« プーケットの旅 その2 | トップページ | タイ 花飾りの花の正体 »

2008年1月28日 (月)

プーケットの旅 その3

プーケットの旅 その3

Thailand_phuketMapkatas_2

今頃になってプーケットの地図です。色々な所からちょっとお借りした画像ですが・・・こうやって見るとタイのどの辺にあるかよくわかりますね。

有名なビーチは西海岸。アンダマン海を望み白浜のビーチが南北に続いています。

さてさて、昨日の続き。

日本人の学生が頑張って研修しているカタタニホテルです。あまり日本人の利用は多くないようですね。私にとってはそこがいいとこなんですけど・・・でも、部屋に案内されて、実はがっくり~~バスタブがなかったのです。w(゚o゚)w オォ-私としたことが・・・むむむ、ホテルでバスタブは重要なの~ しょうがないか・・・ぎりぎり取れた部屋だもんねーーー それにちょっと匂わない~? 年末プライスで高い値段を払ったので、ちょっと期待してましたが・・・・・ まあ、いいかぁ~ こんな年末に超一流に泊まるのもばかばかしいし・・・ ていうか、それも空いてませんでした。世の中にはリッチな人がたくさんいるものなのですねーーー

しかし、どうしてこのホテルを選んだか。

Rimg0376_2

それは、旅本の写真から想像できた広い芝生。そしてその芝生の上でできるというマッサージ。そして、まだまだ綺麗なカタノイビーチに面していること。

Rimg0511 Rimg0501

芝生、マッサージ、カタノイビーチ。最高の3要素でした。部屋の匂いもバスタブもいつの間にか、ええっ?どうしたの?何が問題??ってな訳で・・・笑 とかく二宮家は庶民でございます。もうひとつごめんなさい。レストランもお味はいまいち。でも私達はほとんど外で食べるので、問題無しでした。朝食は種類豊富で美味しかったですよ。それに従業員の笑顔のいいこと。タイ人はフレンドリーですね。あののんびり感はたまりません。環境が素晴らしいです。それが一番ですね。

Rimg0504

マッサージの人達が持っている籠が素敵でしょ?!

ーーーーーーーーーー

さあて、少しのんびりした一日目。時間もったいないから、スパに行かない?急に思い立ってホテル・サワディビレッジにあるバライスパに電話。ホテルから近そうで、よさそうな所をメモしておいたのが役に立ちました。ぱぱさんはどこかで本でも読んでれば、幸せな人だから、置いてけぼりにして、さあ、母と娘の冒険の旅始まりなり~~~

「アーユルベーダのマッサージで、2100バーツでございます。」ふむふむ1バーツ3.2円として約6000円ちょっと・・・悪くないかも・・・って言うわけで、予約を入れ、初めてのホテルからの外出。

ホテルの外にタクシーが待っているところがあって、とても便利。

行き先を言うと値段を言ってくるので、それでOK!サワディビレッジまで200バーツだったかな?「スパに行くの?予約はしてある?あそこは人気だから・・・」運転手のお兄ちゃんが話しかけてくれます。「ρ(^◇^)ノ.はーいっ、すべてOKと思います!」るんるん!

Pic2_2 Pic_s4_2 Pic_s5

バライスパ(BARAY)そしてサワディビレッジ。そこは一歩入ると別世界が広がっていました。突然異空間にワープしたみたい・・・敷地は広くありませんが、昔のタイに足を踏み込んだようで・・・あー写真を撮っておけばよかった・・・そこでHPからちょっと写真借りてきました。絞め殺しの木もいい感じで利用されていて・・・超オススメ空間です!帰りにと思ったら、帰りはもう日が暮れてました。夜は夜であちらこちらに蝋燭がともされ素敵なホテルでした。

値段が安いし、カタビーチまで近いし、こんどここもいいかも・・・特に女性やカップルの場合はいいですね。

ーーーーーーー

結局スパはとても安いキャンペーンがあり、3時間で2800バーツのコースを受けました。娘と二人、パラオに着替えるのに、どう着るべき??下は全部脱げって言ったよねーー、ほんと?とか、もうわけわからん!を連発しながらも、大爆笑しながら、至福のときを過ごしたのでした~~私の友達で、バリで水着を付けて入るべきジャグジーに真っ裸で入った人がいます!笑

今回は個室だったので、誰にも見られないので、二人で裸でサウナに入りましたが、今考えると、パラオを付けてはいるべき物だったかも・・・(^^;; ヒヤアセ

極楽極楽~~

サワディーヴィレッジホテルHP:http://www.phuketsawasdee.com/
カタタニプーケットリゾート&スパ:http://www.katathani.com/about-us/about-us-JP.html

経験は宝なり。旅の醍醐味ですね。

では

******

|

« プーケットの旅 その2 | トップページ | タイ 花飾りの花の正体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プーケットの旅 その2 | トップページ | タイ 花飾りの花の正体 »