« なんじゃもんじゃ | トップページ | つづきです。 »

2007年8月30日 (木)

獣の女医 in アフリカ

Head_title

いつもブログにコメントを頂いたり、お世話になっているMidoriさんからメールが入りました。お久しぶりです。Midoriさん暑い日本お疲れ様でした。

そのメールに、以前お会いしたときにお話を聞いていた「たきたあすかさん」の本とHPが紹介されていました。アフリカで頑張っている若い女性の獣医さん。。。かなり前にお話を聞いたときに、興味を持っていたのですが、改めてHPを覗かせていただいて、素晴らしい!!!ワールド遊牧民と自称する彼女を応援したく、皆様にもHPのご紹介です。

Book_3

「晴れときどき、サバンナ ・私のアフリカ一人歩き・」
滝田明日香(著)二見書房

幼い頃シンガポールに住み、何度となく通った動物園も今の彼女を形作る大きな要因にもなっているとか。ぜひ、読んでみて下さい。特に子育て中の若いお母さんにオススメ。いえいえ、若くなくても、皆死ぬ瞬間までの生き方ですよね。好きな事を夢中でやっている姿からは、誰しも元気をもらえます。

私は、晴れときどき、サバンナの記事を読んでいて涙が出てきました。私にも、同じように幼い頃(4歳から7歳まで3年半)シンガポールにいて、その後とっても変な生き方をしている息子(23歳)がいるもので・・・笑 あすかさんが変なら、うちの息子大変です!笑 あすかさんがワールド遊牧民なら、息子は遊牧民 in JAPAN だったな。帰国子女にも入れなかったもので・・・

彼女の頑張りに万歳!!!あすかさん、すてき!!!

そして、もう一言。フレーフレー我が息子!!!

http://www.asukafrica.com/myself.php

http://www.asukafrica.com/book.php

Midoriさんのお嬢さんの級友でいらしたそうです。いい刺激をありがとうございました。

あすかさんの力で、

あなたの心がむくむくっと動く、

どうかその瞬間を感じてみてください。

では。

*********

|

« なんじゃもんじゃ | トップページ | つづきです。 »

コメント

 滝田 明日香さんは、以前ケニアのナイロビ郊外から350kmの距離を運転し、月の半分を通っていたマサイマラ国立保護地区に現在は移り住み、巡回家畜診療プロジェクトや狂犬病予防などで活動中。
  上記に紹介された「晴れ、ときどきサバンナ―私のアフリカ一人歩き」(二見書房ー2000年)は,2007年に 装丁の違う幻冬舎文庫 にもなり、また、同じ幻冬舎から「サバンナの宝箱―獣の女医のどたばたアフリカン・ライフ!」も2006年12月に出版。

 下記のHPのようにジュリアン出版からも頼まれ、執筆開始だそうで、発売が待たれます!
http://blogs.yahoo.co.jp/julianpublishing/14161144.html (先月撮影の写真掲載-32才)

 このモナリザのような笑顔からは、とても巨体の牛などに体重をかけて、去勢処置をしたりするような獣医にはとても見えないですね。

投稿: Midori | 2007年8月31日 (金) 02時03分

私も以前Midoriさんからお話を聞いていた「たきたあすかさん」のお名前がずっと頭に残っていました。今回こうやって教えていただき、早速読ませてもらいました。ありがとうございます。
本当にすばらしい方ですね。お会いしてお話ししてみたくなりました。私の「自分の世界」の小ささに気づかされます。
本も読んでみたいし、子供にも読ませたいですね。

投稿: rumirumi | 2007年8月31日 (金) 10時46分

Midoriさん、さっそく本を注文しました。もう数冊買って帰って、皆に分けてあげようかな。このコメントもまた記事に載せさせていただきます。でないと、コメントを見る人も少ないので・・・いつもありがとうございます。ずいぶんご無沙汰なので、心配していました。日本にいらしたんですね。お元気そうで、ホッとしました。

投稿: Mayuri | 2007年8月31日 (金) 11時51分

rumirumiさん、こんにちは。
コメントありがとう。本持って帰ります。ぜひ読んでくださいね。刺激をいっぱい頂いて、私も出来ることに励みます!!!

投稿: Mayuri | 2007年8月31日 (金) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんじゃもんじゃ | トップページ | つづきです。 »