« プロヴァンス(ホーランド・ヴィレッジ) | トップページ | ありがとう »

2006年11月11日 (土)

ヒヨケザルだぁ!

Photo_11

ラッキー、ラッキー、超ラッキー!
ヒヨケザルを見たよ。と、KOBAちゃんからの電話です。

「良かったねー!」

ヒヨケザルはなかなか見れないので、本当にラッキーなんですよ。

私もラッキーなことに、数ヶ月前見ることができました。

ブキティマ自然保護区(ブキティマ・ネーチャーリザーブ)を散策しに行った時のことです。
朝9:30、集合場所のビジターセンターに着くと、何か興奮気味の仲間が向こうから手招きするではないですか!

何?何?何かスペシャル??

お~、なんと!とうとう見ました、ヒヨケザル!!
木の上のほうでを幹を抱っこするように、ぺたっとくっ付いていました。

名前はサルだけど、猿の仲間じゃないんです。
東南アジアにだけ、それも2種類(マレーヒヨケザルとフィリピンヒヨケザル)しかいない世界でも珍しい生き物なんですよ。
身を守るためか、木と同じような色をしています。

見てみて!目が大きくて、くりんとしていてかわいいでしょ!
夜行性なので目が大きくて、トーチライトの役目をしているらしいです。

Photo_12

哺乳類で体長40cmぐらい。一見モグラのような感じ。
でも、この子飛膜を持っていて木から木へと飛ぶので、モモンガとかこうもりの様でもある。。。不思議な子です。

Photo_33

絵はごめんなさ-い。適当。。。夢の中に出てきた想像画。。。夢の中ではこんな感じだったのよー。でも、そんなにうそはないと思うけど。しっぽが太すぎねー。こんな個性のもいるかも。。。へへへ

飛膜をもつ動物としては、他にもムササビやモモンガなどが知られているけれど、いずれも飛膜は前肢と後肢のあいだにあるのみで、首から尾にわたるヒヨケザルのものほど発達した飛膜をもつ動物はほかにいないのだそうです。だから、独立してヒヨケザル目・ヒヨケザル科に分類されているんですよ。

すごい!100m飛ぶこともあるそうですよ。100mって、あのプールの長さですよ!信じられない!
いつも木の上で生活して下には降りてこないのですって!

Rimg0841_1 Rimg0978_1

ついでに、ブキティマに行くと本物のお猿さんにも会えますよ。その日は赤ちゃんを抱っこした母親猿がたくさんいました。
でも、お猿は飛びついてきそうで怖いです。
昔怖い思いをして猿恐怖症です~

シンガポールでは、お猿に餌をやると罰金です。S$1000ドル(約7万円)の罰金。なんか値上がりしたとの噂もありますが・・・

日本では見られない動物が、タクシーで15分のところで見られたりするシンガポール。あなたも外に出て歩きませんか?気持ちいいですよ!ちょと暑いけど。そりゃ、北緯一度だもん。へへ。

日本人会・自然友の会も大歓迎!お待ちしています。

では。

www.dff.jp

|

« プロヴァンス(ホーランド・ヴィレッジ) | トップページ | ありがとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロヴァンス(ホーランド・ヴィレッジ) | トップページ | ありがとう »