« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

トイレ事情まとめ

おとといのシミラン諸島のトイレの話に、takoomeさんからコメントいただきました。ありがとうございます。

1

コメントによると、背の高い方の水槽は、水浴び用。低い方の水槽はトイレ用だとか・・・そうなんですね。了解しました。が、水浴びですよね。まさか・・・水槽の中に日本のお風呂のように入ったりするの?????もしかしてそれもありだったりして・・・有り得る、ふーーむ。いやあ、それは止めときましょ!タイの皆さん!!!ばい菌が・・・

タイではトイレをホン(部屋)ナーム(水)というそうです。タイのトイレ事情の記事がありました。見てみて!http://www.kanshin.com/keyword/323858 

シンガポールでも、私も最初は知らずにマレー式のトイレに入って、トイレットペーパーが変な位置についているなあ・・・と、思ってました。何で、そんなとこについてるの・・・!!!なんて後ろの方によいしょと手を伸ばして紙をゲットしてました。座り方が反対だったのね。。。笑

ーーーーーーーーー

シンガポールのコンドミニアム(マンション)で、普段私達が使っているのは、綺麗な水洗トイレ。でも裏口付近にはメイドさん用のトイレがあります。takoomeさんの仰るとおり、そのトイレにはシャワーがついていて、トイレもシャワーも同じ空間です。我が家でも20年前にシンガポールにいた時には、パートで「アマさん」(メイドさん)が通ってきて、仕事が終わったら、トイレでシャワーを浴びて帰っていました。トイレでもあり、シャワールームでもありなんですよね。シャワーを浴びるからかえって、綺麗な綺麗なトイレですね。掃除しない日本のトイレのほうがうーーんと汚い・・・!!!

色々なことに遭遇すると、頭が軟らかくなりますです。ほんと。

いっそ、トイレに関するイメージを一掃せねばならぬかも・・・大便が臭いのがいけないんですよね。あれがいい匂いだったら、そう忌み嫌うものでもないんですよ。じゃありません???

昨日からトイレの記事ばかり読んでます。笑 楽しいおもしろいアジアのトイレ事情が載っているイラストつき音楽つきのHPがありました。ぜひぜひ読んで見て下さい。普段紙を使うのが当たり前だと思っていた私はもう過去の私になりましたよ。紙を使っている人の方が少ない!?!?ウォッシュレットなるもの、世界の憧れの的かも・・・そういえば、タイの洗面器のメーカーの名前、どこへ行ってもCOTTOでした。TOTOのパクリ的でナイスな名前でした。

アジアのトイレその一からその4まであります。これを読んだら、もう怖いものなし!!!http://www.asiawave.co.jp/TOIRE1.htm お薦め!!!

でも。ちょっと中国ではトイレに困りそう・・・

逞しくなりそうですね。

行ってみるとしますかあ!!!笑

では

**********

| | コメント (1)

2008年2月28日 (木)

ウバリア・グランディフローラ

Rimg04742_2

学名: Uvaria grandiflora  バンレイシ科
英名: Large-flowered Uvaria
中国名: 大花紫玉盤(山椒)

原産地:インドシナ、西マレシア
観察: シンガポール植物園

昨日のタイのトイレの話題から離れて・・・あー、その話も気になるのだけど、もっと気になる花に出会ったので、タイから話をそらして・・・

ドカーンとしょっぱなからアップといきます。はじめて出会ったよく分らないかわいい花。今日植物園でのこと。今日は「ボタ本」を持って散策するボタラバ散策の日でした。

真ん中の蜜の部分がテカッてるでしょ!!!あまーいあまーいんですよ、きっと。蜜で蟻を誘います。

Rimg0471

ねっ、こんな感じ。とてもいい香りがしました。

この子どんな風に咲いているかと言うと、せっかくお日様が上から射しているのに、決して上を向きません。皆楚々と下を向いてるの。

Rimg0467

こんな風に枝の先に一つの花を咲かせます。

「見てみて!!!珍しい花が咲いてるよ!!!」皆始めての花に嬉々としてましたぁ!それも大きな花。目立つ赤。魅力たっぷりです。

下から覗くと・・・

Rimg0463

それを無理やり上に向かせてパチリ。

Rimg0473

これはちょっと花びらが色あせてきてます。というか赤いのが花びら???と疑問も残ります。どれが花?ひまわりみたいと言う声も・・・

Rimg0461_2 Rimg0478

Rimg0479

全体はこんな姿。つる性常緑樹のようです。

Rimg0482

新しく植えられたみたい・・・Bエリアに植えられています。どれがガクか苞か花びらか花か・・・さっぱり分りません。

確かなことは、この辺りが原産地だということ。タイには切手があるみたい。

Uvaria

ふふふ、話題はまたタイに戻ったところでおしまい。

きょうはお初の花に出会えて超超はっぴーでした!!!

