« プラサン@ククップ(マレーシア) | トップページ | カブトガニ@ククップ(マレーシア) »

2007年9月 6日 (木)

プラサン3兄弟

Pulasan_3

ブログ「シンガポール熱帯植物だより+あるふぁ」のTOMちゃんから、かわいい写真が届きました。プラサン3兄弟。かわいいでしょ~ TOMちゃんありがとう!こんなことやって、かわいい~!!!ッて叫んでいるいい友達です。

ーーーーーーー

そして、Midoriさんからも昨日の記事のプラサンについての情報頂きました。

学名 Nephelium mutabile Blの最後に付く命名者は、Blumeです。
 Carl Ludwig Blume (1789-1862)は、ドイツ生まれですが、主にオランダやオランダ領東南アジア(ジャワ島ボゴール植物園など)で研究を続けた植物学者。

Midoriさんありがとうございます。Blって誰?って、思っていたところです。謎が解けました。

Blumeって、ブルームと読むのかしら?オーランドブルームを即思い浮かべたのは、私だけじゃありませんよね!

学名の後に、命名者の名前をくっつける事がよくあります。例えば、うつぼかずら Nepenthes rafflesiana は、シンガポールでは知らない人はいないラッフルズさんが命名者ですよ。ラッフルズさんも同じように、うつぼかずらを見て面白がったのですね!

ーーーーーーーー

ブログを書いていて、いろいろな人から声をかけて頂いたり、コメントを頂いたり・・・感謝です。反応があると本当に嬉しいです!

仲間がいるからこそ楽しい人生。

反応してくれる仲間がいてくれるからこその人生ですね。

面と向かって言うのは恥ずかしいから、

時々一人でぼそっと言ったりします。

ありがとう。

日本は、台風が近づいています。ベランダで4日前位に鳩の糞を掃除しようと思ったら、ヒナが2匹かえっていました。巣の場所が悪く、雨がふり込んで、母さん鳩はずぶ濡れになりながら雛を守っています。台風がきたらどうしようー。ヒナが死んじゃいそう。とっても気になっている私です。でも、何も出来ない。

昨日の雨にも良く耐えた、けなげです。

では。

******

|

« プラサン@ククップ(マレーシア) | トップページ | カブトガニ@ククップ(マレーシア) »

コメント

 Blume のドイツ語読みはブルーメです。「花」の意。略す場合はBl. と最後にピリオドを打ちます。
 英語で動詞「咲く」とか名詞「花」、「開花期」、「花盛り」はBloom。
 オーランドブルームは、Orlando Bloomと書きますので、Blumeと異なります。

植物の学名は「属名+種小名」で、イタリック体または下線付きで表現され、学名には「科名」は含みません。正式な学名の場合、命名者はこの後ろに付き、変種なども後に付きます。
 
 ウツボカズラの正式な学名はNepenthes rafflesiana Jackで、種小名rafflesianaは、ラッフルズさんに敬意を表し、因んでつけた形容詞です。命名者はJack。
 Jack さんは、スコットランドの植物学者William Jack(1795~1822)で、スマトラで植物の研究をしていた時、東インド会社に雇われ、ラッフルズさんが訪れた際、外科医としても同行したそうです。
 

投稿: Midori | 2007年9月 6日 (木) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラサン@ククップ(マレーシア) | トップページ | カブトガニ@ククップ(マレーシア) »