« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

ツリートップウォーク&ジェルトンタワー

Rimg1021

ツリートップウォーク。何十メートルもの高さの熱帯雨林を上から見下ろせる唯一の場所。

Rimg10161

散策メンバーは、ブログでお知り合いになれたフィリピン・セブ島からのゲストmidoriさん、私のテニス友達のsachiyoさん、araさんちのakikoちゃんとmasaくん。そして、自然友の会メンバー5人。計9名。

久し振りのツリートップは、

眼下いっぱいに広がる奥深い緑。

緑、緑、緑。どこまでも緑。。。

目をつぶって感じると、すっぽり緑に包まれていく。

暑くて、へばり気味だったmasaくんも終点では、「ママさん、楽しかったね。冒険したみたいでよかったぁ!」って言ってました。

汗びっしょりでよく頑張ったね!

マクリッチ貯水池北側にあるツリートップウォーク。

今回は、アッパートムソンB11のバスストップから歩き始め、ツリートップウォーク、ジェルトンタワー、マクリッチ貯水池に出て、SICCのゴルフコースの横を通り、ローニーロードに出て、最後日本人会でランチ。

ゆーっくり歩いて約3.5時間ぐらいののコース。

ひとりでは、さすが危ないので、数人でお出かけ下さい。スニーカーをはいて水と傘と虫除けを持ってね。

B11のバス停からローニーロード方面へ、10メートルぐらいもどって、右に入ります。そこにこんな駐車場。この駐車場奥がスタート地点。

Rimg0972 Rimg0973

右が、入り口の看板。入っていくと。。。まずは、こんな道が・・・

Rimg0975

いい感じでしょ?!

Rimg0974

クリックして大きくして見てください。右上カーパークから出発。

Rimg09761

こんな小川に沿って歩いていると、右側にアフリカンチューリップの木が・・・

Rimg1733

midoriさんいわく、「ファウンテンツリーとも言うのよ。蕾を押すと、水が噴水みたいに、すーっと出てくるのよ。」だそうです。へー、そうなんだぁ!歩いていると、アフリカンチューリップの種がたくさん葉っぱの上に落ちていました。パララバーの実もたくさん。昔はゴムのプランテーションをしていた名残です。

Rimg1738

大きな鞘に入っている種。種がいっぱい入っている実をakikoちゃんがゲット!!!

Rimg1737

ところが、スーパーのビニール袋にいれたこの実。じつは、散策も終盤にさしかかった頃、お猿に取られてしまうという悲劇が起きましたぁ。akikoちゃん、悔しかったよね。

Rimg1039

この猿めえ!!!食べられるものなんかないよーーって言ってやったのに、ええーっ、アフリカンチューリップの種を・・・おいしそうに食べました!!!

皆さん、本当に気をつけてくださいね。

絶対ビニール袋は持ち歩いてはダメ!!!

と、言うことがよーくわかりました。お猿さん学習してます。ビニールを見るなり、どんどん近づいてきました。こちらは何の音もさせてないんですよ。やっぱり怖いです。あんなに小さいお猿さんを前にして、なす術なしです。

人に被害がなくてよかった。。。

ーーーーーーー

今回は、のんびり歩くのが目的だったので、余り写真は撮らないようにしました。たまには名前とかあんまり気にしないで、  いっぱいの緑たちや動物たちの気をいっぱいに感じながら歩くのがいいです。。。学ぶ頭じゃなく、感じるにまかせる頭でね。

そうそう、つり橋の上で、カラスを執拗に追いかけているドロンゴを見ました。真っ青の空をバックに、ドロンゴの飛ぶ姿がシルエットになって、印象的でした。空飛ぶドロンゴ、お初です!!!2本のラケットのような尾っぽがきれいにのびて、すーーっと飛んでいましたよ!!!ドロンゴだけでも、何匹も出会えたラッキーな日でした。。。ついてる!!!

ドロンゴはTOMちゃんの「シンガポール熱帯植物だより」のドロンゴを見てくださいね。なかなかとるのが難しいドロンゴちゃんが載ってますよ。

ーーーーーーーーーーさて、ジェルトンタワーとは・・・

Rimg1081

向こうに見える高い塔。着いたからには、昇らにゃ損!!!頑張って昇ってくださいね。

こんな景色が待ってます。

Rimg10841

後ろを振り返れば・・・

Rimg1088

途中の道は、下のように木道にもなっていたり、標識がちゃんと整っていて、安全に歩けます。

Rimg10512

今回は、動物オンパレード状態。猿、スキンク、チェンジャブルリザード、ジャイアント・フォリストアント、何種類もの蝶、最後にちゃんとオオトカゲ。ゲスト4人の力かも。。。ありがとう。

最後に蝶がどうしてかしれないけれど、こんな状態で2種類いました。

Rimg1108 Rimg1116

紫のツンベルギアの花に集まっていたのかな?

そうだ、数枚だけ写真。

Rimg1007

柔らかいベルベットのようなラスティーオイルフルーツ

Rimg1013

そして、その花。

Rimg1028

カーストシェードの蕾とひらきかけ・・・

Rimg1090

きっと、ほやの仲間?

ーーーーーーーーー

また楽しい森歩きをしてきました。

是非ご一緒に歩きましょう。

行きたい~~!!!って、声かけてくださいね。

気が向いた時が、森とあなたの出会いの時。

そんな瞬間を大事に(^_-)ネッ

では。

**********

| | コメント (2)

2007年3月30日 (金)

ヒカワキヨシ蘭

Rimg01312

速報!!!氷川きよし蘭が咲いてますよ!!!

ラン園のセレブの蘭のコーナーです。

Rimg0132

実はこの花も待っていましたぁ。蕾を見つけてからじーっと楽しみに。。。嬉しい!!!咲いていましたよ。ぜひぜひ、みんなも見に行って、氷川きよしくんを感じて!!!笑

いやー、私にとっては、氷川きよしくんに会うより嬉しかった。待ってましたもの。

「氷川きよし蘭ってどんな蘭ですか???」って、先輩に聞いても誰も知らない。見たことない。

セレブの蘭が植えてあるところに、いつもプレートだけ、そっと淋しく存在している氷川きよしくん。その隣で藤あや子ねえさんは、いつも綺麗なのに・・・

Rimg0413

これが、藤あや子蘭。

Rimg0414

藤あや子蘭は、赤くて、元気で、いつもセレブコーナーを賑やかにしてくれています。

ーーーーーーーーーーーーー

それにひきかえーー

でもでも、生きてました!!!きよしくん!ズン!ズンズン!ズンドコ!!♪♪っていいながら、エネルギー貯めてたのねーーーさすがーーー

Rimg01315

氷川くん。唇弁がしゃきっと立っているところが、イメージにあってますね。がんばれー、きよし!!!どっちやねん?そりゃー、ご本人様、そして蘭様~~~

Rimg0093_1 

久し振りに、

川きよしご本人さまに会いたい方はここをクリック。なつかしいでしょー?!

2003年のNHKのど自慢大会がシンガポールで行われた時に、二人がゲストで、ここラン園を訪れた際にシンガポールより2人に、名前のついた蘭が贈られたのです。

こういうふうにセレブの訪問の際には、シンガポールより、その方へ新種の蘭が贈呈されるんですよ。いい歓迎の仕方ですよねー。

そんな蘭が集められているのが、

Rimg0092

ここ、セレブリティ・ガーデン。

9_205

これは、一体誰の蘭でしょう?

ヨン様~~~

日本からのお客様をラン園にご案内する時、、皆汗をかきかき暑いの何の~、それでもここへご案内するとニヤッ!!!笑顔が生まれます。

ヨン様ならでは・・・

9_2061_1

ところが、おっとどっこい!!!どうしよう!!!ヨン様~~~

きのうラン園へ行ってみたら、ヨン様がいなくなちゃってて。。。

ジャッキー・チェーンに変わってましたぁ!!!

Rimg01461

これがジャッキー・チェーン。ここのところ、ジャッキーチェーンのジムがシンガに出来てるから、そんな関係かもしれませんね。

Rimg0148

さて、下の白いのは?

