦めないでね。

私、ドリアンにはまっちゃいましたぁーーー!!!2008年7月22日ドリアン記念日です!

Rimg0104

一日2ドルで自転車乗り放題。のんびり田舎のジャングル探検もいいですね。まだあともう少しドリアンも楽しめるでしょう。

ランブータンもマンゴーも今時期ですね。

がちがちスケッチ教室ではなく、自然を楽しみ、スケッチも楽しみ、美味しいものも楽しむ。こんなスケッチの旅をやりたかったのです。日帰りウビン島スケッチの旅。参加者のみなさん如何でしたでしょうか?あまりスケッチの時間が取れませんでしたが、ちょっとでも楽しかったなーなんて思って頂けたら嬉しいです。別にスケッチでなくても海の風が気持ち良かったー!なんていうだけでもいいのです。シンガポール生活が充実したものになるちょっとしたヒントを見つけていただければ幸せです。

皆さん、色塗りして仕上げてくださいね。絶対に!!!そうするとまたまたこのみんなと楽しんだ日帰りの旅が意味合い深いものになります。

そうだ、参加者が又集まって作品を見せあいましょうか。

Rimg0569 Rimg0570

昨日の記事のウビン島チェックジャワでみたニッパ椰子の実から採れるアタップシードはこれです。ちょうど、今日SICCでアイスカチャン食べたので。。。スプーンの上のがアタップシードです。食べたことある?あー、いつもながらに派手なアイスカチャンじゃー

Rimg01031

ポストカードも買っていただきありがとうございました。今回のこのイベントの参加費用ならびにポストカード売り上げ 合計 13910円を滝田明日香さんを通して、ケニアマサイマラコンサーバンシー、レンジャー基金に寄付させて頂きました。本当にご協力ありがとうございました。レンジャーたちも無事解雇されることなく仕事が続けられ、密猟者達から動物が守られているようです。マサイマラに観光客が戻り、一日も早くマラコンサーバンシーの経営が安定しますように・・・

Rimg01141_2 Rimg01091_3  

今回だけ参加していただいた皆さんありがとうございました。またお会いしましょう。そして、スケッチクラスのみんなありがとう!いつもみんなの明るさと元気さに助けられてますよー!

Rimg0110_2

ウビン島又来るよ~~~

またどこかへ一緒にスケッチしに行きましょう!

では

*********

| | コメント (0)

ウビン島日帰りスケッチの旅

Photo

このところ、めちゃくちゃ忙しい日が続いています。毎日のように出かけてて、今日は大阪の高校生達に植物園をガイドしてきました。さがの実でピアスを作ると張り切ってましたよ。

色塗りもしなくちゃーブログもアップしなくちゃー

1週間遅れぐらいのトピックスですが、載せない訳にはいかぬー。そんなイベントががんがんあったので、タイムリーでないのが残念ですが、どんどんアップしますねー!!!

ーーーーーーーーーー

さて、スケッチ教室メンバーだけでなく、一般の方にもブログで参加を募った「ウビン島日帰りスケッチの旅」 楽しく終わりました。

Rimg00701_2

お陰さまで総勢17人で出かけてきました。シンガポールに来てまだ2週間、家の回りしか知らない、バスにも乗ったことがない、と言いながら参加してくれたosaさん。どうでしたか?突然ウビン島は刺激的過ぎ?!

プラウ・ウビンはいつものごとくのーんびりと私達を迎えてくれました。

449940429_581_2 桟橋にて

島に着いたら、一番いいドリアンをちゃんと予約しておいて、タクシーにてチェックジャワへ。タクシーなんて、ほほほ 正体はオンボロジープとバン。日本からはるばる運ばれてきた中古車です。○○有限会社とか書いてあったりして・・・ さて、まずは島の東端にある海辺の植物や生き物の観察のできるチェックジャワへ向かいます。熱帯ジャングルの中を走ること15分ぐらいで着きますよ。

「私こういうジャングル大好きなの~~!」 とは、hisaeさん。シンガポールに住むこと何十年。ウビン島を一番楽しみにしてたのは彼女。ウビン島12年ぶりだそうです!

マングローブの楽しめるマングローブウォークを散策しましょ!おっとその前に、マングローブを高い所から見なくては・・・ 高い所大好きな私は当たり前のように、見晴らしのいいタワーに昇りましたが・・・意外に高所恐怖症の人って多い???!!!

Rimg00711_2

タワーの上です。10階建てのビルの高さ。気持ちいい~~~きゃっほー 恐い~~~ なんて色々な声です。確かに20人定員のタワーに17人乗ったから揺れますね~~ ははは、気持ちいい~~~!!! china-mixさん動けず~~ 意外に見た目と違うのね!でも、確かにシンガポールの建物は信用できぬ。ぐにゅーっと曲がっちゃたりして。。。ははは。

マングローブ林をてくてく歩いて、チェックジャワで蟹とか日本のムツゴロウのようなマッドスキッパーを見て・・・そうそう片手が大きくて赤い蟹・シオマネキもいましたよ。

Rimg0073 Rimg0074

ニッパ椰子                    この実の中にアタップシード(アイスカチャンの中にある半透明白いぐにゅぐにゅとしたもの)が入ってます。アタップシードについては前の記事を読んで下さい。アイスかチャンに潜むものと言う記事です。

Rimg00751 Rimg0077

ぐるりと岬の周りを歩いてビジターセンターに到着。

やっとここでスケッチタイムでしたー 早がきスケッチ20分。始めー!!!

