« ひすいかずら・JADE VINE | トップページ | 見ちゃった!at スンガイ・ブロー② »

2007年1月19日 (金)

ちょこっとチョンバルマーケット

Rimg0587_1

間口一間ぐらいのおじさん一人の雑貨屋さん。

まさに日本にあればレトロな店。

郷愁をそそられる・・・

いいなあ~

チョンバルマーケット裏、道路に面したところにあります。

Rimg0590

それがなかなかどっこいセンスのいいものが揃ってました。

何故好きなのか考えてみたら、いろいろぶら下っているのが、小さい頃のお店屋さんの風景なんですね。懐かしい。

次に花屋さんへ。

Rimg0594_1 Rimg0595_1 

シンガポールの市場は、さすがランの花はたくさん売られています。面倒がらずにちょこっと数本買って帰りましょう。おうちが暖かい空間に変わりますよね。

そんな花屋さん。ほとんどが蘭の花なんですが、鉢植えが数鉢売っています。

Rimg0591

あれっ、見つけたのはキンレンカ。別名ナスタチウム。日本では夏前になると、お花屋さんにいっぱい並ぶハーブのひとつ。私の好きな花なのですが、今まで見たことがない・・・雨の多いシンガポールでは育ちにくいのかなぁ?なんて思っていたハーブに出会えました。にっこり。

1_2学名:Tropaeolum majus
原産地:南米
ナウゼンハレン科

花にはビタミンが豊富に含まれ、花や葉はサラダとして食される。

一年草で、葉は波打ち、花には距がつき、種子が大きい。味は少し辛みがある。

日本ではお庭でたくさん育ててました。そんな花に出会えると、ついにっこりですね。

もちろんマーケットにはたくさんのお肉屋さん、果物屋さん、乾物屋さんがあります。去年きれいにリニューアルされました。3階パーキング・月曜日休み。

伊勢丹もMEIDIYAもなくては困るけど、たまには市場へ行くとやっぱり新鮮で安いですね。もっと近くにあれば毎日行くのに・・・でも、マーケットによってはちょっと匂うので、口呼吸して歩かなくてはならないところも・・・ね、わかるでしょ。お肉・魚屋さん辺りとか・・・ここは新しいビルだから、大丈夫ですよ。

では。

|

« ひすいかずら・JADE VINE | トップページ | 見ちゃった!at スンガイ・ブロー② »

コメント

キンレンカを花屋で見つけられたとありますが、葉の大きさ、形状、色つやからして、キンレンカではなく、葉をもんで傷口につけると血が止まるといわれるチドメグサより葉が大きい種類のオオバチドメ(大葉血止め)です。チドメグサ属には沢山種類がありますが、東南アジアに分布する 学名:Hydrocotyle nepalensisと思われます。セリ科 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/oobatidome.html
 この種の他に日本には似た近縁種が海外から入ってきて、主に水辺や湿地に野生化しています。
 ・ウチワゼニクサ Hydrocotyle    verticillata var. triradiata
 ・アマゾンチドメグサ H. leucocephala
 ・ブラジルチドメグサ H. ranunculoides(この種類は、日本で生態系を乱すおそれのある特定外来生物に指定されており、栽培することは違法になります)
 ・タテバチドメグサ H. vulgaris L.
 ・タイワンチドメグサ Hydrocotyle pseudoconferta等

投稿: Midori | 2007年3月12日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひすいかずら・JADE VINE | トップページ | 見ちゃった!at スンガイ・ブロー② »