なお、この学名は、「1001 Garden Plants in Singapore」2nd Edition また、Singapore National Parks BoadのHPを参照しました。

今日はボタ本(シンガポール植物園植物ガイドの本)の原稿チェックもありました。印刷屋さんが超スピードで、出版のための原稿作りをしてくれています。もうちょっとです。きっともう後一回のチェックでおしまい。やっとやっとゴールに近づきましたあ!!!3月14日出来上がりの予定です。

では

*********

| | コメント (1)

2008年2月27日 (水)

シミラン諸島のトイレ@タイ

Rimg01312

シミラン諸島という名前をご存知ですか?

ブログ「熱帯植物だより+あるふぁ」のTOMちゃんにどこの旅が一番楽しかった?と聞いて返ってきた答がカオラック。それってどこ??あのね、プーケットの北の方にあって、シミラン諸島に行けたり、家族旅行で一番楽しかったとこなの!!!ふーーん、2年前にそのことを聞いたときには、まったく馴染みのない名前。ふんーーん、そうなの・・・???正直、その時には積極的に行きたいとは思わなかった・・・・・

なのに、なのに、行っちゃった。縁あるところには行くことになってるのかな??? どうも聞くところによると、タイで一番綺麗なビーチがあるらしい。去年行ったタオ島のナンユアン島も有名だけど、そこより綺麗らしい。。。そんな耳寄りな情報を得たとき、きっと私の脳は、「行かねばーーー」と正直に悟ったらしい。

TOMちゃんーん、行ってきたよ!!!

Rimg0152

シミラン諸島行きの為にプーケット最北のホテル、マリオットに宿泊。カタやパトンビーチからだと大体6時台に出発しなくてはならぬところが、お陰で7時半過ぎのピックアップでした。ゴム園を左右に見ながら、約1時間でタプラム港に到着。ツアー会社の受付を済ませ、そこで、フィンとマスクを借ります。いっぱいありすぎてどれにしたらいいか迷ってると、さあ行きますよ~~あれー急げーーー、あのー待って!!!トイレに行って来ます~~~

スピードボートは、4基のエンジン搭載。大型スピードボートで力強そう。様々な顔ぶれで出発です。30人ぐらいは乗ってましたね。世界各国からシャッフルされて、今日ここに集まったご縁あるメンバーなんですよね。そう思うと面白い。ガイドは舌足らずのしゃべりで、おまけに長髪のユニークなガイドさん。ガイドはユニークなほど面白いです。

Rimg01342

さてシミラン諸島とは・・・・・

プーケットの北西 60マイルに浮かぶ「シミラン諸島」。 周りをエメラルドグリーンの海と真っ白なビーチに囲まれたこの諸島は、高い透明度と魚の多様な生態系に恵まれ、アジアが世界に誇るダイブサイトのひとつとなっています。

Map_sim_2 Similan_map_2

全面積128平方キロメートルで、「シミラン」というこの島の名前は、マレー語の「Sembilan」という言葉が「9」という意味を持つことからシミラン諸島というようになったそう。1982年に海洋国立公園に指定。

雨季にはモンスーンの影響で波が高くなり危険なので乾季の11-5月の間にしか行くことができません。ですから、雨季の間の6-10月の半年間は、人が全く入らない状態になり、海も活性化されるのでいつまでも美しい自然を保っていられるのですね。

その活性化されてる海が見て見たい・・・

70分ぐらいで、いよいよNO9の島に到着。40分シュノーケルタイム。楽しみ!!!と、張り切って泳ぎだしたものの、実はマスクがおかしくて水が入ってくる・・・色々直したり、船まで戻って代わりがないか交渉したりしていたら、時間切れ・・・・・ええー、何にもゆっくり見てないし・・・・・ぶぶぶぶぶ。うーん、まあいいかあー。午後も船からのシュノーケルはあるし・・・

次はNO8でフリータイム&ランチです。一番上の写真がNO8で有名な岩。セイリングロックという意味のヒン・ルア・バイという岩です。シミランといえばこの岩をイメージする人も多いですよね。

Rimg0129

さて、ランチランチ。ほんとおいしかったあ!!!ごめんなさい、ついお腹すいていて・・・食べ終わって写真とっちゃいました。うちのテーブルはこのサモアからやってきたような、大きな、人のいいおおらかそうなおじさんが食べること食べること・・・なので、すべて空っぽでしょ!?料理はガイドたちがどんどんつぎ足してくれます。満足!!!