Rimg0078 Rimg0081

海に突き出た桟橋の上で各自それぞれスケッチタイム。早く描くという課題を与えた私が早く描けない~笑 

Rimg00831

おーい!終了!!! 私ら、まだでがんす!

いやー、初めての人達もなかなかよく描けてました。ほんのちょっとのスケッチタイム。でも、集中するときって楽しいものです。雑念がない状態の素晴らしさを体験してもらえたでしょうか。久しぶり、それも高校から中学からと言う方が口々に楽しかったとおっしゃって下さいます。それを聞いて私もニコニコ。本当に楽しいんです。

皆で描いたものを見せ合ってワイワイやりながらの品評会。それぞれの絵にその人らしさが表れてて面白い。

うーん、私の絵は・・・まんずまんず・・・早描き難しいー笑 手が動き始めるのに時間を要します。

ーーーーーーーーー

チェックジャワビジターセンターの建物素敵なんですよ。ここにお茶のプランテーションがあって、そのマスターの別荘だったみたい。イギリスのチューダー様式の建物です。イギリスの田舎にきたみたいですよ。ほんのちょっとですが・・・そんな気に・・・

コッツウォールズとか、あー行きたいなー。 アジアにどっぷり浸かっちゃって、このところ欧州とかが遥か彼方だこと。

ひとまず、ウビン島第1部終了です。

続きはドリアン編です。

皆 絵が仕上がったらスキャンして送ってください!

また続く

では

**********

| | コメント (3)

2008年7月25日 (金)

続 ヘンダーソンウェーブからアレクサンダーアーチまで

Rimg03301

ヘンダーソンウェーブからの続きです。素敵なデザインのブリッジの上を歩くと、皆、楽しくなるのか???どこかがおかしくなるのか???

Rimg0100

いやに陽気です!

このブリッジ、床は単純に平らじゃないし、橋自体も斜めになってます。繊細な心配りが大好き!歩くときはさーっと歩いてしまわないで、設計者の意図を汲んで見て下さいね。

Rimg0097_2   Rimg0098_2

海も見えるいい見晴らし。私は最高の気分!でも、rokoちゃんは恐そう~

Rimg01062_2 クレロデンドロンの実

Rimg01051 こちらクレロデンドロンの花

橋を過ぎて少し進むと、約6年ぐらい前までは素敵なレストランだったアルカフマンションがあります。今は廃墟のようですが。昔インド人のお金持ちの邸宅でした。

Rimg01201_3   

18年ぐらい前によく食べに行きました。懐かしいなぁー。

ここから数十メートル先にテラスガーデン入り口があります。登ってみるといい気持ちですよ。向こうにセントーサ行きのケーブルカーが見えたりして・・・

ここのブーゲンビリアは色がめちゃくちゃ鮮やか~まさにトロピカルピンクでした。

Rimg01311 Rimg0133

テラスガーデンから少し下ると、フォレストウォーク(Forest Walk)という遊歩道が続きます。こんな感じでずーっとアレクサンダーアーチまで続きます。

Rimg0174_2

歩道の周りは二次林の色々な植物が楽しめます。

Rimg01081_2 Rimg0350

テトラセラの花                  パララバーの新葉

Rimg0363

つる植物フィブラウレア ティンクトリアがいたる木に絡まって、木を覆い尽くしている光景がたくさん見かけられます。

Rimg0361

Rimg01801 Rimg0178

パララバーの実                            

この辺りは昔ゴムのプランテーションが行われていたのでしょう。ゴムの木(パララバー)がたくさん見れます。パララバーの見分け方で一番のポイントは葉っぱが三枚ずつ出ています。

Rimg0226

かなり高い所に作ってあるので、普段見にくい高い所の葉や実が見れます。風も気持ちよくてかなりお気に入り散策道になりました。

終わりに近づく頃にドリアンの木が!かわいいリスがお食事中でした。

Rimg0214

どうにか撮れました!かわいいでしょっ!!!

Rimg0225

さあ、やっと最後が アレクサンダーアーチです。これまたスタイリッシュ!ここを渡るとホートパーク(Hort park)という素敵な公園があります。ここがまたいいところ!ここを経てケントリッジパークまで今のところ道が延々と続いてます。素晴らしい散歩道ですよ。

子どもと一緒に歩きましょう!彼とでも、旦那様とでも!私はどれも候補がいないので、友達と歩きます!あっ、パパさんいますが、歩いてくれそうにないので・・・

一緒に歩いてくれる人が誰もいない人、一緒に歩きましょ!!!

では

*******

 

| | コメント (0)

2008年7月23日 (水)

ヘンダーソンウェーブからアレクサンダーアーチまで

先週金曜日は自然友の会定例会。40人近い出席者で大盛況でした。新メンバーが多くて賑やかになりつつあります。

Rimg00842 Rimg00762

さあ、今回は楽しみにしてました。

みなさんヘンダーソンウェーブ知ってますか?アレクサンダーアーチ、フォレストウォークという名前を耳にしたことがありますか? この5月に出来たばかりの出来立てホヤホヤの遊歩道なんですよ。

今までは途切れ途切れだった公園と公園を繋ぐモダンで素敵な橋も出来上がりました。それがそれが素晴らしいんです!

