« ホペア・オドラタ(Hopea Odorata ) | トップページ | さくら☆さくら@タオ島の名前 »

2007年5月11日 (金)

さくら☆さくら@タオ島

Rimg0039

タオ島(タイ)にさくら☆さくら。

まさか、こんな暑い島でさくら・・・???

薄ピンクのきれいな色が目に飛び込んできました!!!

きれい~~うっとりです。

Rimg0037_2

ずーっと気になっています。一体なんていう名前なのでしょう。

桜かな??と思ったけれど、ふと気がつくとマメ科の葉っぱ。

Rimg00362

ちょっと調べてみたところによると、もしかしたら、 Cassia javanica・ ピンクシャワー (胡蝶センナ) かな?

あるHPにピンクシャワーが載っていて、そこにはMidoriさんの本から、説明が抜粋してありました。

  インドネシアやマレーシアが原産です。高さは9~12メートルほどに
なります。葉は偶数羽状複葉で、小葉は楕円形をしています。温度さ
えあれば周年、ピンク色に紅色の筋が入った花を咲かせます。別名
で、「コチョウ(胡蝶)センナ」とも呼ばれます。
  ジャケツイバラ科カワラケツメイ属の常緑高木で、学名は Cassia
javanica。英名は Pink shower tree, Apple blossom。

  関緑著「太陽の花たち」より。

Midoriさーん、ジンベイザメは見れましたか?今、ジンベイザメとダイビング中かな?そろそろお帰りでしょうか?花の名前教えて下さい!!!

シンガポールでも、タベブイアとかピンクメンパットとか、桜をイメージする花がありますが、それらよりもっと桜に近い木でした。

そばで、この木を持つ家族がご飯を食べていました。これなんていう名前ですか???って、聞いてみると、返ってきたのは、「さくぅーらぁ」という答えでした。

SAKURAという単語はこんな僻地でも有名なんですね。びっくり!!!でした。

Rimg0042

濃いピンクの蕾が初々しい。。。

今日は、タオの桜でした。

では。

********

|

« ホペア・オドラタ(Hopea Odorata ) | トップページ | さくら☆さくら@タオ島の名前 »

コメント

まゆりさん、ただいま、素晴らしい感動と共に帰りました!
◎ セブ島から船で乗り継ぎ、18時間かけて辿り着いたジンベイザメの聖地ールソン島南部ドンソール湾で、十数頭のジンベイザメに出会え、一緒に泳いできました~~!!
 船の上からガイドがヒレや姿を見つけると、合図と共に飛び込み、スノーケリングしながら、巨体にピタッと寄り添って遊泳し、大自然と同化出来たのには、感激!!
 鮫という名でも主にプランクトン、小魚などを食べ、胴幅1.5m、体長10m以上の巨体でも性格は実にやさしいのには、驚き。
 3月には等身大の張子の山車が出るお祭りがあるほど現地では親しまれています。以前は乱獲されていたこともあり、現在はWWFの管轄下に置かれ、保護されています。英名はWhale Shark。
 今月末頃からオーストラリアに回遊し、半年後に戻り始め、3~5月に90頭位来るそうです。 
 
 夜はドンソール川の奥に船で入り、川岸の木々のまわりをクリスマスツリーのように乱舞する幻想的な蛍ウォッチングを楽しみ、大自然の醍醐味を味わってきました!!

◎ 本題のこの桜に似た花ですが、花の形や色、枝への着き方からして、タイ、ビルマなど原産のCassia bakeriana でしょう。タイではカンバプルゥクスと呼ばれ、ラチャブリー県などの県花として親しまれています。英名はPink Cassia, Pink Shower Tree, Wishing Treeなど。
 これによく似たPink Shower Tree, Pink-and-White Shower Tree, Apple Blossom Showerなどと呼ばれるインドネシア、マレーシア原産のCassia javanicaの花色は、少しずつ変化するので、木全体として濃い色と淡い色が微妙に混ざりあっています。この2種の写真が並んでいて、違いがよくわかる次のHPをご覧下さい。http://www.biosphericengineering.com/subsite/rare_plants.htm
 このCassia(カワラケツメイ属)の仲間は100種以上あり、ホノルルの市の花にもなっている桃色に黄色が混ざったRainbow Showerは、ゴールデンシャワーとの交配種で、その他交雑種も多く、ピンクの花の種類の同定が難しいものも多いようです。
 (注:HPに出ていたのは拙著からの写真だけで、文の内容は違い、どちらも一年中でなく、主に乾季に開花します。)

投稿: Midori | 2007年5月12日 (土) 10時14分

まゆりさん:
 6月1日から28日まで4週間、7月20日~8月2日、9月、10月、11月も2週間ずつシンガポールに行きますので、そうぞよろしくお願いいたしま~す。生鮮市場とかあちこちご一緒したいですね。

 長女一家がバンコクから移って2ヶ月して、住み心地がよくないと、植物園にもOrchard 通りにも歩いて行かれる便利なCuscaden 通りに先週、引っ越したことをお知らせします。
 また友の会の皆様にお会いできるのを楽しみにしています。 Midori

投稿: Midori | 2007年5月12日 (土) 12時22分

初めてお邪魔します
こにタン@グッドぐんまです。
ホントに桜にそっくりの花ですね。

今、風邪気味なのですが、こちらにアップされている
南国の花や風景を見ていると、元気なるような気がします

また寄らせて頂きます(^^)

投稿: こにタン | 2007年5月12日 (土) 22時52分

こにタン@グッドぐんまのこにタンさん。こんにちは。さっそくグッドぐんまにも、またお邪魔させていただきました。写真がとても素敵ですね。カメラは何ですか?あっという間に、グッドぐんまファンになってしまいました。今日は特に焼きまんじゅう!!!シンガポールでは、ほとんどの日本の食べ物は手に入りますが、やはり味まで贅沢はいえません。あー、焼きまんじゅう、絶対食べに行きます!!

投稿: まゆり | 2007年5月13日 (日) 18時38分

 前回コメント中に、このCassia(カワラケツメイ属)の仲間は100種以上あり、、と書きましたが、最近、このCassia属は、次のように分類変更されたそうです。 
 Cassia(ナンバンサイカチ属)約60種、Senna(センナ属)約240種、 Chamaecrista(カワラケツメイ属)約265種の3属に分類し直されたそうで、このCassia bakerianaは、ナンバンサイカチ属に入ります。

投稿: | 2007年5月14日 (月) 09時39分

私はカッシア(Cassia)のなかで一番綺麗な花木は、ピンクーシャワー<別名:胡蝶センナ(カッシア)、ジャワセンナ(カッシア)>(学名:Cassia javanica)だと思います。
その他にコーラルピンクのコーラルシャワー(学名:Cassia grandis、中米などの熱帯アメリカ原産)も、綺麗な花を咲かせますね。

でも日本でよく知られてものはゴールデンシャワー(学名:Cassia fistula、インド、スリランカ、ビルマなどが原産)とレインボーシャワー(学名:Cassia x nealiae、 Cassia javanicaとCassia fistulaの交配種)でしょうか。

これらのシャワーツリーは、日本の沖縄でも見られるのでしょうか?

注記:以前はカッシア(Cassia)もセンナ(Sennna)の一緒だったのに、現在ではこの二つが別々に分類されていますね。

投稿: リボン | 2011年7月28日 (木) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホペア・オドラタ(Hopea Odorata ) | トップページ | さくら☆さくら@タオ島の名前 »