« 愛し合おう人と自然(木村尚三郎) | トップページ | いよいよクリスマスライトアップ! »

2006年11月15日 (水)

クルクリゴ&リーフリッター

Rimg0166  

学名:Curculigo latifolia ヒガンバナ科

Hill Coconut ヒルココナッツ・クルクリゴ
原産地:インドシナ・マレシア

マクリッチ・リザーバーで木道沿いにクルクリゴ(ヒルココナツ)を見つけました。

わあっ!花が咲いてるよ!

かわいいい黄色い花を見つけてはいつもニコニコ。

なんだかいつも宝探しのよう。だって下の方にちょこんと咲いているんです。

下の写真が、そのお花。根元のほうにちっちゃく、かわいく咲いているでしょ。

上の写真でも見えるよ。

Rimg1097_1

実は、お花は時々見るのですが、実をまだ見たことがない。。。

それが、それが!!!実らしきものを見つけたの!!!

らっきょうの様な実とは聞いてはいたのだけど・・・

ね!らっきょうみたいだよね!

Rimg1093

実は、この実が面白い!!!この実には「クルクリン」という甘味成分が含まれていて、水を甘くするらしいのね。だから、これを口に含んだあと、水を飲むと水が砂糖水のように甘くなるんですよ。紅茶もコーヒーも砂糖なしで砂糖入り~~~という、面白い話でした。

ビールの飲めない人もジュースのようになるから、飲みすぎて倒れたという話もあるとか・・・笑・ウソウソ

マレーシアとかインドに野生していて、現地の人は酸っぱいものを食べる前に、この実を食べていたそうです。へ~そうなんだぁ!

クルクリンは114種のアミノ酸からなるたんぱく質であることは、分かっているのだけど、何故こういう作用があるかは、只今研究中なんですよ。

Curculigo latiforia Dryand (キンバイザサ科)

------------------

そして、もう一つ見た珍しい花。リーフリッターの花。

halさんが見たいといってたから、金曜日の定例会で見るといいよ!と言ったけれど、もう一回行ったら、もう咲いてなかったの。。。だから、急いで載せますね。花はもう実になってたの。。。

リーフリッターとは、名のごとくゴミ箱の葉っぱ。

種類が多く、生存競争の激しい熱帯雨林では、地面から取れる栄養は豊富ではないのです。小さなリーフリッターちゃんは大きな木には到底かなわない。。。そこで考えました。上から落ちてくる落ち葉を受け止めよう!そこからも栄養を取ることにしよう!だから、リーフリッターには、下の根っこの他に、葉っぱの間にひげ根を出して、受け止めた落ち葉からも栄養を取っているのです。偉いでしょ!

          Rimg0019

その花を見ましたぁ! 初めて!

右がその写真。Rimg1071 真ん中は新葉だよー

今見てみたら、いい花の写真がなかった・・・右が一週間後

Rimg10861 Rimg0177

Rimg0182

ぼこぼこぼこと3個くっついている実。

パララバーの仲間だと言うことがよくわかりますねー

今日もマクリッチは気持ちよかったぁ!

鷹のような感じの薄茶のコエール・赤い小さい鳥・ドロンゴ・それにお猿さん(オナガザル)がいっぱい!!!オオトカゲ・カメ・ふわふわくん。。。

新葉もきれいでしたよ。

そうそうマレー系の高校生達が遠足なのか、たくさん歩いていました。みんな頭に白いスカーフをかぶってたけど、暑いくないのかな?

もちろん慣れてるんですよねー

Rimg0175 Rimg01321

右:変わった尾っぽ(2本のラケットみたい)の鳥・ドロンゴ。ドロンゴについては、熱帯植物だよりのドロンゴをクリックしてみて。同じ時に同じカメラを向けて、どうしてこう違う・・・血液型の違いか・・・

halさん、わかってもらえたかな?クルクリゴの実とリーフリッタの花の簡単な紹介でした。

では。

マクリッチ・リザーヴァー・ペタイ・トレイルでした。

Rimg0198

|

« 愛し合おう人と自然(木村尚三郎) | トップページ | いよいよクリスマスライトアップ! »

コメント

オオーw(*゚o゚*)w!!よくわかりました!
私の今持ってるカメラではとうてい撮れない綺麗なハッキリ接写!素晴らしい♪

お花、どこかで見たような感じだけど、リーフリッターさんはこういう花なのね~。あーー!実物が見たい!
一緒に撮れてるアリさんが、やっぱ受粉の係りなのかしらね?
それにしても、1週間でこんな可愛い実になるとは♪
うーむ、実物が見たい!

今回マクリッチ担当のメンバーは運がよくていいなぁ♪
ともかくも2回のリサーチ&練習、お疲れ様でした。
ninoさん、早速載せてくれて感謝です。(^^)/

投稿: hal | 2006年11月16日 (木) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛し合おう人と自然(木村尚三郎) | トップページ | いよいよクリスマスライトアップ! »