« 食@シェムリアップ | トップページ | 新発見!!!@ボタニックガーデン »

2007年8月 3日 (金)

静謐なるアンコールワット

Rimg0184

いよいよアンコールワット見学へ。

世界遺産で知られるアンコールワットは、150年前フランス人植物学者アンリ・ムオによって、密林の中で発見されました。このクメール王国は、はるかインドシナ半島の大部分とマレー半島の一部分まで支配する一大帝国であったと言われています。

Rimg01471

アンコールワット西参道正面。入り口両脇・左右にインドボダイジュの大木がありました。インドボダイジュはお釈迦様が、この木の下で悟りを開いたと言われる仏教では大事な仏教三大聖木のひとつです。

Rimg0154

アンコールワットは、日本のお城と同じように堀(環濠)で囲まれています。

Rimg01551

日本のお城や寺院や皇居など同じようなスタイルですね。そういうところは親しみやすい。堀を過ぎたところに、周壁の西塔門があります。

Rimg0161 Rimg0162

↑ナーガ・ ナーガって聞いた事ありますか?インド神話に起源を持つ、へびの精霊あるいは蛇の神のことである。頭頂に5匹の蛇を飾る人間で、下半身は蛇(コブラ)という姿をしている。 聖獣とか、私大好き!!!ここのは、頭が7個。 右は西塔門

Rimg01691

塔門から遥か向こうにいよいよアンコールワットが・・・オオー、さすがの姿です。ここから、祠堂(しどう)の回廊まで350m。その参道の左右に経蔵があり、聖池もあります。そして、植物好きの私の目に留まったのは、左右に植えられているサトウヤシ。これについては、また詳しく。ピシットさんいわく、雄の樹と雌の樹があります。おおっ、樹も詳しい??!!「この辺りで、サトウヤシから、お砂糖を作っているところが見れますか?ぜひ、見たいんですけど。。。」「あります、あります!!!明日行きましょう!!!」「おほー、やったー!!!嬉しい!!!」

Rimg01762

第一回廊までの参道。両脇には、サトウヤシ。ねえねえ、ぱぱさん、これが、雄の株。これが雌の株。見れば、納得いくでしょ?!

Rimg0227

雌の株

Rimg0230

雄の株なんですよ。形がほらね!でしょ!ほーなるほど、等と言いながら、テクテクと進み寺院の周りをぐるっと囲んでいる廊下・第一回廊へ。辺りでは、カンボジアらしい音楽が聞こえています。

Rimg0191_2 Sany00411

緻密で繊細な壁画が物語を語ってくれて、重厚な構造の建築物に楽しさ・躍動感を与えてくれています。素晴らしい第一回廊をするっと歩いて、第二回廊へ。いよいよ出たのは、 噂に聞く第3回廊へ登るこわーい階段。えへ-、確かに。。。手すりのついている階段は一箇所だけ。そこは、降りる専門になっているみたいで、上でたくさんの人が待っています。登るのはここじゃなく、あちらにしましょう。あちらの方が、ちょこっとだけ大丈夫でございます。ちょっとだけねーー。本当に気をつけてくださいね。二年前に韓国人のガイドさん、死にました。あへー。

これが、その階段。

Rimg0192

いや、ホントに、まじでこれ落ちたら死にますよ。

Rimg01921

みんな必死状態がわかるでしょ?!

Rimg0218

どんなに急かはこの写真で分かってもらえるかな???階段の奥行きは、足を横にしないと、足はのりません。行った人は、この辺で、うんうんとうなずいている筈。私、結構色々平気な人なんです・・・が・・・ココの階段はやばかったー。階段横の石のすきまに手をかけて、登り終わった瞬間。ぶるぶるっ!!!脚が震えました。最後が大変なんです。だって、手をかける所が無い。自分の重い体重を持ち上げなくちゃいけない。絶対足だけで立ってられませんから・・・歳だな~自分の歳を感じ入ってしまった瞬間でした。でも、ここを登らないと、やはり、アンコールワットの良さは味わえません。上からの景色は最高ですよ。

Rimg0201

Rimg0215

アンコールワットは、ヴィシュヌ神にささげられたヒンズー寺院であり、スールヤバルマン2世のお墓でもあります。王の死後、王と神が一体化するという思想の元に作られました。祠堂は5個の宇宙の中心を模した尖塔からなり、中央の祠堂は神々が住むメール山を象徴しています。今は仏教寺院に変わっています。

Rimg0214

祠堂 ここは、王が神と交信する空間です。

あちこちにデバターの像が・・・

Rimg02241

美しい!

Rimg0211

降りなきゃ帰れないのよねー、内心複雑・・・ひょこっと、外側を覗くと、みんな平気な人も多いのね。わざわざ、そんなぎりぎり高いところにいなくたって・・・あー見てるほうが、気がすくんでくる・・・・・

高所恐怖症の人は、早く!!!若いうちに!!!行ってください!!!

ところがどっこい!!!私、降りるのは全然平気でした。だって、降りるのは、前が見えるから平気!!!ええーっ、見えるから恐いんじゃないの!!!そうかな~?見えるから恐くないよーーー手すりもあるし。パパさんは、なかなか降りてこない~ 手すりにへばリついてる~。がんばれ~!!! いやーマジ危険です。どうにかしたほうがいいよ~!っていうのは、日本人的発想???

寺院の中に、たくさんの仏様が祭られ、そばで座って仏を守るお年寄りの姿が印象的でした。毎日何を思いながら、座っているのかな。

Rimg0207

Rimg0168_2

光と影のとても美しい寺院でした。

大きな力の象徴ですね。

では。

*********

 

|

« 食@シェムリアップ | トップページ | 新発見!!!@ボタニックガーデン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食@シェムリアップ | トップページ | 新発見!!!@ボタニックガーデン »