« マサイマラ保護区の危機 | トップページ | ポストカード作り »

2008年5月29日 (木)

マサイマラ保護区の危機 2

We cannot lose the Mara

引き続いて、ケニア:マサイマラ保護区のこと。

ブログで知り合いになった幸四郎ママさんから、ボタ本のことでメールを頂きました。なんと偶然!アフリカのことが気になっている時に、幸四郎ママさんからとは・・・彼女は今私のそば(シンガポール)でマサイマラ保護区の事を知っている唯一の人物。尋ねてみると、彼女もマサイマラ保護区の事を心配して、寄付もなさったとか・・・

そんな彼女がHPでアフリカに行ったときの映像を公開していらっしゃいます。

かわいい動物達が見れますよ!動物達の声がいい!

覗いてみてください。

以下頂いたメールです。

ーーーーーーーーーーー

まゆりさん、私のウェブサイトでアフリカへ旅したときのショートムービーを紹
介しています。
アンボセリやマサイマラのロッジの様子なども紹介していて(ケニアへ旅する時
は、やっぱり宿泊する所がどんなところか皆不安になるので)
どんな所か、どんな雰囲気なのか分かると思います。

もし良かったら是非覗いてみて下さい。
ウェブサイト用に画質を落としているので、画像が荒れて汚いですけれど。。。


http://homepage.mac.com/rafiki0546_/Africa/Menu23.html


Animal Orphanage へ行った時のムービーで、チーターの子供と遊ばせてもらった
時の映像も紹介していますよ!
国立公園内で保護された孤児や怪我をした動物達の施設で、入園料は野生動物達
の保護活動に使われています。
ケニアに行くと言う方には、ここへ足を運ぶ事を皆に薦めています。

ーーーーーーーーーーーー

シンガポールには素晴らしい動物園、そしてナイトサファリがあります。そこで動物達のかわいらしさを知る子ども達も多いはず。野生の動物達が、本来の姿で生き残れる場所が今どれほどあるのか・・・寂しい限りです。

マラコンサーバシーへの寄付については、明日香さんのHPで。

では

*********

|

« マサイマラ保護区の危機 | トップページ | ポストカード作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マサイマラ保護区の危機 | トップページ | ポストカード作り »