« カーペンタリア パーム | トップページ | ウバリア・グランディフローラ »

2008年2月27日 (水)

シミラン諸島のトイレ@タイ

Rimg01312

シミラン諸島という名前をご存知ですか?

ブログ「熱帯植物だより+あるふぁ」のTOMちゃんにどこの旅が一番楽しかった?と聞いて返ってきた答がカオラック。それってどこ??あのね、プーケットの北の方にあって、シミラン諸島に行けたり、家族旅行で一番楽しかったとこなの!!!ふーーん、2年前にそのことを聞いたときには、まったく馴染みのない名前。ふんーーん、そうなの・・・???正直、その時には積極的に行きたいとは思わなかった・・・・・

なのに、なのに、行っちゃった。縁あるところには行くことになってるのかな??? どうも聞くところによると、タイで一番綺麗なビーチがあるらしい。去年行ったタオ島のナンユアン島も有名だけど、そこより綺麗らしい。。。そんな耳寄りな情報を得たとき、きっと私の脳は、「行かねばーーー」と正直に悟ったらしい。

TOMちゃんーん、行ってきたよ!!!

Rimg0152

シミラン諸島行きの為にプーケット最北のホテル、マリオットに宿泊。カタやパトンビーチからだと大体6時台に出発しなくてはならぬところが、お陰で7時半過ぎのピックアップでした。ゴム園を左右に見ながら、約1時間でタプラム港に到着。ツアー会社の受付を済ませ、そこで、フィンとマスクを借ります。いっぱいありすぎてどれにしたらいいか迷ってると、さあ行きますよ~~あれー急げーーー、あのー待って!!!トイレに行って来ます~~~

スピードボートは、4基のエンジン搭載。大型スピードボートで力強そう。様々な顔ぶれで出発です。30人ぐらいは乗ってましたね。世界各国からシャッフルされて、今日ここに集まったご縁あるメンバーなんですよね。そう思うと面白い。ガイドは舌足らずのしゃべりで、おまけに長髪のユニークなガイドさん。ガイドはユニークなほど面白いです。

Rimg01342

さてシミラン諸島とは・・・・・

プーケットの北西 60マイルに浮かぶ「シミラン諸島」。 周りをエメラルドグリーンの海と真っ白なビーチに囲まれたこの諸島は、高い透明度と魚の多様な生態系に恵まれ、アジアが世界に誇るダイブサイトのひとつとなっています。

Map_sim_2 Similan_map_2

全面積128平方キロメートルで、「シミラン」というこの島の名前は、マレー語の「Sembilan」という言葉が「9」という意味を持つことからシミラン諸島というようになったそう。1982年に海洋国立公園に指定。

雨季にはモンスーンの影響で波が高くなり危険なので乾季の11-5月の間にしか行くことができません。ですから、雨季の間の6-10月の半年間は、人が全く入らない状態になり、海も活性化されるのでいつまでも美しい自然を保っていられるのですね。

その活性化されてる海が見て見たい・・・

70分ぐらいで、いよいよNO9の島に到着。40分シュノーケルタイム。楽しみ!!!と、張り切って泳ぎだしたものの、実はマスクがおかしくて水が入ってくる・・・色々直したり、船まで戻って代わりがないか交渉したりしていたら、時間切れ・・・・・ええー、何にもゆっくり見てないし・・・・・ぶぶぶぶぶ。うーん、まあいいかあー。午後も船からのシュノーケルはあるし・・・

次はNO8でフリータイム&ランチです。一番上の写真がNO8で有名な岩。セイリングロックという意味のヒン・ルア・バイという岩です。シミランといえばこの岩をイメージする人も多いですよね。

Rimg0129

さて、ランチランチ。ほんとおいしかったあ!!!ごめんなさい、ついお腹すいていて・・・食べ終わって写真とっちゃいました。うちのテーブルはこのサモアからやってきたような、大きな、人のいいおおらかそうなおじさんが食べること食べること・・・なので、すべて空っぽでしょ!?料理はガイドたちがどんどんつぎ足してくれます。満足!!!

・トムヤムクンスープ
・野菜のチャプスイ
・鶏とカシューナッツ炒め
・丸ごと一匹魚のから揚げ
・白飯
・フルーツ
・コーヒー紅茶

おばちゃーん、トイレ行ってくる。。。
行ったはずのminoriちゃんが、あれー、戻ってきてるし・・・なに???
おばちゃーん、トイレがなんか変!お風呂みたいだし・・・一緒に来て!!!

ふむふむ、いい忘れてた・・・「トイレに紙なかったでしょ・・・」「うん。」

この国の人は、マレーもそうだけど、紙を使わないのね。その為に下のほうに水道があるか、この島のように水をためた日本のお風呂のような所が各部屋(トイレを部屋というのも変ですが・・・)の中についてるの。だからひとつの部屋は広い。この島のトイレには、高さが高いのと低いのと二つ水をためた水槽がありました。実は私も分らない・・・この二つの違いは何???重要ポイント???便器は和式の便器の背の高い版。足を乗せるところが左右についていて・・・大体扉の方を向いて用を足します。

なんちゃって、おっと、だんだん今日はトイレ情報になってきましたぞ。。。知ったかぶってる私も本当はよく分らない・・・みなさん、一緒に学びましょう。マレーやタイのトイレ事情。

仕方ない、写真を撮ってくればよかったのに、忘れたから・・・
ささっと描きました。こんなのです。

1

私達は紙を使いたいので、マレーやタイの旅行にはティッシュは欠かせません。たくさん持ち歩き、トイレではティッシュで拭き、くずかごに捨てました。これで大丈夫ですよね。そして、プラスチックのたらい(ひしゃく)で水を高さの高い水槽から汲んで流しました。さて、左側の高さの低い方の水槽の水はどういう用途があるのでしょう???もしかして、手を洗う水が高い方の水槽から。そして、トイレを流すのは、低い方の水槽からかな。水の綺麗さに違いがあるのかな???

分らんものは考えてもわからんですね。

誰か教えてください。

では

**********



|

« カーペンタリア パーム | トップページ | ウバリア・グランディフローラ »

コメント

サワディ~カ~
私は未だ行ったことがないです。
・・・・と行っても長くいてもなかなか行けませんが、

トイレ・・・ 大きい方は水浴び用で小さい方はトイレの水です。
アジアは何所でもでしょうか、トイレと水浴びは同じ部屋です。


それにしても欧米人が多そうだ、

投稿: takoome | 2008年2月28日 (木) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カーペンタリア パーム | トップページ | ウバリア・グランディフローラ »