« 幸せのちから | トップページ | プラサン@ククップ(マレーシア) »

2007年9月 4日 (火)

ドリアン@果物屋さん

Rimg0009

今日のお題はドリアン菓王之王と書いてありますね。その通り、果物の王様。女王はマンゴスチン。日本に帰る日の朝、チョンバルの近くでテニス。その帰り、いつも行く果物屋さんへお土産用のマンゴーを買いに寄りました。残念ながら、美味しそうなマンゴーは無かったけれど、辺り一面ドリアンの匂いでいっぱい~!!!マレーシア産のドリアンが山積みでした。

Rimg0010_2 

今日は、果物屋さんでどういう風に売られているかご紹介です。日本にいたら、イメージも浮かびませんよね。ドリアンが木にどんな風になっているかは、前の記事を見てみてくださいね。

ウビン島で野生のドリアンを食べた時の記事を載せてます。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_b560.html

今日のはマレーシア産の栽培種です。なんていう品種なのかは、中国語でしゃべっていたから、さっぱり分からないー。

猫山王かな?

おばさん、なたのような包丁をグサッと入れて、カパッと割ります。慣れたモンです。堅いよ!ほんとは。中は5個の部屋に分かれていて、それぞれに、うすーいクリーム色のまるっこい種が数個入っています。種周りをかぶりついて食べるわけです。ネトーとした感じ。これが、よくクリームチーズとかに例えられるけど。。。私には、まだ美味しい~とは叫べない。なんだか冷やすとおいしそうな気が・・・

Rimg0011_3  Rimg0012_4

これは小さいドリアンだから、中身は各部屋に一個なんですね。

そういえば、 ドリアンという名は、マレー語で「トゲ」を意味する「duri」から来ているんですよ。

Rimg0013_2

こうやって、パックに入れて家に持って帰ります。が、バスは持ち込み禁止。今度、車できたときに買って帰ろう。タクシーもすごい匂いになりそうだし・・・値段は、重さにもよるけど、5ドル位。

Rimg0015_2 

売れたあとのゴミが籠の中に一杯。よく売れてます。そんなに美味しいかな???よく、その場で食べる椅子とテーブルがおいてあるところもあって、皆夢中で食べてます。

Rimg0016

ここは、チョンバルプラザまん前のHDB下の果物屋さん。この果物屋さん、オススメ!!!新建春。ぜひ、お近くにいらした時にはどうぞ。

チョンバルプラザ前のセントラルグリーンに住んでいる友達皆が口をそろえて言います。ここの果物は美味しいよ~と。

テニスバッグを担いで、両手に果物。5番のバスでオーチャード方面に帰る。時々私がやっている月曜日のパターンです。

そうそう、スーパーマーケットでは、パックに入れられたドリアンが売られています。でもドリアンは、出来るだけ新鮮なのがいいな。匂いがねー

ドリアンの隣に、袋一杯のプラサンが、今から売られる準備中でした。まだ袋の紐が縛られてて、写真が撮れない・・・でも、プラサンは、先日ジョホールバルで一杯食べてきました。嬉しい事に写真が残ってます。チョット珍しい果物なので、明日のお題にしますね。

では。

*********

 

|

« 幸せのちから | トップページ | プラサン@ククップ(マレーシア) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸せのちから | トップページ | プラサン@ククップ(マレーシア) »