« 蛾が・・・ | トップページ | クリトリア »

2007年5月30日 (水)

お目々くりくりヒヨケザル

Rimg03862_1 

Cynocephalus variegatus マレーヒヨケザル

あー、びっくりした!びっくりした!びっくりしたあああーー!!!このフレーズを何度繰り返してもいいぐらいびっくり!の出来事でした。

今日はガイド講座も4回目。ブキティマ・ネーチャーリザーブ(ブキティマ保護区)のタバンループをご案内しました。ルートも終わりにさしかかる頃、細い木の根もとのピンクの実のハングアナを紹介しようとしたら、生徒のumeさんが「これなんですか???」 え~っ、と目を横に向けた途端、目の前1mのところに何かでかいものがとまってるー。「ぎゃーっ」、思いもしないものが見えた時、人間って、こんな反応をするんですねーーー

なんと、ヒヨケザルが、地面から2mにもみたない、ちょうど私の目の前にいたのでした。おーい、お前さん、なんていうところに・・・私達は狂気乱舞したけれど、あんな低いところにいて大丈夫かなー

ーーーーーーーーーー

Rimg0389

ヒヨケザルは、前にもご紹介したので、その記事を交えながら、今日は書きますね。

名前はサルだけど、猿の仲間じゃないんです
横で、nebashiさんが盛んに、モモンガじゃーって言ってましたけど、モモンガではないんですよ。そう言っても、「だって飛ぶんでしょ、やっぱりモモンガじゃー」って、、、だから、違うって・・・笑
東南アジアにだけ、それも2種類(マレーヒヨケザルとフィリピンヒヨケザル)しかいない世界でも珍しい生き物なんですよ。
身を守るためか、木と同じような色をしています。

見てみて!目が大きくて、くりんとしていてかわいいでしょ!
夜行性なので目が大きくて、トーチライトの役目をしているらしいです。 目の透明感はすごかったですよ。誰かが横で、よく目が乾かないなあー。確かに・・・

哺乳類で体長40cmぐらい。一見モグラのような感じ。 (今日はよく見れたから、わかったけど、綺麗な毛並み。柔らかそうで、猫とか犬の毛並みに近いかった。)
でも、この子、飛膜を持っていて木から木へと飛ぶので、モモンガとかこうもりの様でもある。。。不思議な子です。

Photo_33

絵はごめんなさ-い。適当。。。夢の中に出てきた想像画。。。夢の中ではこんな感じだったのよー。でも、そんなにうそはないと思うけど。しっぽが太すぎねー。こんな個性のもいるかも。。。へへへ

飛膜をもつ動物としては、他にもムササビやモモンガなどが知られているけれど、いずれも飛膜は前肢と後肢のあいだにあるのみで、首から尾にわたるヒヨケザルのものほど発達した飛膜をもつ動物はほかにいないのだそうです。だから、独立してヒヨケザル目・ヒヨケザル科に分類されているんですよ。

すごい!100m飛ぶこともあるそうですよ。100mって、あのプールの長さですよ!信じられない!
いつも木の上で生活して下には降りてこないのですって! いやー、今日はずいぶん下の方におでましで・・・また誰かが横で、ずずずーっと、落ちてきたんじゃないのーーー

Rimg0390_1

頭は木にくっつけないんですね。人間みたいに頭が重くないんですね、きっと。先頭の私のグループに続くこと、5グループ。最後のグループが見ているときは、いいかげんにしてと言わんばかりに、頭を少し動かしていたそうです。目も時々瞬きしていたそうで。。。夜行性なので、お休みのまっ最中だったはず。ホントお邪魔しました。詳しく知りたい方は、ウイキペディア百科事典をどうぞ。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A8%E3%82%B1%E3%82%B6%E3%83%AB%E7%9B%AE

Rimg0392

お名残惜しいけど、行きますか。

興奮冷めぬまま、、またまたてくてくと汗をかきかき、暑い山道を歩いたのでした。変な猿じゃないサルを見たブキティマ。アジアの熱帯雨林には、今まで知らなかったあんなものが生きているのねー。それだけでも知って頂けただけで嬉しいです。私達が知らない世界に、私達の知らない膨大な数の生き物が、今この瞬間にも命の営みを続けているんですよね。

人間様もそのうちのたった一つの存在にすぎないんだよー。

森を歩くと、森の精がそんなことを言っているように聞こえます。

では。

*********

|

« 蛾が・・・ | トップページ | クリトリア »

コメント

こんにちはvv先日はどうも♪♪
母に呼ばれパソコンを見て、余りの可愛さに思わずコメントを。。
鼻血モノですねこれ!笑 可愛い可愛い可愛いッ!!
マジで可愛いですねー、ヒヨケザル!(しつこい)
私は結局一度も見られなかったんですよ、彼等。
まあ歩いてる日数が雲泥の差なんだから当たり前なんですけど、見てみたかった!!
というか、本当に大きい・・・。。第一発見者はラッキーだなあ。
いつか出会える日を祈って、母の10メートルに一度何かに引っ掛って写真を撮る、超スローウォーキングに付き合って行きたいと思います笑

素敵なお写真、ありがとうございました♪♪

投稿: sachiho | 2007年6月 1日 (金) 14時29分

さっちゃん、コメントありがとう♪♪めちゃくちゃ可愛いでしょ??!!まだ興奮からさめていません。第一発見者は幸せものです~。このところ、シンガポールは花盛り。それにつられてか、動物もたくさん目につくような気がします。母にも適当に付き合って、親孝行してあげてね。きっといいことが起きるよ!勉強はほどほどにして、早く遊びにおいで!!!(これは母には内緒!)笑 

投稿: まゆり | 2007年6月 1日 (金) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛾が・・・ | トップページ | クリトリア »