純白でいつもきれいに咲いてるの!!!

亡くなってもどこか綺麗なパワーがあふれている・・・そんなパワーが蘭にも現れているような気がします。

ダイアナ妃です。

Rimg0412 

不思議に、いつも綺麗で輝いているんですよ。

きよし蘭は次の蕾がついていましたよ。一週間以内に行って見てくださいね!!!

ズン!ズンズン!ズンドコ!!!♪♪

では。

***********

| | コメント (0)

2007年3月29日 (木)

マグノリアが。。。

Rimg02323

ずーっと気になっていたマグノリアが咲いてましたぁ!!!

でも、ちょっと時期を逃したかな。。。

あれほど、しつこくクールハウスへ通っていたのに・・・ちょっと残念・・・

3月3日に見つけた蕾。約3週間もかかるんですね。2回ぐらい苞がはがれて、帽子のようにかぶっている状態を見ました。こんな感じ。

Rimg0566_1

最後に見た6日前には、蕾の表面に筋がらせん状についていたから、あー、こんどこそは花びらが開く!と気になってたのに・・・うーーん、悔しいよーーーぐすん。

そりゃ、6日の間、セントーサ散策にいきましたよ、マクリッチ散策にもいきましたよ。色々忙しかったんですよ。三枝さんの落語会にも行ったなぁ。。。あー、落語会のあと見に行きゃよかった。。。開いたら、きっとあっという間なんですね。。。あー、最後の詰めが甘かったーーーぐすん。

ーーーーーーーーーーーーー

でもでも、まだ、次があります。ちょっと上だけど、まだ良さそうな位置に。。。

3月3日から、じーっと気にして観察していたから、なんだかマグノリアちゃんは近しい関係になれてきました。 こういうのっていいですね。

Rimg0234_2 

マグノリア英:Magnolia)は、モクレンコブシタイサンボクなどの植物の総称なんです。日本では時々タイサンボクを見ることはあっても、高いところで、花の下からしか見たことがなかったの~だから、花の上から見たかったの!!!

一応その願いは果たせました。

モクレン属の花は、とても古い古い花で、蜂が存在する前からあるんですって、それで蜂の前の甲虫が花粉を運ぶらしいのね。甲虫が徘徊してもダメにならないようしっかりとしたメシベがあるんですよ~~~

うんうん、確かにしっかりしたメシベだね~~~納得ですぅ!!!

きっと一番下の白い花びらががくの変化したものなんでしょうね。はなびらとは呼ばず、白いがくなのかな?そしてはなびら6枚なのかな?

Rimg0236

マグノリアについては、前の記事マグノリアを見てくださいね。

またまた観察再開です。

次はマグノリアの花の変化をご紹介したいです。

では。

*************

| | コメント (2)

2007年3月27日 (火)

しんみんさん

Rimg0243



花には
散ったあとの
悲しみはない
ただ一途に咲いた
喜びだけが残るのだ

      坂村真民作

数日前しんみんさんの詩に出会いました。

共感できる詩がたくさんありました。

あなたは、もし明日死ぬとして、あの世で自分の人生を振り返り、

生きたことの喜びを感じられますか?

今、この瞬間生きていることの喜びを感じられますか?

優しさ、ひたむきさ、純粋さ、真剣さを伝えてくださるしんみんさん。

是非、暫しの時間、しんみんさんの詩に触れてみてください。

あれ?と、思う詩。わからないと思う詩ほど、あなたの成長への鍵になるかもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーー

しんみんさん HP:http://www.h5.dion.ne.jp/~ryou50/sinminsan.htm

坂村真民の世界 HP:http://homepage2.nifty.com/tanpopodou/

いかがでしたか?

さあ、今日も心を込めて、楽しく過ごしましょう!!!

では。

**********

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

Christal Jade Dining IN (vivo city)

Sany01033

レストラン・クリスタルジェイド・ダイニングインからのセントーサ島の眺め

1_2

左の方には、一月から走っているセントーサ・エクスプレスも見えます。このところセントーサ島へ行く機会が多く、このエクスプレスにも、もう5~6回ぐらい乗りました。VIVO CITY の3階にあるセントーサ・ステーションから発車!

車体の色はオレンジ・ブルー・グリ-ン・パープルの4色。

駅は4個。まず、セントーサ・ステーション(これおかしくない???VIVO CITYにあって、まだセントーサ島じゃなにのに、名前がセントーサステーション???絶対混同するよねーーーわからん。。。)それから、次がウォーターフロントステーション(未完成) その次がインビアステーション(ここがマーライオンのそば・ほとんどの人がここで降りるのーー)そして、ビーチステーション

まあ、乗り換えしないで8分で到着するので便利ですね。料金3ドル。実質入島料が3ドルだから、エクスプレスはただ。うふふ。このただっていうのが嬉しい響き。

ーーーーーーーーー

さて、話は今日はレストラン紹介。

VIVO CITY または、セントーサからの帰りにお昼時など、友達・家族と一緒なら、ぜひクリスタルジェイド・ダイニングインへ。

まず立地がいい。店内からの眺めが最高。それに、店内はひな壇上になっているので、どこからでも海が見渡せます。といっても、美味しくなくては話にならないけど。。。

Rimg0944

絶対美味しい!!!ですよ。

特に飲茶お薦めです!!!

ハッカオ(えび入りスチーム餃子)のえびがぷりんぷりん。

インテリアも食器も、ちょっとモダンな雰囲気。悪くないーー

今回何が一番おいしかったかーーーというのは、断然ブロッコリーのカニ味噌和え。。。!!!ねっ、聞いただけで美味しそうでしょ?!カニ味噌・・・ふふふ。笑

Rimg09471

この黒い器に入ってたの。。。写真がとれなかったぁ。だって、早いのつぎ分けるのが。。。あーカメラ、あーフラッシュがとかいってたら、ダメでした。そこでつぎ分けたのが、、、

Rimg0951

このひだり。あーーー全然美味しそうに写ってない。。。かに味噌か胡麻和えかこれじゃわからん。。。が、絶対においしいですよ。ぜひ、トライしてくださいね。

飲茶5種類に、このブロッコリーのカニ味噌和え(メニュー1111番・へへ覚えやすい番号だったので。。。)それに、チャーハンか焼きそばでもとって、デザートが一個大体5ドルくらいで、4人で食べて、ひとり大体20ドルというところです。

Rimg09481 Rimg09501

ふかひれ蒸し餃子             シーフードの湯葉巻揚げ

Rimg09521 Rimg09491

ショウロンポウ             ハッカオ・えび入り蒸し餃子

Rimg0954 Rimg0957

この左のあんこのお菓子がおいいしかったですよ。右はマンゴーとポメロ(見た目は普通だけど、濃厚で美味しい。)

いつも店内はいっぱいです。

どうぞお試しあれ~!!!

お店情報: 翡翠膳坊 Christal Jade Dining IN

       VIVO CITY #01-112

        TEL:6278―5626

では。

*********

| | コメント (2)

2007年3月25日 (日)

シンポエアー

1_4

シンガポールの陽のあたる二次林でよく見かけるシンポエアー

黄色い花と赤い実がとても印象的なかわいい低木です。

花は虫さんに来てもらいやすいように、下向き又は横向きにうつむきかげんに咲きます。そして、実は鳥さんに食べてもらいやすいように、上を向いて開きます。

Photo_19雨に打たれた花です。。。

雨露が美しくて、ついカメラを向けました。でも花にとっては雨が重そう・・・シンガポールに来て、初めてとったシンポエアーの写真。ブキティマで。。。懐かしい。

Rimg1019

これが実。魅力的でしょ?!きれいでしょ?!思わず最初は花かと・・・

一度見たら絶対忘れられない・・・・

実は、黄色い花が咲くといったんがくが閉じちゃうんです

そして、じーっと35日待って、36日目にこんなかわいい花のような実が開くんです。面白いーーー!!!

