« コーデュロイ&フィンチ(corduroy&finch) | トップページ | スカッシュ・バグ(Squash bug) »

2007年6月29日 (金)

カンタベリー・ココちゃん

Rimg0246_1

散策中、ココヤシ(ココナッツ・パーム)の実生(みしょう) がコロンと数個ころがっていました。素朴な風景。こんな光景を初めて見たのは、去年の6月。そうだ、ちょうど一年前。初めて、友の会の定例会にお試しで、ウビン島に行った時のこと。

Photo_91

まだ、熱帯植物についてなーんにも知らなかった頃。それでも、あまりのかわいさにパチリ。ココヤシの赤ちゃん誕生です♪

Cimg2700

学名:Cocos nucifera(堅果を持ったの意)

Coco Palm, Coconut
原産:西太平洋

ウビン島にはココヤシがいっぱい。トラックの上には、ほら、こんなに・・・収穫された椰子の実が・・・

Cimg2698

このおじさんが、ロープをひっかけて収穫の最中でした。こっちも椰子をとっているおじさんが珍しいけど、おじさんにも、こんなところをぞろぞろ歩くおばさん達が珍しいと見える!(笑)

Cimg2699

あんた達何しとんの? 

ココヤシは、とても生活に役立つ樹。だから、昔はここウビン島では、ココヤシのプランテーションが盛んでした。

もちろん、椰子の実からは、料理用の油もとれるし、ココナツミルクもお料理には欠かせない。椰子の実の中はジュース(胚乳液)が一杯たまっていて、暑い国の大切な水分補給源。よくリゾートで、好奇心一杯でココヤシの実にストローをさして飲むココナツジュースですよね。「私、南の島で、これをあなたと一緒に~~、あ~、飲むのが夢だったのよ。」 でもさしずめ、スースーと、2回吸ったぐらいで、「何これ?なんだか味気ない・・・」と、1/3も飲めば、プールサイドの白いテーブルの脇に追いやられる運命ちゃん。じゃありませんこと?

Img_1573_2

ロマンチック派にはかかせないアイテムですね。中の周りの白い部分をスプーンでそぎ落としながら食べます。残りの殻は器に。

ヤシの葉は、篭を編んだり、箒になったり、雑巾代わりになったり、家の屋根には欠かせない。 ヤシの幹も建材に使われ、捨てるところのない重宝もの。

Rimg02071_1

タイのタオ島に行った時、船から、編んだ屋根用のヤシの葉を運び込んでいました。ホテルの屋根の葺き替えようかな。こういうのを重ねて並べていくんですね。

そんなヤシちゃんをちょっとゆっくり観察してみよう。そんな気になって、一番上の写真のココヤシちゃんを家に連れて帰りました。

Rimg0018_2

家に連れて帰ってやったココヤシ。カンタベリーロードで拾ったから、カンタベリーココちゃん。数日ほったらかしにされてて、やっとお家をもらえました。

Rimg00771_2

早く大きくなあれ。(買ってきた土が足りなかったぁ。)

最後に、こんなのまで持って、帰っちゃったの。

Rimg0244_3

ココヤシの花序だけど、我家のオブジェになるかー?

halさんが持って帰った花序には、まだココナツがくっついてました。

Rimg0236_1 Rimg02371

花のようなのは、椰子の実の取れた跡です。ココヤシは雌雄同株で、花序は、葉に隠れていて見えにくいのですが・・・こんな感じ。

Rimg00151_3 

ココヤシの花序の幹に近い方は雌花が1個、雄花が2個のトリアドになっていて、先のほうは雄花だけになっているそうですよ。と、tomokoさんに教えて頂きました。先端は雄花だけ咲くようです。まずは先に雄花が咲ききって、その後で雌花が咲くんです。なぜかって、自家受粉しないように。。。トリアドってなあに?と、いう方は、こちら飛んでくださいね。

ココナツについては、シンガポール熱帯植物だより+あるふぁ(ふー名前が長い・・・)のココナツの花に飛んでくださいとてもよく分かりますよ。TOMちゃんにお任せ!!!

ところで、halさん一体どうした?あれ。無事オブジェに?

`s(・'・;) エートォ...、他人事じゃないし・・・

壁にドカーンとかざって、そこから、私のスケッチのポストカードを七夕みたいにぶら下げようかな・・・

・・・・・・(^○^)

では。

***********

|

« コーデュロイ&フィンチ(corduroy&finch) | トップページ | スカッシュ・バグ(Squash bug) »

コメント

まゆりさん、ココヤシの花序の幹に近い方は雌花1、雄花2のトリアドになっていて、先のほうは雄花だけになっているそうです。トリアドの数までは書かれていませんでしたが、幹に近い方にも雄花はあるんだと思います。機会があったら、樹に登って確かめてみて!

