« 桜餅を思い出す | トップページ | ゴラカの実 »

2008年3月29日 (土)

バタフライ・ブッシュ

Rimg0368

学名:Clerodendrum myricoides”Ugandense” クマツヅラ科
    クレロデンドロン・ウガンデンセ


英名:Butterfly Bush バタフライ・ブッシュ
原産地:熱帯アフリカ
撮影:シンガポールボタニックガーデン

おとといの記事で書いた蝶博士と一緒に歩いていたら、タイミングよくこの花が咲いていたのでご紹介。名前はバタフライ・ブッシュまるで青い蝶が群れて飛んでいるようでしょ。オシベもメシベも長くて、これはクレロデンドロン属の特徴なんですよ。青い花好きの私はついつい目が行って、近づいてしまいます。別に近づいて悪いわけじゃないのですが・・・みんなは他の花を観察してても、またまたシャカシャカとシャッターきって、みんなに遅れるのです~~血液型ABのBが強く出てくる瞬間ですなあ~急いで皆に追いつかねば・・・いつもこんな調子です~~

Rimg0365

花の大きさは横幅2~3cmぐらいです。常緑低木。ここのは高さ約2mぐらいでした。

Rimg0380

葉が出て、そこから2本枝が左右にまっすぐ伸びていくのですね。

Rimg0375 Rimg0377

ブルーに飛んでくるのはどんな虫なんでしょう。

Rimg0373_2

この一番下の青い花びらにどうも秘密がありそうな・・・花粉らしき白い粉が中に落ちています。う~~ん、何かの作用でオシベの花粉がこの唇弁みたいな 青いところに落ちて、ここにとまったハチとかに花粉がくっつく。上のもじゃもじゃの毛みたいなのは、それ以上先に進まないようにするために生えているのかな~??でも、どうやってこの長くて先が尖ったメシベに花粉がくっつくの???

誰か教えて!この花にこんな虫がいたよーーーとか。このオシベ&メシベの曲がり具合巧妙に出来てそうですよね。

P181 「1001 Garden Plants in Singapore」

では

*********

|

« 桜餅を思い出す | トップページ | ゴラカの実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜餅を思い出す | トップページ | ゴラカの実 »