« 雨上がりのフォートカニングパーク | トップページ | 続 滝田明日香@情熱大陸 »

2008年6月14日 (土)

ハナチョウジ・花丁子

Rimg00032

学名:Russelia equisetiformis ゴマノハグサ科
Common name: firecracker plant, coral plant 花丁子
原産地:メキシコ

シンガポールボタニックガーデンをよく散歩する人なら、必ず目にしているファイヤークラッカー。私達は気軽にファイヤークラッカーと呼んでいるけれど、「1001 Garden Plants in Singapore」では、firecracker plant と記されてました。他にfirecracker flower と言うのもあるし、混同しないように呼び方をきちんとしなくてはいけませんね。これからガイドする時は、ファイヤークラッカープラントとします。なかなか知識が追いつかなくて申し訳ありません。

何故皆見ているかといえば・・・

Rimg0006

ボタニックガーデンの正面玄関タングリンゲート横のインフォーメーションセンターの屋根にいっぱい植えられていて、上からかなり長く垂れさがっています。グリーンパビリオンと言うんですよ。

Rimg0007

中から外を見てみると、こんな感じ。

Rimg0166

この写真では、あまりよく見えませんが、涼しさをかもし出してくれています。

さて花に戻って、よく見てみると茶色い丸い種も見えますね。それに、蕾がかわいいと思いませんか?かわいい~~

Img_19661

ファイヤークラッカーとは爆竹の意味。ぴったりの名前ですね。うちのコンドミニアムにも年中咲いる常緑低木です。細い枝ぶりが風でさらさら揺れて、涼をそそります。優しい印象のする存在です。高さ1.5mぐらいになり、花の長さは2.5cmぐらい。茎の先や細い枝先は垂れ下がります。和名は花丁子(ハナチョウジ)

屋根の上の緑は、シンガポールで初めての試みだそうです。

タングリンゲートにいらしたら、ゆっくり眺めてみてください。今日はファイヤークラッカー・プラントのご紹介でした。

では

|

« 雨上がりのフォートカニングパーク | トップページ | 続 滝田明日香@情熱大陸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨上がりのフォートカニングパーク | トップページ | 続 滝田明日香@情熱大陸 »