投稿: tomoko | 2007年6月29日 (金) 14時37分

まゆりさん、
 この日の散策も楽しかったですね。

 ココヤシの学名は、Cocos nucifera(堅果を持ったの意)ですよ。
 素晴らしいものを持ち帰れて、Happy ですね。大事にかわいがってあげて下さいね。
 
 では、7日にシンガポール植物園でお会いしましょう。 Midori(フィリピン・セブ島にて)

投稿: Midori | 2007年6月29日 (金) 18時47分

tomokoさん、そしてMidoriさん。いつも色々教えていただきありがとうございます。皆さんに支えて頂いて、やっとのブログなんです。本当に感謝です。ありがとうございます。それにしても、この頃ミスが多いなあー。気をつけます!間違いのないよう、手直ししましたが、もしまだありましたら、ご指摘下さい。ヨロシクお願い致します。

投稿: まゆり | 2007年6月29日 (金) 20時25分

まゆりさんの記事はいつも臨場感たっぷりで
一緒に散策してるような気分になれるから大好き(*^-^*)
ココヤシ・・これまた懐かしく読ませていただきました。
・・にしても・・・持って帰ったの?これたち・・
どやってバスに乗ったのさ~~。
わはは・・すごいエネルギッシュだね~~。
とかいって、私もコンドミの中のドゥワーフ・ココナツの実を拾って
ベランダで育てましたわ(笑)
ころ~んところがしておいて時々水をかけてたら
うさぎの耳みたいな葉っぱが出てきて・・
かわいいですよね、ほんとに。
うんとかわいがってあげてね~。


投稿: かほ(*^-^*) | 2007年6月29日 (金) 22時09分

さすがアーティストまゆりさん♪壁にドカーンと!七夕のように、まゆりさんのポストカードを!んー、いい感じですねぇ(^^♪
そうすれば、あのホウキのような、ちょっと見、ガイコツの手のようなアレも、素敵なオブジェになるね~。

ウチのアレは、まだ、中にいるかもの虫をさぐり中。たまにシャワーして、また外に出して、ってやってます。

ウチは、壁に傷つけないほうがいいっていう夫の方針があるので、どっかに置くことになるけど、場所?・・・あるんでしょうか?(笑)

投稿: hal | 2007年6月29日 (金) 22時34分

かほ(*^-^*)さん、コメントありがとうございます。嬉しいです!まさかバスにてお持ち帰り…は、無理でしょ。なんせ椰子の実1個に、花序2つ。ちょっと欲が出た日だったもので。笑 ちょうど旦那が出張だったので、こっそり隠しといて、(ははは、誰も取らないって!!!)あとで、車で取りに行きましたぁ!大きいものはまとめて!と、その帰りにホーランドヴィレッジに行って、エンタダも大量買いしちゃいました。楽しいです!!!今、友の会では、ボタニックラバーズと言うグループで、新しいボタ本を作っているんですよ。みんな楽しく必死で取り組んでます。乞うご期待!では。

投稿: まゆり | 2007年6月30日 (土) 16時07分

halさん、ちょっと見、ガイコツの手とは、まさに!!!その通りじゃ~ははは。

投稿: まゆり | 2007年6月30日 (土) 16時10分

ご訪問ありがとうございます。
シンガポールにお住まいなのですか。
行きたい国の一つです。
来年はトルコを予定していますが。
その次からはアジアの方を考えていますので。
もしかしたらお世話になるかもしれないですが。
ガイドさんもしていられる様ですのでそのときはよろしくお願いします。

投稿: 和 | 2007年6月30日 (土) 21時39分

素敵な写真を拝見させていただきました。これからも、ますます旅&フォトで、楽しい日々をお過ごし下さい。

投稿: まゆり | 2007年7月 1日 (日) 18時48分

あの写真ですよね?

懐かしいです♪
日本もやっと夏らしくなってきました♪
暑い暑い♪嬉しいです♪

この前ココナツアイスを食べました★美味しかったぁ★

私は南国の食べ物がとっても好きなものが多いようです★

投稿: みのり | 2007年7月 3日 (火) 00時42分

みのりちゃん、そうあの時の写真ですよ。そろそろ、あれから半年が経とうとしています。その間、色々ありましたね。でも、みんな一生懸命頑張っているので、嬉しいな!!!楽しい夏を過ごしてくださいね。

投稿: まゆり | 2007年7月 3日 (火) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コーデュロイ&フィンチ(corduroy&finch) | トップページ | スカッシュ・バグ(Squash bug) »