« 大きな勘違い | トップページ | 鳳凰木@スケッチ »

2008年6月 2日 (月)

ツンベルギア(ベンガルヤハズカズラ)

Photo

この頃ポストカード作りに励んでます。ポストカード用の絵をせっせと描いてます。アフリカケニア・マラコンサーバンシー(マサイマラ保護区管理施設)援助のためのポストカードです。

ツンベルギアを描きたいな。でも、花だけ描くのもつまらないかと、皆の愛するツンベルギアのトンネルを加えてみました。

どうでしょう?

シンガポールボタニックガーデン・ビジターセンターから入ってすぐを右に曲がると、白や薄紫の可憐なツンベルギアの花でいっぱいのトンネルがあります。

甘い蜜に誘われて、黒い大きな図体のカーペンタービーがいつも飛び交っています。このハチ君がかわいいんですよ。体の大きさの割にはおとなしいハチです。

Rimg0010

学名:Thunbergia grandiflora(うす紫) キツネノマゴ科Acanthaceae
Common name: Bengal clock vine、ツンベルギア、ベンガルヤハズカズラ

原産地:熱帯アジア

ツンベルギアという名前は、18世紀~19世紀の有名なスウェーデンの植物学者・ツンベルグの名前に由来しています。

熱帯を主な分布域とする。多年草・つる植物

日本でも園芸種がたくさん売られています。

Rimg0008

Rimg0881

必ずみなさんおっしゃいます。綺麗ですね!なんていう名前ですか?と。

よく家のフェンスなどでも見られます。

なんだか、昔の注射の名前に似てる・・・

えーとー・・・思い出したツベルクリンだあー

全然違うじゃん。

では

*********

|

« 大きな勘違い | トップページ | 鳳凰木@スケッチ »

コメント

まゆり さん
スケッチの場所思い出します。後ろに見える木はヘリテイジのひとつですね。

白い花が大好きですが、これは好きな花のひとつです。
種小名から、ローレルカズラ、別名ケッケイカズラだそうです。月桂樹の葉に似てますか?

ところで、日本で皆さんが作った「本」は買えるのでしょうか?

投稿: 高橋俊一 | 2008年6月 4日 (水) 00時06分

コメントを書き忘れました。

植物学者は「ツンベルギア」ではなく、普通は「ツュンベリー」「ツンベルク」などと言っています。
Carl Peter Thunberg カール・ピーターさんです。

細かなことですが....

投稿: 高橋俊一 | 2008年6月 4日 (水) 00時13分

高橋さん、葉っぱはよく見ると月桂樹の葉とは違う形をしていました。そこで調べてみました。このトンネルのところで見れるのは、Thunbergia laurifoliaではなくて、Thunbergia grandifloraベンガルヤハズカズラ のようです。葉が広くて尖がっているところがあります。ローレルカズラは葉が確かに月桂樹のように細長いですね。ブログも学名を訂正しておきます。間違いが分かって良かったです。

それからボタ本は、ブログ「シンガポール熱帯植物ぷらすあるふぁ」のTOMさんのところにありますので、すぐにでもお送りできます。左側のメール送信から、メールにてご住所お知らせいただけますか?詳細を御知らせ致します。ありがとうございます。

投稿: まゆり | 2008年6月 4日 (水) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きな勘違い | トップページ | 鳳凰木@スケッチ »