« ブラック&ホワイト・ハウス@マルコルムロード | トップページ | 蛾が・・・ »

2007年5月27日 (日)

ハンカチーフツリー

Rimg0118_2

学名:Maniltoa browneoides マメ科

あらま探検隊で、マルコルムロードを、あらまあ!あらまあ!と、感心しながら歩いていると、フリル一杯のハンカチーフツリーの新葉がぶら下っていました。綺麗な白でしょ?!一年間ご縁がなかった木なのに、このところよく出会います。ガイド講座でも、フォートカニングと植物園で見ましたよね。

遠くで見ると、この白い新葉がまるで花のよう。まるで、ハンカチーフをつまんでたらしたようなので、ハンカチーフツリーと呼ばれているんですよ。ホントは、私にはモップにしか見えない~~。が、まあいいか。瑞々しさに感動!!!

Rimg0116_1

白い色は、2日ぐらいであっという間に緑色に変わっていきます。

Rimg0117_1

すぐに覗きたがる人がいるーーaraiさんかな?

Rimg0115_4  

葉っぱの主脈が少し横にずれてついてます。

Rimg01151_2

葉は2枚2枚で、付け根のところにポチッと膨らみがあるのが特徴。ねっ、あるでしょ!?

Rimg0066_2

花だよー

Rimg0077_2 Rimg0086_3

実です。そして、下は実の赤ちゃん。メシベの元がこうやって膨らむのね。くぁわいいー!でしょ、でしょ。笑

Rimg0119_2

ポリネシア原産のハンカチーフツリーです。日本でよく言うハンカチーフノキはまた別物なんですよ。そちらは、この間新宿御苑の温室で見ました。どちらも、何でハンカチ?なんて、けちをつけたくなる私ですが、この新葉の綺麗な純白には、素直に心を奪われちゃいます。

Rimg01121

このところ、よくお会いしますハンカチーフツリーさま、ご縁が出来て嬉しゅうございます。

では。

*********

|

« ブラック&ホワイト・ハウス@マルコルムロード | トップページ | 蛾が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラック&ホワイト・ハウス@マルコルムロード | トップページ | 蛾が・・・ »