« プランタンリスのお出迎え | トップページ | イカ墨カレー@スーンヘン・レストラン »

2007年12月 2日 (日)

レインフォレストの木道

Rimg0274

シンガポールボタニックガーデンのレインフォレスト。木道に改修する工事をしていますが、一部開通しました。日本に帰国した自然友の会のみなさん!こんな感じですよ!!!

確かに気持ちいいです。だから、今まで鬱蒼とした森を敬遠していた人達も歩きやすいかな?

Rimg0270_2   

ここは、蘭園近くの入り口。看板も新しくなりました。Rimg0273

Rimg0280

左はフタバガキの大木。下は、そのそばにある締め殺しでお馴染みジョホールフィグ。ジョホールフィグの近くにも、お立ち見台の様なこんな場所が作られました。

Rimg02781

確かにぽこぽこと歩くと音がして気持ちいいです。
木道大好き人間です、私。
ガイド仲間のみんなも気持ちいいね~と、言います。

が・・・・、私はあんまり気に入っていません。なんだか、熱帯雨林がますます公園化されてしまったような気がしたのです。高みの見物というか・・・。今まで歩いて感じていた森の感覚の何分の一が感じられたかというと、それは寂しいほど乏しいものでした。歩いていて、今までは樹が自分とが一体化できて、すぐそばに樹を感じられていました。大地を通して、木々の息吹を感じられていました。よく分らないけれど、足の裏を通して、大地から直接感じていた森がまったく感じられない・・・森と私の間に大きな隔たりが出来てしまったと感じたのは私だけでしょうか?

ロープを張るとまた一段と隔たりが大きくなってしまっています。ちょっとした事で、大きな違いを生みます。

日本にある我が家のマンションもちょっとした木々の中にあります。子ども達もそんな環境を自然を楽しんでいました。そこに緑の会なるものが発足。その途端、緑を守るといって、あらゆるところにロープは張り巡らされ、私からみれば、不細工な公園に変わってしまって、とても残念に思ったことがあります。そんなことを思い出してしまいました。

何のために木道がひつようなのでしょう?広大な森、危険な森、水辺、そういった場所には木道の効果も大ですが、植物園のレインフォレストはその必要もない環境、規模ではないのかな・・・

樹をいたずらから守るとか保護する目的もあるのでしょうが、その前に、人と森との自然な交わりをもっと大切にして欲しいという気持ちが無性に湧き上がってきました。そんなにいたずらされている樹もあるとは思えなかったし・・・

熱帯雨林はそのままで、そのままで意味を持つのだと・・・手を加えない優しさが私は好きだな。。。と、そう感じながら帰途についた日でした。

こんなことも言ってられなく、新しい環境が当たり前になって、何も無かったかのごとく時は進んでいくのでしょうね。レインフォレストの地面を踏みしめて感じた感覚は私の中で大切に残っています。宝のものですね。森を歩く感覚を子ども達にもっと経験して欲しいです。

オーチャードから一番近い森が遠くに行っちゃった感じでした。

なんだか、とてつもない違和感を覚えたのです。

あなたはどう思いましたか?

では

*************

|

« プランタンリスのお出迎え | トップページ | イカ墨カレー@スーンヘン・レストラン »

コメント

昨日はいろいろお疲れ様でした。

レインフォレストの木道部分じゃなくて、あのロープが身近に感じられなくなった要因じゃないでしょうかね?
ロープが無ければもっといいのに、と思います。
ワタシは、以前のあのコンクリートの道は無くなってよかったと思いますよ。
どうせなら、コンクリートをとっぱらって、そのまんまの土の道がよかったのに、なんて思います。

小規模で、他の森との連携もない植物園のレインフォレストエリアですから、未来の無い壊れゆく森ですよね。
長く保たせるためには、木々の近くまで人の足が入らないほうがいいのかも、という感じもします。

投稿: hal | 2007年12月 2日 (日) 18時15分

木道がオープンしたんですね。いいなぁ。TOMも行きたい。
12月に入ってから飛ばしていますねーー。さすが。
木道って下を動物も微生物も植物も通れるじゃないですか。今までみたいなコンクリートだと、そこで森が途切れてしまってまとまりのある意味のある森じゃなくなってしまうんです。植物園レインフォレストの緑は規模は小さいながらも原始の森の動植物が細々と生き残っているので、その子たちを守るための木道なんだろうと思います。食物連鎖のある動植物たちの三角形の頂点は森の大きさによって違うんだけど、コンクリートやアスファルト、あるいは土だとしても人が頻繁に行き来して固く踏み固められた道路があると、そこで分断されちゃうんだって。三角形が小さくなると食物連鎖の頂点がより小さな動物になります。ドイツで高速道路を作るときには道路の両側をつなぐトンネルと作ったりします。木道の役割はそんなトンネルを作ることにあるだろうなあとTOM個人的には思っていました。
でも緑が遠くなってしまうのは寂しいよねー。

投稿: TOM | 2007年12月16日 (日) 14時07分

コメントありがとう!TOMちゃんの言うことよくわかります。木道の下はちゃんと土に戻ったんでしょうか?それならいいね。とにかくロープのイメージが一番悪いの。私は嫌だなあ!では~~~。TOMちゃんは、日本で、こたつの中で丸まってるのかな~???

投稿: まゆり | 2007年12月19日 (水) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プランタンリスのお出迎え | トップページ | イカ墨カレー@スーンヘン・レストラン »