« プルメリア | トップページ | パゴダフラワー »

2007年4月 5日 (木)

感動 in バス

バスでの出来事。

チョンバル(Tiong Bahru)から、5番のバスで我家に帰ろうとしていたときの出来事。一人の目の不自由な女性が、バスに乗ってきました。その女性が乗り場近くの席に座ったのをホッとしてみていると、あれー、誰かが直立不動で乗車口に立っているではないですか。。。狭い乗車口なので、その女性の後ろになっていて見えなかったのですが、誰かが直立不動で、その女性を見守っているのです。あまりのきちんとした姿勢に目がいったのですが、それから、またびっくり。。。その男性はバスの運転手さんだったのです。

その若い運転手さん。その女性が座るのをちゃんと見届けて、運転席に座りなおし、バスは発車。

Basu

日本じゃ見ない光景。運転手さんは、運転席から顔だけ出してみている。と、思うのですが・・・どうでしょう?私が日本では、バスに乗る機会があまりないから知らないだけ?ですか?そうかもしれませんね。

そのバスの運転手さんの姿があまりに気持ちよくて感動!!!変に手をかすでもなく、その方が一人できちんと行動し、それをしゃきっと立って、見守っている若い運転手。気持ちのいい光景でしたぁ!思いもかけない時に、感動ってやってくるのですね。妙に感じ入ったひとときでした。

ーーーーーーーーーーー

Rimg0002_1

シンガポールでは、バスはお金を払ってでも乗れますが、ほとんどの人はEZlinkカード(EZリンクカード、日本のSUICAのようなもの。)を、持っていて、それを乗るときと、降りる時に機会にかざして、自動的に料金が差し引かれます。このカード、トップアップといって、MRT(地下鉄)の切符を買う販売機で料金加算できます。買うときは窓口で。バスとMRT(地下鉄)両方に使えて便利です。

ーーーーーーーーーーーー

バスの写真を載せようと思ったら、一枚もバスの写真がありませんでした。そこで、撮ってきました道すがら。それが、意外に面白かった。なんて、広告の数。改めて感心しました。バスの広告。けっこうシンガポールの街並みを楽しくしているかも・・・日本も派手にやればいいのに。。。灰色の国から脱出できるのに・・・

タングリンからオーチャードまで歩くのに出会ったバスの数々です。お楽しみあれー!!!

Rimg0098 Rimg0070

日本企業も頑張ってます!!!

Rimg0105 Rimg0103

映画の宣伝。

Rimg0108 Rimg0107

Rimg0090 Rimg0067

この2階だてのバス。前が見えない・・・暗そう・・・ 右が正常なバス。2階からの眺め、最高なのに・・・

Rimg0065 Rimg0111

日本人会行きのシャトルバスだぁ。 長ーいのもあり。

Rimg0093_2

オープンデッキの観光用のバス。なぜ、この写真だけ大きいか、それはタクシーも見て欲しかったから。タクシーの広告も面白いんですよ。

Rimg0112

最後に、お馴染みHISです。

バスでした。。。写真を撮って分かったこと。二階建てのバスには、タイヤが6個でした!!!発見したなり!!!考えもしてなかったぁ!!!

では。

**************

|

« プルメリア | トップページ | パゴダフラワー »

コメント

毎日、色んな発見あり で 楽しいね。

バスもこうやって、改めて写真で見ると ほんとカラフルで楽しい!

でも、今はあんまり見かけなくなったけど、殺虫剤CMの 全面ゴキの
バスだけは いただけなかったわ。目に入るのはもちろん、そのバスにも 絶対乗りたくなかった。あの神経だけは 理解できなかったな~。

ASAHIのバスははじめてみたわ。今日も外は めちゃ暑い、、、キンキンに冷えたビールが おいしそ~。

投稿: サーモン | 2007年4月 5日 (木) 16時04分

またまた登場、コメントその2.

そのバスの運転手さん、なんて思いやりのある素敵な人。めずらしいね、シンガポールのバスは、乗ってる人のこと全然考えてないような、乱暴な運転のバスに出会ったり、いやな光景を目にする事も多かったけど、この話は ほんと感動ものですね!
こういう運転手さんばっかりだったらいいのにね。

投稿: サーモン | 2007年4月 5日 (木) 16時25分

バスの体験談です。
あれは、福岡空港内の飛行機から待合室までの出来事。
飛行機から降りお迎えのバスに乗ったら席がまだ開いていたのでもちろん座ったのですが、走り出す寸前におばあちゃんが乗ってきたのです。
ちょっと距離(3人分くらい)があったのですが、迷わず立ちました。でも少し遠かったし、おばあちゃんの真向かいに座っているおじさん二人は立ち上がらなかったので、どうぞと言うのもいやみかなと思い無言で立ったのです。おばあちゃんを含めて回りの人はわたしの意図が分かったはずなのに、おばあちゃんは空席を無視して横の孫とずーとおしゃべり・・・・最後まで座ってくれませんでした。なんか変な雰囲気でした。混んでいるのに、そこだけ一つ空席。譲った私がバカ?だって80近いおばあちゃんだよ。まあ近いから座らなくてもと思ったのかもしれないけど”いりませんよ”の一言が欲しかったかな。シンガポールって廊下側に座って寄ってくれない人ばかりですが、どんな格好をしている子でも、お年寄りには即、席を譲りますよね。あれって見ていて嬉しくなってくるのに、あ~日本!精神的というか道徳的に貧しいよね。っていうかそれ以前の問題で、赤の他人との接触が下手、避けてる・・・?目が合って笑いかけるとか、絶対無いもん。こっちに戻ってきて、アイコンタクトで笑いかけられると、優しい気持ちになるのは私だけ?
あ~なんか激してしまいました。タイムリーな話題だったのです。
ささいな出来事だったのですが、ひっかかっていたみたいです。
すみません

投稿: shinko | 2007年4月 5日 (木) 22時23分

わかる、わかるその気持ち。その好意を一言”いえ、大丈夫ですよ”とか、アイコンタクトとかで、示してくれればま~るくおさまり、譲ろうとしたこちら側もそれで気持ちが処理できるのにね。

そう思うと、シンガポールは席譲りは自然に日常のなかでさりげなく行われてて、気持ち良いよね。

まあ、人間の資質の問題かな~、結局は。

投稿: サーモン | 2007年4月 6日 (金) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プルメリア | トップページ | パゴダフラワー »