だから、上の写真の右のほうに見える蕾みたいなのは、蕾じゃないんだよ~~~花が咲き終わって、がくが閉じたもの。へーー、こんなの初めてって、感心して一番に大好きになった植物ちゃんなのーーー

Rimg1020_1

鳥が大好きで、朝早く行かないと種の入った赤い実がついたのは見れません。大体は下の写真のような状態になっちゃってます。これじゃ、ちょっと淋しいから早起きして見に行ってね!!!

黄色は虫さんの好きな色。赤は鳥さんの好きな色。覚えてね~~植物はこうやって生きのこり作戦を考えてます~~~

Photo_18

Rimg1025

↑ボタニックガーデンで。

学名:Dillenia Suffruticosa
原産地 マレー半島

シンポエアーのシンポはナタで木を切るときの擬音語。エアーはマレー語で水辺を意味します。道路沿いとか、気がつくと色んなところで見られますよ。葉っぱは、大きいので、昔は物を包むのに使われていました。

Photo_20

30~40cmある大きい葉っぱです。

とにかく、赤・黄・緑の色の取り合わせがシンプルできれいなの。だから好き。

では。

*********

 

| | コメント (1)

2007年3月24日 (土)

ポストが変身~

Rimg0274_1

最近シンガポールのポストがかわいく変身しているのをご存知ですか?

ここは、スコッツロード・ファーイーストプラザ前。

歩いていると、アート系の学生が3人で、夢中で色塗りしていました。カメラを持っていなくて残念。次の日に撮った写真がこれ。まだ下書きが残っていて途中。かわいいですね。

学生達にデザインをゆだね、発表の場を与えるなんて、いいアイデアですね。

仕上がりが楽しみです。近くのオーチャードのポストも変身していましたよ。

ちなみに、変身前は。。。

Rimg0910

Rimg0909

5時までに投函すると、次の日に届きます。

日本へは3~5日。

Rimg0908

これぞ、シンガポールのポストマン。

この頃メールばかりで、さっぱりお便りはご無沙汰。字もきれいにかけなくなった気がいたします。(急に丁寧・・・ほほほ)反省でございます。。。手紙は、やっぱりいいですよね。手間隙をかける大切さを大事にしなくては。。。手紙が届くのを待つ余裕が、実はだんだん私にもなくなってきつつあります。。。

もうポストに手紙が入っているなんて、期待もしないこの頃。

よっしゃー、私から誰かに出してみようかな?!

では。

**********

| | コメント (3)

2007年3月22日 (木)

植物園バンドスタンド

Photo_17

シンガポール・ボタニックガーデンが1859年に出来てから、ずーっと存在し続けているバンドスタンド。その昔は、馬車が通り、優雅にここでバンド演奏がされていたとか・・・

その面影を偲ばせるに十分、今でも魅力的なバンドスタンドです。

よくここで、結婚間近のカップルが記念写真を撮っていますよね。

このバンドスタンドの周りは、イエローツリーの黄色でいっぱい。ここに来ると、日本の秋を思い出してしまう場所でもあります。年中ほとんど黄色の世界です。ボタニックガーデン内の私の一番好きな場所ですよ。

では。

*********:

| | コメント (0)

2007年3月21日 (水)

パシリスパーク (Pasir Ris Park)

Rimg0877_1 

パシリスパークで、キツツキを見ましたぁ。

と、思ったら、sadaさんが教えてくれました。

アカゲラだよ。へー、アカゲラ。都会育ちの私は何にも知らないの。。。

今日の目玉はアカゲラ!!!??!!!

うれしい~~~

思いっきり頭を前に突き出しそうな瞬間が撮れました。ちょっといい写真じゃないですか!!!

また、お初!!!20cm強ぐらいの体長。渋い緑色。お腹か羽になにやら白い点々のような模様があります。頭には赤い冠。へー、きれい!!!

Rimg08781   Rimg0873_1

よく見るとちょっと太め。。笑

パシリスパークは、シンガポールの北東、海際に位置する広い公園です。今日初めてーーと思っていったら、あれーーーここ来た事あるーーー。17年ぐらい前に来ていました。その場に行くと、突然記憶が蘇るーーー変な感じです。

今日は、ブログで知り合ったMidoriさんがセブ島からはるばる来星。熱帯植物の本も書かれた事のある方でいろいろセブのこと。フィリピンのこと。植物のことなど教えていただきました。楽しかったですよ。ありがとうございましたぁ。

パシリスパークにはマングローブの森があり、そこを散策できる木道が整備されていて、気持ちよく歩くことが出来ます。

Rimg0826

植物はヒルギの仲間がいっぱい。そんな中今日は生き物も結構見ましたよ。

まず、カニちゃん

Rimg0851

水の中のへびちゃん

Rimg0843

あと、写真は撮れなかったけど、クラゲちゃん。それに、カブトガニが。。。仲良く二匹くっついて泳いでいましたぁ!!!

蝶も・・・!!!

Rimg0881

なんて綺麗なんでしょうね。

Rimg0889 Rimg0892

そうだ!小さくしか写ってないけど、キングフィッシャーも。

Rimg0865

キングフィッシャーは、飛んでいる姿がきれいー青い鳥を見たら、だいたいキングフィッシャーかな?かわせみの仲間です。

パシリスパークは広い広い公園。サイクリングもいいですね。子どもの遊具もありますよ。ご家族で是非お出かけ下さい。

では。

*********

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

酔っ払いの船乗り・ドランクン・セイラー

Rimg0597

18日の日曜日。ラン園をルートに沿って歩いて、出口に近い辺りで、あれーーー向こうのアーチから、見慣れない色が目に飛び込んできました。その色は赤。ここで赤い色は、お初!!!

いったいなあに?

Rimg05821

気にしながら、近づいてみるとかわいい!!!なんて愛狂わしい・かわいい花なんでしょう!!!かわいい八重の花がいっぱい咲いて、アーチを賑わせています。

それは、こんな花。。。

Rimg05932 Rimg05942

ねっ、ねっ、かわいいでしょ?!!!もう一瞬にして虜。

まさに私好み。。。なんてかわいいの。。。でも、逆光できれいに写真が撮れない・・・なんて思いながら、岩の上に上ったりして撮ってきました。背伸びしたりして、やっと撮れましたぁ!!!

名前は・・・ふふ、プレートがそばにありました。

Rimg0589

ラングーン・クリーパー。ドランクン・セイラー。ふーーん、一番下に書いてあるのは原産地。Myan.はミャンマー。昔のビルマ。ラングーンはミャンマーの首都だから、ラングーン・クリーパーか。。。なるへそ。クリーパーとは這うという意味。よく、つる性植物の名前に使われています。納得。。。

でも、ドランクン・セイラーとは・・・???

Rimg05841_1

Quisqualis indica

シクンシ科   Combretaceae (バラ亜綱 フトモモ目)

よく見ると、蕾は白。咲きたての花はピンク。そして、ほとんどの花は。色がだんだん変化しています。もしかして、酔っ払いの顔?!?! 面白い!!!色の変化で名前がついたんだぁ!!!そうですよね。絶対そう。面白い!!!

なんて、思いながら、シンガポール植物だより」を見てみたら、同じことが書いてありました。きっと正解!!!

ーーーーーーーーーーーーー

私が植物を調べる時に一番よく使うのが、この写真の本。

1001_1

手元に一冊あるととても重宝します。

kinokuniyaでも、植物園のビジタ-センター近くの売店でも売っていますよ。

その表紙の左下にも載っていましたぁ!

花びら5枚の一重の種類もあるみたい。

ラン園で、今花盛り!!!!!

