« バッタくんの特技&ホーネット! | トップページ | トーチジンジャー »

2007年7月15日 (日)

ジンジャードリンク@ハリア

Rimg0010_2

日本からお客様がいらして、植物園をご案内した時、植物園の中のレストランで「美味しいジンジャーの飲みものが飲めるそうですね、地球の歩き方に載っていましたよ。」と情報をいただきました。 そうなんですか~?これぞ、灯台元暗しというのね。知らなかったわ~。

その方と一緒にトライしてみました。

それが、意外に美味しかったのでご紹介。

名前は、ハリア(レストランの名前)スペシャル・ジンジャードリンク 説明には、drink with sun dried ginger and wild mountain honey とありました。9ドルだったかな?

Rimg0012_7 Rimg00143_1

ちょっと、ピリッとして、ちょっと辛くて、ちょっと甘い。スッキリ感がつよく、暑くてぐったりした時にはお薦めの一品 。私は大好きでした。

ハリアレストランは、植物園の中、ラン園の横にあるジンジャーガーデンにあります。ラン園正面入り口に向かって、左に数メートル歩いたところ。おしゃれなレストラン&カフェですよ。緑に囲まれて、ゆっくりの時間を持つにはいいところですよ。

そのレストラン辺りは、ジンジャーガーデンといわれ、ジンジャーが綺麗な花を咲かせています。ジンジャー(生姜)といえば、根っこの部分しか思い浮かばないでしょうが、花はとてもきれい。

Rimg0102_1 Rimg0396

Cimg2892 Cimg2912

ショウガの花たちです。

個性豊かでしょ?!

Cimg2876_1

よくこの花なんですか?と聞かれます。ショウガなんですよ。というと、へ~!という言葉が必ず返ってくるお花ちゃん達です。

いつも咲いているので、ジンジャーガーデン辺りは賑やかですよ。

では。

ーーーーーーーーーーー

|

« バッタくんの特技&ホーネット! | トップページ | トーチジンジャー »

コメント

 写真右上のトーチ・ジンジャーは、花序、果実、種子が食用になります。
 この桃色花種の他に、英名の名前のもとになっている「たいまつ」の様な赤花種と共に、フィリピンの拙宅の猫の額ほどの庭で育て、その独特の南国ならではの味と香りを楽しんでいます。葉柄と葉の丈は、数mにもなり、2階に達するほどです。 
 香味野菜の若い花序は生でサラダに、またココナッツミルクと煮たり、果実は生食。種子は香辛料にと利用されます。
 タイやインドネシアの市場では、桃色花種が並んでいました。きっと赤花種より「あく」が少ないのでしょう。

トーチ・ジンジャー と トーチ・ジンジャー 'ピンク・フラワー' についてのHP:
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/torch-ginger-II.html

◎ なお、日本でも根を食べるショウガに含まれるジンゲロール、ジンゲロン、ショーガオールの作用については、下記のHPをどうぞ。
  皆さん、健康のために、1日に小さじ一杯のおろしたてのショウガを食べましょう。

ショウガの効能
http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/shouga.htm

投稿: Midori | 2007年7月15日 (日) 10時00分

はじめまして。東京は台風の影響で雨続きなもので、自宅でWEB検索して日曜の朝を楽しんでいるところです。

とても美しいイラストに感激してブログを拝見させていただいてます。写真では見過ごしてしまいそうな細かい描写に見入ってしまい、時が立つのを忘れてしまいそうです。

私は1969年に父の仕事の関係で子供のころにシンガポールへ渡り数年間過ごしていたことがあります。その後も幾度か訪星し、最近は仕事とプライベートを合わせると年に数回程訪れています。つい2週間前にも滞在していました。

その度に古いものが失われて、新しいものに生まれ変わる現実に直面してしまうのですが、ボタニックガーデンに行くと昔のシンガポールの空気を感じてとても癒されます。

ブラック&ホワイトのバンガロー、ほんとうに素晴らしい建物ですよね。私の通っていた時代の日本人学校はスイスコテッジエステートにあり、それは古の正しくコロニアルなバンガローを校舎に用いていたのです。友人の何人か(大企業の支店長クラス)もそんなブラック&ホワイトのバンガローに住んでいて、よく遊びに行ったものです。

これからも楽しく拝見させていただきます!

投稿: grappelli | 2007年7月15日 (日) 10時32分

トーチジンジャー大好きです。南国らしいですよね。

投稿: まゆり | 2007年7月15日 (日) 21時16分

grappelliさん、コメントありがたく拝見いたしました。私も二度目の滞在で、コロニアル風景がどんどんなくなっていくのに、とても寂しさを感じます。ボタニックガーデンですら…昔の匂いは消えていっています。しかし、シンガポーリアンからしたら、その方が誇らしいことですから、仕方のないことかもしれませんが…お暇な折また覗いてみてください。ありがとうございました。

投稿: まゆり | 2007年7月15日 (日) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バッタくんの特技&ホーネット! | トップページ | トーチジンジャー »