シンガポールの南部にあるマウントフェーバーパークとテロックブランガヒルパーク、そしてフォートパーク、ケントリッジパーク、そして最終的にはウエストコーストパークまで遊歩道をつなげようという計画。全てを総称して Southern ridges といいます。いいですねー。

歩こう~ 歩こう~ 私は元気~~~ 歩くの大好き~どんどん行こう~ なんて歌いながらお気楽に道沿いに歩いていると、なんとマウントフェーバーからウエストコースとパークまでいけちゃうという構想。 

Rimg00752_2 今回はヘンダーソンウェーブからアレクサンダーアーチまで歩いてきました。まずはヘンダーソンロード バス停09番で降りて、上を見上げるとおおーあります・あります。

バス停横の階段を上に登っていくとヘンダーソンウェーブの入り口に出られます。

上の写真からも分かるように、デザインはドラゴンのよう。デザインいいですね。

それも板張りなんですよ。平たい平面だけでなくそり上がった部分や斜めになった部分まで綺麗に板張りで仕上がっています。ウッドデッキの橋といったところでしょうか・・・

素敵です!大好き!

 

Rimg0096_2

というところで時間切れ。今からマレーシアに行って来ます。

また続く

では

********

| | コメント (0)

2008年7月20日 (日)

ラッフルズコートヤード@スケッチ色塗り終了

Raffles_courtyard

先週のスケッチクラスで描いたラッフルズホテルのコートヤードの色塗り終了。今回は自分でかなり発見がありました。またすぐにでも行って描きたい衝動に駆られています。

コートヤードは何故かいつも輝く明るさを持っている場所ですね。

又違う角度から挑戦してみます。

毎日このコートヤードで展開される人間模様は様々なのでしょうが、できれば鳥のさえずりでも聞きながらティータイムをゆーっくり楽しんで頂きたい。そんな場所です。別れ話などは決してせぬように。これなくなっちゃいますからねー笑 来るたびに思い出すなんて・・・やですからねぇー 私なんて哲学の小径を歩くたび思い出す・・・・なんちゃって、もう大昔のことですわっ。

のんびりした空気が表現出来ていればいいのですが・・・

コートヤード挑戦しがいのある場所です。

ぜひぜひ描いてみて!

では

********

| | コメント (0)

2008年7月19日 (土)

ハルさんの米

Rimg02341

ハルさんの実家の田んぼで獲れたお米を頂きました。

日本からはるばる運ばれてきたお米です。

わあー日本のお米だー!と言ったら、違うよ!うちの米だよーって言われました。

ご飯が~~~~ あー、ご飯が~~~~

美味しい~~~

美味しすぎて・涙ー

なんて美味しいの~~~

何回叫んだことか!笑

それにまた頂いた昆布佃煮の美味しいこと。

重いものを一生懸命携えてきてくれた友の心に感謝。

私の名前の焼酎と供に、それはそれはいい夜でした。

rumirumiさんからの鶏肉も最高。

Rimg02271 

日本で毎日のように起こる事件。

きのうも少年のバスジャック!

あまりにも平和ボケで心にピントが合ってませんね。

当たり前の中に輝きを見つける力。

親と子が茶碗一杯の御飯を美味しいね。と言い合えたなら、

あんな事件は起こるはずもないように思えます。

そう思えませんか?

では

**********

| | コメント (0)

2008年7月17日 (木)

ラッフルズコートヤード@スケッチ

Raffles_courtyard_2

ラッフルズホテルのコートヤードです。

この絵の中におかしい所があります。探してみましょう~!なんて。。。

あー、あそこはあーするんじゃなかった!というところが、いつもいつもありますが、人生も同じようなもの、あーまたやっちゃった!って言うことありますよね。よしよし、分かってるだけOKじゃん。懲りずに前進しましょうねー

スケッチも同じこと。

少なくとも3箇所気になる所あり!!!

まっいいかあ。アンタ先生でしょ!って言われそう。ほほほ。

手加えすぎや、もっとあっさり描かんかーって、自分に言い聞かせてます。笑

右上のギザギザの葉の植物はパンノキです。南国の大事な食料源です。今度コートヤードに行ったら、見てみて下さいね。よくフードコートで実を天ぷらのように揚げたのが売ってますよ。葉はハワイアンキルトのモチーフに良く使われます。

遠方より友来る!

半年前に帰国したハルさんが今我が家に居候してます。楽しい~!歩きまくります。

では

*********

| | コメント (2)

2008年7月16日 (水)

TEA CAFE@スケッチ

Tea_cafe

きのうはスケッチクラスでした。

スケッチ場所はアートミュージアム周辺、チャイムスからラッフルズホテルまで好きな所で。私はラッフルズホテルのコートヤードをスケッチしましたが、まだ途中。又行こうかともくろんでます。やっぱりラッフルズはいいですね。でも難しいです・・・!コロニアルの建物は複雑で、もう無理~!見てられない!描いてられない!あはは、そういう声をたくさん聞きました。ほんとに、ほんとにーーー、集中力要りますね。柱が何本とか、アイアンがくねくね曲がってたり・・・もうほんとに見てると目がくらくら~!