Rimg0590_1

調べてみると、

色々面白いことが判明。

この花は和名では、「使君子」・シクンシと呼ばれて、果実は回虫やギョウチュウの駆除薬として、重宝されているんですって。

「使君子」には、「キスカル酸」(Quisqualic acid)と呼ばれる成分が含まれている。キスカル酸は、アミノ酸の1種で、使君子の駆虫作用の有効成分である。へーー。そうなんだぁ!あの長ーーいサナダムシとかもやっつけてくれるのかなーー

「使君子」の「使君」とは、「四方の国にさしつかわされる天子の使者」のことである。このことから、「使君子」は、「天子からつかわされた使者のような薬」、すなわち「天子が民の無病息災を願って賜った貴重な薬」と考えられ、このような名前がつけられたのだと思う。。。

日本新薬株式会社の「ハーブの館」に書いてありました。詳しくは、駆虫生薬として有名な「シクンシ」を見てください。

もっともっと、詳しく色々書いてありますよ。

では。

**********

| | コメント (2)

2007年3月19日 (月)

シンガポール・リバーボート

1_1

スケッチダイアリーなのに、なかなかスケッチに時間を割いていません。

自然の中を歩いてばかりで、時間がないのーーー

って、時間作ってないだけなんですけど。。。

でも、描かないでいると描きたくなってしまいます。

このところ、大きいサイズのスケッチをしていませんが、今は小さいサイズをサラッと描くのが気持ちいい。

シンガポールリバー沿い、15年前はこんな木造船の溜り場でした。川の両側に二重にも三重にもボートが繫がれていました。両側の古びた倉庫街をリバーボートクルーズで眺めるのが好きでした。

今は一転して、クラークキーやボートキーといった、ベニスさながらの(?)川辺のレストラン群。川辺の風を受けながら、涼をとるひとときは最高です。

今度はボートキー辺りを描いてみようかな。

サイズ:10×7 in

では。

***********

| | コメント (0)

2007年3月18日 (日)

The Song of India @インド料理

Rimg1216

スコッツ・ロードをオーチャード方面からニュートンロードのほうへ向かっていくと、左にブラック&ホワイト・ハウスが数件続いているのをご存知の方は多いですよね。

その中央ぐらいに「The song of India」ソング・オブ・インディアと、いうインディアン・レストランがあります。写真の左側のコロニアルスタイルの建物。いい感じでしょ?

まえから、気になっていた看板。行きたいなぁ!と思った途端。お誘いがかかりました。やったぁ!コンドミニアムのランチ会です。

最近願うことが叶ってばかり。。。びっくりするぐらい。。。

それもランチとディナー続けて行ってきました。優雅でした。室内もとても素敵です。お薦めです。 

Rimg0245_1

Rimg0244_1

入り口 左の階段をあがっていきます。。。

次に現れるのは、まあるい空間のエントランス。へー、なんて思っていると、その奥に優雅な空間が広がっていますよ。

賑やかな道路から、一歩入るなり別世界。異空間へ突入したような感覚を覚えました。

ーーーーーーーーーーーーー

ランチは2種類あって、高い方のコースを食べました。38ドル。

一番最初に小さなマッシュルームのアペタイザー  それから、、、

Rimg0225_2 Rimg0226

パパド ソース3種類          タンドール チキン・マトン 豆のサラダ

Rimg02311 Rimg0234

レンズマメのスープ          カレー 魚 オクラのディープフライ

Rimg0236   Rimg0237_2

デザート パンナコッタ カットフルーツ   コーヒー

最後のパンナコッタがちょっと甘すぎ。。。

でも、それ以外はおいしかったぁ!!!

飾りつけがとても綺麗。出てくる度に目を楽しませてくれます。あっさりした上品な味。と、思っていたら、シェフがやはりかなりの実力者らしい。。。HPを見てみたら、シェフ・オブ・2005に選ばれていたり、いろいろ賞をとっているシェフらしいですよ。

写真にはないけれど、ナンも出てきて、プレーンとガーリックとどちらも美味でした。

Rimg0238_1

室内の雰囲気。私の席から、遠慮がちにとったもので。。。少しはわかるかな。

ランチで、うん、納得!と思った私、またディナーにも行ってきました。あーー、楽しい夜でした。たまには、予算を考えないで、優雅なひと時に浸る。。。リフレッシュメントタイムでした。

人気があるのか、お客様の入りもいいようで・・・いっぱいでした。結構インド人が多かったですね。雰囲気作りをしてくれるカクテルドレスの欧米人カップルもいてくれたし。

ワインを飲みながら、おしゃべりに夢中になっていると、気がつくと時計はすっかり11時を過ぎていました。幸せな「ひ・と・と・き」でした。

ディナーはコースが55ドル、75ドルから114ドルなど。アラカルト25ドルぐらいから。。。

Rimg0246 3月は、友達がたくさん日本へ帰っていきます。

淋しくなります。

が、が、が、

心に思う人がまた増える。。。

それも、またしあわせ。

私のことも、たまには誰かが思っていてくれているのかな?嬉しいな。

そんな心のつながりが、地球をしあわせに。。。

GOOD LUCK!!!

ーーーーーーーーーーー

THE SONG OF INDIA

33 SCOTTS RD

ーーーーーーーーーーー

大事な人とのひとときに、ぜひ、いらしてみてくださいね。

そうそう、ドレスコード:スマートカジュアルです。

では。

***********

| | コメント (0)

2007年3月16日 (金)

火炎木・アフリカンチューリップ

Rimg00311

きのうに続いて、今日も街路樹のご紹介。

のーんびり街を歩いている時、車でぼーっと窓の外を眺めている時、木の上の濃いオレンジ色の花に気づいたことはありませんか?

背が高いので、すぐそばを歩いている時には見つけにくいけど、遠くにいっぱい咲いている赤い花が気になる木。本当は濃いオレンジだけど、遠めに見ると赤。。。赤はやっぱり強烈な力を持った色ですね。虫たちだけじゃなく、やっぱり人間様の目にもつきます。この頃、あちこちで凄~~~くきれいです。

きっと絶対、皆、一度は見てますよーーー

Rimg0026_1

遠めに見ると、こんな花。

この間車で走っていたら、低い木発見!!!

と、いっても車はすぐには止まれない。。。

あっという間に過ぎ去り、でも、やっぱり写真が撮りたくて、次の日に行ってきました。それが、上の写真の木。それでもそんなに低くないけど、どうにか花が撮れました。嬉しい~~!!

名前を火炎木。カエンボク。まるで、燃えてる炎のようでしょ!!??そのものずばりの名前の木。もうひとつ、チューリップの形にも似ているので、アフリカンチューリップともいうんですよ。

熱帯三大花木といえば、この火炎木、鳳凰木ジャカランダの3つ。どれもシンガポールでは見られるけれど、一番よく目にするのが、この火炎木かな?

ピンクと言えば、タベブイア。きのうの記事だヨン。赤と言えば火炎木。それほど、代表的な樹ですよ。

Rimg00301

Spathodea campanulata

ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae

原産地: 西アフリカ

Rimg0030

真ん中は蕾。両脇は開いている花。

落ちている花を見てみると。。。

Rimg1731

ねっ、チューリップみたいでしょ。

Rimg1728

歩いていて、こんな花が落ちていたら、上を見上げてみて!花が特徴的だから、すぐに覚えられますよ。

タネがまた面白いんです。私は熱帯の植物の種が大好き。もう大きくて豪快で面白いのが多いんですよ。この火炎木の種もねーーーラッキー!!!種をゲットした日はルンルンなんですよ。あっ、キャーーー落ちてるーーキャーーてなぐあい。。。笑

Rimg1734

拾って広げてみると、

Rimg1737

実はこれ、うすーーーい種がいっぱい詰まっているんです。ねっ、下の写真でわかるかな?

Rimg1738

薄い種を一枚一枚はがして、風に飛ばすと、ふわーーっと、飛んでいくの。

Rimg1739

あっ、一枚ずつの写真を撮らなかった・・・・ぐすん。それは、TOMちゃんブログにはさすが載ってますよ。見てみて!火炎木に、飛んでください!!!あとは、TOMちゃんにおまかせ~~~

シンガポールの暑さに負けぬ力強い花火炎木。私の大好きな花です。

きっと、あなたのコンドミニアムの窓からも見えるのでは。。。

身近な存在に感じていただければ嬉しいな!!!

では。

************

| | コメント (2)

2007年3月15日 (木)

タベブイア

Rimg00191

↑今週、植物園で、半年振りに見たタベブイア

今シンガポールは花盛り。

あれー、ピンクの花ーーー!!!桜みたい!!!シンガポールで、そんな思いを抱きながら、ピンクの花を見つけたことはありませんか?