・トムヤムクンスープ
・野菜のチャプスイ
・鶏とカシューナッツ炒め
・丸ごと一匹魚のから揚げ
・白飯
・フルーツ
・コーヒー紅茶

おばちゃーん、トイレ行ってくる。。。
行ったはずのminoriちゃんが、あれー、戻ってきてるし・・・なに???
おばちゃーん、トイレがなんか変!お風呂みたいだし・・・一緒に来て!!!

ふむふむ、いい忘れてた・・・「トイレに紙なかったでしょ・・・」「うん。」

この国の人は、マレーもそうだけど、紙を使わないのね。その為に下のほうに水道があるか、この島のように水をためた日本のお風呂のような所が各部屋(トイレを部屋というのも変ですが・・・)の中についてるの。だからひとつの部屋は広い。この島のトイレには、高さが高いのと低いのと二つ水をためた水槽がありました。実は私も分らない・・・この二つの違いは何???重要ポイント???便器は和式の便器の背の高い版。足を乗せるところが左右についていて・・・大体扉の方を向いて用を足します。

なんちゃって、おっと、だんだん今日はトイレ情報になってきましたぞ。。。知ったかぶってる私も本当はよく分らない・・・みなさん、一緒に学びましょう。マレーやタイのトイレ事情。

仕方ない、写真を撮ってくればよかったのに、忘れたから・・・
ささっと描きました。こんなのです。

1

私達は紙を使いたいので、マレーやタイの旅行にはティッシュは欠かせません。たくさん持ち歩き、トイレではティッシュで拭き、くずかごに捨てました。これで大丈夫ですよね。そして、プラスチックのたらい(ひしゃく)で水を高さの高い水槽から汲んで流しました。さて、左側の高さの低い方の水槽の水はどういう用途があるのでしょう???もしかして、手を洗う水が高い方の水槽から。そして、トイレを流すのは、低い方の水槽からかな。水の綺麗さに違いがあるのかな???

分らんものは考えてもわからんですね。

誰か教えてください。

では

**********



| | コメント (1)

2008年2月26日 (火)

カーペンタリア パーム

Rimg02142_2

学名:Carpentaria acuminata ヤシ科

英名:Carpentaria Palm
原産地:オーストラリア北部

昨日に続いて今日も椰子。ホテルロビー脇に数本植えられていて、真っ赤な実が目を惹きました。きれい!!!もっとよーく実を見て下さいね。ほーんと綺麗な色でした。勿論アップして撮ってきました!!!

Rimg0210

きっとこの子は、カーペンタリア パームじゃないかな??!!ネットで探してみたのですが、椰子の写真って少ないです。どなたかこちらも昨日に続いて教えて頂ければ嬉しいです!!!ネットでは、こんなにたわわに重そうに実がびっしり着いている写真はなく、実が暴れまくっている感じの写真が多く見られました。こんな風に・・・。

Rimg0211

大きくすると・・・

Rimg02112

この椰子は、実も美しく、他の木と一緒に植えても、背がとても高くなるので、庭園の木の高低のバランスをとるのに格好の存在で、リゾートなどの庭に良く使われています。ちなみに赤い実は毒性があって食べられないそうです。

ーーーーーーーーーーー

色々なHPを見ていたら、この椰子はこんな波動を持っているそうな・・・

無垢で純真な波動。外に出せずに苦しんでいるつらい感情、特に罪悪感、恥辱感などを消します。まるで、消しゴムのような波動です。また、「与える愛」の実践をサポートしてくれます。

毎日この椰子見ていたい!!!

なんだかこの椰子の周りは空気がクリアーな気がしたのも事実です。

邪気を消す消しゴムのようなカーペンタリアちゃんの紹介でした。

ーーーーーーーーーー

ついでに、ロビーにあったタイらしい飾りもご紹介。影絵芝居ナンヤイに使われる影絵。

Rimg02081 Rimg02071

素晴らしい伝統芸術です。

では

********

| | コメント (0)

2008年2月25日 (月)

椰子の実のディスプレイ@マリオットプーケット

Rimg0154

マリオットホテル・プーケットはお庭が素晴らしくて、まるでボタニックガーデンの様。こんなハンモックを見ると嬉しくなりませんか?結構たくさんの植物が楽しめました。

Rimg0107

海は遠浅ではないので、泳ぐにはあまり適していません。でも、とても綺麗。このビーチは海がめが産卵しに上がってくるので有名なマイカオビーチ。ホテルに泊まる人には、毎日40バーツのタートルドネーションという海がめ保護プロジェクトへの寄付が課されます。いいことですね。1バーツは今3.5円ぐらいかな。

