« シラデン島@マナド | トップページ | シーラカンスの泳ぐ海 »

2007年8月11日 (土)

シラデン リゾート&スパ

Rimg0796_3  桟橋から、5分ほどの道を歩いてリゾートへ。荷物は全部運んでくれるので楽ちん。子ども達は、都会から180度かけ離れたアジアの孤島の風景を目にし、ちょっと不安げに歩いています。

空港から一緒にやってきたのは、イタリアンらしい若いカップル。彼らもちょっと神妙な顔。。。一体どんなリゾートに着くのかな・・・なんて思ってるんですね。

ホテルから来た女の子に、ここが、島の村(ビレッジ)ですか?と、聞くと、はい、私達はカンポンと言うんですよ。と、応えてくれました。マレーシアとインドネシアは言葉が似てるのですね。。。

ブーゲンビリアがきれいです。

Rimg0791_3 Rimg0790

あちらこちらで、お洗濯。昔ながらの洗濯板を使っての洗濯風景。内心洗濯機を使っても大変!なんて思っていた心にちょこっと喝が入りました・・・(^・^) 村とリゾートの境はほとんど感じられないままにリゾートへ。結構それがいい感じ。村と溶け込んでいるリゾートといった印象でした。村人の多くはリゾートの従業員です。

さて、ホテルに到着です。

Rimg0788 Rimg07871_2

ウエルカムドリンクを頂いて、遅いランチを食べて、今日から、いよいよ体験ダイビングレッスン。ダイビングライセンスをもっているパパさんは、私達にお付き合い。私は二度目の体験。子ども達は初体験。このリゾートには、Mihoさんという日本人インストラクターがいるので、その点とても心強いのです。初めてのこと、それも危険が伴うことは、やはり日本語が安心ですよね。

Rimg05982 Rimg0608

やっと、着いたあ!!!気持ちいいベッド!!!娘はベッドになだれ込む・・・今回はビーチサイドのヴィラを予約しました。ビーチヴィラは5棟しかないので、早めに予約を!!!少々高くなりますが、ビーチサイドがオススメですよ。ガーデンヴィラは10棟。それに家族で入れるコテッジが1棟。という小規模のリゾートです。それだからこそ、サービスは家族的。ビーチヴィラからはマナド富士がきれいに見えます。その夕焼けが最高なんですよ。

Rimg0610 Rimg0599

Rimg0604 Rimg06051

さて、プールでmihoさんが待ってるはず。いかねばーー

Cimg3334 Rimg0699

こんにちは!!!明るく元気のいい声のMihoさんとご対面。さっそく、知識の方のお勉強。そして、海水プールで、BCDジャケットをつけて、レギュレーターをくわえて実地の練習。おほほほ、また少々緊張気味でございます。娘はもっと固くなってたみたい~。二人で、ウエットスーツがきついよーと、悪戦苦闘して着ていたら、後ろに座っていたオランダ人のおばさまが、後ろ前さかさまですよ!!!あへ~~~、娘と二人で大笑い。どうりでねー

どうにか、無事4人ともOKがでて、明日いよいよ海で初潜りです。船から、ぼちゃーんと後ろ向きにひっくり返って落ちなきゃならんのよー 出来るかいなー???

Rimg06763

このホテルはイタリア人経営。だからか、お客様はヨーロピアン系の人が 多いみたい。イタリアンかスパニッシュが多く聞こえてました。みんなのーんびり何をするわけでもなく、寝そべっています。

Rimg06551_2

のんびり前を歩くこのご夫婦。ここに来るのは8回目だそうで、8回???耳を疑っっちゃいましたよ?!今回は3週間滞在とか・・・いいなあー。どこからいらしたか・・・というと、オランダ。はるばるねー、この人たちにとっては、地球はちっちゃいんですね。凄いー!!!ヨーロッパ人は生活が違うな。「バリやロンボクやこの周りの島に色々行ったけれど、どこもコマーシャライズドされてしまって・・・。私達は、海のきれいな静かな小さい島が大好きなの~~~ここは最高!!! 」とは、体まで豊かな奥様の言葉。少々太っていようが、どうってことないわー!!!と、言う言葉も返ってきそう・・・。ゆっくり時間を楽しめるヨーロッパ人がうらやましいですね。

ちょうど、右に見えるのがスパ。とてもきれいな設備でした。一日目の夜。シラデンアロマテラピーのマッサージを受けました。ヘッドマッサージまでやっていただき、まさに至福のとき。このマッサージオススメです。90分、US50ドル。とても丁寧なマッサージでした。

シラデン リゾート&スパのHP:http://www.siladen.jp/index.html

では。

*******

|

« シラデン島@マナド | トップページ | シーラカンスの泳ぐ海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シラデン島@マナド | トップページ | シーラカンスの泳ぐ海 »