« 獣の女医 in アフリカ | トップページ | 幸せのちから »

2007年9月 1日 (土)

つづきです。

その後、Midoriさんから滝田 明日香さんに関するコメントが入りました。rumirumiさんからもいただきました。ありがとうございます。

21vbzdfq14l_4 滝田 明日香さんは、以前ケニアのナイロビ郊外から350kmの距離を運転し、月の半分を通っていたマサイマラ国立保護地区に現在は移り住み、巡回家畜診療プロジェクトや狂犬病予防などで活動中。
21vpqkpalal__aa115_ 

上記に紹介された「晴れ、ときどきサバンナ―私のアフリカ一人歩き」(二見書房ー2000年)は,2007年に 装丁の違う幻冬舎文庫 にもなり、また、同じ幻冬舎から「サバンナの宝箱―獣の女医のどたばたアフリカン・ライフ!」も2006年12月に出版。

 下記のHPのようにジュリアン出版からも頼まれ、執筆開始だそうで、発売が待たれます!
http://blogs.yahoo.co.jp/julianpublishing/14161144.html (先月撮影の写真掲載-32才)

 このモナリザのような笑顔からは、とても巨体の牛などに体重をかけて、去勢処置をしたりするような獣医にはとても見えないですね。

投稿Midori

ーーーーーー

私も上記のジュリアン出版のページをクリックしてみました。

大写しの写真を見て、なんてかわいいあすかさんなの!と思ったのが第一印象。華奢な身体のどこにあんなパワーが潜んでいるんでしょうね。皆さんもクリックしてみて下さい。可愛いお顔拝見できますよ。

http://blogs.yahoo.co.jp/julianpublishing/14161144.html

さっそく、本を購入しました。余分に買って帰ります。シンガの皆で読みましょう!(実は私、今日本にいます。)暑さを覚悟して帰ったら、うふふ、なんて涼しいの!!!ハッピーなんて言ってたら、ぶるぶるっ、なんだか寒いぞ~急いで、葛根湯を飲みました。

シンガポールは、毎日雷ですか?

皆さんも体長気をつけましょうね。

では。

********

|

« 獣の女医 in アフリカ | トップページ | 幸せのちから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 獣の女医 in アフリカ | トップページ | 幸せのちから »