Rimg0165

ほとんどの人がプールサイドでのーんびり。鬱蒼とした椰子の木陰で、素敵な空間でした。もうひとつ素晴らしいことは、浜辺でのオイルマッサージ・・・・・もうそれはそれは気持ちよくて・・・たった400バーツで1時間。ああー、またやりたい!!!オイルマッサージは、タイマッサージのように無理がないので、リンパに沿って毒素が流れていくようで気持ちいい。私は断然、老いる、違った(笑う)オイルマッサージ派!!!カタノイビーチでは、300バーツだったから、何もかもちょっと5星ホテル料金。でも年頃16、7歳ぐらいのかわいい子が一生懸命やってくれて、「マダム、OK?マダム、OK?」なーんて、かわいい笑顔で言われると、ますますいい気持ち。チップを~~なんてせっかく思ったのに、小さいお金がなくて・・・・・なんだか気残りでした・・・

ーーーーーーーーーーー

さて、話題は植物に戻って。。。ロビーに大きなお皿に素敵にフルーツが盛ってありました。遠めに見ると旧正月のみかんが飾ってあるように見えたもの。。。てっきりそう信じて一つ貰おうかと・・・近寄ってみると・・・ふふふ、私にとっては、もっと興味津々なものでした。柿みたい・・・びわみたい・・・でも、それは・・・

Rimg0204

ぱっと見ると、柿とパイナップルみたいでしょ?!ところがおっとどっこい、パイナップルのように見えるのは、パンダンの木の実。そして、オレンジ色は椰子の実。このディスプレイ素敵でした。この他にもパンダンの実が、おーきな器にどっさりと盛り込んであったり素敵なディスレイがあったのですが・・・・・写真のチャンスがなくて・・・

Rimg02061

この椰子の実がどの様になっているかといえば・・・

Rimg0186_2

この椰子の実なんです。泊まった部屋のちょうど近くになってたの!2階から撮ったもの。でも、実は名前が分りません。Betel Nut Palmかな・・・???そう思ったのだけど、だけど、どうも実がころころと太りすぎているような・・・どなたか教えていただけますか???

Rimg0188 Rimg01871

Rimg0189

「1001Garden Plants in Singapore」のP463はとても似ているように見えますが・・・他のサイトのべテルナッツパームの写真を見ると???になります。

植物園に行って、もう一度よくべテルナッツパームを見てこなくては・・・・・

ありったけの写真を載せます。どなたか教えてくださ~い!!!

クリックすると画像が大きくなるので、じっくり見てください!!!Rimg0179

Rimg0177_2 Rimg0178_2

次の写真、凄いエネルギッシュでしょ???!!!いいと思いません???

Rimg0183

こやつ何椰子でしょう???べテルナッツパームだと思うのですが・・・

椰子と言えば、日本にいるW智子さーーん、ひとみっさーん、日本はさぞ寒いでしょうーーー、イメージがわかないかもとは存じますが・・・・midoriさーーん、スリランカですか???

Rimg0182

ついでにhalさーーん、bataさーん元気???mrarikoさんminaさんkeikoさんhondaさーん、もっと他にも・・・私にとっては植物の師匠のような人達がいっぱい帰国しちゃいましたー寂

ほほほ、気長に待ちますので・・・・・どうぞ宜しくお願いいたします。

では

*********

| | コメント (2)

2008年2月23日 (土)

JWマリオットホテル@プーケット

Rimg0410

昨年末に続いて、またプーケットに行ってきました。もちろんタイガーエアーで(Tiger airways)で。往復15000円でした。プーケットまで1時間40分。あっという間です。

今回は、日本からやってきた息子とminoriちゃんと一緒に。カップルに母親つき。何だか皆変な組み合わせといいますが、楽しいんですよ!まあ色々言ってちゃかしてください!!!笑 

今回は4泊5日。第一の目的はシミラン諸島に行くこと。そこで、宿はプーケットで一番シミラン諸島に近い、プーケット北部にあるJWマリオットホテルに2泊・あと2泊は南下して賑やかなパトンビーチに決めました。シミラン諸島はまたご紹介することにして、今日はまずマリオットホテルです。

ーーーーーーーーー

そうそうその前にホテルを予約するのに、今回は格安でホテルが予約できるサイトagodahttp://www.agoda.jp/を利用しました。色々調べて比べたりしましたが、断然安いですよ!クレジットカード決済になりますが、めちゃくちゃお得です。お薦め~~!!お陰でマリオットもかなり安く泊まれました。