日本人なら、そして今の季節なら、ピンクの花を見ると、誰しも桜を思い出す。。。

福山雅治の「桜坂」、コブクロの「桜」、森山直太郎の「さくら」、河口恭悟のも・・・

私は断然コブクロの「桜」が大好き!!!ですが、その他の曲もいいですね。私の日本から持ってきた携帯には、どの着うたも入れてあります。そして、時々シンガでも持ち歩いていて、歩きながらルンルンで聴いていたりします。。。長く日本を離れているあなた・・・どんな歌かって???

今度。ね。聴かせてあげる。やっぱり春は誰の心にも「さ・く・ら」

ーーーーーーーーーーー

さてさて、話は戻って、シンガポールは今花盛り。雨季が終わり、乾季に移り、気温がぐんぐん上がったのに誘われて、特に街路樹の花がどんどんと綺麗な姿を楽しませてくれています。

タベブイア、ピンクメンパッド、アフリカンチューリップ、イエローフレーム、アルビジアなどなど。名前だけ聞いても・・・\(?。?")ですよね。私もついこの間まで、ぜーんぜん分かりませんでした。でも、名前と正体がちょっと分かってきました。少しずつご紹介していけたらいいな。

ーーーーーーーーーーー

今日は、その中のタベブイア。背の高い木に、一面ピンクの花が咲きます。PIEとかを車で走っていて、あれー、ピンクの花ーーーと思うと、大体がこの花。

数日前植物園で、私の前を歩いていた子どもを抱いていたお母さん。子どもが重いのに、わざわざ拾って手にしていた花。。。それは、こんなの。。。

Rimg0916

白いのもあるんですよ。形がトランペットに似ているので、トランペットツリーとも言うけれど、仲間内ではタベブイアと学名で呼んでいます。

Rimg08521

近くで見るとこんな感じ。

Rimg0856

Tabebuia rosea

ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae

原産地:熱帯アメリカ 

葉っぱは、この写真で、わかるかなーーー???Rimg0906

 

5枚でワンセットの形をしています。

葉っぱを見てみて、5枚、5枚になっているんです。

幹はしわしわですねー。

今、ロバートソンキーのリバーサイドにたくさん植えられている並木が、綺麗に咲きつつあるそうですよ。

そして、フォートカニングでも、うちの近くではグッドウッドパークホテルの玄関前にたくさん。。。ここは、今日見に行ったけれど、まだでしたーーー。そのうちですね。。。

そのグッドウッドパーク前の写真(2006/9)は次のです。

Rimg0912

楽しみ~~~!!!

Rimg0918_1

種はこれがまた面白い!!!インディアンの羽みたい。

Rimg0858

白い一枚一枚がタネ。風に乗って飛んでいきますーーー。。。

これから、もっともっとあちらこちらで花盛りになります。

皆さんも、ぜひ、桜ならぬ「タベブイア」楽しんでくださいね。

ピンクを見たら、きっとタベブイア?!なんて、ちょっと控えめに言うと効果あり・・・

ご主人の感嘆の声が返ってくるかも。。。

もっと、詳しく知りたい方は、TOMちゃんのシンガポール熱帯植物だよりのタベブイアをご覧下さい。私はさらっと、ご紹介。詳しくは飛んで下さいね。

では。

*********

| | コメント (5)

2007年3月14日 (水)

ドライミー@チョンバル・フードコート

Rimg0157

ここは、チョンバル。

チョンバル・プラザの道路を挟んで、お向かいのフードコートです。道路から少し低くなっているところ。有名な電気おじさんと同じビル。実はこの近くでよくテニスをするんです。

そのテニスの後よく食べるのがこれ。テニス仲間のogiちゃんお薦め!!!そして、もちろん私もお薦め。テニス仲間みんな大好き!!!ドライミー。ふつうシンガポールでは、麺は日本と同じように、スープに入っているのと、スープは別に出てくるドライミーと2種類あります。

これは、スープが別にでてくるドライミーのほう。

Rimg01601

このドライの麺。どうおいしいのか・・・???

それはね、すっぱいんです!!!

豚のミンチ、豚肉、ねぎがたっぷり。。。そして、スープにも、のり、フィッシュボール、スライスされたかまぼこがたっぷり。。。それもいいけど、なにがいいかって・・・

ほんと、麺がすっぱからくて・・・!!!おいしいんです!!!

もし、チョンバル・TIONG BAHRU に行くことがあったら、プラザの中のフードコートもいいけれど、お向かいのフードコートで、ぜひこれを。。。

なかなかない抜群のドライミーですよ。

上の写真の真ん中のお店です。

Rimg01551

Rimg0156_2

fish ball,minsed pork,sliced beef noodle dry

麺は、4種類ぐらいから選べます。

私が好きなのは、この平べたい麺。

Rimg0163_1

あ~~~、また食べたい!!!

お店では、看板の右下のを指差して、あれ!!!と言えばいいの!!!そして、麺を指差して、これ!!! ふふ。もう外国暮らしは勇気あるのみ。みんな勇気を持ちましょう!!!ね。。。

これ、ほんと。

勇気出してみたら、扉がひとつずつ開けますよ。

そして、美味しいものが食べれます!!!笑

Rimg0155_3 

右下のヌードルです。。。

ぜひ、お試しあれ。

では。

***********

| | コメント (9)

2007年3月13日 (火)

チキンライス@Wee Nam Kee(ウイー・ナム・キー)

Rimg0188

チキンライスで有名なWee Nam Kee (ウイー・ナム・キー)

ノベナ・スクエアーを背にして、斜め右側。トムソンロード沿いにあるチキンライスの店。私はここも大好き。おいしいですよ!!!

先週テニス帰りに行ってきました。

Rimg0191_1

チキンライス2種類。そして豆苗。ふふ。そしてビールをちょこっと。うまいいいい。です。

この前に行った時には、鉄板豆腐や鉄板牛肉なんたらとか色々ご馳走になって、どれもおいしかったぁ!!!

この日は、4人で、ビール飲んでも、ひとり6ドルぐらいでした。チキンライス4人前_とったのに・・・安い・・・幸せ。。。

Rimg0187_1

まだの方はぜひ。味は絶対美味しいですよ!!!私は、白い蒸し鶏の方が好きですが、お好みですものね。サーモンちゃんはローストよね?!

店情報:Wee Nam Kee
275 Thomson Road #01-09 Novena Ville.
Tel:6255-6396(Mr Wee)

では。

*********

| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

ヒョウタンノキ・フクベノキ

Rimg0060_1

一晩寝たら、元気復活!!!

ラン園のクールハウスの中のマグノリアが咲いているか、気になります。咲いてるかな。。。と、家を飛び出して、マグノリアを求めて植物園に!!!

時間があまりないので、いつものルートを通らずに、クールハウスへ直行しました。クールハウスは一方通行。出口から入り口の方へ廻る道(考えてみたら、この道一度も通ってなかったぁ!!!)を歩いたら、おおーーーー大きな実が・・・!!!

なんじゃこれ!!!

Rimg0062_7

ゆうに、20cmから30cmはあります。それも、ごろんごろんと5個ぐらいぶら下ってる・・・通る人もみんなおおっ!!!と、注目しています。

うーーんと、どんな大きさかというと、

Rimg0072

おじさんが入ると、なんとなく、分かってもらえますか?

最初、遠くから見たときはポメロ?なんて思ったけれど、表面がつるんとしていて硬い感じ。さすがに目を惹きます。

まだ見たことのない方は、ぜひ!!!今見ごろですよーーー。

Rimg0069 その前に立っていた札です。

Rimg00641   

フクベノキ・ヒョウタンノキ
Crescentia cujete 
英名:Calabash Tree

フクベとは、かんぴょうを取る夕顔のこと。実が夕顔の実に似ていることからその名がつきました。常緑高木。熱帯アメリカに数種が分布。ノウゼンカズラ科では非常に珍しく、束生する単葉をもつ。花は幹に直接つき、夜に開花して麝香(じゃこう)の香りを放つ。ほとんどがコウモリ媒花。また、下剤や避妊薬など、さまざまな治療薬としての利用もある。

高さ10mほどになる常緑高木。花は幹から生じ(幹生花)、果実は球形で大きく、直径30~50cmになる。容器、カヌーの水あかとり器、彫刻、装飾品などに利用される。若い果実はピクルスにされ、種子は調理して食用にする。
 同属のクレスケンティア・アラタ C. alata の果実は、ラテン音楽に欠かせない「マラカス」に用いられてきた。

へーマラカス。確かに。これからも出来そう。。。

珍しいものを、また見ました!!!

皆も行って見て!!!

ーーーーーーーーーーーーー

そして、へーーーっ!!!と、興奮も冷めぬうちマグノリアを求めて、クールハウスへ。それがなんと!!!

初めて、クールハウスがクールじゃない!!!

暑い!めちゃ暑い!

早くエアコン直さないと、植物ちゃんたちが・・・心配になっちゃいました。

マグノリアは、というと、一輪咲いていました!でも、またむこう向きなの。。。みえないよ~~~残念。

Rimg0073_2

あとは、いろいろこんな感じ。

Rimg0075_1 Rimg0076

Rimg0077 Rimg0079_1

ふーーー、クールハウスを出たら、涼しかったぁ!!!こんなの初めて!!!

信じられないでしょ?!

隣で、外人数人が同じことを言ってました。。。

ふー、汗だくのクールハウス初体験でした。。。笑

手前の見やすい位置のマグノリアの蕾はまだ固そうでした。が、このサウナ状態で・・・どうなるでしょう。。。

では。

**********

| | コメント (0)

2007年3月11日 (日)

感動すると腑抜けに?

きのう・今日とあまりの感動に、実は今、気が抜けています。圧倒されすぎると、人間って腑抜けになるのでしょうか?

気を抜いちゃーいけないよ。昔、大好きな人から言われた言葉を思い出し、「よし!!!」と、言葉ばかり大きいですが、かろうじて気を入れ直し、PCに向かいました。「よっしゃー!!!」まるで、おじさんですが、女だって時には、「よっしゃー!!!」

さてさて、その感動とは。

まず、皆さんにお知らせです!!!

素敵な本が出版されました。

「101 Trees of MacRitchie」
マクリッチ自然保護区で出会う樹木たち 

Trees_of_macritchie

シンガポールの水亀といわれるマクリッチ自然保護区で見ることのできる101本の樹が、素敵な写真と文章で紹介されています。

自然友の会の先輩であり、植物園ガイドグループの先輩でもある3人・町田さん、宮下さん、木村さんの共著。もう本当にそれぞれが、それぞれに素晴らしい才を持った方々で、

町田さんの観察力・知識の詰まった文章、

宮下さんの感性豊かなたくさんの写真、

そして、それにぷらすされた手作りの木村さんの暖かい地図。

すべてが、本の中で生き生きとしていて素晴らしいです。

2002年から、5年間マクリッチを歩いて楽しんだ、その充実した時間から生まれ出たもの。植物に関しても、いつも頼りっぱなしで、「教えてくださーい」ばかりの私・・・でも、今回は、もっと、もっと素晴らしいことを教えていただきました。

時が満ちれば、美しい結晶ができる。

みなさん、マクリッチ自然保護区。貯水池沿いの木道は気持ちいいですよ。大好きです。ぜひ、歩いてみてください。最初は歩くだけでも・・・

Rimg0371

そのうち、ちょっと目に付いた樹があれば、きっとこの本に紹介されているはず。いつもは巡り会えない花や実の写真もたくさん紹介されています。へー、こんな花が咲くんだー、こんな実がなるのねー、そんな思いを重ねるうちに、またまた歩いてみてください。今度は、いつもは見えなかった花や実が、どんどん目に入ってくるかも・・・鳥も猿もオオトカゲも・・・必ず、そんなお手伝いをしてくれる本であること間違いなし。

だって、ボタニック・ラバーズ3人の気持ちがあふれてますから・・・

日本人会から出版。日本人会のショップで売っています。22ドル+GST

きのう出版記念パーティーがあって、感動をたくさん頂きました!!!

ありがとうございました。

TOMちゃんブログの著者本人の記事も、ぜひ見て頂ければ嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーー

そして、もうひとつの感動。

きょう日本人会で「星日交流和太鼓コンサート」がありました。

_3

友達の旦那様2人出演。素敵でしたよ!!!どちらも。

それに、自然友の会のtamaiさん、そして、よき友yokoさん出演。あのしっかりした下半身。よくあそこまで体を低く保ってられること。ほれぼれーーー。テニスでも素晴らしい、そして、太鼓でも。お近づきになれてて、幸せですーーー笑。たくましい筋肉。久々叫んだ!「アンコール」 そんなアホな私にしてくれる友に感謝。

あーー楽しかったぁ!!!

ありがとう。

太鼓の上手な人は体がぶれませんね。素晴らしい!!!

ーーーーーーーーーーー

TOMちゃん、tamaiさん、そしてyokoさんともに、近々日本へ帰国です。

貰った感動忘れないからねーーーーー!!!!!

わたしは、とにかく腑抜けを治さねば・・・・・

ひとまず、おやすみなさい。

では。

*************

| | コメント (0)

2007年3月 9日 (金)

妙に惹かれたナナフシちゃん

Rimg04812_1

セントサ島の南側にある島、プラウ・セマカウに行ってきました!!!この島はシンガポールのごみを埋めて作られた島。とても興味のある島でした。その話はまた次回として、今日は、その島で見た虫。

なんと奇妙・奇天烈!!!ナナフシ!!!

先輩達が叫ぶ声!!!「ナナフシ!!!」

虫の大好きhondashiは、ひゃーっという感激と共にちょっとばかし太いBODYが、ナナフシのごとく細くなってました!!!

そばで、TOMちゃんは「娘にまた自慢しちゃオー!!!(^o^)」虫好きの娘がすぐ出てくるいい母じゃー!!!みんなかわゆいメンバーです。

Rimg0483

初めてみましたぁ!またまた、初体験。こんなに面白い毎日でいいのかーーー

それにしても、ナナフシ???

どこかで聞いた事がある・・・

なんか忍術で、「ナナフシの術」というのが・・・・・少年サンデーで連載されていた「伊賀の影丸」(横山光輝作)にーーー。

闇一族と戦う、味方の村雨兄弟が得意としたのが「ナナフシの術」だったのだよ~~~よくは覚えてないけど・・・

そうか、これだったのね。「ナナフシの術」って擬態するこの虫から取った名前だったんだーーー。いやー、納得です。

それにしても、木の枝そのものですよ。けったいな奴ーーー 

一体、どっちが頭なの?minaさんが説明してくれました。あのねー、脚がねーー。鉛筆の先に、よく見ると触角が2本。そのすぐそばに、脚が。

Rimg0484_3

鉛筆で脚をちょこっと広げると、よくわかるでしょ?普通平たい所に居る時は、脚をまっすぐ伸ばしていて、本当にまるで棒状態でいるらしいです。

ナナフシって、どうかくの?きっと、七節。調べてみると、想像通り、七節でした。

Rimg04831

「七」というのはたくさんと言う意味節がたくさんある虫ちゃんなんですね。よーく見ると納得。なるほどでしょ?

ーーーーーーーーー

色んな生き物が、いろんな生き残り戦術を使って、生きてるんですね。ナナフシは夜行性。昼間は、もうわたしゃ知らん!世捨て人のように、開き直って、動きもしないナナフシちゃん。さてさて、夜の生活はどうなんでしょうね???

草食性。むしゃむしゃと葉っぱを食べて生きてます。

かなりたくさんの種類がいるみたいです。日本で見られる種類もありますね。葉っぱの緑に擬態する緑色のも。

でも、なんだか私はこの茶色い棒みたいなのが、枯れた感じで好きでした。そろそろ私もそういうお歳・・・???

だって、この虫に妙に愛着が・・・・・

むむっ、それっていいのか悪いのか???

ナナフシを見たのを機に、そろそろ、枯れた人生をめざそうかな。

最後は、いらないもの一切捨てて、ころんと死んでるのもいいかも・・・

では。

***********

| | コメント (4)

2007年3月 8日 (木)

アンゲロニア

Rimg02341

Angelonia biflora

植物園のGirl on a swingの前に優しい風景が広がっていました。

Rimg02332 

優しいパステル調のかわいい花、ピンクや紫の花が咲き乱れていました。イングリッシュガーデンみたい。思わず近寄って写真をパチリ。

Rimg02371

分類はゴマノハグサ科アンゲロニア属
原産地は西インド諸島です。多年草(非耐寒)

草丈は40~60㎝で、葉腋から横向きに淡い藤色から紫色
青色などの花を咲かせます。日本では、園芸品種も豊富で
花色に白色や複色もあるみたいですね。

Rimg0235_1

ピンクも・・・

Rimg0241

そのそばには、トンボちゃんも。フチドリベッコウトンボですね。

Rimg0240_1

「し・あ・わ・せ」な世界が広がっていましたーーーー

のんびり~~~

「1001Garden Plants in Singapore p125」

実ははじめて出会った名前です。アンゲロニア・アンゲロニア・アンゲロニアーーー今度見たときに言えるかしら・・・

餡を食べ過ぎて、げろっって覚えることにしよう!!!食べることに結びつけるのが一番ーーー!!!!!

植物園は、私にとっては、「し・あ・わ・せ」の宝箱。

宇宙とつながる宝箱。

では

**********

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

マグノリア

Rimg03271

お知らせです!!!

ラン園のクールハウスの中。マグノリア!!!が咲いていました。

クールハウスの中。バーキルハウスの方向から、いつものように入って、出口のところ。

出口のすぐ手前左側です。

3・3に見たときには、真っ白でみずみずしかったマグノリア。写真を撮りに3・5に行ったら、もう黄色くなってしまっていました。この花、向こう側を向いていて、残念ながら、そのお顔をゆっくり見ることができませんでした。

Rimg03291

仕方なく外から、ガラス2枚越しに撮った写真。

ですが、嬉しいことに蕾がありますよ!!!すぐ近くの位置に今にも咲きそうなのが。

Rimg0340 これが、その蕾。Rimg0322

こんなのも。でも、この蕾らしきもの。一枚目のより、ちょっと先が尖がってますよね。これ蕾だと思うけど・・・もしかして、新葉?と、横でbataさんとsadaさんが疑問???

Rimg0338_1

これは、新葉っぽいけど・・・

Rimg0326_1

こんなに、何かをかぶったものも。。。これは、花だよね。きっと。

さて、真相は見るっきゃないですね。楽しみ!!!大きなタイサンボクのような花が近いうちに見れますよ。みんなもお見逃しなく!!!きっと感動ものです。。。

Rimg0320_1

ぜひ、といってもいつなのか・・・。もし、どなたか見事な花を見た方は、写真送ってください。私もぜひ見に行きたいですが・・・

以下、マグノリアについて。

ごめんなさい。今日はちょっと眠いので、というかちょっとワインが入っていますので、簡単に。へへ、学問もいいけれど、見ましょう!感動しましょう!っということで。

一応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』よりです。

マグノリア英:Magnolia)は、モクレンコブシタイサンボクなどの植物の総称。モクレン属の英称。17世紀-18世紀のフランスの植物学者、ピエール・マニョル(Pierre Magnol)から名付けられた。

モクレン属は進化の観点で古い属である。ハチの登場の前に進化した花は、甲虫を誘引するように発達した。そのため、雌ずいはしっかりとできており、甲虫の徘徊による破壊や食害を防いでいる。化石の種であるM. acuminataは2000万年前のものと報告されており、モクレン科に属すると同定可能な植物は9500万年前に遡る。モクレンのそれ以外の原始的な特徴として、がく花弁が区別できないことがある。

お花に出会えたら、また感想を・・・書きますね。

では。

*********

| | コメント (2)

2007年3月 5日 (月)

オオミヤシ(ダブルココナツ)の種植え

Rimg00801

一体これはなんでしょう?

ぐぐぐーーーと、引いた写真をとってこなかったぁ~~おバカな私。おバカな私はブログネタを求めて、再度植物園に写真を撮りに行こうと、次の日の夕方、コンドの前でタクシーを待ったのでした。それも、ちゃんとシャワー浴びて、気持ちよーーーくなって。

待つこと、数十分。もう我慢できん。待てど、待てどタクシーが来ない。悔しいが、諦めて、家を綺麗にしろと言う事か・・・むむむむーーーー日曜日って、タクシー少ないの?

仕方ない。。。

が、諦めきれず、家事はせずに、こんなの描きました。写真の代わりは、もちイラストじゃーーー

Oomiyashi_3   

やっぱ家事をせねばーーーだから、こんなので許して!雰囲気だけでも。。。椰子の長さを、ちゃうちゃう、高さをあと2倍して見てみてください。そうしたら、実感つかめます。紙の長さが足りない。。。

植物園のパームバレーに、大きな大宮市。おっと違ったーー。大宮市じゃなくて、オオミヤシがあります。なぜオオミヤシかって・・・それは大実やし。実が大きいんです。私はこのヤシが大好き。だって、迫力あるんですよ。ちょうど、パームバレー中央辺りにオオミヤシの雄株があり、その下に、こんな樹名札があります。

Rimg1050_2

オオミヤシはダブルココナッツとも言われる世界最大の種子を持つ椰子の木。

その世界最大の種植えの写真なのでした。3月3日の出来事。数人の作業員が植えてました。ラン園を見て、帰り際に見てみたら、もうお尻は土の中でした。

その種、ゆうに直径30cmは超えてました。そして、そして、ちょっとエロチック、誰かさんのお尻みたい。。。太ったおばさんが地面から、お尻だけ出しているそんな感じなのでしたーーー男でもいいんだけどね。男じゃつまんないからねーーーっていうか、雄株の花序が男の人のあそこに例えられてて、種と花序で一応ペアーと言うことで。

Rimg1051

これが、雄株の花序。

男の人のお尻にすると、ますます話がややこしくなるでしょーーーー笑 まあ、私は否定しないからいいんですけどねーーー あのね、シンガポールじゃ違法なの。。。ですよね?そう聞きましたけど・・・どう思います??。。。人間正直が一番?

ーーーーーーーーー

おほん、まじめな話、数年前にも植えられたのだけど、うまくいかなかったみたい。この椰子成長がとてもゆーーーくりで、葉っぱが一枚できるのに、一年かかるらしいです。イラストの右側は雄株の樹。左側は今からちょうど10年前に植えられた雌株らしいです。

雌株の樹は、タングリンゲート近くにあります。

これが雌株の実です。この実の中にあのお尻ちゃんがあるのよー

Rimg0530  Img01

詳しくは、TOMちゃんのシンガポール熱帯植物だよりのオオミヤシに飛んでください!面白いですよ~~!!なんせ好色な方はぜひ。。。もしかして、あなたも~~??

シーシェルの島でゆーーたりと、成長するオオミヤシ。

一度シーシェルで見てみたいです。この種植えがうまくいくといいな。

では。

*************

| | コメント (2)

2007年3月 4日 (日)

ボートに乗った小人ちゃん達

Cimg2338_1

きのうは、第一土曜日、植物園で日本語ガイドのある日でした。

私はきのうはお当番ではなかったのですが、毎月第一土曜日と奇数月第二水曜日のガイドの日には、大体植物園に行っています。

植物園レインフォレスト日本語ガイド・朝10時までにビジターセンターにお集まり下さい。受付が出ています。

それに、きのうは同期のガイド仲間のhalさんのデビュー日。おめでとう!

Rimg0081_1

それに、それに、とても名残惜しいのですが、ブログ「シンガポール熱帯植物だより」を書いているTOMちゃんと、先輩Hondashiの最後のガイド日だったのです。。。ぐすん。淋しくなりますよーーー。

Rimg0085

私は先月逃してしまったので、ラン園のガイドが聞きたくて、TOMちゃんのガイドについてまわりました。さすが、最後のガイド締めくくりバッチリでした。ご苦労様です。Hondashiもきのうはご一緒できなかったですが、今まで色々お世話になり、本当にありがとうございました。また日本で。。。歩きましょうね。日本の山々。

かわいい蘭。いろいろ。

Rimg0111_2 Rimg0173

Rimg0217 Rimg0202_1

Rimg0220_1

かわいいでしょ!

シンガポール国立ラン園には、めずらしいいいい!面白い!大きいのから、ちっちゃーいのまで、さまざまの蘭が咲き乱れてますよ。

ぜひぜひ、どうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーー

さて、そんな名残惜しいラン園散策中。かわいい花を見つけたりーーー

「DWARF BOAT LILY」 訳して「ボートに乗った小人ちゃん達」

見て、見て、白い小さな花が紫色のボートに乗っているでしょ?

Rimg0122_4

全体像はこんなんです。

ラン園のなかですが、蘭じゃないですよ。

Rimg0120_5 

アロエみたい。

Rimg01202

葉の付け根に固まって咲いています。

ヨン様ランや藤あやこランがあるセレブ蘭のあるところに一緒に咲いていました。

Rimg01191_1

ぜひ、今度かわいい小人ちゃん達を見てやってくださいね。

では。

*************

| | コメント (4)

2007年3月 3日 (土)

チンゲイの日のオーチャード 色塗り完了

Photo_77

えへっ、またまた賑やかなスケッチになりました。

今年のチンゲイの看板やデコレーションは濃いピンク色。アイスクリームやさんの傘の赤と風船の色で赤赤赤になりました。でも、赤は好きだからいい。明るい日差しの下でいつもギンギンのオーチャードですもの。

Chingay1

赤い部分だけ強調して、あとはさらっと仕上げにしました。

一枚目の座り込んでるおじさんと、二枚目のお尻掻いてる男の子が描けたから満足。。。楽しいーーー。

一枚目:サイズF4
二枚目:サイズF4の紙を2/3ぐらいにカット。

ーーーーーーーーーーー

中尾彬さんがきょうTVに登場。

絵についての話で、大きい紙に点一個書いて十分なんです。すべてを削ぎとっていくと、それしか残らないんです。それで十分なんです。

と言っていた。

数日前に葉祥明さんの記事。

大きい紙に水平線一本でいいんです。それで、世界が現れて、そこに何か小さく一つ描くんです。すると、見る人は、そこに集中する。そして、そこに吸い込まれていく。それが幽体離脱のようなもの。一瞬魂がこの世界から、抜けて行くんです。・・・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーー

ああー、わかっちゃいるけど、そんな絵描けない。。。

私は現実のごった返しているのも好きなのーーー現実にだって、いいものあるよねーいっぱいいっぱいあるよねーー

静かなる魂の世界を描くかーーー

この世の面白さを描くかーーーー

みんな色々おバカで、だからこそ面白いこの世界がやっぱり描きたい!!!!!

では。

**********

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

窓@韓国料理

Rimg0169_1

また行きたいお店。「窓・CHANG」

CHANG KOREAN BBQ RESTAURANT
チャン・コリアン・バーベキューレストラン

meroさんのお友達経営のレストラン。テニス仲間で行ってきました。そして、またmusukoと一緒に。そして、また行きたい!!!

場所は、今、旬の場所。DEMPSEY RD。

ホーランドロードから、デンプシーロードを上っていくと、右手にあります。植物園の道を挟んだ向こう側。気楽にいける値段ではないですが、食べるものを選んで、4~5人で行くと一番いいかもしれません。って、いうか、焼肉はどこでもねー

Rimg0116_1my favorite チヂミ。

私のテニスコーチのキムさんにチヂミといっても通じませんでした。

こちらでは、○○○pancake。

シーフードの入ったのがおいしい!ですよ。

ふかふかほわほわ、あーーーまた食べたい!!!お好み焼きに限りなく近かったぁーーーね、ね。美味しそうでしょ!!!

韓国料理のレストランでは、前菜のようにサイドディッシュがたくさんでてきます。

だから、超お得感あり。こんなにでてくるの。

Rimg0538_1 Rimg0539

これ全部サイドディッシュ。いいでしょ?

それから、じゃじゃーん。

Rimg0117

かぼちゃにはいったプルコギ。

Rimg0118 Rimg0120_3

何かに似てません?

カレーぱん@ゴールデンピロウに。おいしそうでしょーーー

Rimg0122_1

オーナーお薦めは、

この冷麺。

麺がすごーく細い麺でした。

からいーーー!!!

おいしい!!!

まぜると。。。

Rimg0125_2

混ぜ混ぜのあと。麺の細さ、ソーメンぐらい。

Rimg0121_1

ビビンバ

Rimg0133_2

デザート これなーんだ? パパイヤのシャーベット

2回めに行った時、焼肉も少し食べました。

Rimg0546_1もちろんビーフもたくさん種類がありますが、私にはちょっと高め。

他のものも食べたかったので、マリネしてあるカルビとポークを頼みました。骨付きを焼いてくれて、きってくれて食べます。

いやーこれがおいしかったーーー。倹約してカルビの他に、ポークも頼んだけれど、柔らかかったのよーーー

何でも期待しないほうがいいのねーーー

これが、ポーク 見りゃ分かりますねーすんつれい。。。

Rimg0540_1 これに、チゲ味の豆腐いっぱいスープ にご飯にビールにチヂミにサラダを頼んで、もちろんサイドディッシュがたくさん来てー約150ドルぐらいだったかなーーー

雰囲気もいいですし、畳に座れる席、椅子席、個室もあり。夜は予約して行ったほうが無難かも。

一度は、お試しあれ。ちょっとスタイリッシュ・コリアンレストランです。デンプシーという場所がまたいいですよね。星がきれいでした。

たくさん素敵なレストランが登場しているデンプシーエリア、bataさんと散歩もしてきました。また、その記事もまた載せますね。

Mado

では。

**************

   

| | コメント (2)

2007年3月 1日 (木)

イルカの歌

Rimg0431

ここ数日、江原啓之さんのCDを何となく取り出して、聞いています。「コブクロ」と「江原啓之スピリチュアルヴォイス」のCD。机の上に置かれたままになっていて、ご無沙汰していました。ちょっと聴いてみようかなーーー。唐突に手にとって見ることってありますよね。

何気なく聴いていると、突然耳についたフレーズ。聴いているうちに涙が出てきました。

未来の私が 色んな気持ちを
歌にして ほしいと 時々 送って来る
その中に悲しい話を みつけると
私は そっと 土に埋めてしまうの

悲しい歌は 歌わない
歌は命を持っていて 歌ってるうちに力を持つから
光に満ちた歌を 歌いたい
でも時々 悲しい歌を創るのは
淋しい あなたの心の近くに居たいから

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

イルカ:想い出と言う名の妖精より

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

子ども、友達 近くの存在が迷いの中にある時・・・

私に何ができるのでしょう。

荒立たぬ心を持って、

あなたの心のそばに居るだけ・・・

そして、祈るだけ。

ひたすら祈るだけ。。。

悲しい歌は歌わない 
歌は命を持っていて 歌っているうちに力を持つから
光に満ちた歌を 歌いたい
でも時々 悲しい歌を創るのは
淋しい あなたの心の近くに居たいから

・・・・・・・・

「イルカの歌はいいねーーー」

「う~~ん? いるかの歌?」と、癒し大好きsaitoさん

いるかじゃなくて、イルカさん。

いるかも色々癒し能力を持っているようですが、いるかならぬイルカさんの歌はいいですよ。

オーラの泉などで、誰かに助言する時、江原さんは優しい。きついこともたまには言いますが、細木数子さんのように「ズバッと言うわよ!あなた死ぬわよ!」とは違って、言葉を選び選び、的確に助言している姿に共感を得ます。シンガでは、「オーラの泉」が見られないのは、とても残念。前はYOU TUBEで見られたのですが、今は厳しくなってなかなか見られなくなりましたーーーたまに、江原さんの太ったBODYが恋しいな。そして、美輪さんの黄色い髪も。。。そして、国分くんのかわいい姿も。。。

では。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »