« パンティ・リクレーションパーク@ジョホール州 | トップページ | 続 これが蛭なのね! »

2007年11月29日 (木)

これが蛭なのね!

Rimg0017

さて、昨日の続き。バクテーを食べた一行は、マイクロバスにて走ること約一時間あまり。こんな所に着きました。なんせ私乗ってるだけで、どこに行くか人任せ。家族では主導権を握っていつも案内役ですが、こんなのもいいなあ~~楽チン楽チン。

コタティンギにいることは間違いない。。。パンティーなんていう、口にすると楽しい名前の山を遠くに見て、一応名前はパンティー・リクレーションパークらしいです。
Rimg0015_2 

ひとまず、30セント払いトイレを済ませます。1リンギが約40円として、約10円。うん、妥当な値段。。。辺りはハエが多いなー、が第一印象かなー。やっぱりマレーシアだわここは・・・まあ、歩き出しますか・・・

Rimg0019_2歩いたのはこんな所。フタバガキのすーっとした大木がたくさん見られます。フタバガキはアジアの熱帯雨林の代表的な木。ラワン材やベニヤ板という名前で日本ではお馴染みの木です。今日はフタバガキの専門家K先生も一緒です。

ふふふ、この辺ではまだちゃんとした道があり、どんなところに行くか期待してました・・

が、そのうち道が荒れてて、こんなんじゃ、あんまり人も来ないなーこのリクレーションパークには・・・なんていう感じになり、そのうちkuboさんが、「キャー!何?これ!もしかして、蛭?!?!」見ると足首に血が・・・

オーマイー!蛭がいるの???ここ!

なんてこったい、私はよりにもよって、八分丈のパンツだわ・・・その前に蚊が・・・凄い蚊なんです。蚊でもちょっとやばいぞ!なんて思っていたのに、蛭のお出ましですか・・

ボルネオに行ってきた人から、よく蛭の話題は聞きます。ジャングルを歩くために蛭ソックスなるものが必需品なのです。噛まれても痛くもかゆくもないらしいのですが、いったん噛み付いた蛭はお腹いっぱいになると、自然にポロリと落ちるらしいのですが、無理に離そうとすると蛭の口が皮膚に残って、その後がとても痒いとか・・・

必死に蚊よけスプレーを大噴射!!!きいておくれよ~~!!

雨のあと、ウエットな場所は蛭さんお好きですよね。そんなところにわざわざ入っていっている変わり者達ですものねー。仕方ないかあ~~~なんだか、この頃覚悟を決めることが多いなあー。などと内心、覚悟~!なんて独り言を言いながら皆さんについていった私でした。。。

でも、途中こんなのも見れましたよ!
Rimg0030

珍しい蛾でしょ?!いい色でした。飛び去ったときに見えた体は茶色。和の世界を感じさせてくれるシックな蛾でした。

そして、遠くに、大きな赤い実を食べているCREAMY GIANTIC SQUIRELL。これで綴りは合っているかどうか・・・いつも見るリスより大きな薄茶色のリスが木をするすると登って飛び去っていきました。ムササビ?狸?なんて声があがったほど、しっぽが太いリスでした。またまたお初!!!やっぱり、蛭はいいことにしよう。。。笑

Rimg0042_2

それから、こんなのも。ころんところがっていました。

大きなワイルドナツメグです。
   

普通のナツメグの1.5倍の大きさぐらいありました。指の長さで理解してね。

迫力あり~~!!これ見れただけで幸せだよー

反対側は・・・

Rimg0038_2

赤いところをメースといいます。中の種をおろし器でがりがりとおろして、ハンバーグなどに入れると勿論おいしいですよ。でも、もっとメースを刻んで入れると美味しくて、高級らしいですよ。高価だとか。貴重品なり~~~

Rimg0044 Rimg0045

葉の裏表。

普通のナツメグの写真はこちら。植物園で撮影したものです。
Photo

日本では、粉で売っているお馴染みのナツメグも熱帯植物なんですよ。どこにあるかって???どこで見られるかって???シンガポール植物園で見られます。どこかは、この間自然友の会の仲間で作ったばかりのボタニックの本に載っています。それが、それが、嬉しいことに日本人会の売店で売られることになりそうです。朗報です!!!嬉しい!!!だから、皆さん、ボタニックの本が売店に並んだ暁には、ぜひ、お求めいただいて、ナツメグの場所を探してくださいね。そして、自分で探したナツメグをハンバーグに入れて食べてみてください!!!それはそれはもう大感激間違いなしですよ。

ナツメグの記事は、こちらも見てみて!TOMちゃんの書いたナツメグの記事です。
http://tropicalplant.air-nifty.com/top/2005/11/post_651e.html

ということで、蛭の顛末にたどり着けず、今日はワイルドなナツメグにて終了ということで・・・明日をお楽しみに・・・笑

では

*********

 

|

« パンティ・リクレーションパーク@ジョホール州 | トップページ | 続 これが蛭なのね! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。