« 感動のおすそわけ@ジュリアス・チアダンス | トップページ | ルリマツリ »

2007年11月20日 (火)

これ笑い話?@英語力

Rimg0072

私は時々、ベストセラー本の「鏡の法則」の著者、野口 嘉則さんのメルマガを読みます。
久しぶりに読んでみたら、面白い?いや、ぞっとする笑い話が印象的だったのでご紹介。

ーーーーーーーーーーーー

自民党の森 喜朗さんが総理だったときのお話です。

当時のアメリカ大統領クリントンと会談するためワシントンに
行った森さんは、クリントンに初めて会った時に、いきなりこ
のような挨拶をしたそうです。

「フー・アー・ユー(あなたは誰?)」

クリントンに会うためにワシントンに来ているのですから、
もちろんクリントンのことを知らなかったわけではありません。

「ハウ・アー・ユー(お元気ですか?)」 と言うように
覚えていたのですが、言い間違えてしまったわけです。

しかし森さんは、言い間違えたことに気づかず、

クリントン大統領が機転を利かして、

「ヒラリーの夫です」

と答えて笑いでフォローしたにもかかわらず、

森さんは、

「ミー・トゥー(私もです)」 と!

森さん以外は、みな凍りついたそうです(笑)

(「フー・アー・ユー?」のり・たまみ 著、扶桑社 より)

クリントンが「アイム・ファイン(元気ですよ)」 と答えた
ものと思い込んで、「ミー・トゥー(私もです)」と応じられた
のでしょうね(^^;

さて、あなたはフーアーユー?という風にメルマガでは続いていくのですが、私はあえて英語力の方に焦点を当てたいのです。シンガポールに住んでいて、英語が必要ですよね。いやーいらないよ!どうにかなってるから~~~と、開き直っているあなたへ。やはり皆頑張ろうよ!と、言いたいです。私も含めて。

正直、聞いていて、やーどうしようという言葉を耳にすることがあります。何でも言ったらいいものではないですよね。言ってる人は分からないから、どんな言葉を自分が発したか分かっていない。でも、相手が、その場で素早く寛大な処理をし、やさしくやさしく寛容な気持ちで答えてくれている事があります。しゃべっている方は知りもしません。そばで(^^; ヒヤアセモノのときがあります。

日本人、そして、日本政府、英語教育どうにかして下さい!!!

少しずつまた勉強する気になりました。

一文章ずつ覚えて使ってみる事を再開します。

娘よ、息子よ、母はがんばるぞ!!!

本日の写真と本文何の関係もありません。(^○^)

ただただ秋が嬉しいの~

では

*********

|

« 感動のおすそわけ@ジュリアス・チアダンス | トップページ | ルリマツリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感動のおすそわけ@ジュリアス・チアダンス | トップページ | ルリマツリ »