ーーーーーーーーー

8時5分に出発した飛行機は予定より早く、現地時間8時40分に無事プーケット国際空港に到着。ホテルが5星ホテルだけに送迎料金が高かったので、適当にタクシーでもと、思っていましたが、空港内のトランスポーテーションのカウンターが安くて便利に出来ていました。ホテルまで400バーツ。両替も少しして、ホテルへ。約20分で目的のマリオットホテルへ早々到着してしまいましたぁ。あっという間に来ちゃいました。

このホテル石原良純さんのハネムーンに利用されたそうな。。。決して新しいホテルではありませんが、やはり5星だけの貫禄を備えているいいホテルでした。

Rimg0099_4

Rimg0097

ちょっと写真が暗いですが、ウエルカムドリンクです。

そして、前回話題になった花飾り。

今回はゴムのような花もしっかりと花好きのminoriちゃんに 説明できて、ふふふ、ばっちし自己満足。

マリオットの花飾りは、ジャスミンと交互にさしてあって、とてもいい香りでした。

下左の写真の右側の白い花の正体は、

前の記事 タイ花飾りの正体http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_8af1.htmlを見てくださいね。ジャイアントミルクウィードという植物のオシベです。

Img_20142_2 Img_2013

マリオットはロービー正面の池を囲むように建物が配置されています。

Rimg0166_2 Rimg0167

そして、この池で毎日5時半から夕方のセレモニーが行われます。それはこんなの。。。

Rimg0109 Rimg0110_2

Rimg0111 

タイはいいです。タイ語のイントネーションが何故か好き。サワディーカーという挨拶を聞くだけでホッとするのはどうしてでしょう・・・響きが優しいんですよね。そして笑顔がすれてないんですよね。そんな気がいつもします。

Rimg0112 Rimg0114 Rimg01151_2 Rimg0116_2 Rimg0117

おおー勇ましい!!!タイ人もフィージーやトンガやハワイの人と似てます。ところがどっこい、一人新人さんがいて、見ていてハラハラ。がんばれ~~~ あー、落としちゃった・・・

Rimg0119

池の向こうに繋がるアンダマン海に沈む夕陽が素敵すぎました。

Rimg01241

あー、2泊しか出来ないのね。

ゆっくりしたいーと、思いつつ、この日も夜はプーケットファンタシーを目指し、6時半ピックアップのバスを待つ我々なのでしたあ!!!

昼間はテニスをがんがんし、疲れていようが、見逃してはならぬちょっとの暇。4泊ではプーケットは足りないの~~~プーケットファンタシーというのは、ちょっとした遊園地。その中に象の宮殿という大劇場があって、まあアジア版のラスベガスさながらのショーが見れます。全然期待してなかったら物凄く面白い。前回の旅ですっかり娘のお気に入り。そこでお兄ちゃんにも絶対お薦め~~~という訳です。私は二回目でもまた楽しんじゃいましたあ!!!あなどれぬプーケットファンタシーです!!!ぜひ!!!

Img_2021

プーケットファンタシーで象さんと・・・

Fantasea

そういえば、このサイトのプーケットファンタシーの料金安いです。他のサイトより送迎料金300バーツがタダになっています。ぜひどうぞ。食事なしの料金で行くぐらいでいいのではないかな!?ショー以外は、早くから行ってもあまりすることないように思います。象さんが20頭ぐらい舞台に勢ぞろい。迫力満点。プーケットで唯一のテーマパーク。プーケットファンタシーショーは、カマラの王国と神話の世界を再現し、光で彩った、幻想的なショーが見ものですよ。

お得サイトです。http://www.thailand-travelgateway.com/phuket/tour_phuket.html

では明日に続く

************

| | コメント (0)

2008年2月22日 (金)

マレーシア入国カード不要

日本から来ていた息子とminoriちゃんを早朝4時に空港へ送っていき、また一眠り。オオーマイ~~!!目が覚めたら、昼過ぎでした。若い人とたっぷり2週間付き合うとやはりどっぷり疲れていたようです。今日は友の会の定例散策パスしてしまいました~ぐすん、行きたかったのに・・・・まあ、まずは休養。。。

さて、ニュースです!もうご存知かとも思いますが、マレーシア入国に入国カードがいらないんですね。きのうジョホールバルに行ってきてびっくり!!!2008年2月1日から出入国カード廃止だそうです。

パスポート提示だけでOK!!!

Rimg0439

上はジョホールバル政庁。日本軍山下将軍が見張り台に使っていたことで有名ですね。ジョホールで見られる数少ない優雅な建物です。

オーチャードからMRTに乗り、クランジ駅へ、そこから170番のバスでジョホールへ向かいました。途中馬鹿な息子がパスポートにはさんでいた筈の出国カードを失くしていて、別室にお行きになっちゃったりして・・・・・ほんといい歳してアホ!!!笑 でも、皆さん、たとえ出国カードがなくても、たいしたことにならずにシンガポールを出られることは判明しました。。。苦笑

なんにも地図も持たずに適当に行ってしまったため、上の政庁で英語で、王宮博物館への行き方を4人に聞きましたが、みんなの言うことが違い、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ・・・はっきり分りました。ジョホールに入った途端、英語が通じません。。。困っていたら、拾う神ありですね。バイクのお兄ちゃんが近づいてきてくれて、教えてくれました。

のんびり昼過ぎから出かけていって、ハプニングでうろうろしていていて、王宮博物館についたのが4時過ぎ。あーーー、博物館は4時まででした~~

観光バスででなく、庶民の足で国を渡っただけでもいい経験だと息子達は申しておりました・・・帰りのコーズウェイは、シンガポールからマレーシアに帰るバイク、車、トラックは聞きしに勝るながーーーい行列で恐ろしいほどの混雑ぶりでした。

今日は写真もなくごめんなさい。

王宮博物館への道はセイロンアイアンウッドの並木が続いていましたよ。

ひとまず、マレーシアへの出入国カード廃止のお知らせでした。

では

**********

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

パッションフルーツ

Rimg0422_2

学名:Passiflora edulis トケイソウ科

英名:Passion fruit 和名:クダモノトケイソウ
原産地:ブラジル

久しぶりにマクリッチに行ってきました。日本から来ている息子とminoriちゃんと一緒にぶら~~りと。水辺は気持ちいいですね。

帰り際ぺタイトレイル入り口から道路の方に抜ける道で、民家の横に綺麗なトケイソウが!!!

大好きな花にしばし興奮。大好きなんです、トケイソウ。ミツバチがぶんぶんたかってました。花弁と萼片が5個ずつ交互に並んでいます。ふにゃふにゃとした細いひげ状のは、副花冠というのだそうです。日本では珍しいもの。目にしたことがないもの。と、思っていたのに、明治中期にもう日本に入ってきているようですね。現在では熱帯、亜熱帯地方で広く栽培されてます。

Rimg0424

花も好きだけど、果物も大好き。私はしょっちゅう食べてます。。。まあ、勧めても喜んで食べてくれる人は4割かな?!すっぱーくて最高です!!!この頃イセタンでいつでも売っているのでHAPPY・HAPPY!!!

ここでも、そばにパッションフルーツの実がたわわになってました。

Rimg0426

Rimg0429

実は紫から茶色に変っていきます。

Rimg0430

トケイソウについては、前の記事もどうぞ!

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_d5bc.html

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_2858.html

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_6344.html

場所は、チクのすぐそばです。というと、わかる人もいますよね。

あー考えていたら、口の中に唾が・・・~~~

ついこの間も、プーケットのマリオットホテルで食べましたぁ。マリオットの朝食さすが豪華でした。久しぶりにあんなにたくさんの種類が並ぶブッフェを食べちゃいました。なんて余計な話は置いといて・・・

考えてみたら、クダモノトケイソウの花はお初でした。るんるん。

では

*********

| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

開運!金のねずみ

またまたプーケットに行ってきました。1週間お休みして失礼しました。

でも、たまにはPCから離れるのも休養になりました。さあ、またブログ再開します!

Rimg0079

コンシーファッツァイー!!!

2・10、フルショービルディングに行ってきました。ブギスに行ったついでに、足マッサージでも・・・なんて思って・・・フルショービルの端っこになんと賑やかしい金金のお店に人が溢れていました。なんだか面白そうで覗いて見ることに!

入り口にかわいいゴールドのネズミちゃん。皆盛んに触ってご利益を願ってました。

Rimg0081_2 

おみくじらしきものを売っていましたが、さっぱりどうしたらいいのかわからず・・・

中に入ってみるとたくさんの神様が祀られていて、お坊さんが二人座っていらして、日本でのお払いの様な事をしている姿が見られました。中国人は信心深いですね。

神妙な気持ち&興味半分、いやほとんど興味本位でキョロキョロ見てきました。が、正直馴染めないな・・・

外にもう一匹ネズミが・・・

Rimg0082

へへへ、いかにもご利益なさそうなお金好きのネズミに見えませんこと?!

ブギス辺りは相変わらず人でごったがえしていました。

我が家には二人ネズミ歳がいます。

彼らに幸あれ!

では

********

| | コメント (2)

2008年2月12日 (火)

ヒスイカズラが咲いてます!

Img_20061

撮影:シンガポール植物園

速報!ひすいかずら(ジェイドヴァイン)が花盛りですよ!

それもラン園の中にある二つの棚のどちらにも、もうそれはたくさん咲いています!

一つの棚に10房以上。こんなに花盛りは珍しいですよ。

ぜひ行ってみてください。

いつもながらの綺麗さにうっとりです。

Rimg0030

オーキダリウム近くに棚があります。

Rimg0029

Img_2002 Img_2005

Img_2007

ヒスイカズラについては、前の記事もどうぞ。

久しぶりのラン園。

ミスとハウスにこんな変なものがありました。

Img_20081

色鮮やかな蘭の間にこんなきのこをたくさん飾ってありました。

?????でした。

こんなかわいい奴もいましたよ!

Img_1982

では

**********

| | コメント (0)

2008年2月10日 (日)

お見事!ライオンダンス

Rimg00661

コンシーファッツァイ!!!

おめでたいことに、偶然にもライオンダンスを見ることが出来ました。

クラークキーでのこと。

それもアクロバットのようなライオンダンス。

この筒のようなものの上を飛び跳ねて移動するんですよ!

私は今までてっきりライオンは地面を歩くだけかと思ってました。

まずは太鼓の演奏。近くにいると体の芯まで響きます。

Rimg0051_2

太鼓が終わると、獅子の準備。

Rimg00541 Rimg0055

左:まずは後ろの人が中に入り込んで。。。右:次に前の人が頭をかぶります。

Rimg0057

さて獅子になりました。ドラの音に合わせてお尻ふりふり~~~Rimg00611

さあ、筒の上に飛び乗って、始まり===

右に左に飛び移り、

お見事!!!

中に二人の人が入っていて、二人のコンビネーションが凄い!!!

息を呑むような動きにハラハラドキドキ!!!

口をあけたまま、おおおーーー。

凄かったあ。

Rimg00681

前の人を担ぐと獅子が立っているような姿になります。

よくあんなところに立ってられること。

二人が飛び降りたときの身軽なこと!

獅子の表情もキュートで、お見事でした。

ありがとう!

Rimg00761

Rimg00772

ドラの音と供に旗をなびかせながら、若者達を乗せたトラックがよく通り過ぎていきますよね。ライオンダンスもどこかで見て見たいな、と思っていましたが、今年は見れてラッキー。

それにしても、迫力あったライオンダンス。

練習大変でしょうね。

このグループは特別なグループなのでしょうか?

素晴らしい技でした。

では

*********

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

センナ

Rimg0178

学名:Cassia angustifolia Vahl.  マメ科
Common name:Tinnevelly Senna チンネベリセンナ
原産地:インド
観察:スンガイブロー湿地保護区

久しぶりに植物ねたです。

先日スンガイブローに行ったとき、センナなる植物を初めて見ました。皆さんもセンナという言葉は耳にしたことありますよね。下剤で、またはスリムになる健康茶で?でも、実際に植物を見たことはない・・・ですよね。熱帯ではそれも見れちゃうんですね。感激!

センナ茶って、どこを飲むの?これを機会にちゃんと調べてみようってことで、ネット検索してみました。

●まずは日本薬局方での基原植物の定義から~

センナ(senna)とは生薬の一種で、ジャケツイバラ科(またはマメ科)の植物で学名Cassia angustifolia、またはC. acutifolia小葉のことである。 ふむふむ

大きく2種類あるのね。

もっと調べると、

・センナは主として、「チンネベリー・センナ」と「アレキサンドリア・センナ」の2種類があります。

・「チンネベリー・センナ」は、インド南部チンネベリー地方で生産され、

・「アレキサンドリア・センナ」は、アフリカの東北部ナイル川流域の野生品から採取されアレクサンドリア港から輸出されたことから、それぞれの名があります。

・日本では ほとんど「チンネベリー・センナ」が使用されています。

・センナ(Senna)は、インドのベンガル語に由来し、世界最古のエジプトの医学書「エーベルス・パピルス」に、「ヒマシ」や「アロエ」とともに収載されている緩下剤です。

調べてみると、葉っぱが少し丸っこいので、見たのはどうもチネベリー・センナのようですね。

Rimg0182

うちの娘も含め、ダイエット、ダイエットとうるさくて、母としては気になり過ぎって思うのに・・・はたで見ていると大変です。海外に出ると皆若い人たちはエネルギッシュです。特に、欧米では。とても好ましく思えるんですよね、私には。バックパックを担いで、たくましく旅行しているわかいひとたちにはとても好感が持てます。ところが一方日本の若い女性群はどうも勢いがない!

そんな美貌を手に入れたい女性たちに人気なのが、スリムダイエット茶。センナを調べていると・・・そうなんだあ!と初めて知ったことがありました。

ーーーーーーーーーー

健康食品売り場、通信販売、巷にあふれているこれらの商品は大丈夫なのかな?危険はないのかな?これを飲んでいれば無理なく痩せられるってほんとかな???

医薬品として扱われる「センナ」というのは、チンネベリセンナまたはアレキサンドリアセンナという植物の小葉を指しており、茎は食品として扱われます。センナの茎のみが入っているお茶であれば、薬事法上問題ありません。しかし「センナ茎茶」と表示していながら、ティーバッグの中身を見ると、「センナ(センナの葉)」が入っているケースが度々あります。

実際の効果を生むために、緩下剤の「センナ」、食欲抑制剤の「フェンフルラミン」などの医薬品を添加した悪質な商品があります。

以前は簡単に「センナ」を見つけることができましたが、最近では、「センナ」の確認ができないように巧妙な手口でお茶に入れているものが増えてきました。

ということがあるらしいですね。これは、要注意 健康食品シリーズ-①
健康茶と「センナ」 というHPからですが、毎日、下剤を飲んでいて健康になるはずがないですものね。怖い話です。健康茶で健康を害してはね。意味ないですよね。被害報告が多いそうですよ。

ーーーーーーーーーーー

みなさん、麗しき美貌は簡単には手に入りません~~!注意しましょうね。少々太っててもかわいくていいじゃないですかーー娘からは、ママ!開き直ったらオシマイよ!などと言われておりますが・・・笑 南国に住むとすぐ南国体形になってしまいますわん。ほほほほ。

さて、黄色い花が印象的なセンナでした。

Rimg0177

種はこんなのー

Rimg0179

まるっこい葉っぱの上に、ちっちゃいバッタがちょこん。

Rimg0183

明るい日差しがまぶしいスンガイブローでした。

お陰さまで、センナについてちょっと学びました。

たまには、お勉強。いいですね。

では

*************

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

旧正月おめでとう

Rimg0107

シンガポールに無事帰還。

パパさんはすれ違いで日本へ。

成田でほんの2~3分会えました。

「やあやあやあやあ~ぎりぎり会えたね!」

「会社からの新年のみかんと貰ったお年玉を机の上に置いといたよ。。。それから、ドライヤーが壊れたから、明日直しに来るよ!」

「OK!わかったぁ。じゃまたね~~~。」

あっさりとした別れでありまする。笑

旧正月には会社からお年玉が貰えるのです。ほんの気持ちばかりですがね・・・

やったあ!お年玉! 帰ったら、確かに、ふふふ、机の上にTAKASHIMAYAのバウチャーと60ドル。そしてみかんの箱が・・・ふふふ、ニコッ

そこへ、ピンポーン!「ドライヤーを直しにきました!」

「あら、ご苦労様~」

あのー、79ドルですが・・・

えっ、今払うの?

ありったけのドルを日本円に替えて日本に帰ったから、お年玉の60ドルがあってよかったあ。でもあっというまにお年玉が・・・なくなっちゃったあ・・・

まっいいか、まだバウチャーがあるから・・・引き出しの中にある筈のバウチャーと一緒に収めておこうと、前に貰ったバウチャーを見て、がーーーーん!!!

有効期限 2007.11.30

えええーーー!!!貯めといたのに・・・ボタ本のことで頭がいっぱいで忘れてたあぁぁぁあぁああ。

とほほ、160ドルのバウチャーがゴミ箱に消えました。

どうにかーーーーーうーん、なりませんよねーーー

あーーー、お年玉はドライヤーの修理代になっちゃって、バウチャーは結局減っちゃって・・・

Rimg0111 Rimg0112

そして残ったのは、中国産のみかん。

中国産ですよね。これーーー。

帰ったばかりで何も食べるもののない我が家。

中国産のみかんを目の前に複雑な心境。。。

日本では中国産の野菜を買う人今いませんものね。

Rimg0114

お腹すいたあああ。笑

明日からシンガポールはお正月休み。

私がいない間に今年もまたシンガポールは真っ赤な飾りでいっぱいになっていました!!!

皆さんよい休暇を!

では

*************

| | コメント (0)

2008年2月 5日 (火)

祝い酒

Rimg0105

こんなお酒を見つけました。

私のために作って貰ったような・・・

ほほほ、気恥ずかしい・・・

ボタ本完成の祝い酒に飲みましょう。

今日このお酒を持ってシンガに帰ります。

日本の寒さで、頭がいい刺激をもらいました。

「死ぬまで、放浪の人生を送りたいな。

もがきながらも、前に進む。

それが生きるって事じゃあーー」

と、再認識させられた日本滞在でした。

とにかく動こう。。。

太るしね・・・笑

では

********

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »