« ダックライス・LIM SENG LEE | トップページ | 行き当たりばったりマラッカ日帰りの旅4 »

2007年2月10日 (土)

行き当たりばったりマラッカ日帰りの旅3

Rimg0252

向こうに見えるマイクロバスが、今回利用したファーレー運転のバス。

行き当たりばったりマラッカ日帰りの旅 part3です。

part 2はランチを食べたところまで。

さてさて、いよいよ観光開始。バスの外をキョロキョロ見ては、あらゆるものに興味津々になっていた私は、早く歩きたい!!!ファーレーはなんだか案内したそうでしたが、ファーレー時間をちょうだい!!!

4時までの2時間自由行動となりました。さて、オランダ広場でファーレーと別れ、えい!まずは、目の前にあるマラッカ教会へ。

Rimg0256_2 Rimg02561_1

この教会昔から、どうもガイドブックで目に付いていた教会。まる屋根がかわいいですよね。やっとこの目で見ました。う~~ん、実感ありのクライストチャーチマラッカです。中には正面祭壇の上に、タイルで描かれた「最後の晩餐」が掛けられていました。

こんなのです。

Saigonobannsann

ポストカード。4リンギ。約130円。実際に行っても、遠くてよく見えません。この絵をクリックするとよく見えますよ。ダヴィンチコードを読んだ方は、色々見方が違うのかな?まだ読んでない。。。

TOMちゃんが各座席前に置かれた台を見て、「これなあに?」って言うから、halさんと、「ひざまずく台よ。カトリック教会だから・・・」と言ったけれど、後でプロテスタント教会だと知りました。プロテスタント教会でも、あの台でひざまずく宗派があるのかしら?謎・・・

1735年、オランダ統治時代の教会です。

マラッカは、ポルトガル~オランダ~イギリス~日本~イギリス~マレーシア(独立)という歴史を辿っています。スパイスなどの東西貿易の重要な拠点地でした。世界に名を馳せた古都マラッカです。

さあ、急いでお土産物屋さんで、いつも恒例・記念のマグネットを買って次へ。。。とにかくスルタンパレスへ行きたいの!と、そばのおじさんに聞いたところ、この階段を上がっていくといいよ!!!

Photo_67 分からないことは地元民に聞くに限るというのが、旅の秘訣。でも、その時誰に聞くかを、さっと判断する。これが大切。これはもう動物的感覚なんですがね。。。

答えを自慢そうに教えてくれたらもうけもの。指示に従えーーーです。うんなかなかいい支持の仕方。おじさんの言うとおり、スタダイスの階段を上って、高台経由で行くことに決まりましたぁ!!!きっと、丘の上の見晴らしは最高!!!

これが、これが、なんと本当に気持ちのいい途だったのです。。。丘の上のセントポール教会が、真っ青な空間の中にぽかりと浮いた様に見えましたぁ。

Rimg0315

スタートはこの右の柱の間の階段。

Rimg0263_1

スタダイス。古くからの行政の建物。説明は下をクリックして!!!

Rimg0261_1

ここから、えっさ、えっさ、眼下にマラッカの街、遠くにマラッカ海峡を見ながら、階段を上ります。貿易船にて訪れた多くの人達が、今もなおこのマラッカを守り続けているような感覚に襲われました。

それほど、青空を背景にセントポール教会が綺麗に輝いていました。

1521年。ポルトガル人によって建てられた教会跡です。

Rimg0265

左にザビエルの像。日本にキリスト教を伝えたザビエルは、このマラッカを拠点に宣教活動を続けていました。かつて、マラッカ繁栄の時代には、丘の上でマラッカ象徴の様な存在だったんでしょうね。教会の中にかつて、9ヶ月間、ザビエルの遺体が安置されていた場所があります。のちにインドのゴアに移されましたが・・・

Rimg0272_1

Rimg0275_1

お兄さんが私達の為に「昴」を歌ってくれました。

目を閉じて 何も見えず 哀しくて 目を開ければ 荒野に向かう道より 他に見えるものは無し 嗚呼(アア) 砕け散る 宿命(サダメ)の星たちよ せめて密やかに この身を照らせよ 我は行く 蒼白き頬のままで 我は行く さらばよ,

まるで、ザビエルの境地か・・・

日本語の発音がきれい。。。

ありがとう!サービス精神ににんまり。

やっぱり単純に嬉しい。。。1リンギお礼。

Rimg0278

こんな感じで、ゆーっくりしてみるのもいいですね。。。

丘の上からの眺望は、こんな感じ。サンチャゴ砦が見えます。

Rimg0281_1

さて、次はここから降りていきます。でも、今日はそろそろおやすみなさい、夜テニスを楽しんだので眠い。。。

また明日。

今日はテニス後に食べたWee Nam Kee(トムソン・ロード)のチキンライスが美味でした。

あっさりしていますねーそちらも、またご紹介しますね。

日本から遊びに来ている息子とminoriちゃんも美味しいと大喜びでした。

たくさんで食べるとまた最高です!!!

では。

**************

|

« ダックライス・LIM SENG LEE | トップページ | 行き当たりばったりマラッカ日帰りの旅4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダックライス・LIM SENG LEE | トップページ | 行き当たりばったりマラッカ日帰りの旅4 »