« 虎に乗ってプーケットへ! | トップページ | プーケットの旅 その2 »

2008年1月26日 (土)

プーケットの旅 その1

どなたかの参考になるかもしれないので、ちょこっと(ほんまかいなあ~。いつも長くて最後まで書けたためしのない旅日記・・・笑)
懲りずに旅情報プーケット編と参ります。

ーーーーーーーー

プーケットは冬がシーズン。特に年末年始はとてもとてもホテルの値段が高いです。この時ぞとばかりホテルも儲けるみたい。5星ホテルはどこも1泊5万円以上がざら・・・それも朝食が付かない値段・空港からのトランスポーテンションも無し・5~7泊以上でないとダメ(x_x)とか・・・・・条件が厳しくなります。それもいつもぎりぎりで決めるので、(^^;) タイヘンナンスカラ、モウ。そんな中色々思案して、今回は少し静かな、そして海の綺麗そうなカタノイビーチに面したホテルカタタニプーケットリゾート&スパに決めました。さて、プーケットってどんなところ?旅の始まりです~~

Tiger_airways_logo

8時55分、快適なタイガーエアーにてプーケット国際空港着。1時間40分はあっという間です。すんなりと入国を済ませビルの外へ。そこには各ホテルの送迎がたくさん待っていて、アジアの空港らしく、ヒトヒトヒトでごった返していました。カタタニのおじさんも看板持って待ってました。「こんにちは。」このおじさんは看板持って一日中待つ係りなんですね。そこにカムリのセダンがやってきました。ほうーなかなか乗り心地良さそうです。実は20年前に来たことがあるのです。その時はメリディアンに泊まったのですが、ぼろトラックの荷台でした。時代は流れる~ですね。

今回はお得なパッケージがあったので、空港からの送迎つき。タクシーでも問題ないですね。メーター付きのタクシーもあったりして・・・ぼったくりタクシーには出会いませんでしたよ。感想としてみーんないいヒトばかりでしたぁ。

プーケットの空港は北の方にあって、賑やかな観光の中心地、バトン・カロン・カタビーチまでは約50分かかります。車に乗り込むと、おしぼりとミネラルウォーターのサービス。「なかなか極楽気分じゃないの~~??」

旅は楽しくしなくっちゃ!若い運転手さんに話しかけたのですが、あまり英語は話せないみたい・・・「今からホテルまで1時間。」「あと5分でホテルです。」結局運転手さんの英語は二言だけでした。きっと新米だったのね。

ーーーーーーーーーー

パララバー(ゴム)のプランテーション。ホテルまでの道の両側に見えるのは、ひたすらパララバーの木。プーケットでこんなにパララバーのプランテーションが盛んだとは知りませんでした。皆さんご存知ですか?幹に斜め線がついていて、ゴムの樹液を器に溜めるんですよ。

Rimg0576

これは象に乗ったときに撮った写真。本当にパララバーだらけ・・・この方法はシンガポール植物園リドレー園長が考え出した方法。それまでは木を切り倒して樹液を採っていたのですが、この方法により木を切らずに長い間樹液を採れるようになり、マレーシア・タイにどんどんプランテーションが広がっていったのでしたぁー

車の中から、実際に目の前に広がるプランテーションの景色を見て興奮し、自然友の会で得た知識の通りだぁ!なんて感激していたのはもちろん私だけ。ぱぱさんと娘は、横でぐうぐう夢の中。。。よく眠るなあー、もう。。。もったいなくて眠るなんて・・・・・家族といえども色々な人種がいますわい・・・笑

というとこで、今日は終了。

パララバーについては、keikoさんがすばらしいレポートをしてくれているので、そちらにおまかせ。その9かその10ぐらいまで続いていますから・・・凄いです、ホント!http://boulogne-burabura.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/hn.html

では

********

|

« 虎に乗ってプーケットへ! | トップページ | プーケットの旅 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虎に乗ってプーケットへ! | トップページ | プーケットの旅 その2 »