ラッフルズは仕上がったらまたお披露目することにして。。。

我がスケッチクラス恒例の楽しいランチは、ラッフルズホテル裏2個目の通り、皆さんよくご存知のイタリアンのガリバルディの隣のタイレストラン。Shingtai restaurant 。写真を撮りたかったけど、SDカードを忘れたのでしたー。あー又撮れない~。だから又行きます!halさん、TOMちゃん来るし・・・今日から、我が家はずーっとお客様続きです。遊びまくりの日々が続きます。ふふふふふ~~~。。。 でも、お米担ぎがたたってまだ疲れてますわ。

上のスケッチはそのあとに行ったカフェで、ささっとスケッチしたもの。急いで描いたし、線も細くていまいち?なんて思って、帰ってきてからこの絵を見て、さらに2枚描きましたが、生徒の皆さんに言ったように、バランスのいい絵は描けるのですが、いまいち魅力に欠ける絵になってしまいました。何度見てもやはりその場で見て描いたものに勝るものはありません。それで自分でも納得して最初のを仕上げてみました。写真もないので、頭の中のイメージで描きました。いかがでしょう?

ーーーーーーーー

7月22日。
ウビン島でスケッチしませんか?
小さいスケッチブックを持って早描きスケッチの練習をしましょう! そして、海辺の散策、シンガポール一美味しいドリアンを食べて、またまた美味しいシーフードも食べましょう!植物ガイドも絶対しちゃうしーー見たら黙ってられません。笑

この日一日の参加OK!

詳しくはこのページを見てください。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/in_7f90.html

オーチャードからタクシーに乗り合わせていきますよ!

では

**********

| | コメント (4)

2008年7月14日 (月)

シンガポールスリング@ロングバー

Photo_5

カクテル・シンガポールスリングが産まれたバーといえば、ラッフルズホテルのロングバー。お客さまがいらっしゃる度訪れる場所。アルコールが飲めなくても、ノンアルコールのシンガポールスリングがちゃんと用意されています。ピーナツの殻は床に捨てること。

このどピンクのカクテル。描きたくて仕方なかったのをやっと描きました。このバーはいつも暗め。それを意識して、全体的に暗めにしました。暗さと対照的に机の上に窓から射しこむ明るい光を強調してみました。

夢中で描いたのはいいけど、後で、あーーしまった!床の上に落とされたピーナッツの殻を描くのを忘れた!!!ちょこっとの隙間に一応描きましたがピーナッツの殻に見えるかな。

ここは、うちわの扇風機と床に落とされたピーナッツの殻とこのピンクのカクテルが大事な場所ですのに・・・

みなさん、トライしてみてください。

とにかく茶色しかないスペースを、どこにどう色をつけて、どういう風に表現するかにかかってますね。

正直、色が単調な場所は難しいですね。

ーーーーーーー

あっ、そうそう、日本人会の運動会。熱い暑い、暑い~~!めちゃ暑かったですよ。久しぶりにピッカーン!南国の青空でした。 やりましたよ!お米見事に担ぎとおして、たくさんのお米をゲットしてきましたよ。40人ぐらいずつ横並びで、担ぎ続けて残り5人まで我慢したらクリアー!!!

思ってたより、ひゃー重いいいー。内輪の話ですが、nakamura,koba,oota also cleared!!!

081713_0101

よく見えないでしょ? よしよし。

ps: 情報を得てきました。米俵に見立てたあの砂の入った袋25kgあったそうです。海外旅行のトランクが20kgまででしょ。聞いてみてびっくり!どおりで重かった筈です。

では

********

 

| | コメント (2)

2008年7月13日 (日)

バンダミスジョアキム@スケッチ

Photo

シンガポールの国花・バンダミスジョアキムです。
シンガポール・ボタニックガーデンのバンドスタンドの近くに、背の高いこの蘭が密集して植えられています。花が咲いていないときは、気がつかないで通り過ぎてしまう人もいるかも。。。「へー、あれが国花だったのね。」と、今初めて気が付いている人もいるかもしれませんね。

Rimg0758

Rimg0750_3

 

1893年、アルメニア人の女性ジョアキムさんの庭で偶然咲いた蘭。当時園長だったヘンリー・リドレーはそれを見て、その麗しき綺麗な姿に感心したとか・・・今でこそ、人工的な交配種は有り余るほどあれ、当時はきっと珍しく感激した様子が想像できますね。
「Vanda hookeriana」と「Vanda teres」の自然交配による新種として、発見者の名前から 「Vanda miss joaquim」と名づけられました。

1981年、当時蘭は国の重要な産業でもあったこと、またシンガポール生まれのとても綺麗な姿から、国花となりました。

ボタ本 P100

さて、今日は日本人会運動会。6人7脚走って、お米を持ち上げてきます!どうなることやら~?!

では

*********

| | コメント (0)

2008年7月 9日 (水)

マサイマラのソーセージツリー

Rimg05361
シンガポール植物園のソーセージツリー

ケニアマサイマラ在住・獣医の滝田明日香さんからソーセージツリーの写真を載せましたよ!と、コメントいただきました。あすかさん本当にありがとうございます

みなさーーん、滝田明日香さんの写真集見てみてください。

故郷アフリカ、ケニアのマサイマラのソ-セージツリーがどんなだか・・・!!! 

もう、びっくりですよ! シンガポール植物園のソーセージツリーがなんてかわいく見えてしまうのでしょう。 気を利かせて、ソーセージのような実の内部の写真も載せてくださっています。それに、あすかさん自身がソーセージの実を持って下さっているので、どんな大きさかとてもよく分かります。

では、じゃじゃーーん、ケニアの大地に飛んでください~~~

アフリカを感じてください~~~

ーーーーーーーー

以下、7月3日の記事「ソーセージツリー」に頂いたあすかさんのコメントです。

「マサイマラのソーセージツリーを食べる動物は今のところ見つかっていません。こちらだとゾウも食べません。マサイマラのは、Kigelia ethiopicaとか言う種だったと思います(たぶん)。写真を載せてみました。

滝田明日香写真集 

http://flickr.com/photos/drasuka/ ここをクリック!現時点でページ4です。写真のページはどんどん変るので、そのうちの2枚はこちらで見れます。まずはこちらを!http://www.asukafrica.com/diary/archives/001511.php たくさんの写真を見たい方は写真のページで探して下さい。

ーーーーーーーーー

今日もまた植物園のガイドをしてきました。またつがいのドロンゴを見ましたよ。カワセミも。この頃よく鳥が見れてハッピーです。ガイドの受付のテーブルの上にポストカードを置かせて頂いたら、お客様が買っていって下さいました。

Rimg0001_2
今日のお客様、 ポストカードお買い上げありがとうごいます!植物園お楽しみ頂けましたか?テンブス、ドロンゴ、パキラ、マンゴスチン、キャノンボールツリー・・・覚えてますか?特に、どうしてキャノンボールツリーの花に「にせオシベ」があるか覚えてる?将来、恋のライバルが現れたとき、負けないように思いっきりアトラクティブに頑張ってみてね!今日の小さなお客様へ。。。笑

ポストカード売り上げは、ちゃんと明日香さんを通して、ケニア・マサイマラ保護区レンジャーのたちの活動資金に寄付させて頂いています。今日は18枚、2340円を振り込みさせて頂きました。

ありがとうございます

そして、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

明日はどこかでスケッチしています。

あなたの心に響くような絵が描けます様に。

あっ、そうだ、わざわざ写真を撮ってくださったあすかさんにお礼の気持ちが届くように、ソーセージツリーを見て感想を持った方は、積極的にコメント下さいね。

宜しくお願いします!ぺこりん

では

**********

| | コメント (2)

2008年7月 8日 (火)

ラフィアって何?

Rimg0069

ラフィアって何?

この間、TAKASHIMAYA辺りをスケッチブックや絵の具を求めてさまよっていたときの事。RAFFIA(ラフィア)という文字が目に入ったのでした。ラフィアをご存知ですか?よくリボン代わりなどにお洒落に使われていたりもしますよね。写真でご覧のとおりのもの。このラフィアの紐で帽子を編んだり、かごを編んだり、日本ではこれからの季節ぴったりの素材ですね。麺じゃないですよー

Rimg0070

しかしーーー、とっても気になった!!!この絵からすると、ラフィアはまるでサバンナに1本スーッと生えているフィグやアカシアの木みたいじゃないですか・・・?!違う、違う、違うわよ。。。これはブログに載せなくちゃーなんて、写真撮っていると、写真撮影禁止です!なんて、注意されてしまった。へへへ、もう撮っちゃいましたぁ。

さて、何がどう違うか?
ラフィアとは何から採れる素材なのでしょうか?

実は、私はモーリシャスで偶然知ったのでした。ほほほ、偉そうなことはいえないの。ほんの2ヶ月前に知ったばかりだから・・・それは、モーリシャス・パンプルムース植物園でのこと。あっという間にガイドの時間が終わり、名残惜しく、ゆっくーり、ゆっくーりと(分かって!分かって!分かってくださいな!この去りがたさ・・・)駐車場に向かっていたときのこと、ふと気になった椰子が駐車場脇に生えていたのです。それはこれ。

Rimg0486

右になんだか凄い実がぶら下がっているではないですか。「これなんですか?」ガイドさん達がそばでたくさん休憩していたので聞きました。その答は「ラフィアだよー。」「ほー、これがラフィアーーー!!!」 ラフィアってこれだったのね。「ほー、ラフィア。これがラフィア。」何度も言葉にならぬ声で自らに言い聞かせ、叫びましたね!!!「ぱぱさーん、これラフィアだって!!!」 もちろん反応のないぱぱさんでしたが・・・ いいんです!声にできただけで・・・ぷんぷん、反応しろよーって言ってみたところで無理ですから。。。

Rimg0487

1m以上もある豪華な実の集まり。大きくしてみると、

Rimg04871

サゴヤシの実に似ています。ラフィア椰子は熱帯アフリカ・マダガスカル産。幹は高さ9mほどにもなるようです。それぐらいの高さはありました。かなり高かったです。羽状葉は長さ10m以上で、幅3m位で、まっすぐ上方にびゅーんびゅーんと伸びていました。

ラフィア繊維はこの葉の部分をさらし、加工で樹脂を抜き、乾燥させたものです。

といってもこの頃では人工のものもたくさん出回っていますけど・・・使えば使うほどしなやかになりツヤが出るのが特長。色が白く、幅広で、繊維が柔らかいほど高品質とされ、プライスもアップするそうですよ。

ーーーーーーーーー

学名:Raphia farinifera ヤシ科
Common name : Raphia Palm ラフィア椰子
原産地: マダガスカル


ーーーーーーーーー

ラフィアは椰子の葉っぱなのでした~!!!

そろそろラフィアの籠が似合う季節ですね。

日本の皆さん、暑中見舞い申し上げます。

お身体お大事に。

では

*********

| | コメント (2)

2008年7月 7日 (月)

イロモドリノキ(バウヒニア・コッキアナ)

Rimg01781 

学名:Bauhinia kockiana  マメ科
Common name: Kock's Bauhinia イロモドリノキ
原産地: マレーシア半島

7月4日にこの花のスケッチを紹介して、まだ花の説明を載せていないので、今日はオレンジ色の生き生きした花イロモドリノキ(バウヒニア・コッキアナ)のご紹介です。シンガポールでこの花ははずせませんもの。

スケッチは封筒入りカードにして見ました。どうでしょう?

Rimg0389

一枚3ドルで販売中

さて、このイロモドリノキ、漢字で書くと色戻りの木。名前の通りに最初黄色で咲いた花は受粉を終えると色褪せ、黄色っぽくなっていきます。黄色→オレンジ→黄色と色が変化するので、イロモドリノキという訳。つる性を生かして、よく個人の家の庭で屋根の方まで綺麗に伝わって咲いているイロモドリノキを目にします。車の中などから、あーーー、綺麗ーーー、ついつい目がいってしまう花の一つがこれですね。TOMちゃんのブログで綺麗なもんの写真がありましたっけ。。。

Rimg02052

おおっ、ちょっとでかっ!!まあ、よく見えていいかな?!黄色い花のオシベの先に蜜の塊が見えるでしょ?私は今がお食べごろよ~!って、黄色い色で虫を呼びます。魅力的な赤い色まであるわよ~ このぷちんとオシベの先っちょについている丸い蜜の塊を食べてみると、「甘い~!」人間様にも魅力的でしたよ。

Rimg03851

もうひとつ、この花をシンガポール植物園で説明するときにはずせないのが、このメインゲートの話題。モチーフに使われているのは、このイロモドリノキなんです。よく見てみると、分かってもらえるかな?つる性植物の感じがよく出てますね。

植物園では、コーナーハウスの前、プラントハウス、メインゲート付近、そしてフードコートのタマンセラシでいつも綺麗に咲いています。ボタ本(Singapore Botanic Gardens・日本人会出版) P87 

Rimg03832 Rimg03841

3本の葉脈がくっきりと目立つ葉。

Rimg0210

一つ、一つの花がたくさん集まった総状花序。花は約5cm位。葉は約10cmぐらいから。花びらはなかなか散りません。散らずに子房が大きくなって、莢をつけている様子も良く見られます。この様子もTOMちゃんのページに写真ありー。

シンガポールに彩を与えてくれている花です。

私も大好きですよ。

ついつい舐めてます~笑

では

********

| | コメント (2)

2008年7月 6日 (日)

ボランティアガイド@ボタニックガーデン

Rimg0332_2 ママ達遅いから先に行くわ~
ここはレインフォレストの中

今日は久しぶりに植物園のガイドに行ってきました。毎月第1土曜日10am~、そして奇数月は第2水曜日10am~もやっています。ビジターセンター集合です。主にレインフォレストですが、その他の場所も臨機応変にご案内しています。今日のお客様は大人8人子ども5人。ガイドは3人+アシスト1人で対応しました。今日は私はアシストで参加。かわいい女の子二人と遊んでました。おかあさんゆっくり散策してくださーい。そのうちもう二人一緒になって、子ども4人と駆け巡ってひーふー言ってましたが。。。

Rimg0333 レインフォレストってなんて気持ちいいの~!

ほほほ、これやらせです。 

でも今日はこの二人のお陰で撮りたかった写真が撮れました。それはこれ。

Rimg03511

わざとぼやかせました。かわいいお顔が出せなくて残念!前々からこの木の下に子どもを立たせて撮りたかったのです。どんなに板根が凄いかよくわかるでしょこれはバンドスタンド傍のカポックの木。綿の採れる木です。カポックについては前の記事を見てくださいね。綿の降る木カポックhttp://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/ceiba.htmlです。

Rimg03531

このカポックはシンガポールボタニックガーデンの主のような存在です。

Rimg0349

バンドスタンドはいつものように優雅で綺麗。ここを通ってメインゲートのほうへ歩いていくと、今日はこんなものが見れましたよ。

じゃじゃ~ん、ここにこの木があるとは知っていましたが、こんなにたわわに実がなっているとは・・・

Rimg03661
さて何でしょう?

これがだんだん赤くなってきます。似てるものがありますよ。今シーズンのランブータン。これにとても似ています。でも。これはランブータンみたいに毛むくじゃらじゃないの。ごわごわした感じ。赤くなると、どんなかはこの写真をどうぞ。名前はプラサン。

Rimg00841

去年ジョホールバルのククップ島へ行った時に売ってました。結構美味しいんです、これ。ランブータンより食べやすい。あっ、ランブータンはこれですよ。

Rimg00671 毛がもじゃもじゃ。

プラサンについても前に書きました。前の記事を見てください。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/ne_b718.htmlhttp://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/3_0770.html です。

Rimg0363 Rimg0368

たくさーん実が付いてますよ。赤くなるのが楽しみですねー

赤くなったら又お知らせしますね。

どこにあるかは、勿論ボタ本見てください。P37 21番の木です。

今日も楽しい植物園ガイドの日でした。

みなさんに「へーっ」とか「わあーっ」とか言っていただくのが最高の喜び。

2年前には、私がここでガイドをしているなんて、考えられもしなかったのです。ご縁というものなのでしょうか・・・。でも、ちょっと勇気を出して踏み出した私がいたことも事実。ほんのちょっとの勇気で今の楽しい世界が開けています。もちろん最初はドキドキ。でもでも、それ以上にお客さまから楽しさを頂いている今です!

今、シンガポールボタニックガーデン・日本語ボランティアガイドグループは新しい仲間を募集中です。興味ある方はご連絡下さい!!!

一緒に楽しみませんか?

左上のメール送信より遠慮なくお問い合わせ下さい。

日本語ボランティアガイドは、毎月第1土曜日 10時から
                  奇数月 第2水曜日 10時から
                  ビジターセンター集合です。

                  約1時間半程度です。

                
では

*********

| | コメント (0)

2008年7月 3日 (木)

ソーセージツリー

Rimg0539

 学名:Kigelia africana ノウゼンカズラ科
 Common name: Sausage Tree, Cucumber Tree
                      ソーセージツリー
 原産地: 熱帯アフリカ

シンガポール植物園のソーセージツリーです。私が一番最初に植物園をガイドしてもらったときに、(TOMちゃんのガイドでした~もう2年前のことだわ。)一番印象的だった木。そして、ボタ本で私が担当した木です。だから私の子どものようなかわいい、かわいい木。何故、ソーセージツリーというかは、ご覧の通り、何本もの綱のような柄がさがり、そこにまるでウインナーソーセージのような実をつけるから・・・これを見たら皆ニコニコ!面白い~と叫んでくださいます!!!

Rimg00882 骨折をしたkotoriちゃんの顔にも笑顔が・・・

どんな実かと言うと・・・ねっ、太いフランクフルトソーセージでしょ?!

Rimg0534 Rimg0543_2  

とても硬いですー。毒性があるので、食用にはなりませんが、梅毒やリュウマチなどの薬に使われます。ゾウは大好きらしいのですが・・・中には小さい種がいっぱい入っているらしいのですが、これもまだ実際に見たことはありません。今度ハンマー持っていって割ってみなくちゃー。

どんな花が咲くかというと、こんな凄いどぎつい色!!!濃い赤ワイン色。。。木の下にいっぱい落ちています。

Rimg0232_2 Rimg0237 

花びらがまともな形で残っているものはほとんどありません。何に食べられるの?うふふ、それは・・・コウモリちゃん!!!夜咲きのこの花を求めて、私達の寝静まっている間にここでは、さぞかし賑やかな世界が繰り広げられているか~~想像するだけでも楽しいですね~~えっ、楽しくない~~??うーーん、コウモリちゃんもかわいい奴ですよ。。。この世には私達の知らない世界がたくさんありそうーーーワクワク!!!

右の写真:コウモリの爪あとですーー

気持ち悪いと思ったあなたへ~~この花とても綺麗な咲き方をするんですよ。まるでシャンデリア!!!フランスやイタリアの宮廷の世界のよう~~

Rimg0235 Rimg02301

花は3個、3個と輪生して咲きます。コウモリが蜜を吸いやすいようにぶら下がってます。コウモリちゃん待ちきれないよ~ってな訳で、花びらをさっさと食いちぎって、新鮮な美味しい蜜を頂き~と言うわけですね。

Rimg0227 ねっ、こんな感じで食いちぎってるでしょ!!

この間モーリシャスに行った時、パンプルムース植物園でこの木をみてびっくり!!!実がでかい!!!シンガポールで見る3~4倍はありましたぁああ。。。感動ーーー

Sany0169

比べにくいけど、これがモーリシャスのソーセージ。

ーーーーーーーーー

1800年代、英宣教師・探検家リヴィングストンはこの木の下にテントを張って、ヴィクトリアの滝を発見したそうですよ。アフリカではどんなんでしょう??? 植物園での木じゃなくて、サバンナにあるとどんなのよ~?!って、想像してたんです~~見てみたい、わが子の様な木が。。。

そうしたら、気持ちが通じたのかーー。わおっ!ソーセージの木だあ!木の下にライオンが・・・いる・・・サバンナだあ!!!アフリカだあ!(すみません、ちょっとアフリカ熱が・・・)ソーセージの木の下でライオンが休んでいる写真をあすかさんが彼女のHPに載せてくれてました。この木の野生の姿をぜひご覧あれ~!マサイマラのソーセージは細長いみたい。。。いかにもソーセージです。。。

獣の女医 滝田明日香HPhttp://www.asukafrica.com/diary/archives/001498.php

記事を読んでみるとケニアのガイドさん達は「ソーセージツリー」の説明を5分やれなかったそうな・・・私達シンガポール植物園の日本人ガイドはできるかな???私達ボランティアだし・・・(ほほほ、言い訳)いえいえ、あすかさーん、私達ちゃんとできますよ~~~

ーーーーーーーーーー

親しみ易い木です。ぜひ、会いに行ってやってくださいね。今新緑で葉っぱも瑞々しくて綺麗ですよ。奇数羽状複葉。

Rimg0231

スワンレイクの横の道をラン園のほうに向かって、そろそろ右に芝生がなくなってきたら、その芝生を右に上がって行ってください。

場所は、もうそりゃ~、ボタ本を買っていただくと、すぐ分かります。P59 30番の木です。ひとつ、この場をかりて訂正。なんと、原産地が熱帯アメリカなんてことになってます。おーーい、印刷屋さん!間違えないで!ワードからイラストレーターと言うソフトに変えてもらったはいいけど、変換時のミスが多すぎです~(涙)

ケニアに行って、ソーセージツリーを見たい!ジャカランダも見なくちゃ~!

いかなくちゃー!!!

木を知ると旅の醍醐味が違います。

ーーーーーーーーー

+あるふぁ 追記

・本当にゾウが食べるのか・・・ザンビアのサウスルアングア国立公園のガイドさんが話しているこんな記事が載ってました。16種類の動物が好んで食べると。。。実際にはどんな動物なんでしょう??その辺がもっと知りたいですが・・・それに、アフリカのソーセージツリーの実は10kgもあるとか・・・こちらを読んで見て下さいね。。。でも、1kgの間違いじゃないかな・・・

0303 ソーセージツリーがロゴに。かわいいですね。

http://www.musashino-u.ac.jp/ao_general/various/lifelong_study/re_study/environment/lecture071208/talk02.html

・実の中

タンザニアで生活されているご一家のHP.実を一生懸命切った写真が載ってます。中に種はありそうにない感じがするけど・・・ないはずはないし・・・

http://robinsonn.blog43.fc2.com/blog-entry-218.html

かたそうでしょっ?!

ーーーーーーーーーー

「第2弾:ボタ本を持ってボタニックガーデンを歩く会」を開きます。詳細は7・2の記事を見てください。一緒に歩いて熱帯植物に触れてみませんか?きっと楽しい世界が開けますよ。

では

*********** 

| | コメント (9)

2008年7月 2日 (水)

第2弾:ボタ本を持ってシンガポールボタニックガーデンを歩く会

Rimg0644

お知らせ~!!!

今月も、先月に引き続き、ボタ本を持って植物園を歩く会 」を行います。先月は延べ25名の方の参加を頂きました。本当にありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーー

・TOMちゃんが案内するラン園の巻

7月24日(木曜日) 午前中2時間程度

今回はスペシャルバージョン!ボタ本のらん園を担当したTOMちゃんがちょうど遊びに来て、らん園を案内してくれます。TOMちゃんといえば、「シンガポール熱帯植物便りぷらすあるふぁ」で皆さん名前はご存知ですよね~?知らない人はここをクリックして下さいね。http://tropicalplant.air-nifty.com/日本に帰国後も熱帯植物を皆さんに紹介し続けてくれています~!根っからの植物好きですから~、彼女が語り始めると止まりません~笑 らん園を語らせたら彼女以上のガイドはいませんから~~~お見逃しなく!人数が多い場合は早い順となります。もちろん私も行きます~!

ラン園は特に普段ガイドをやっていません。みなさん、「ラン園ってきれいねー。」だけで終わってませんか?今度お客さんをお連れするときに、ちょっと知ったかぶってガイドできますよ~。笑

Rimg0363_2

ここかららん園。中は別世界ですよ~!!!

ーーーーーーーーーーーーー

・果樹園エリア&エコエリア散策

7月29日(火曜日) 午前中2時間程度

植物園もここまではなかなか一人では歩かないエリア。実は面白い植物の宝庫なんですよ。あのフルーツはこんな風になってるのね!へー、そうだったんだあ!驚きの発見を一緒に楽しみましょう!!!超レアーな企画ですよ!

Rimg0258

これは何でしょう?

ーーーーーーーーーーーー

参加費無料ですが、いつもながら滝田明日香さん応援し、ケニアマサイマラ保護区の危機をヘルプする気持ちを込めた企画です。もし、楽しかった!面白かった!などと思っていただければ、ケニアマサイマラ保護区へのヘルプのため少しばかりの寄付をお願い致します。

参加希望の方は左上のメール送信からご連絡ください。折り返し詳細をお知らせいたします。お待ちしています。

なお、ボタ本をお持ちでない方は、ご連絡いただくと持って参りますので、当日お買い求めください。16ドル10セントです。みなさーんボタ本愛してやってくださいね。我が子のような存在なんです~!笑

今月はもう一つウビン島でのワンデースペシャル スケッチ散策もする予定です!

それについてはまた明日!!!

どんどん楽しみましょう!!!

では

ーーーーーーーー

| | コメント (5)

2008年7月 1日 (火)

びっくり!!!

Hare_cover Hare2_cover Takarabako_cover

ジャンボ!!!

フロム ケニアです!!!

ほほほ、そんな記事を発信する日も来るのでしょうか?

私が応援しているケニア在住・獣医師 滝田明日香さんのHPに私のことが紹介されていました。ほとんど毎日彼女のHPには目を通しますが、オー!マ~イ!びっくり!!!開いた途端私の絵がーーー!!! ひゃ~~、恥ずかしいけど、でも嬉しい。。。あすかさんありがとう!!!

皆さん、すみません。嬉しいもので・・・見てやってくださいまし・・・・・ぺこり

獣の女医の独り言 http://www.asukafrica.com/diary/

また、そのページの募金者のところにはシンガポールでご協力頂いたみなさんのグループ名も載せていただいております。ご協力頂いた皆さん本当にありがとうございました。これからも楽しくスケッチを続けます。そして、「ボタ本を持って植物園を歩こうシリーズ」も続けます。そして、自然の中を歩く新企画も・・・ 楽しく歩いて、植物を見て、時にはスケッチもして、楽しかったら、ほんの少しばかり気持ちをご寄付くださいね。

新しく封筒入りのカードを作ってみました。

Rimg00921

カード一枚 3ドルです。

あなたも私もあすかさんも、そしてマサイマラの人達も動物も、そしてシンガポールの動植物達も、皆が楽しくハッピーになれるハッピーシリーズ続けますーー!!!

興味あるきかくがもしあったら、ご参加くださいね。

では

*******

| | コメント (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »